どんなときもwi-fi 通信制限。 【公式】どんなときもWiFi

よくある質問

どんなときもwi-fi 通信制限

比較項目 月額料金 月額3,480円 月額3,411円(25ヶ月目以降4,011円) 通信速度 150Mbps 1200Mbps 契約期間 2年 3年 電波 4G LTE WIMAX,4G LTE 速度制限 なし 完全無制限 あり 直近3日で10GB以上で18時〜3時は1Mbpsに制限) 端末の選択肢 なし あり(最新の4つの端末が全て無料) 有線接続 できない できる どんなときもWi-FiよりもWiMAXが優位のメリット どんなときもWi-FiよりWiMAXのほうが優位なのは「通信速度」と「有線LAN接続」です。 自宅の固定回線として使う場合は、WiMAXのほうが通信速度もping値もよく優位となります。 WiMAXは通信速度が速い 「WiMAX」は「どんなときもWi-Fi」よりも通信速度が速いのが特徴です。 「WiMAX」はWiMAX2+という1200Mbpsも出る高速な通信網を使っているので「どんなときもWi-Fi」よりも快適にインターネットが使えます。 「どんなときもWi-Fi」は基本的にdocomo、au、SoftBankの携帯電話の通信網を使って通信をするので専用回線のWiMAXには通信速度は負けます。 「WiMAX」は自宅の固定インターネット回線として使っても十分な性能ですが、「どんなときもWi-Fi」は通信速度があまり速いとは言えないので自宅の固定インターネット回線としては厳しいです。 WiMAXは有線LAN接続はできる 「どんなときもWi-Fi」は有線LAN接続が出来ないのでデスクトップパソコン(PC やPS4やスイッチなどのゲーム機のインターネット回線として使うのは厳しですが、 Broad WiMAXは手のひらサイズのポケットルーターでもクレードルで有線LAN接続ができますし、ホームルーターには最初から有線LANポートが2口ついているので有線LAN接続が必要な場合はWiMAXのほうがメリットがあります。 有線LAN接続するとWi-Fiよりも通信速度も速くなり、ゲームで大事なping値も小さくなるのでゲームをやる場合は有線LAN接続は必須です。 通信エリアはWiMAXもどんな時もWi-Fiも同じくらい 「WiMAX」と「どんなときもWi-Fi」は通信エリアは同じくらいです。 WiMAX: WiMAXとauの4G LTEのエリアで通信できる• WiMAXの電波があるエリアであれば「どんなときもWi-Fi」よりも高速に通信できるのでWiMAXにしかないメリットもあります。 「どんなときもWi-Fi」は月額料金が安い 「どんなときもWi-Fi」は2年契約ですが2年間ずっと月額3480円で利用できます。 WiMAXは月額料金が最安のBroad WiMAXの場合で、「24ヶ月目まで月額3411円」「25ヶ月目以降は4011円」になります。 月額料金は「WiMAX」よりも「どんなときもWi-Fi」のほうが安くメリットがあります。 期間 1〜2ヶ月目 月額3,480円 月額2,726円 3〜24ヶ月目 月額3,480円 月額3,411円 25ヶ月目以降 — 月額4,011円 「どんなときもWi-Fi」は2年契約で利用期間で月額料金は変わらないので契約月から解約付きまで月額3,480円で利用できます。 しかし、WiMAXで最安の月額料金で利用できるBroad WiMAXで比較してみても、最初の2ヶ月間は「どんなときもWi-Fi」よりも安いですが、それ以降は「どんなときもWi-Fi」よりも月額料金が高くなってしまいます。 月額料金重視で選ぶ場合は「どんなときもWi-Fi」のほうがメリットが大きいです。 「どんなときもWi-Fi」は速度制限が一切ない WiMAXにはBroad WiMAXもUQ WiMAXも含めたすべてのWiMAXで3日で10GBの速度制限があります。 しかし、「どんなときもWi-Fi」は完全無制限で使えるので3日で10GBを気にしないで思いっきりインターネットを使うことができます。 この制限は 直近3日間のデータ通信料(転送量)が10GBを超えた場合に翌日のAM18時から朝2時までの6時間の間だけ速度制限されます。 この速度制限は他のインターネットWiFiの終日月末までの速度制限の内容と比べるととても緩くなっていて大量にデータ通信をしても使いやすい回線となっています。 「どんなときもWi-Fi」は最低利用期間が2年で短い 「どんなときもWi-Fi」は契約期間(最低利用期間)が2年と短く、月額料金が月額3,480円で契約月から解約月まで一定です。 一方WiMAXはどのWiMAXプロバイダを選んでも契約期間は3年なので他の回線やWi-Fiに乗りたいと思ったときでも契約期間が残っていて乗り換えられない場合があります。 比較項目 契約期間 2年 3年 「どんなときもWi-Fi」は契約期間が短いのでWiMAXよりも自由度が高いと言えます。 契約期間(最低利用期間)未満で解約すると1万円程度の違約金がかかってしまうので短いほうがメリットがあります。 だいたい賃貸とかでも2年契約なので、それに合わせて新しいインターネットWi-Fiに乗り換えができるのでありがたいです。 どんなときもWiFiは通信速度が激遅で評判が悪い どんなときもWiFiには契約後8日間だけ無料で返却できる仕組みになっていますがどうやらその期間だけは通信速度は速いのですが、その期間を過ぎると使えないレベルまで通信速度が遅くなるようで評判はとても悪いです。 通信速度: Broad WiMAXの勝ち• 通信エリア: どちらも同じ• 月額料金: どんなときもWi-Fiの勝ち• 速度制限: どんなときもWi-Fiの勝ち• 最低利用期間: どんなときもWi-Fiの勝ち 基本的には自宅の固定回線やゲーム用のインターネット回線と使う場合はWiMAXがいいですが、それ以外であれば「どんなときもWi-Fi」のほうがメリットが多いので迷った時は「どんなときもWi-Fi」の方がおすすめです。 しかし、現在は 期間限定で初期費用無料キャンペーンとルーター端末全機種無料キャンペーンを実施していて 「クレジットカードで決済」「My Broadサポート」と「安心サポートプラス」の有料オプションに加入する」の3つすべてを満たした場合は 「Broad WiMAX」の 初期費用を無料(0円)にすることができます。 「Broard WiMAX」は他のWiMAXプロバイダと同じで初期費用がかかります。 しかし、 「Broard WiMAX」は契約時に下記の条件を満たせば 初期費用が無料になります 初期費用が無料になっているかどうかは申し込みを確定する前の料金明細でわかるので 確実に初期費用を無料にして申し込みができます。 から申し込み契約をしていること• クレジットカードで決済していること• この 安心サポートプラス(月額550円)とMy Broadサポート(月額907円 の2つのオプションは 端末が届いたら解約することができるのですぐに解約しておけば月額料金最安値でずっと高速WiMAXインターネットが使えます。 この2つのオプションが不要であればすぐに解約しておくことで WiMAX業界最安値の月額料金でずっと使うことができるので大幅に節約ができます。

次の

【公式】どんなときもWiFi

どんなときもwi-fi 通信制限

Contents• どんなときもWiFi どんなときもWiFiが届きました。 5年くらいWiMAX使っていたので、 久しぶりの契約変更ですね。 WiMAXは3日間で10GBの制限なので、 完全に無制限の魅力に負けての結果。 ネット使い放題が一番の魅力ですが、 メリット・デメリットあるので、 そちらを3つずつまとめていきたいと思います。 メリット どんなときもWiFiのメリットから まずは紹介していきますね。 ネットが使い放題 とにかくこれがうれしい。 使い放題をうたっていても、 実際は違うとか色々ありましたしね。 不正利用・ネットワーク占有レベルの 大容量通信した場合のみ、 制限がかかるみたいです。 月額料金が安い クレジットカード 口座振替 開始月 3,480円の 日割り料金 3,980円の 日割り料金 1〜24ヶ月目 3,480円 3,980円 25ヶ月目以降 3,980円 4,410円 3,480円はかなり安いですね。 通常のWi-Fiだと4,000円超えが多いのでは? ただ、デメリットにも書きますが、 3年目から料金があがります。 それでも、高くはないと思いますね。 クレジットカード払いと口座振替では料金が異なる。 ご利用開始月を含む翌月までが1ヶ月目。 3年目からは料金が上がる。 トリプルキャリア対応でどこでも使える どんなときもWiFiは、 トリプルキャリア対応で、 幅広いエリアで利用できます。 つまり、• ドコモ• ソフトバンク• au と同じサービスエリアとなるわけです。 しかも、そのときに一番強い電波をひろい 回線を自動的に最適化されます。 外出先でつかう人はかなりのメリットかな。 デメリット 続いてデメリットの紹介です。 3年目から料金があがる これはさきほどのメリットにも 少し書きましたが、 3年目からは、 3,980円に料金があがります。 口座振替だと4,410円なので、 安さはあまり感じませね。 2年縛りの契約(自動更新) 0〜12ヶ月目 19,000円 13〜24ヶ月目 14,000円 26ヶ月目以降 9,500円 更新月 無料 通信サービスのよくある 悪しき風習の2年縛り。 更新月以外は解約手数料がかかります。 契約月をちゃんと記録しておきましょう。 これほんときらいw 解約時Wi-Fiの端末は返却の必要がある 端末は購入ではなく、レンタルになります。 ですので、解約時は返却する必要がありますね。 ちなみに、レンタル代は無料です。 下記は公式サイトからの引用です。 返却時に問題があると最大で、 18,000円の請求があるようなので、 気をつける必要がありますね。 返却が必要です レンタル料は無料 どんなときもWiFiの端末は、新品のレンタル(貸し出し)とさせていただいております。 送料はお客様負担 返却期限までに返却がない場合、返却時に故障が見られる場合、返却物に欠品がある場合は機器損害金として18,000円 税抜 を請求させて頂く場合がございます。 まとめ メリットとデメリットを紹介しましたが、 おすすめのこんな利用ならおすすめかな。

次の

どんなときもWiFiに速度制限や利用停止の条件があるって知ってた?

どんなときもwi-fi 通信制限

『どんなときもWiFiが繋がらない…』そんなときは端末のアイコンが点滅していないか確かめてください。 アイコンが点滅している場合、端末を再起動して、しばらく待っていれば繋がるようになることが多いです。 この方法で症状がよくならない方は、電波が届かないエリアだったり、スマホやパソコンを同時にたくさん繋げていたり、Wi-Fiルーター以外のトラブルが原因です。 2020年7月現在、インターネットが繋がりにくい状況が続いています。 詳しい原因や対策が知りたい方はを参考にしてください。 現在は、通信障害が復旧する見込みがなく、月間25ギガまでの使用制限がかけられているため、早くネットを使いたい人は他のポケットWiFiへの乗り換えも一緒に検討しましょう。 どんなときもWiFiが繋がらない原因と改善策 どんなときもWiFiが繋がらない場合、自分の通信状況を把握し的確に対応することが大事です。 WiFiアイコン&電波アイコンが点滅している方は、点灯の意味を確認しておきましょう。 アイコンが点滅していない方は、現在の電波状況を確認してみましょう。 電源ボタンを軽く押すとバッテリー残量が表示され、3秒後に現在の電波状況が表示されます。 原因と改善策について詳しく解説しますので確認していきましょう。 急に繋がらなくなった どんなときもWiFiの口コミを見てて 1番多いのが「急に繋がらなくなった」ケースです。 どんなときもwifi急に繋がらなくなった。 どないしたらええねん! — じょじきち jojikiti どんなときもWiFiは自動で最適なネット回線をわりあててくれる機能はありますが、通信速度が低下した際に自動で切り替えてくれる機能はなく、自分で再起動して対応するしかありません。 公式サイトでも、原因が分からない場合の改善策として 再起動やリセットが推奨されていますので、まずはこの方法からお試しください。 再起動&リセット方法 再起動方法 電源ボタンを18秒長押し。 それでも電波状況が改善しない場合、時間を10分ほど置いて端末のリセットをお試しください。 サポートに復旧を依頼 遠隔操作で復旧 再起動やリセットをおこなっても通信状況が改善しない場合、サポートの方に遠隔操作でネットを繋げてもらうこともできます。 もちろん海外利用時も対応してもらえるとのこと。 通信障害が起きている WiFiのアイコンはすべて点灯しているのに速度がでない、または再起動しても症状が変わらない場合は通信障害が起きているかもしれません。 最新の通信障害に関する情報は、どんなときもWiFiの を見れば分かりますが、もし情報がない場合はツイッターを活用してリアルタイムの口コミを見ると現在の状況が把握しやすいです。 改善策としては、とにかく復旧を待つしか方法はありませんが、以下の口コミのように何度も再起動を繰り返すと、一時的に症状が改善することがあるようです。 やーーーっとどんなときもWiFi繋がったーー! 朝から32回再起動したぞ!! — はりねずHarry XHarryXX 改善の見込みがあるだけで確実な方法ではありませんが、復旧まで待てない方は試す価値ありです。 2020年7月の通信障害について どんなときもWiFiは、2020年3月から7月現在までインターネットが繋がりにくい状況が続いています。 公式サイトの情報では、利用者が急増した影響で業者の対応が遅れているとのことです。 7月時点で復旧の見込みがなく、完全無制限だった上限が月間25ギガまでに制限されています。 すぐにサービスが改善される可能性はないので、すぐにネット環境が必要な方は他社サービスへの乗り換えをおすすめします。 公式サイトでは違約金無料で解約を受け付けています。 サポートへの連絡は、電話が混雑して繋がりにくいので[お客様専用ページ]のお問い合わせフォームを活用するとスムーズです。 電波が届かないエリアでつかっている どんなときもWiFiは、携帯キャリアと同じネット回線を使っているので使えるエリアが広いですが、利用エリアによって電波が繋がらなくなることがあります。 考えられる原因は2つ。 ひとつ目はサービスエリア外、ふたつ目は障害物が邪魔で電波が届いていないケースです。 改善策として、 障害物がない開けた場所に移動する、 建物内であれば窓際に移動すると電波状況が改善し快適につかえるようになります。 同時に6台以上つなげている どんなときもWiFIの同時接続台数の上限は5台までですので6台以上は接続できません。 現在の 接続台数を確認する場合は管理ページのクライアントをご覧ください。 管理ページへのログイン方法は、どんなときもWiFiを使っている状態で「 192. 168. 1」にアクセスし、ログイン画面でIDとパスワードに「admin」を入力するとログインできます。 端末の説明書にはパフォーマンスが保証されるのは2台までとの注意書きがありますので、頻繁に通信をおこなう端末を同時に3台以上つかうと通信速度が低下してしまう恐れがあります。 接続台数が5台未満にもかかわらず通信速度が改善されない場合、 同時接続数を減らし対策してください。 通信制限がかけられている どんなときもWiFiはデータ容量無制限なので、制限を気にすることなくインターネットし放題のポケットWiFiですが、他の利用者に影響を及ぼす大容量の通信をおこなってしまうと、384Kbpsの通信制限をかけると公式サイトに注意書きがあります。 利用者の口コミを見る限りでは、1日で100ギガ以上つかった方もいれば、 短時間に3ギガのファイルをダウンロードして制限がかけられた方もいます。 大容量通信の具体的な例えはなかったので、サポートに問い合わせたところ「利用者数や時間帯のタイミングによって変動するのではっきり言えない」とのことでした。 auとdocomoは繋がらない? どんなときもWiFiは携帯3社(ドコモ・ソフトバンク・au)のネット回線を自動で割り当ててるのに、「ソフトバンクの電波しか使えない」との口コミがたくさんあったので調査した結果、 ソフトバンクの電波が優先されて使われてることが分かりました。 曖昧な回答でしたので、総務省が発表している携帯キャリアごとの基地局数を調べた結果、 ドコモの基地局数がもっとも多い結果となり、サポートの回答が的外れであることが判明したのです。 そこでどんなときもWiFiと同じ機能をもつ他社サービスについて調べた結果、ソフトバンクの電波しか入らないとの口コミがたくさん見つかりました。 実際に利用している私の体験談としては、1番見かけるのはソフトバンクで、その他はたまに見かける程度です。 auとdocomoが使えないわけではありません。 まとめ どんなときもWiFiが繋がらない場合に、試すべき解決策をご紹介させていただきましたが、いかがだったでしょうか。 この記事で紹介している方法で 解決しないならば、端末が壊れている可能性が1番高いので、新しい端末に交換した方がよいでしょう。 補償オプションに加入していれば18,000円の端末代は無料です。 もし補償オプションに加入していない場合は、他のポケットWiFiへの乗り換えをおすすめします。 この記事で解説した解決策が少しでも皆さまのお役に立てれば幸いです。

次の