メルシー スコーン。 英国式スコーンを余市町で!口コミで評判広がる「メルシースコーン」

メルシー オンラインショップ

メルシー スコーン

もくじ• 常連さんの言葉に背を押され、スコーン専門店をオープン メルシースコーンは、坪田さん夫婦が経営しています。 店内はヨーロッパの女の子の部屋をイメージしており、さまざまなオモチャがセンス良く飾られています。 あちこちに吊るされたドライフラワーがアクセントになり、フレンドリーな雰囲気です。 帰国後はその経験を生かして神戸でカフェをオープン。 人気メニューの一つがスコーンでした。 故郷である余市に戻って店を開くにあたり、カフェの常連だったお客様さんの「もっとスコーンを焼けばいいじゃないか」という言葉に自信を持ち、スコーン専門店を開店しました。 フェイスブックや口コミで評判が広がり、今では地元を中心にお客さんが訪れる人気店です。 北海道産小麦にバターをたっぷり使って焼き上げた「プレーン」、香り豊かな素材を生かした「オーガニックのライ麦」、ココアの生地に、高級なクーベルチュールを使用した「チョコ」、サクサク感とコリコリ感が一緒に楽しめる「全粒粉のクルミ」、和のテイストを取り入れた年配の方にも人気の「抹茶」、甘くておいしい「サツマイモ」は鹿児島産を使用しています。 メイプルシロップをクルミでコーティングした「メープルクルミ」は女性に人気。 チーズをたっぷりと使って焼き上げた「チーズ」は、豊潤な風味がたまりません。 季節限定のスコーンもあり、四季を通じてさまざまなテイストを楽しむことができます。 おススメを伺うと「プレーンが好き」とのこと。 ハチミツなどをかけて食べてもおいしいですが、そのままシンプルに素材の良さを味わうのもよいそうです。 ワクワクしている姿に、スコーンはもちろん、メルシースコーンというお店が好きなことが伝わりました。 「現在はテイクアウトのみですが、今後は店内でも味わっていただけるよう、イートインを設ける予定です。 お店の前にはブルーベリーなどの畑が広がり、遠くに山々が見渡せることからオープンカフェ風にしたり、カフェのオーナーの友人とコラボして、コーヒーも楽しめるイベントも構想しています」 坪井さんの夢は、これからも大きく膨らんでいきます。

次の

メルシースコーン/余市町/世界のグルメが生んだ北海道素材たっぷりの絶品スコーン!

メルシー スコーン

Contents• メルシーベイクってどんなお店? 2014年にオープンした焼き菓子専門店。 オーナーは男性でフランスで修業した経験あり。 休日には行列もできる人気店です。 最後のひとつのメープルスコーンをゲット。 メープルシロップがついてくる。 では、いただきまーす! うん、美味い。 外はさくさくで中はほどよくしっとり。 おそらくけしの実が入っていてところどころにプチプチした食感を感じる。 付属のメープルシロップはほんのり塩気があって美味しい。 イートインコーナーは狭く席数が少なめ• レアチーズケーキ 瓶に入ったレアチーズケーキも安定の美味しさ。 メルシーベイクのアクセス・営業時間ほか アクセス:世田谷線「松陰神社前駅」から徒歩3分。 商店街を松陰神社とは反対方向に進んで商店街沿い左側。

次の

余市へ日帰り旅!スコーン専門店「merci scone」へ

メルシー スコーン

北海道にも初夏の訪れ。 お出かけが楽しい季節になってきましたね。 先日のゴールデンウィーク、10連休後半はお休みを頂き、開通したばかりの「後志自動車道」を利用し余市までドライブしてきました! 後志自動車道利用で、札幌市中心部から余市方面までの所用時間が55分。 一般道を通るより約20分も時間が短縮され、気軽に余市まで足をのばせるようになりました。 食材にもこだわる余市の本格スコーン専門店 高速道路を降りて約4分の所にある、インスタグラムの投稿などを見て気になっていたお店へ伺いました。 「merci scone(メルシースコーン)」は、余市町の住宅街にある可愛らしいスコーンの専門店。 こちらのスコーンは、牛乳はもちろん小麦粉やバター、砂糖も全て北海道産の素材を使用。 ベーキングパウダーもアルミフリーのものを使用し、マーガリンや植物油脂は一切使っていません。 お店はもともとは果樹園の作業室として使われていた建物をリノベーション。 今も畑で獲れるベリーは、お店で加工されスコーンに使われています。 店内のカウンターには、美味しそうなスコーンたちが並びます。 どれにしようか迷ってしまいますね。 POPでナチュラル!不思議な癒やしのインテリア スコーンと同じく気に入ったのは、かわいいお店の装飾。 カラフルでPOPなシャンデリアやメラミン製の食器、スワッグのアーチなど、センスがキラリと光ります。 アンティークとナチュラル、POPが同居した不思議に落ち着く癒やしの異空間。 昨年4月にOPENしたmerci scone。 店主さんご夫婦は以前、お洒落とスイーツの聖地、神戸の三宮でカフェを営業していたそう。 カフェ時代にも作っていた美味しいスコーン。 店主の地元である余市町で専門店としてスタートさせました。 お店の敷地内には、まるで絵本に登場しそうな1本の桜がこの日は満開。 菜園にはベリーの木。 小さい頃に訪れたことがあるような、なんだか落ち着く景色です。 帰宅後、お店で教えてもらった「スコーンの美味しい食べ方」で頂きました。 レンジで約30秒ほど軽く温めて、1〜2分焦げない程度にオーブントースターで軽く焼きます。 部屋中に広がる焼き立てスコーンの香ばしい香り!ほんわか湯気の立ったスコーン。 外側はサク、中身はふわっとしています。 チョコレートは甘さ控えめでビターな大人の味で、コーヒーにもぴったり。 チーズは軽い食感、おやつ感覚で頂けます。 人気のメープルくるみ、サクッと香ばしい生地にメープルの風味がベストマッチ! 香ばしいほうじ茶の味とホワイトチョコチップは、日本茶と頂きたい逸品ですね。 スコーンはいずれもハチミツやメープルシロップ、生クリーム、コンフィチュールとも相性抜群。 いつか、りんごやプルーンなど余市のフルーツで作ったジャムと一緒に食べてみたいです。 テイクアウトでカフェラテブレイク! テイクアウト可能なドリンクとして「WILDERNESS COFFEE ROASTERS」ブランドのカフェラテがあります。 おススメはドライブ中のカフェラテブレイク。 テイクアウトして、車内で気軽に楽しみましょう!本格マシンで淹れるこだわりのエスプレッソにフレッシュミルクが絶妙なバランス。 上質な味わいは、この一杯のために余市まで足を運びたくなるほどのクオリティー! スコーンは日替わりメニューもあるようなので、また伺うのが楽しみです。 お出かけが楽しい北海道のドライブシーズン、ぜひ余市のmerci sconeに行ってみて下さいね。 変更される場合がありますので、お出かけの際はHP等で最新情報の確認をしてください• 特派員No. 566 野菜ソムリエ。 札幌円山エリアの最新情報と手料理を福陽ブログで公開中。 特派員No. 567 さまざまな所で、さまざまな方から興味深いお話を伺えるのを楽しみにしています• 特派員No. 568 24時間わくわくのアンテナを張り巡らしてます!• 特派員No. 573 札幌市民の独身アラフォー、楽しい事探しに貪欲です。 特派員No. 767 小樽初心者の40代OL。 ムーミンと花と旅が好き。 特派員No. 771 カフェや甘いもの美味しいものが大好きです! 特派員No. 773 ポーセラーツ・パン教室主催。 江別〜札幌情報をお届けします• 特派員No. 774 植物・山登り・美味しい物が好きな移住女子• 特派員No. 884 西茨戸 札幌市北端 でのんびり暮らすWEBライターです• 特派員No. 885 美味しい、楽しい、綺麗が大好きな札幌人です。 特派員No. 886 生まれも育ちも札幌。 食べ飲み、新規開拓が大好き!• 特派員No. 特派員No. 888 趣味は数学・音楽鑑賞・燻製作り・散歩・珈琲豆自家焙煎• 特派員No. 889 毎日お弁当を作りながら、美味しいもの探し中。 特派員No. 890 かわいいモノと、ちょっとヘンテコなモノが好きです。 特派員No. 892 好きなものに囲まれてゆったりと暮らしたい、現実は?• 特派員No. 893 いろいろなお気に入り情報をシェアできたら、最高!!• 特派員No. 895 スープカレーとコーヒーと楽しいお酒が私の元気の源!• 特派員No. 896 清田区在住、1歳と3歳の2児の父。 日々子育てに奮闘中。 特派員No. 897 少しでもお役に立てる情報を発信できたらうれしいです。 特派員No. 特派員No. 899 珈琲とパンとクラフトビールを愛するアラフォー女子。 特派員No. 900 愛猫との時間が最大級の幸せ。 映画、本、音楽はマメにチェック。 特派員No. 901 札幌在住、素敵なお店や楽しい事を探しながら散歩しています。

次の