近く の うなぎ 屋。 美味しいうなぎ安田屋 ホームページ

美味しいうなぎ安田屋 ホームページ

近く の うなぎ 屋

JR関西本線、近鉄名古屋線、養老鉄道養老線「桑名駅」、 三岐鉄道北勢線「西桑名駅」から近く、桑名市役所のすぐ横にある、 うなぎ処「新城(しんじょう)」。 仕出しの老舗「魚城」の新店として昭和56年に創業しました。 駅からのアクセスも便利で駐車場も15台完備。 約50席ある店内は、ご家族連れはもちろん、観光・出張のお客様にも 幅広くご利用いただいております。 大きめのテーブルやお座敷で、寛ぎながらゆったりと うなぎを味わうことができます。 伊勢・桑名の地で創業から35年以上、食品衛生優良施設として厚生労働大臣表彰も受賞いたしました。 変わらない味と丁寧に作る、うなぎ料理「伊勢・桑名、新城の味」をお楽しみください。 店舗名 新城(しんじょう) 所在地 〒511-0068 三重県桑名市中央町2-21 TEL FAX 0594-21-4946 営業時間 平日・土曜・祝日 11:00~14:15(L. 13:45) 16:30~20:00(L. 19:30) 日曜 16:00~20:00(L.

次の

【クックドア】うなぎ料理かいだ屋(高知県)

近く の うなぎ 屋

2020年05月08日 ・緊急事態宣言解除までの間、引き続き時短営業とさせて頂きます。 2020年04月08日 ・緊急事態宣言を受け当面の間夜8時閉店、酒類の提供は夜7時までとさせて頂きます。 2019年10月01日 ・消費税増にともない料金の変更を行いました。 2018年03月01日 ・稚魚の大不漁による卸値高騰のため値上げとなりました。 新料金をお確かめの上ご来店下さるようお願い致します。 2017年04月18日 ・を更新しました。 2014年04月01日 ・消費税増にともないメニューの見直しと料金の変更を行いました。 2012年06月26日 ・トイレのリフォームをしました。 2012年04月11日 ・稚魚の大不漁による卸値の上昇のため、若干の価格の変更を致しました。 ・店内でWi-Fi利用可能となりました!! 2012年03月01日 うなぎ安川公式ホームページがオープンしました。

次の

【公式】三重県桑名のおすすめのうなぎ処「新城」

近く の うなぎ 屋

お気軽にお電話どうぞ。 美國屋のうな重 美國屋のうな重は、三種類。 国産最高級うなぎを「厳選して」使用。 値段の違いは、うなぎの大きさの違いです。 うなぎが大きくなると、脂ものってきます。 うな重小は一番さっぱりした味わい。 うな重中はうなぎの厚みもグッと増し脂も程よくのってきます。 二段重はご飯とうなぎが別々のお重に分かれており、うなぎも一番大きく脂の乗った身もジューシー。 二段重を通常のうな重と同じように、初めからごはんの上に鰻が乗っている方がよろしい方は注文時に「二段重、乗せで」とお伝えください。 *大串(大きいうなぎ)が先に売り切れた場合は大きさではなく量の違い(大串相当分の量の小串)になります。 大串をご希望の方は注文時にご確認下さい。 うな丼の蒲焼は、二段重の蒲焼(大串)を半分にしたものです。 白焼きは、わさび醤油で頂きます。 タレをつけて焼いていない分、うなぎ本来の旨味が堪能できます。 クセがなく、蒲焼よりもさっぱりとした味わいです。 二段重の場合、上段の蒲焼にかかったタレをご飯にかけて食べるのも美味しいです。 *うな重のごはんには、タレをかけてお出ししております。 足りない場合のみ、タレをかけてください。 かけ過ぎると、しょっぱ辛くなります。 しばらく置いてから食べます。 香りがよくなるそうで、江戸っ子流らしいです(笑)。 ちなみに山椒、胃もたれに効果的。 消化吸収を促す胃酸の働きを高めます。 何でも中国では漢方薬として使われているそう。 言って下さればお出しします。 よく注文時に「どれがおすすめですか?」と尋ねるお客様がいらっしゃいます。 美国屋のうな重の値段の違いは鰻の大きさの違いです。 鰻の質自体は同じなので、基本的な味も一緒です。 ただ、鰻が大きくなると脂ののり方が変わってきます。 お刺身に例えると、うな重小の鰻は赤身。 うな重中は中トロ。 二段重は大トロ。 といった具合です。 特にルールはございません(笑)。 ただ、二段重にしている理由もあったり無かったするので、ご参考までにひとつ(笑)。 鰻が大きくなるにつれて、身の厚みも増していきます。 厚みが増すと、身の内側へのタレの染み込み具合が浅くなると同時に、身に対するタレの割合も少なくなっていきます。 鰻が大きくなるほど、タレに隠れがちな鰻自体の味が前に出てくるとも言えます。 しかしそのままだと、通常のうな重より(タレの)味が薄いと感じる方がいらっしゃるかも知れません。 その味をお客様のお好みで適宜調整できるよう、大串は二段重にしています。 「蒲焼」と「御飯」のお重に分け、「蒲焼のお重」の方に少量のタレを余分に垂らし、お重内に止めます。 そうすることで、薄く感じられがちなタレの風味をお客様のお好みで容易に調整できるようになります。 蒲焼の味が薄く感じたら、お重内のタレをつける。 鰻自体の味を楽しみたいなら、つけない。 といった具合です。

次の