拝読する 敬語。 「拝見させていただく」は二重敬語!正しい敬語では何と言う?

「拝見させていただく」は二重敬語!正しい敬語では何と言う?

拝読する 敬語

「読む」の尊敬語 尊敬語は、相手の動作を敬っていう言い方です。 つまり「読む」の尊敬語は、相手が何かを読むときに使う表現ということになります。 尊敬語は「読まれる」「お読みになる」 「読む」の尊敬語は、「読まれる」「お読みになる」です。 「読まれる」は受け身の表現と同じになってしまうので、「お読みになる」の方が間違いなく伝わります。 実際にこれらを使う場面では、丁寧語の「ます」を伴うことがほとんどです。 実際の例文を見てみましょう。 先ほどの資料はもう読まれましたか。 あの小説はお読みになりましたか。 会報なら今課長が読まれています。 議事録は部長がお読みになっています。 簡単な資料ですが、読まれますか。 お客様から手紙をいただいたのですが、お読みになりますか。 「お読みになられる」は誤り 「読む」の尊敬語の間違った使い方としてよくあるのが、「お読みになられる」という表現です。 これは「読まれる」と「お読みになる」とが混ざったもので、尊敬の意味の「お読みになる」に、さらに尊敬の「られる」がくっついてしまっています。 このように、ひとつの言葉に同じ種類の敬語がついたものを「二重敬語」と呼び、文法的には誤りとされています。 丁寧にしようとして過剰な表現になってしまわないように気をつけましょう。 「読んでください」の敬語表現と言い換え 「メールを読んでください」「資料を読んでください」など、相手に「読んでください」と頼むときには、いろいろな言い方ができるんです。 一挙にご紹介します。 尊敬語は「お読みください」 もっともシンプルな表現が、「お読みください」です。 「読んでください」の「読む」部分を丁寧にした言い方です。 確認してほしいときには「ご確認」 言い換え表現の一つ目は、「ご確認ください」です。 内容を確認してほしいと伝えることで、「読んでください」という意味を表します。 「お荷物をご確認ください」のように、読む以外にも確認するもの全般に使えます。 さっと読むという意味の「ご一読」 「一読」は「さっと全体を読む」という意味です。 「ご一読ください」といったときは、「全体を一通り読んでください」というような意味になります。 「一読」そのものには軽く読むというニュアンスが含まれますが、「ご一読ください」はじっくり全体を読んでほしいときでも使えます。 見るもの全般に使える「ご覧」「ご高覧」 「ご覧」は、「見る」の敬語表現で、「ご高覧」は「ご覧」をさらに丁寧にした言い方です。 「ご覧ください」「ご高覧ください」は、「読んでください」というのはもちろん、景色やスライドなど、「見る」もの全般について使えます。 「目を通す」ではなく「お目通し」を使う 「読む」の言い換え表現に「目を通す」があります。 ただし、「目を通してください」は軽い言い方になってしまうので、ビジネスシーンで目上の相手に使うにはそぐわないとされています。 この場合は、「お目通しください」という表現を使いましょう。 「お目通し」は「目を通す」を丁寧にした言い方で、ビジネスシーンでも活用できます。 メールで便利な「ご査収」 「査収」は、「よく確かめて受け取る」という意味の言葉です。 たとえば、メールに添付したファイルを確認してほしいときに「資料を添付いたしましたのでご査収ください」と書き添えれば、「読んでください」「受け取ってください」という二つの意味を同時に伝えられます。 「読む」の謙譲語・丁寧語 続いて、「読む」の謙譲語と丁寧語について解説します。 尊敬語と間違って使っているケースもよくあるので、ここでしっかり区別しておきましょう。 謙譲語は「拝読する」 謙譲語は、自分の動作をへりくだって言う言い方です。 目上の相手に対して自分の動作を言うときに使います。 つまり、「読む」の謙譲語は、自分が何かを読むことを表す言い方ということです。 「読む」の謙譲語は、「拝読する」です。 多くの場合「ます」と一緒に、「拝読します」「拝読しました」といった形で使います。 また、「拝読いたします」「拝読いたしました」という表現もよく見られます。 しかし、これは謙譲の意味の「拝読」に、さらに謙譲の「いたす」をつけているので、二重敬語になっています。 ただし、広く一般に浸透していることもあり、間違いであるとはされないことが多いようです。 それでもあくまでグレーゾーンなので、正しい敬語をきちんと使いたいという人は、避けた方が無難な表現だといえます。 前述のとおり、「拝読する」は自分が読むことをいうもので、相手が読む場合には使えません。 「あの話題の本、拝読されましたか」といった言い方は大きな間違いですので注意しましょう。 「読ませていただく」という表現もある 「読ませていただく」は「読ませてもらう」の謙譲語です。 誰かから手紙をもらったときや本をもらったときなどに、「手紙を読ませていただきました」「いただいた本を読ませていただきました」といった形で使います。 「読ませてもらう」「読ませていただく」は、「誰かから許可をもらって読む」という意味になります。 ですから、読んで当然のものや自ら読んだものについて使うのは不適切です。 誰かにもらって読んだものや、許可を得て読ませてもらったものについて言うときに使いましょう。 「拝読しました」とすべきところを「読ませていただきました」とすると、「別に許可したわけじゃない」と違和感を覚える人もいます。 乱用は避けましょう。 丁寧語は「読みます」 「読む」の丁寧語は、「読みます」です。 過去形は「読みました」、疑問形は「読みますか」となります。 丁寧語は、自分の動作に対しても相手の動作に対しても使えます。 本や新聞は「読みます」が適していることも ビジネスなどの改まった場では、自分が「読む」ことについては謙譲語の「拝読する」を使うのが適切です。 しかし、自分が読む場合に丁寧語を使うべき場面もあります。 それが、本や新聞についていう場合です。 「拝読」の「拝」には、うやうやしく受け取るといった意味があります。 つまり、「拝読」は相手から受け取ったものや相手の書いたものを読むときに使うのが正しい使い方なのです。 相手がその本や新聞記事を書いた本人だったり、本をくれた相手の場合は「拝読しました」が使えますが、それ以外の場合は丁寧語を使います。 「いただいた御本、拝読しました」、「話題の新刊を買って読みました」というように、場面によって使い分けられるとベストです。 まとめ 「読む」という言葉は頻繁に使うだけに、敬語表現もばっちりだと思っている人も少なくないのではないでしょうか。 しかし、意外に多くの間違いポイントがあるのです。 敬語の間違いは、相手を不快にさせてしまったり、自分の評価が下がってしまったりといったことにもつながりかねません。 正しく使えていると思っても実は間違っていたなんてことのないように、使い方をしっかり確認しておきましょう。

次の

【メモ】「拝読します」と「拝読いたします」。敬語として正しいのはどっち?

拝読する 敬語

日本語には約24万語以上の語彙があると言われています。 広辞苑 第6版より 日常よく使う言葉、と日常は使わないが、聞いてわかる言葉があり、前者を使用語彙、後者を理解語彙と言います。 その中でも成人の日本人ネイティブスピーカーで、理解語彙は4万語から5万語彙、使用語彙は1万語から2万語ぐらいと言われてます。 日本語には他の国とは違い、敬語という言葉が存在します。 最近ではビジネスシーンで日本人ネイティブスピーカーでさえも、使い方が分からなかったり、「拝見いたしました」など、間違った文法でサービスをするシーンも見た事があります。 2007年に文化審議会国語分科会から「敬語の指針」が答申され、従来の「尊敬語」、「謙譲語」、「丁寧語」の3分類から、5分類になりましたが、ここでは、3つに分けてお話ししていきます。 敬語には「尊敬語は」、「謙譲語」、「丁寧語」があり、これからは謙譲語の一つである、「拝見いたしました」にスポットを当てていきます。 敬語の中には尊敬語、謙譲語、丁寧語があります。 (1)尊敬語 相手の行動・動作について、その人物を立てて述べます。 例)「ご覧になる」 (2)謙譲語 自分の行動・動作をへり下って話すことで、相手に対して敬意を言い表します。 例)拝見する」 (3)丁寧語 相手に対し敬意を表して丁寧に話すことです。 例)「見ます」 尊敬語は話の中心・話し手(主人公)が歳上・目上の方の場合に使い、謙譲語は話し手が自分自身の場合の時に自分をへり下って、相手を立てる時に使うと頭にあるとわかりやすいでしょう。 「言う」の尊敬語は「おっしゃる」、謙譲語は「申し上げる」、丁寧語は「言います」と他にも言い換えられる動詞があります。 敬語の一般的表現 最近のビジネスシーンでも、よく見られる言葉です。 この「拝見いたしました」は「拝見する(謙)」+「いたす(謙)」と「謙譲語」+「謙譲語」と二重で敬語が使われていることになります。 「拝見いたしました」のように二重に敬語を並べることを「二重敬語」と言います。 「拝見いたしました」の二重敬語は文法的に誤りと言われており、二重での敬語を使い続けることは適切ではありません。 「拝見する」の動詞だけで立派な敬語なので、「拝見いたしました」(拝見+いたしました)と、付け加える必要はなく、「拝見しました」と、そのまま堂々と使って行くことが望ましいです。 上の表を見て頂いて表の中にあるものは2回続けては使えないと覚えてください。 「拝見いたしました」ですと、「拝見する」「いたす」と両方表の中に記載されてます。 「拝見させていただきました」 ビジネスメールを送る時にも、要注意です。 取引先相手にメールを送るとき、「お世話になっております。 先日は素敵な食事会にお誘いいただき、ありがとうございました。 早速ですが、メールに添付された資料を拝見いたしました。 」「レポートのメモを拝見いたしました」なんて書きますと、相手の方にもビジネスマナーがなっていません。 正しい使い方として「メールに添付された資料を拝見しました。 」「原稿の下書きを拝見しました。 」となります。 自信がなければ、「拝見する」の代わりに「見ました」「見させていただきました」「確認いたしました」と言い換えてみてください。 それでも「拝見する」と書いた方が相手もこの人はしっかり敬語使えてるな、と印象付けるにはもってこいです。

次の

「拝見させていただく」は二重敬語!正しい敬語では何と言う?

拝読する 敬語

「拝読」の使い方 「拝読」は本や資料、メールや手紙など読み物全般に使う 「拝読」は本や資料、メールや手紙など、読む物であれば何に対しても使うことができます。 論文や短歌などに対しても「拝読」を用いることができます。 例えば相手からメールや手紙を受け取り、それに対して返信をする場合に「メールを拝読しました」「手紙を拝読しました」などと使います。 謙譲語ですので、読んだことを書いた相手に伝えるときに使うのが一般的な使い方です。 「拝読」は謙譲語なので、自分自身の読む行為に使う 「拝読する」は謙譲語です。 自分自身が読むという行為を謙って使う言葉ですので、自分自身の行為にのみ使いましょう。 ただ、謙譲語なので家族や友人など親しい関係の相手に使うと不自然です。 家族や友人からの手紙やメールには「読みました」「読んだよ」で問題ありません。 「拝読」の言い回し 「拝読します」が正しい表現 ビジネスシーンや目上の人に対して「拝読する」を使う場合、 「拝読します」と使うのが正しい表現となります。 「拝読する」は「読む」の謙譲語になりますので、組み合わせる言葉は丁寧語の「ます」になります。 「拝読いたします」は二重敬語だがビジネスシーンなどで使用されている 「拝読いたします」は「読む」の謙譲語「拝読する」+「する」の謙譲語「いたす」になるため、 二重敬語になってしまいます。 二重敬語は回りくどい印象を与えてしまうため、良くないとされていますが、 ビジネスシーンで「拝読いたします」「拝読いたしました」は頻繁に使用されています。 文法的には正しくありませんが、よく使う表現なので、ほとんどの人にとってそこまで違和感のある表現ではありません。 しかし世の中には、もちろん正しい敬語表現を知っている人もいます。 自分自身が使う場合はなるべく「拝見します」と正しい文法を使うようにしましょう。 「拝読させていただきます」も二重敬語 「拝読させていただきます」は、「読む」の謙譲語「拝読する」+「〜してもらう」の謙譲語「いただく」なので、 二重敬語になります。 そのため文法的には間違った表現となります。 しかし「拝読いたします」と同様で文法的には正しくありませんが、ビジネスシーンでは 「拝読させていただきます」や「拝読させていただきました」がよく使われています。 「いつも拝読しております」は継続して読むことを伝える正しい謙譲語 「いつも拝読しております」の「〜しております」は行為を継続することを表す「している」の丁寧語です。 読む行為を継続していることを、相手に敬意を払って伝えることができます。 そのため「いつも拝読しております」は現在進行系で本を出版し続けている人や、新聞などに連載している人に対して一般的に使われています。 現役の小説家に「いつも拝読しております」と言うと「先生の本は毎回読ませてもらっています」と伝えることができます。 「読ませていただきます」は「図々しくて申し訳ないですが、許可してもらったので読みます」という意味 「読む」の謙譲語は「拝読」だけではありません。 「読ませていただきます」は「読む」+「〜してもらう」の謙譲語「いただく」+丁寧語「ます」で成り立っているため、「読む」の謙譲語になります。 ただ「させていただく」は、「相手に許可を得て、ある行為を遠慮しながらすること」を意味します。 そのため「させていただく」は 「相手や第三者の許可を受けて行う場合」そして「それを行うことで恩恵を受けるという事実がある場合」に用いるのが正しくなります 「読ませていただきます」の場合は「図々しくて申し訳ないですが、許可してもらったので読みます」といった意味になります。 そのため、一方的に誰かの本を読んだ時に使うと不自然になります。 相手から読み物を受け取った場合は、相手が読んで欲しくて渡しているので許可を受けた状態になります。 その上で恩恵を受ける事実がある場合ですので、例えば 仕事で参考になる書物を上司が渡してくれた場合などに「読ませていただきます」と使うのが正しい使い方になります。 「頂いた本は、しっかりと読ませていただきます」 「先日お借りした参考書、読ませていただきました」 「私もその資料を読ませていただいてもよろしいですか?」 他人が読む場合は、尊敬語「お読みになる」を使う 「拝読」は「読む」を謙っていう言葉ですので、 相手が何かを読む場合に「拝読」を使うと失礼に当たります。 例えば目上の相手に「こちらの資料は拝読されましたか?」と聞いた場合「謙って読まれましたか?」と聞いていることになります。 これではとても失礼ですよね。 上司など目上の人が読む場合は、「読む」の尊敬語である「お読みになる」が正しい敬語表現です。 そのため、先程の資料を読んだか聞く時は 「こちらの資料はお読みになりましたか?」が正しい敬語になります。 ちなみに「お読みになられる」は二重敬語ですので注意しましょう。 「お読みになられましたか?」と使うのは間違った表現になります。 「資料は今部長がお読みになっています」 「今日の新聞はお読みになりましたか」 「先日の議事録、お読みになりますか?」 「拝読」に似ている言葉との違い 「拝読」と「拝見」の違い 「拝読」・・・「読む」の謙譲語 ・読む行為を表しているので、文字や文章に対してのみ使う 「拝見」・・・「見る」の謙譲語 ・文字や文章の他に、絵や写真、物や出来事に対して使うことができる 「拝見」は <はいけん>と読みます。 「見る」の謙譲語で、「つつしんで見る」という意味です。 そのため文字や文章の他に、絵や写真、物や出来事などに広範囲で使うことができます。 また「拝見する」はメールや書類を「見る」「読む」「目を通す」という意味の他に、「内容や目的を理解した」というニュアンスも含まれています。 「拝見」はメール・手紙や資料を確認したことを、相手に伝えるときに使うのが一般的です。 「拝見しました」「拝見します」といったように使うことができます。 「教授が出版された本を拝見しました」 「御社の求人広告を拝見して、メールをお送りいたしました」 「参考文献を送ってくださりありがとうございます。 さっそく拝見しました」 「拝読」と「拝聴」の違い 「拝読」・・・「読む」の謙譲語 「拝聴」・・・「聴く」の謙譲語 「拝聴」は <はいちょう>と読みます。 「聴く」の謙譲語で、「つつしんで聴く」という意味です。 「今日もテレビを拝聴しています」などと口頭ではあまり使わない表現です。 「拝聴」は基本的にメールや手紙など、文面上で使う言葉になります。 また「拝聴」によく似た表現に「清聴」という言葉があります。 「ご清聴ありがとうございます」などと聞いたことがある方も多いと思います。 「拝聴」は自分が相手の話を聞くときに使う言葉なのにに対して、「清聴」は相手が自分の話を聞いてくれたことに敬意を表す言葉です。 「文献を閲読した」 「古文書を閲読する」 奉読(ほうどく) 意味:謹んで読むこと 「謹んで」という言葉には相手に敬意を払うといった意味があります。 「神前で御誓文を奉読する」 「天皇陛下が勅語を奉読する」 繙読(はんどく) 意味:書物をひもといて読むこと 「繙」は「繙く(ひもとく)」という言葉で、元々「巻物の紐をほどいて広げ、書物を読む」といった意味があります。 そこから「書物などを調べて真実を明らかにする」といった意味も持つようになりました。 同じ読みの「紐解く」と同義になります。 「歴史書を繙読するのは楽しい」 「研究書の繙読は難しい」 読書(どくしょ) 意味:本を読むこと 「読書」は一般的にもよく用いられていますね。 敬語表現ではありません。 「趣味は読書です」 「寝る前に読書をする」 熟読 意味:文章の意味をじっくり考えながら読むこと ただ本を読むのではなく、考察しながらじっくりと読むことです。 また、その書物を「読み味わう」「十分に内容を読み取る」といった意味もあります。 「大好きな作家さんの本は何度も熟読する」 「いくら恋愛マニュアルを熟読しても恋人ができない」 披見(ひけん) 意味:手紙や書籍などを開いて見ること 折られたものや、封のされた書物を開けて読むことを意味しています。 「書簡を披見した」 「送られてきた手紙を披見する」 書見(しょけん) 意味:書物を読むこと 「読書」と同じ意味です。 「書見に専念したが、飽きてしまった」 「あまり書見は好きではない」 「拝読」の対義語 「読む」の対義語は「書く」になります。 「書く」の謙譲語と尊敬語をいくつか紹介します。 書きます 「書く」の丁寧語です。 謙譲語ではないので、自分を謙る表現はありません。 「手紙は私から書きます」 「そのメモは私が書きました」 お書きします 「書く」の謙譲語です。 相手に敬意を払い自分が書く場合に用います。 「この欄は私の方でお書きします」 「先にお書きしておきます」 お書きいたします 「書く」の謙譲語になります。 「お書きします」よりも、より丁寧な表現となります。 「部長、私がお書きいたします」 「お客様へのお礼状は私がお書きいたしました」 書いていただく 「書いてもらう」ことを謙った表現です。 そのため相手が「書く」行為に対して敬意を払った表現になります。 「この欄は部長に書いていただきます」 「こちらの書類に必要事項を書いていただいてもよろしいですか?」 お書きくださる 「書く」の尊敬語になります。 相手の「書く」行為に敬意を払った表現になります。 「この看板は社長がお書きくださいました」 「部長がお書きくださるなんて、誠に光栄です」.

次の