トワイライトエクスプレス 運賃。 トワイライトエクスプレス瑞風のすべて-料金や値段を徹底予測!

「トワイライト」2ヶ月で復活、その真相とは 背後に見えるふたつの新幹線

トワイライトエクスプレス 運賃

先の回答の追加としましてトワイライトエクスプレスの快適な(と個人的に思う)利用について、いくつか書きます。 洗面所に備え付けのコップが無いので、紙コップを持ってくと歯磨きに便利かもしれません。 シャワー室のシャワーには備え付けのボディソープがあります。 新幹線・在来線特急列車などである車内販売はありません(車両の構造都合上ワゴン使えないため)が、コーヒー・アイスクリーム・アルコール類・トワイライトエクスプレスお土産などにつきましては放送案内のあとで客室乗務員の方が手籠で各車両に販売に来ます。 アルコールやおつまみ類(シャワーカードやシャワーセットも)につきましては食堂車で販売しており、お菓子やソフトドリンクにつきましてはサロンカー(ソフトドリンクはミニサロンにもあります)の自動販売機で買うことになります。 発車してしばらくすると車掌さんの検札(個室の場合は部屋カードキーの説明)と同時に、客室乗務員の方が「夕食のお弁当と明朝朝食の予約をするか否か」を確認に車両をまわります。 この時に車内探索などで自席を留守にしていますと後回しとなって朝食の予約の場合に希望時間帯が取れないこともありますので、客室乗務員の方が来るまで自席にいたほうがいいかもしれません。 1号車から順番ですのでBコンバートに来るまで時間がかかります。 空調の関係で車内は若干乾燥していますので、長時間の乗車になりますからのど渇きやすい方は飲料多めなど対策を。 上り大阪行きが敦賀で長時間停車するのを除いては各駅での停車時間がほとんど無く、途中駅のホーム売店で駅弁など購入することはできません。 食堂車を利用しないのであれば車内での食事の確保は事前に済ませておく必要があります。 上り大阪行きは新津と長岡の駅で早朝にすこし長め(それぞれ8分くらいと10数分くらい)の停車があります。 長時間乗車で車内を離れて少し外を歩きたい場合はホーム内程度ですが歩くこともできますし、車両撮影も他の方に気兼ね無く行えます。 また、ホームの自動販売機で車内で売られていない種類のソフトドリンクも入手可能です。 トワイライトエクスプレスの紹介ページがJR西日本フードサービスネットのサイト内にあります。 今現在のトワイライトエクスプレスの食事メニューそのほかが写真で確認できますのでどうぞ。 最後に、少し余計なことかもですが… トワイライトエクスプレスはもう登場から20年以上経過しておりまして、色々なことが以前とは違ってきています。 たとえば、下り札幌行きの青函トンネル通過時にサロンカーで車掌さんがやってらしたミニイベントはもうありませんし、また朝食メニューなども以前ほど豪華?ではありません。 少し古い雑誌や書籍やwebサイトの情報と現在の状況は違います。 「夢の超豪華列車」みたいなものをものすごく期待して乗車しますと少し肩透かしを食うかもしれません。 でも、まだ素晴らしい列車であるのは事実ですし、自分は大好きです。 質問者様とご家族様も、列車の旅を楽しんでくださることをお祈りして終わります。 先に回答された方も書いてらっしゃいますように、トワイライトエクスプレスで「比較的安く」はあっても「格安」はまずありえません。 札幌発の大阪行き上り列車ではほぼ通年で「行きは上り大阪行きトワイライトで帰りは飛行機、滞在先一泊つき」のツアーがJR北海道の旅行企画で存在します。 大阪発でそのようなプランが存在するかどうかはわかりませんが、おなじようなプランがもし存在するのであれば「北海道での観光をほぼ考えないでトワイライトに乗車するのが目的」だけならまず確実にそれが価格的に安いかと思います。 単純にBコンバート(開放B寝台)で大阪から札幌まで大人1名片道25620円で、往復だと運賃に往復割引が効きまして48000円です(子供料金は片道15950円で往復だと30280円)。 自分で手配するとすれば、トワイライトエクスプレス自体は安くするのに限界がありますので片道に飛行機を使うならそれを早期割引などで安くすることになるでしょう。 また、「周遊きっぷ」の「札幌近郊ゾーン券」とからませると価格的には安くなりませんが北海道滞在中の札幌近郊区間(小樽・千歳・新千歳空港など)のJRでの移動に便利かもしれません。 往復で利用したいということであれば、「フルムーン夫婦グリーンパス」の条件が合いましたら大人2名が開放B寝台利用で往復80500円で済みます(他にも特典があります)。 どうしても往復利用希望ということであれば、お考えください。 いずれにせよ格安で3名となりますと必然的にBコンバートの利用となりますので、1ボックス4名の寝台を家族3名で占有できるかどうかはわかりません。 個人的にトワイライトエクスプレスが好きなもので、ご乗車希望の方には情報を提供しております。 もしこの回答で更に疑問点ありましたら、追加質問をお待ちしています。

次の

トワイライトエクスプレス瑞風のすべて-料金や値段を徹底予測!

トワイライトエクスプレス 運賃

本日はC56引退列車用の客車の送り込みがあるので加島に出かけました。 GWでネタはコレのみなので激戦になるかと思い早めに出陣。 あまりに早く到着(11:30頃)なので駅前の喫茶店で日替わりランチを食べる。 表題の焼きそば定食です。 650円でした。 加島までの運賃は710円。 既にこれで1360円の出費。 昼食後に100円販売機の缶コーヒーを楽しみます。 撮影ポイントに向かうと先客は1名。 そらそうですね・・・ 2時間40分前はこんなものですわ。 しばらくして小腹が痛くなってコンビニにトイレタイム。 トイレを借りたので130円の缶コーヒーを買いました。 EF65-1132 回9301レ 2018. 8 夏日での待機で撮影後に100円ジュースで一息。 これ撮影で2400円・・・ 費用対効果がかなり悪いですわ。 トワガマと思って参戦しただけに虚しい気分でしたわ。 ゆっくりスタンバイしているといきなりやってきました・・・ D810はセッティングが間に合いませんでしたわ。 DD51-1191 9919レ 2018. 8 移動中に無理矢理撮影しただけの駄作ですわ。 富田第二鉄橋か日置川鉄橋にするか・・・ 順光ポイントをライトトラックでサーチします。 DD51-1191 9919レ 2018. 8 計算ミスです(涙) 編成が抜け切りませんでした・・・ 日置川鉄橋が良かったのでしょうね。 DD51-1191 9919レ 2018. 将軍、M島教授がなんとか場所を作ってくださって生き延びました(笑) 将軍は7回の追いかけ撮影されたようです。 相変わらずすごいテクニックですねー 本日は和歌山線撮影と大サロ撮影で運賃諸経費は¥6400でした。 おまけ画像です 大サロ撮影後に立ち寄ったコンビニも駐車場からの風景です。 追いかけで疲れた心身を癒す景色でした。 熱く火照っていた身体に清々しい潮風と澄んだ景色で気持ちいい休憩でした。

次の

ありがとう「トワイライトエクスプレス」思い出は永遠に! そして手元に!?

トワイライトエクスプレス 運賃

トワイライトエクスプレスの料金について教えてください。 家族4人 大人2名+7歳+3歳 で利用する場合、おいくらかかるのでしょうか? 部屋にも色々と種類があるようで。。。 列車での旅行は経験がないので、ホームページを見ても料金がよくわかりません 一応自分で調べてはみたんです 汗。 なるべく4名だけで利用したいので、相部屋は考えていません。 スイートって、相当高くつきますよね・・・? とっても素敵なので、一度利用してみたい!! よければ、スイートと4名で利用できる個室の料金を教えてください。 3歳の子供は添い寝でもかまいません。 よろしくお願いします。 その場合、乗車券・特急券は1人ずつ必要ですが、寝台券は2人で1枚となります。 その上で下記をご覧下さい。 補助ベッドは9540円です。 ツインに補助ベッドはありません。 ただ、この場合、相部屋が嫌という事であれば4人分料金が必要です。 【特急料金】 大人…3150円 子供…1570円 です。 普通料金は区間が明確でない為省略します。 以上、ご参考まで。 4名で利用する場合は、下記3種のどれかになります。 1.スイート(A個室) 本来は2人用個室ですが、補助ベッドを使用すれば、3人用の個室になります。 3歳の幼児は無料ですので、人数に入れません。 (規則上は、補助ベッド無しでも乗れますが、トラブルの可能性があり、やめた方がよいです。 ) ただし、チケットは非常に取りにくく、宝くじて1等に当たる位の確立です。 まず取れません。 取れたら奇跡です。 2.ツイン(B個室) 本来は2人用個室ですが、各号車の1番個室と2番個室は、繋げて使用できます。 この場合、2人用+2人用=4人用となります。 ただしこの場合は、無料のはずの幼児の分まで、特急&寝台料金が必要です。 また、同じ号車の1番と2番を指定して買わなければならない為、 チケット入手は上記スイート並みの難しさです。 3.Bコンパートメント(B寝台) これは、4人用の簡易個室を、1人ずつばら売りしている様なものです。 規則上は、2人分買えばOKですが、それでは相部屋になってしまうので、 個室として使用するには、4人分買う必要があります。 これは、結構取り易いです。 現実的にはこれかな、と思います。 最後に大阪~札幌間の全員分の片道料金を載せておきます。 基本的に下記料金からの割引はありません。 (一応割引はありますが、かなりの鉄道知識が必要ですので紹介しません) 1.スイート・・・108,820円 2.ツイン・・・84,090円 3.Bコンパートメント・・・83,140円.

次の