アイコス 二度吸い。 iQOS(アイコス)は2回吸いは出来る?出来ない?

【徹底比較】新型プルームエスでアイコスユーザーは満足出来るのか!?

アイコス 二度吸い

Ploom S プルーム エス は200度加熱なのでタバコ葉が焦げない アイコスやgloの高温加熱式タバコは約300度〜350度で加熱します。 それに対してPloom Sは加熱温度が200度と、他と比べるとかなり低いんですよね。 吸い終わった吸い殻をみてもほとんど焦げていませんし、外側からではまったく区別がつかないくらいです。 前回は、「これなら二度吸いできるのでは?」と思ってPloom Sで二度吸いを試してみましたが、味が出たのは最初だけで残念な結果になりました。 ならば「200度以上で加熱できるヴェポライザーならどうだろう?」と思い実際に検証してみました。 今回はあくまで検証ですので、健康面に関しては考慮していませんことをご了承下さいね。 スポンサードリンク ヴェポライザーでPloom Sのタバコスティックを「シケモク」! 使用するヴェポライザーはコンダクションがおすすめ まずは使用するヴェポライザーをご紹介致しますね。 今回使用するヴェポライザーはこちらの 「WEECKE C-VAPOR3. 0」です。 このヴェポライザーは タバコ葉を直接加熱するコンダクション方式のヴェポライザーになります。 熱風を対流させてタバコ葉を加熱する「コンベクション方式」のヴェポライザーでも試してみましたが、私はコンダクションのほうが美味しかったのでこのヴェポライザーで話を進めさせていただきますね。 まずは吸い殻を集めよう! まずは当たり前ですが吸い殻を集めます。 私は家で吸った分をすべて袋に貯めましたが、改めて見るとたくさん吸っていますね。 あ、Ploom Sは吸い殻も臭いが少ないので、これだけ集めてもほとんど臭いはないですよ。 あくまで私の方法になりますが、まずは1本ずつヴェポライザーで吸う方法をご紹介致します。 スポンサードリンク ヴェポライザーでPloom Sのタバコスティックを1本ずつ吸う方法 まずは使用済みのタバコスティックのフィルターを取り除きます。 タバコ葉の後ろは空洞になっているので、指で潰すとどこまでタバコ葉が詰まっているかわかると思います。 続いて、フィルターを取り除いたタバコに、画像のようにカッターで切れ目を入れます。 切れ目を広げて上から指で押しながらタバコ葉のみをヴェポライザー落とします。 たばこスティック1本でちょうどよいくらいの量になります。 周りの紙ごと加熱すると辛味がでて美味しくないし、タバコスティックが細いので均等に加熱されません。 ヴェポライザーで吸う場合はタバコ葉のみ入れて下さいね。 そして、ヴェポライザーに付属している棒で軽く押し込めば完了です。 私も色々試してみたのですが、一見面倒そうに見えますがタバコの葉が散らからないので結果的にこの方法が一番簡単でした。 もちろん、紙を一緒にいれなければどんなやり方でも問題ないですよ。 加熱温度は220度がおすすめ ヴェポライザーの加熱温度は、私は220度がちょうどよかったです。 好みもあると思うので、200度以上から調整してみるとよいかと思います。 そしてドローはタバコと同じくらいの重さにすると吸いやすいと思いますよ。 0」は底面にあるつまみでドローを調整することができます。 さあ、それでは吸ってみましょう。 スポンサードリンク 煙、味ともに申し分なし!しかしたまに変な味が・・・ さて、実際に吸った感想ですが、これが予想以上に良かったです。 煙量はPloom Sの3倍くらいは多いでしょうか。 「フー」と吹き出すと気持ちよく煙 蒸気 がでます。 紙巻きタバコやシャグをヴェポライザーで吸ってもここまで煙はでないので、やはり加熱式タバコ専用の工夫が施されているんだと思います。 一度吸ったタバコスティックでもここまで煙が出るのは正直驚きました。 味はPloom Sよりわずかに甘みが強くなり、二度吸いとは思えないくらいのキックがあります。 タバコの風味は少し抜けた感じになりますが、満足感は十分なのでこれはかなりイケると思いますよ。 ただ、たまに変な味がする時があるんですよね。 焦げ臭いというか何というか、ちょっと不快な感じです。 おそらくこれは一度めに吸った時の吸い方が影響しているのだと思います。 私はゲームをしながら吸うことがあるですが、その時手が離せず1〜2回しか吸わないで終わってしまう時があります。 加熱はされているのに吸わないのでタバコ葉が通常より少し焦げてしまうんでしょうね。 そんな状態のタバコ葉を二度吸いすると味が美味しくない場合もありましたが、 基本的にヴェポライザーでの二度吸いは全然アリだと思いました。 というか味、煙、キック、文句なしです。 スポンサードリンク 一気にバラしてシャグのように吸うと楽ちん! あまりにヴェポライザーでの二度吸いが美味しかったので、シャグのようにもっと手軽に吸えるようにしてみましょう。 今回貯めた吸い殻は7〜80本くらいですね。 今はメンソールを吸っていますが、最初のころはレギュラーも吸っていたので混ざっていますが、特に問題なしです。 この吸い殻を、シャグの空いた袋に入れておけば、シャグのようにいつでも手軽にPloom Sのタバコスティックを楽しむことができます。 やり方はなんでもいいでのすが、先程ご紹介した方法が早くて簡単だと思います。 まずフィルターを外し、カッターで切れ目も入れます。 そして袋にタバコ葉のみを入れていくのですが、この時明らかに焦げている部分は取り除くと味が均等になりますよ。 一応時間を計って見ましたが10分で47本分解することができました。 まあ手間ではありますが、一本一本やるよりは効率がよいとは思います。 1本で2回吸えるからタバコ代が半分に! 今回ご紹介した方法を使うと、Ploom Sで1回、さらにヴェポライザーで1回吸うことができるので、タバコ代を大幅に節約することができます。 今は自宅の吸い殻しか貯めていませんが、ヴェポライザーでの二度吸いを本格的にやるなら外で吸った分も貯めたいところですよね。 そういう時は、たばこの箱に逆さにして戻すと、まだ吸っていないタバコと区別がつくし、携帯灰皿もいらないのでおすすめですよ。 スポンサードリンク まとめ:手間はかかるが、その価値はあり! 「バラして詰める」という手間がかかりますが、味がよく節約もできるのでその手間をかける価値はあると思います。 ちなみにシケモクではなく、最初からヴェポライザーでPloom Sのたばこスティックを吸ってみました。 加熱温度はシケモクと同じ220度に設定したのですが、きつくて最後まで吸えなかったです。 おそらくフィルターがないのでキックが強過ぎるんでしょうね。 そのままではキツイですが、一度吸ったたばこスティックだとちょうど良い感じでヴェポライザーで吸うことができます。 ヴェポライザーとPloom Sをお持ちの方は是非一度試してみていただけたらと思います。 しかし、繰り返しますが健康面に関しては考慮していません。 二度吸いにより思わぬ有害性物質が発生しないとも限りませんので自己責任でお願い致します。

次の

ネットでは評判の悪いプルームテックS(エス)を買ってみた。実際に使ってみた感想と肝心のキック感などレビューします。

アイコス 二度吸い

IQOS 3 DUOの説明書達 内容物 内容物をまとめると…• IQOS 3 DUO ポケットチャージャー• IQOS 3 DUO ホルダー• クリーニングツール• クリーニングスティック• USB — Type-Cケーブル• ACアダプタ• 使い方• 製品登録申込書• アクセサリー案内• ケアー案内 製品登録申込書が同梱されてました!前から郵送でもできるようになっていましたっけ? Bluetoothの案内も 説明書の袋にはじめっから、BluetoothについてのQRコードリンクが記載されていました。 IQOSはIoT化に結構力入れていますね! ちなみに、アイコスさんYouTubeチャンネルでは「アイコス3の使い方」動画をアップしていますが、そちらのコメントにも「Bluetooth便利だよ!」というコメントを頂いたことがあります。 ヘビーユーザー程使っている? 2本目を吸い終わりました。 もうボタンを押しても光らない。 2本連続で吸った後、ボタンを押してももうホルダーが光ることはありませんでした。 まさか、分離型のアイコスで2本連続吸いができるようになる時代がくるとは・・・。 テクノロジーの進化を感じます。 というか、この技術が初めからあったら、アイコス3マルチなんて発売しなかったのでは・・!?と思うほど、ニーズを満たしてくれる気がします。 (3本以上連続で吸うのってそこまでないですよね) 充電時間は1分46秒 デュオの公式説明で、3つのポイント!として以下がアピールされていました。 2本連続使用が可能に!• 充電時間が半減!• ストレスフリーな操作感! この2つ目、「半減」とはどの程度なのか、 実際に充電時間を測ってみました。 公式説明では 約1分50秒と記載がされており、こんなものな気がします。 ちなみに、2本分の充電はもっと時間がかかり、 約5分15秒だそうです。 後述しますが、確かにアイコス2. 4プラスより充電時間は大幅に削減されており、無印アイコス3よりもやっぱり早くなっています。 この速さは、実際に体感しても アイコス3デュオの使い方画像 あくまで「2本連続で吸える」という部分だけが異なりました。 IQOSシリーズとデュオを比較 細かいスペックを、「IQOS 3 DUO」と「IQOS 3 MULTI」と「IQOS 2. 4 Plus」で比較してみましょう。 IQOS 3 DUO IQOS 3 MULTI IQOS 2. 4 PLUS 主な特徴 2本連続使用が可能。 最軽量の50gのオールインワン型。 持ち歩くのは、これ1つでOK。 IQOSを楽しむための基本性能を搭載。 連続使用 2回 10回 不可 ホルダー充電時間 1本分:約1分50秒 2本分:約5分15秒 — 約4分10秒 本体充電サイクル 20回毎 10回毎 20回毎 本体充電時間 120分 75分 120分 通常カラー 全5色 全4色 全2色 定価(税込) 9,980円 6,980円 4,980円 もはやデュオが出た今、マルチを買うか、デュオを買うか・・的な感じかと思います。 アイコスのクリーン性 アイコスの「クリーンさ」をピックアップしています。 具体的な成分や量については、フィリップ・モリスと共に、日本政府(厚生労働省)も独自に調査結果を報告しています。 双方の数値をまとめていますので、是非利用前にご確認下さい。 いかに「クリーン」といっても、アイコスにはニコチンは含まれていますし、 リスクがあります。 アイコスストアやホームページなどで確認はできるのですが、かなり 薄いです。 ちゃんと、危険性を把握しておきましょう。 アイコス3デュオの利用シーン・公式画像 こちらも、フィリップ・モリスから特別に頂きました。 利用シーンや画像を見て雰囲気がつかめるかな?.

次の

アイコスの煙の量が少ないと感じている方必見!煙を増やす方法

アイコス 二度吸い

アイコスを吸った後に、ホルダーから使用済みのヒートスティックを抜き取った時に多くの方が「もう一回くらい吸えんじゃね?」と思うのではないだろうか。 ちなみに、一度吸ったヒートスティックにライターで火をつけて吸った事もある。 結論から言えば二度吸いは可能である。 しかし、味は不味い。 しかし、ヒートスティックの葉が焦げている部分は中央部分。 焦げてない部分が寄り集まればもう一度吸えそうな気はするだろう。 ただ、「不味い」と言う結果は既に出てしまっている。 これで、終わってしまって良いのだろうか?いや、それではつまらない。 「美味しくはないけれどまだ吸える」そう感じることが出来れば万々歳だろう。 一箱20本入りだが、もし二度吸いが可能になれば 40回分吸える事になる。 なんてお得なのだろうか。 今回は、アイコスは二度吸い可能なのかについて書いていきたいと思う。 また、使用してから7ヶ月使ったので改めてデメリットに関しても話していく。 もちろん、クソ程不味い。 筆者はメンソールを吸っているのだが、ヒートスティックの葉っぱ(焦げていない部分)を頑張って中央部に集めてもあのメンソール感は皆無。 何か湿っている印象も受ける。 炭酸の抜けたサイダーを飲んでいるようなニュアンス…で伝わるだろうか。 では、一旦結論をまとめよう。 では次の項目では、二度吸いした時の「クソ不味さ」を「マシなレベル」にする方法について筆者が実際に実験台になって考察していってみよう。 二度吸いの不味さをマシなレベルへ 今回用意するのは、一度吸い終わった後のヒートスティックだ。 これを様々な方法で再利用できないか考察していく。 1.焦げた部分を取り除く まずは、一番オーソドックスな方法だ。 アイコスは構造上、ブレードが刺さる部分が焦げて黒くなる。 その部分にまたブレードを刺して吸っても不味いのは至極当然だ。 結果 「 吸えねえ…」 葉っぱが無くなった分、ヒートスティックの中身が緩すぎてブレードに刺さらない。 熱は伝わっているが、口から水蒸気すら出ない。 この状態で吸った時の感覚と似ている。 最初から結果が見え見えだったがこれは失敗だ。 2.焦げていない部分を集める 1の失敗でヒートスティックが緩すぎて上手く刺さらない状態に陥ったので、次はその隙間に別の使用済みヒートスティックの綺麗な葉っぱをかませてやれば、しっくり収まるのではないかと考えた次第だ 結果 「 思ってたのと違う」 想像していた味は、シケモクを吸った時のような状態だ。 1よりは確かにマシになったかもしれない。 しかし、不味いことに変わりはない。 メンソールもほとんど感じられない上、やはりどこか湿っている。 1の時はヒートスティックが緩すぎて加熱があまり出来ていなかった、しかしこの状態でも上手く刺さらない。 無理やり入れてなんとかなったが、下手をするとブレードが折れる。 なにより、一度吸っている状態なので、ヒートスティックの強度がかなり低下している。 実験では上のフィルター部分が3回折れた。 これはお勧めできない。 3.24時間寝かせる まるで、料理の仕込みを行っているかの様な表現だが、1と2は「どこか湿っぽさを感じた」と言う部分が共通している。 では、時間をかけてパリッパリに乾燥させてやれば、その現象を回避する事が出来るのでは…と考えたわけだ。 結果 「 1と変わらねえ…」 1、2に比べると湿っぽさは確かに無くなった。 欲を言えばあと24時間寝かせることが出来れば完全に理想のパリパリ感を得られるだろう。 しかし、味に関しては1と変わらなかった。 なんともやる気のない味。 ただただげんなりする味だ。 個人的にはかなり期待していた方法だったので、割と悲しかった。 4.ライターで点火 最後に残ったのはライターで着火してそのまま吸うという方法だ。 これは以前やったことがあるが、改めて味を比較するために行った。 やり方は非常にシンプルだ。 結果 「 涙が出るほどむせる」 久々にこの方法を行ったら喘息がぶり返しそうになった。 それくらいクレイジーな方法だ。 確かにむせるが、これはメンソールということも関係しているだろう。 最初はどうしようもないが、慣れてくると意外と吸えるようになる。 なんだかんだで個人的には一番マシに感じた。 結論 「やめたほうがいい」 一度吸い終わってしまったヒートスティックを美味しく二度吸いすることはどれだけ頑張っても困難だ。 美味しくどころか、マシなレベルにすることも難しい。 確かに、「もう一回くらい吸えそう」と思う気持ちは分かるが、健康被害を被ったり、アイコス本体が破損する可能性もあるのでやめたほうがいい。 アイコスのデメリット では次にアイコスのデメリットについて、筆者が使用して7ヶ月経過したので具体的に説明していこう。 結論から言えば、イラッとする点はあるが個人的にはメリットの方が多いと感じている。 デメリットがあったとしても「もう使いたくない」とまではいかない。 デメリットに感じたのは以下の6点だ。 いちいち充電するのが面倒くさい• サブを手に入れるのが困難• クリーニングが面倒くさい• 故障が目立つ• 荷物を持っているとセットしにくい• もしもの時が不安 では1つ1つ見ていこう。 いちいち充電するのが面倒くさい まず最初の項目は、アイコスの特徴でもある充電式という部分だ。 従来のたばこであれば吸いたいときに、吸いたいタイミングでライターを火をつければ喫煙することが可能だ。 しかし、アイコスは一度吸ったら数分間の充電が必要になる。 「もう一本吸おうかな」と思っても充電が完了していなければ当然使用する事は出来ない。 吸いたいタイミングで吸う事が出来ないのは少し不便だ。 「」でもお伝えしたが、魔改造でもしない限り通常のアイコスでは連続でアイコスを使用する事は出来ない。 もし、連続でアイコスを使用したいのであれば、アイコス本体を2つ持つ必要がある。 ケンドーコバヤシ氏がやっている「2台持ち」だ。 サブを手に入れるのが困難 上記でもお伝えした「2台持ち」だが、言わずもがなアイコス本体をもう一つ手に入れる必要が出て来る。 しかし、アイコスは非常に在庫が少ないため、 アイコスストアに早朝から並ぶか、割り切って 高額転売されている物を選択するしか基本的には残されていない。 2台持ちしたい時ももちろんだが、何より1台が故障してしまった時のことを考えると、2台持っていたほうが安心だ。 だが、サブ機を正規価格で入手するのが難しい。 これが現状だ。 アイコス自体サポートが手厚いのは確かだが、品薄のこの状況を何とかしてほしい。 クリーニングが面倒くさい ライターで火をつけて吸うタイプのたばこは吸ったら灰皿に捨てて終わりだが、アイコスは本体のクリーニングが必要になる。 アイコスのクリーニングの目安は「一箱吸い終わったら」。 数本吸うたびにクリーニングをするわけでもないのでそこまで面倒そうに見えないが、隅々まで綺麗にしようと思うと割と億劫になる。 だからといって、クリーニングをしないと第一に味が落ちる。 そして、詰まって吸いにくくなる。 最悪の場合、故障にも繋がる。 こまめに掃除出来る方は問題ないと思うが、こういった事が面倒と感じる方にはデメリットに感じてしまうだろう。 故障が目立つ アイコスの故障は想像以上に多い。 チャージャーの蓋のツメが消耗して、ホルダーが充電されなくなった• ブレードが故障した• チャージャーが充電されなくなった• 赤ランプ・オレンジランプが点灯-点滅して使えなくなった• 水に濡れて使えなくなった• 落として使えなくなった 筆者も2台持っているが、2台とも1度は故障して交換してもらっている。 2代目は使用開始してから3ヶ月弱で1台目のように、チャージャーがオレンジランプ点滅をしはじめたので速攻で交換。 お金に余裕がある場合以外は、あまり高額転売されているアイコスをお勧めできないのがこういった故障があるからだ。 アイコスは消耗品だ。 どんなにお金をかけて手に入れたとしても、最大寿命は1年程。 そして、保証期間だとしても交換できる回数は1台1回限りだ。 片側の手にバッグなどを持っていた場合は、この動作が非常に面倒くさい。 もしもの時が不安 アイコスは充電しなければ使えない。 チャージャーのバッテリーが出先で切れてしまえば使えなくなる。 家で充電をフルにしておいても、使っていればバッテリーは消耗する。 ヒートスティックはコンビニでも売っているが、ヒートスティック単体では喫煙することは不可能だ。 バッテリーの消耗を考慮してモバイルバッテリーを持ち歩くのも悪くない。 しかし、アイコス本体の調子が悪くなり、スムーズに充電が出来なくなってしまったらどうだろうか。 そして、本格的に調子が悪くなってしまえば、普通に使う事も困難になるだろう。 これがアイコスの一番不安な点ではないだろうか。 楽天カード入会でアイコス関連グッズが格安で手に入る 楽天市場の各ショップには、アイコス本体をはじめ、アイコスケースやキャップなど様々な関連グッズが販売されている。 最近では、本体の相場が下がった事もあり、アイコスストアを経由せずに楽天で購入される方もかなり増えた印象。 以前と比較すると10,000~15,000円ほど値下がりしている。 しかし、そのまま購入するのは少しもったいない。 実は、 事前に楽天カードに入会するだけで、実質2,000円オフで購入できるからだ。 もちろん、楽天カードは無料で入会できる。 このように、楽天カードに入会した際にもらえる2,000円分のポイントを使えば、アイコスケースはもちろん、関連商品も安くゲットできる。 さらには、その後 楽天カードを利用してお買い物をすると3,000円分のポイントも貰える。 楽天内であれば、アイコスだけでなく、他の商品にもポイントが使えるので、これから楽天でお買い物をされる方は、ぜひ楽天カードを利用してみることをオススメする。

次の