ロボトミー アルリウネ。 【Lobotomy Corporation】絶対に挫けないボイロ達のロボトミー!Season2 #3【VOICEROID遊劇場】 [ニコニコあっぷる]

#4 カウンセリング記録cf4671

ロボトミー アルリウネ

Forsaken Murderer(T-01-54、捨てられた殺人者)は、窒息したような灰色の皮膚と折れた首の、スキンヘッドの男の形をしたアブノーマリティである。 リスクレベルはTETH。 収容選択時のフレーバーテキストは「しかし、君は本当に哀れな人だ。 私に殺されるのだから」 捨てられた殺人者は、かつて刑務所で恐れられた感情のない殺人犯であった。 死刑判決を受けていた彼は、研究者によって脳の研究や実験に使われることとなり、未知の化学物質などの投与が行われるようになった。 その結果、彼は頭が金属になっていると言い張り、頭を床や壁に打ち付け始めるなどの奇怪な行動を取るようになった。 重傷を負っても壁や床に打ち付け続けるので、ついには拘束されてしまった。 研究者による脳への研究や実験は済んでいたため、彼は拘束されたまま放置されてしまった。 その彼がアブノーマリティとなったのが捨てられた殺人者である。 彼は人間であった時の記憶を受け継いでおり、自身の頭が金属になった幻覚に今も苛まれている。 The Child of Galaxy(銀河の子) Punishing Bird(O-02-56、罰鳥)は、Little Bird(小鳥)とも呼ばれる、小さい羽根のある白い羽の鳥のアブノーマリティである。 リスクレベルはTETH。 収容選択時のフレーバーテキストは「人々は大昔から罪を犯してきた。 『なぜ彼らはそのようなことをするのだろう?それが悪いことだと知っているのに。 』」 大鳥、審判鳥と同じく、黒い森に住んでいた鳥の1匹。 ある日、恐ろしい怪物が森を滅ぼすという預言を聞いてから、罰鳥は森を守るために悪い生き物をそのくちばしで処罰することにした。 罰鳥は「悪いことをする人を罰する人がいないからだ。 自分がその役割を果たせば、悪いことは起こらない!」と考え、罪があると判断した生き物に片っ端から罰を与えるようになった。 しかし「君の小さなくちばしじゃ誰も痛がらないよ!」という誰かの言葉を聞き不安になった罰鳥は、くちばしをどんな生き物でも一口で食べられる大きさまで裂いた。 この「くちばし」とは頭部についているくちばしではなく、腹にある赤い模様のようなもののこと。 罪あると判断したものを罰鳥が処罰する時には腹部から大きな口が出現する。 Little Red Riding Hooded Mercenary(赤ずきんの傭兵) Little Red Riding Hooded Mercenary(F-01-57、赤ずきんの傭兵)は、略称として Little Red(赤ずきん)とも呼ばれる、人間によく似たアブノーマリティである。 リスクレベルはWAW。 収容選択時のフレーバーテキストは「あの野郎の首を私のベッドの上にぶら下げてやる。 それだけで、悪夢を見ることなく眠ることができる」 赤ずきんの傭兵のモデルとなったのは童話「赤ずきん」。 フレーバーテキストで指している「あの野郎」とは童話に登場する狼のこと。 後述のアブノーマリティ「大きくて悪い狼」が脱走していると狼を殺すために自分も脱走し、鎮圧に協力してくれる。 また、他のアブノーマリティの脱走中にも赤ずきんの傭兵に「鎮圧依頼」を出すことができ、依頼すると鎮圧を手伝ってくれる。 そのためプレイヤーからは頼もしい存在として扱われている。 Big and Might be Bad Wolf(F-02-58、大きくて悪いオオカミ)は、人間のように背の高いオオカミの形を取る動物型アブノーマリティである。 リスクレベルはWAW。 収容選択時のフレーバーテキストは「それでも構わないという気がした。 自分は大きくて悪いオオカミなのだから」 赤ずきんの傭兵と対になっているアブノーマリティだが、モデルは童話「赤ずきん」だけではなく「3匹の子豚」など狼が登場する他の童話も含まれている。 様々な童話に登場する狼のイメージが集まって「大きくて悪い狼」という1つの概念が成り立ち、その概念がアブノーマリティとなった。 You're Bald... (お前、ハゲだよ…) Fragment of the Universe O-03-60、宇宙の欠片)は、地球上にない物質で作られた黒い球体であり、5つの付属物が非対称についたアブノーマリティである。 リスクレベルはTETH。 収容選択時のフレーバーテキストは「あなたはその曲に出会います。 魅惑的にあなたに近づいてきます…」 宇宙の欠片は宇宙空間から地球へ訪れたとみられている。 固定した形を持たなかったが、偶然目にした子供の落書きを見て現在の外見を取るようになった。 体中のハートの形もハートの形が親愛を示すマークであると学習したために人間への親愛として体中にハート模様を浮かべている。 宇宙の欠片は高度な知能を持ち、その知能を人間に与えるためにやってきたということが判明している。 Crumbling Armor(壊れゆく甲冑).

次の

Alriune

ロボトミー アルリウネ

Forsaken Murderer(T-01-54、捨てられた殺人者)は、窒息したような灰色の皮膚と折れた首の、スキンヘッドの男の形をしたアブノーマリティである。 リスクレベルはTETH。 収容選択時のフレーバーテキストは「しかし、君は本当に哀れな人だ。 私に殺されるのだから」 捨てられた殺人者は、かつて刑務所で恐れられた感情のない殺人犯であった。 死刑判決を受けていた彼は、研究者によって脳の研究や実験に使われることとなり、未知の化学物質などの投与が行われるようになった。 その結果、彼は頭が金属になっていると言い張り、頭を床や壁に打ち付け始めるなどの奇怪な行動を取るようになった。 重傷を負っても壁や床に打ち付け続けるので、ついには拘束されてしまった。 研究者による脳への研究や実験は済んでいたため、彼は拘束されたまま放置されてしまった。 その彼がアブノーマリティとなったのが捨てられた殺人者である。 彼は人間であった時の記憶を受け継いでおり、自身の頭が金属になった幻覚に今も苛まれている。 The Child of Galaxy(銀河の子) Punishing Bird(O-02-56、罰鳥)は、Little Bird(小鳥)とも呼ばれる、小さい羽根のある白い羽の鳥のアブノーマリティである。 リスクレベルはTETH。 収容選択時のフレーバーテキストは「人々は大昔から罪を犯してきた。 『なぜ彼らはそのようなことをするのだろう?それが悪いことだと知っているのに。 』」 大鳥、審判鳥と同じく、黒い森に住んでいた鳥の1匹。 ある日、恐ろしい怪物が森を滅ぼすという預言を聞いてから、罰鳥は森を守るために悪い生き物をそのくちばしで処罰することにした。 罰鳥は「悪いことをする人を罰する人がいないからだ。 自分がその役割を果たせば、悪いことは起こらない!」と考え、罪があると判断した生き物に片っ端から罰を与えるようになった。 しかし「君の小さなくちばしじゃ誰も痛がらないよ!」という誰かの言葉を聞き不安になった罰鳥は、くちばしをどんな生き物でも一口で食べられる大きさまで裂いた。 この「くちばし」とは頭部についているくちばしではなく、腹にある赤い模様のようなもののこと。 罪あると判断したものを罰鳥が処罰する時には腹部から大きな口が出現する。 Little Red Riding Hooded Mercenary(赤ずきんの傭兵) Little Red Riding Hooded Mercenary(F-01-57、赤ずきんの傭兵)は、略称として Little Red(赤ずきん)とも呼ばれる、人間によく似たアブノーマリティである。 リスクレベルはWAW。 収容選択時のフレーバーテキストは「あの野郎の首を私のベッドの上にぶら下げてやる。 それだけで、悪夢を見ることなく眠ることができる」 赤ずきんの傭兵のモデルとなったのは童話「赤ずきん」。 フレーバーテキストで指している「あの野郎」とは童話に登場する狼のこと。 後述のアブノーマリティ「大きくて悪い狼」が脱走していると狼を殺すために自分も脱走し、鎮圧に協力してくれる。 また、他のアブノーマリティの脱走中にも赤ずきんの傭兵に「鎮圧依頼」を出すことができ、依頼すると鎮圧を手伝ってくれる。 そのためプレイヤーからは頼もしい存在として扱われている。 Big and Might be Bad Wolf(F-02-58、大きくて悪いオオカミ)は、人間のように背の高いオオカミの形を取る動物型アブノーマリティである。 リスクレベルはWAW。 収容選択時のフレーバーテキストは「それでも構わないという気がした。 自分は大きくて悪いオオカミなのだから」 赤ずきんの傭兵と対になっているアブノーマリティだが、モデルは童話「赤ずきん」だけではなく「3匹の子豚」など狼が登場する他の童話も含まれている。 様々な童話に登場する狼のイメージが集まって「大きくて悪い狼」という1つの概念が成り立ち、その概念がアブノーマリティとなった。 You're Bald... (お前、ハゲだよ…) Fragment of the Universe O-03-60、宇宙の欠片)は、地球上にない物質で作られた黒い球体であり、5つの付属物が非対称についたアブノーマリティである。 リスクレベルはTETH。 収容選択時のフレーバーテキストは「あなたはその曲に出会います。 魅惑的にあなたに近づいてきます…」 宇宙の欠片は宇宙空間から地球へ訪れたとみられている。 固定した形を持たなかったが、偶然目にした子供の落書きを見て現在の外見を取るようになった。 体中のハートの形もハートの形が親愛を示すマークであると学習したために人間への親愛として体中にハート模様を浮かべている。 宇宙の欠片は高度な知能を持ち、その知能を人間に与えるためにやってきたということが判明している。 Crumbling Armor(壊れゆく甲冑).

次の

【Lobotomy Corporation】絶対に挫けないボイロ達のロボトミー!Season2 #3【VOICEROID遊劇場】 [ニコニコあっぷる]

ロボトミー アルリウネ

1 確率 塵に帰りたいという彼女の願いは、 生きようとするものすべてを死に場所へと返すでしょう。 Bearing the hope to return to dust, it shall go back to the grave with all that desires to live. - Alriune Alriune(T-04-53、アルリウネ)は背が高く、全身ピンク色で馬に似たです。 6本の足を持ち、首は明るい蒼緑色の葉で覆われ、人のような頭にはうつろな眼、ピンク色の塵を生成する口を持ちます。 1枚の葉がついたピンク色の日よけ帽をかぶっています。 彼女の周りにはピンク色の花びらが舞い散ります。 「土に生まれ、土に還る」 "Born of Earth, It returns to Earth" クリフォトカウンターが0になると特殊能力が発動します。 カウンターは以下の条件で0に減少します。 脱走時、アルリウネはピンク色のカーテンに包まれ、施設の廊下にテレポートで移動します。 脱走中のアルリウネは1,000ポイント程度のHPを持ち、テレポートによる施設の廊下間の移動を繰り返します。 職員が同じ部屋に入ると、ピンク色の大きな花弁が彼女の背後に現れ始めます。 花弁は5秒に1枚ずつ増えていき、3枚になると彼女は同じ部屋の職員に50~70ポイント程度の強い WHITEダメージを与えてテレポートします。 また、同じ部屋に職員が入らなくても、約35秒の間隔でテレポートを行います。 彼女の攻撃でMPが0になった職員はパニック状態を引き起こす代わりに、アルリウネのようなピンクの花のカーテンで覆われます。 カーテンが消えたとき職員は花びらと葉で覆われており、 死亡したとみなされます。 収容違反は、一日を終えるか鎮圧されるまで続きます。 由来 アルリウネは人間になりたいと切に願った人形です。 彼女の魂のこもった目が多くの人びとに愛着を持たれたとはいえ、時が過ぎるとカラスたちがついばむような暗い森に彼女は捨てられてしまいました。 多くの月日がたち、捨てられたことで彼女の精神、心、命が次第に崩壊しはじめました。 そして彼女は土と化し始めました。 あなたが土であり、土に帰るべきであると同様に、アルリウネは生命のサイクルを繰り返しているようです。 この概念は彼女のエンサイクロペディアの見出しに、そして彼女が土に帰らねばならない事例として記載され、彼女は他者に彼女と同じ運命をもたらします。 彼女がどのように発見され、どのように施設に到着したのかは不明です。 あなたの思い出は枯れていませんか? あるいはすでに枯れ果てて何もありませんか? Are your memories of love withering? Or have they already withered to nothing? - 最終観測 あなたは私に言った。 涙の代わりに花びらを流した。 「私たちはかつてすべて土だったから、ここで終わりを言わないで。 」 最後の言葉のように全身に花を咲かせて私に言った。 「もうすぐ…」 春が来る。 冬が来る。 春が来る。 ゆっくりと、狂喜して私の終わりは始まった。 冬が来る。 徐々に、私の償いは熱を伴いつつ終わりに近づいた。 OBSERVATION SUCCESS 詳細 アルリウネは、 本能、 洞察、 愛着、 抑圧の順に作業を好みます。 本能には作業レベル3以上で 高いか普通の反応を示し、それ以外だと最低の反応を示します。 洞察には作業レベル3以上で普通の反応を示し、それ以外だと普通未満の反応を示します。 愛着には作業レベル3で普通の反応を示し、それ以外だと普通未満の反応を示します。 抑圧には作業レベルに関わらず最低の反応を示します。 作業内容に関わらず、結果が良い状態で作業を終えると収容違反を起こします。 他のアブノーマリティと同様に、エネルギー生成量は作業終了時のPE-BOXの数によって決まります。 アルリウネの作業結果は、悪い、普通、良いの3つのセクションに分かれています。 作業終了時のPE-BOXが0~7個だと悪い、8~15個だと普通、16~22個だと良い結果になります。 作業終了後の待機時間は15秒で、クリフォトカウンターの初期値は1です。 <管理方法 1>• 作業結果が良い場合、中確率でアルリウネのクリフォトカウンターが減少した。 <管理方法 2>• 作業結果が悪い場合、中確率でアルリウネのクリフォトカウンターが減少した。 脱走情報 Cost: 20 PE Boxes 脱走可能であるかの情報と属性耐性、クリフォトカウンターの最大値 1 をアンロックします。 収容違反時の耐性: RED:弱点 1. 2 - WHITE: 免疫 0. 0 - BLACK:耐性 0. 5 - PALE:弱点 1. 5 作業 レベル 1 成功率 レベル 2 成功率 レベル 3 成功率 レベル 4 成功率 レベル 5 成功率 本能 最低 0 最低 0 最低 0 最低 0 最低 0 観測レベル E. ストーリー アルリウネの肖像• それは滑らかな表面をしている。 眼窩は空いており、成長している植物で満たされている。 アルリウネ、人間になることを切望した人形。 彼女は魂のこもった目で人々に愛されていた。 アルリウネ、暗い森に捨てられた。 カラスは輝く目を盗んだ。 彼女の精神、生命、心はゆっくりと消えていった。 アルリウネ、目もなしにすべてを見る。 人形になることを切望した人間。 彼女は土に帰りたいと思い、生を望むすべてとともに土に帰る。 フレーバーテキスト• "何からも生まれなかったもの、何にも帰らない。 "アルリウネは内部の焼け跡を記憶しています。 "おそらく、私たちは、心の無い人間を作ろうとしました。 "枯れることのない花が激しく咲き誇る。 "職員<Name>は花壇で穏やかな春眠を望んでいます。 "職員<Name>は収容室を埋め尽くすラベンダーに深く感動している。 "アルリウネは一度花が咲いてしぼみました。 それは復活の意味を理解した。 どこへ行こうとその痕跡は残り、すべての命はアルリウネへと集まります。 "職員<Name>は、血の代わりに爽やかな香りを吐き出します。 "みんなの心に花が咲きます。 " 余談• 公式トレーラーの、エレベーター墜落シーン直後に映るシルエットの中に、アルリウネの姿がある。 収容違反中のアルリウネに近づくと、キラキラとした音が聞こえる。 アルリウネは、ドイツの伝承である「」(ドイツのマンドレイク)を基としている可能性が極めて高い。 以下、Wikipediaの""の項目から引用した概要。 "マンドレイクの根と交わった魔女から、愛情や魂を持ち合わせない子(アルラウネ)が産まれると言われていた。 " "Witches who 'made love' to the Mandrake root were said to produce offspring that had no feelings of real love and had no soul. このことは、"おそらく、私たちは心の無い人間を作ろうとした。 "というフレーバーテキストに関連性を見出すことができる。 分類は「T(トラウマ)」であり、思慮や感受性の無い無感情な状態への恐怖から生まれたアブノーマリティである可能性を示している。 アートブックメモ• ライラックに似ている(花)• セラミック(体)• 内部は花で満たされている(口)• 彼らは体全体に花を咲かせ、大地に還る• アルリウネの教訓 参考文献:• 要検証 以下の項目について情報が不足しています。 記載情報に誤りの可能性があれば、コメントしてください。 ギャラリー.

次の