吉野家 ドリンク バー。 吉野家でケーキが100円で食べられる?黒い吉野家の真相がすごかった!

吉野家のドリンクバーが思いのほか良かった

吉野家 ドリンク バー

言わずと知れた大手牛丼チェーンの吉野家。 早・安・旨の三拍子揃ったフード界のユーティリティプレイヤーだ。 だがしかし、驚くべきことに私(西本)はそんな吉野家に行ったことがない。 ビビりの私はこれまで吉野家にハードルの高さを感じて敬遠したまま生きてきた。 とはいえ、私も30才。 ビビってばかりもいられない年齢である。 そこで、勇気をもって初チャレンジしてみることにした。 ・敬遠の理由 無趣味・無特技・無職歴という「無」尽くしの男である私。 4回も無を連呼して申し訳ないが、事実なので許してほしい。 そんな無を司る私は、前述の通り、吉野家にも行ったことが「無」い。 私の吉野家に対するイメージは「 男の巣窟」。 いや私も男だし、全然駅の男子トイレとかも行っちゃうタイプだ。 ただそれでも1人で「男の巣窟」に突入するのには抵抗があったのだ。 店に向かっている今もできればこのまま回れ右して帰りたい……いや、逃げちゃダメだ。 もう十分逃げたじゃないか。 ついでに8年間就職からも逃げているじゃないか。 そんな自分を変えなければ。 ・入店 今回やってきたのは 吉野家新宿1丁目店。 初入店に対する抵抗感で、姿勢がおぼつかない。 けれどまあ、ここまで吉野家に肉薄しちゃったら……やることは1つしかない。 行きますか……。 小癪(こしゃく)な態度を取ることで虚勢を張りつつ、無事入店に成功。 しかし私はそこで思いもよらぬ事態に遭遇した。 食券機がないのである。 ショックのせいで、しばし棒立ちしてしまう。 食券は店員との会話無しで注文を成立させる、コミュニケーション弱者にとっての夢のツールだ。 食券を受け取った店員に「〇〇ですね」と注文を復唱されても最悪「 ……ッス」とだけ返しておけばその場をやり過ごすことができるのだ。 食券さえあれば。 しかし、無い。 食券が無いことは、コミュ弱者の私にとっては命綱が無いことにも等しい。 何とか前方にメニューが置いてあるのを発見し、平静を装って着席する。 「一周回ってメニューをじっくり眺める上級者」のフリをするが、単なる初心者である。 眺めながら急速度で思考を巡らす。 ここは「 牛丼・並盛」が最善手だろう。 羽生名人だって初めて吉野家に来た時はそうしたに違いない。 「ここで冒険する必要はないでしょう」と脳内の解説者も言っている。 ようやく注文を終え、メニューを見ながら丼を待つ。 ほうほう、他にはこんなメニューがあるのか。 貴様っ……こっちはようやくひと息ついたところだぞ!? 待ってないよ微塵も! 前もってこちらの注文を読んでいたとしか思えないスピードだ。 まさか……エスパーか……? まあエスパーではないか。 いやしかし、早いとは聞いていたがまさかここまでとは。 食べる前から吉野家の凄さを思い知らされる。 ・実食 そんなこんなで、いざ 牛丼並盛(380円)を実食。 ただただ美味しそう。 しかも380円とは思えない、安価だからといって手抜きなど一切ないボリュームだ。 肝心の肉も安っぽさなど全く感じさせない。 よっしゃ、いただきます! 周囲に溶け込むように黙々と食べ進める。 うーん、これが吉野家の味か。 お腹も減っていたので、ぺろりと平らげてしまった。 ごちそうさま。 お金を払って退店。 お世話になりました。 …………。 ……うん。 よくわかんなかった……。 色々あったせいで頭がバカになったのかと思ったが、そうではない。 いや、味は普通に美味しかったのだ、文句無しに。 「早い・美味い・安い」を全て実感もできた。 しかしあっという間の出来事すぎて、1回味わっただけではどうにも 吉野家の真髄に触れられていないような気がしたのだ。 じゃあもう1回行こ。 ・再入店&再実食 やってきたのは 吉野家新宿御苑店。 一度チャレンジを終えているせいか、緊張が解けている。 それどころか、いっそ変な勢いまでついている。 とはいえ、さすがに同じ店舗に即座に戻るのは恥ずかしかったし、戻った上に牛丼並盛を再び頼んでしまったら「特盛とかを食べればいいのに2回に分けて並盛を食べに来る メチャクチャ効率の悪い人」に思われてしまうので避けておいた。 吉野家の真髄に触れるべく、別店舗で再び並盛を頼み、いざ再実食。 あんぐ。 うん……普通に美味い。 肉も柔らかいし、タレは主張しすぎることない甘辛さで舌を飽きさせない。 ご飯も温かで、何の違和感もなく安心してモリモリと食べ進められる丼だ。 長い歴史に裏打ちされた確かなクオリティを感じる。 そこで私は気付く。 この 「普通に美味い」というのが吉野家の核なのではないかと。 当然いま味わっている味は先ほど訪れた店舗と同じものだし、どの吉野家を訪れても、万人の思い浮かべる「これが牛丼だよね」というクオリティが私たちを待ってくれている。 言わば牛丼の丁度良い理想形、「 みんなの牛丼」がそこにはあるのだ。 とうとう吉野家の核心に触れることのできた私は、確かな満足感を得て退店した。 ごちそうさまでした。 本当にお世話になりました。 ・ありがとう吉野家 というわけで、 吉野家にデビューしたあとで別店舗に「ハシゴ吉野家」する男の模様をお送りしてきたが、いかがだっただろうか。 もし同じように吉野家に行ったことのない方がいたら、参考にしていただけたら幸いだ。 私としては、どの店舗を訪れても温かく迎えてくれた吉野家には感謝しかない。 今後も熱心なユーザーになってしまうかもしれない。 そうなってしまうのもいいだろう。 私の知る「吉野家」は、確かにどこにでも存在しているのだから。 ・今回紹介した店舗の情報 店名 吉野家 新宿1丁目店 住所 東京都新宿区新宿1-33-10 スペーシア新宿 営業時間 24時間営業 定休日 無休 店名 吉野家 新宿御苑店 住所 東京都新宿区新宿2-6-3 藤和新宿コープ 営業時間 24時間営業 定休日 無休 Report: Photo:Rocketnews24.

次の

吉野家で【WiFi】は使えるの?~新店舗導入で吉野家のイメージが変わる?~

吉野家 ドリンク バー

女性一人でも入りやすい!おしゃれでくつろげる「カフェ感覚の吉野家」/吉野家 恵比寿駅前店 東京メトロ・恵比寿駅2番出口から1分ほど歩くと、駒沢通り沿いに「吉野家」を発見。 遠目に見ても分かります。 看板が・・・黒い!! 気になる店内に足を踏み入れると、通常の「吉野家」とはまるで異なる装い。 都内には10店舗あり、ここ恵比寿駅前店が第一号店なのだそう。 確かにこのお店作りは、従来の店舗にない大きな魅力でしょう。 一般的な牛丼屋は席間隔が狭かったり、キッチンとの距離が近かったりして周りが気になってしまうことがありますが、ここなら全然気になりません! カウンター席であってもこんなにゆとりがあります。 しかも目の前には仕切りになる緑が置かれており、向かいにお客さんがいても気まずくありません。 さらに各席の前にはコンセントも用意されているので、スマートフォンの充電やPC作業もできちゃいます。 ほかにも、椅子の下には荷物が置けるようになっていたり、ベビーカーがスムーズに通れるよう通路が広くなっていたりと、やさしい設計になっています。 こんなに居心地の良い牛丼屋さん、見たことない・・・! ゆとりのある店舗デザインのほかに、もう一つ驚きだったのがこちら。 そして、料理ができたら受取口まで自分で取りに行き、食べ終わったら返却口に食器を返すシステムです。 料理は、通常の「吉野家」のメニューに加え、ここでしか食べられない丼や定食がラインナップされています。 訪れるごとにさまざまなメニューを楽しめるのもポイントです。 チーズを使ったアレンジ牛丼は根強い人気があるそうです。 牛丼なのであくまでご飯と牛肉がベースなのですが、一口食べてみると・・・驚きのイタリアン!トマトの酸味とチーズのコク、バジルの香りが前面に飛び出してきます。 牛丼の濃厚さが後からやってきて、複雑で立体的な味わいになっています。 ちなみに、バジルを使った牛丼は「吉野家」では初の試みとのこと。 提供は4月ごろまでなので、今のうちにぜひ。 レンコンにヤングコーン、ブロッコリー、カボチャ、パプリカといった温野菜を塩ダレで炒めて牛丼にドーン!と盛り付けた一杯。 野菜のシャキシャキとした食感や甘さ、塩ダレのスパイシーさが牛丼の美味しさを引き立ててくれます。 そして、限定メニューに加え、スイーツまで用意されているのも黒吉野家ならでは。 ドリンクバーのコーヒーと一緒に一息つくのも良いですね。 女性一人でも入りやすく、早朝から深夜まで営業しているので、カフェ感覚で一息ついたり、ゆっくりと食事を楽しんだりと、思い思いの過ごし方ができます。 恵比寿駅前店に限らず、黒い看板を見かけたら、ぜひ利用してみてくださいね。 最新情報は直接お問い合わせください。

次の

【開店】『吉野家 平和島店』ブラックな看板でリニューアルオープン!ポケ盛も復活だぜ!

吉野家 ドリンク バー

黒い吉野家の人気メニュー から揚げ丼 490円 吉野家のから揚げ丼おいしい! — ゆめちょこ yumetyoko2 黒い吉野家にはフライヤーが設置されているため、揚げ物系の料理が食べられる。 その代表がこのから揚げ丼だ。 サクッとジューシーかつお手頃価格で食べられる。 ちなみに、タルタルソースがたっぷりとかかった「タルタルから揚げ丼 550円」や「からたま丼 580円」といった派生丼もある。 名前の通り、から揚げと牛が一緒に食べられる一挙両得なメニューだ。 柔らかいカツ、キャベツ、ソースがかかったご飯のハーモーニーが楽しめる一品。 こちらも一度は食べてみたい丼だ。 黒い吉野家の店舗・期間限定メニュー から揚げ丼やから牛といったスタンダードメニューの他にも、黒い吉野家では店舗や期間限定でチャレンジングな新メニューを続々と出している。 その一例を紹介したい。 黒い吉野家の中でも店舗や期間によって提供していないものもあるので、どうしても食べたいときは事前にチェックしてみよう。 店舗情報はこちらの記事を参考に。。 アッツアツ&サックサクのアジフライがご飯によく合うという。 何より激安。 ちなみに「アジフライ定食 580円」、「タルタルアジフライ丼 480円・ダブル650円」といった派生メニューもある。 チーズペペロンチーノ丼 490円 最近お気に入りの希少店、黒吉野家で、チーズペペロンチーノ丼を食しました。 牛丼に2種のチーズとキノコの鷹の爪オリーブオイルソテーが合わさり、ペペロンでもありチーズでカルボ感もあり。 吉野家っぽくないけど美味しいと評判も上々。 ちなみに広告モデルは声優の内田真礼氏が起用されている。 パクチー牛 480円 恵比寿に行ったらパクチー牛なんてのも食べられますね、吉野家。 これを男性の味方である牛丼とミックスさせたのが「パクチー牛」である。 ナンプラーとライムの香りでさっぱりと食べられるんだとか。 パクチー好きなら一度は食べてみたいメニュー。 黒い吉野家のメニュー一覧 黒い吉野家には、紹介した人気メニューの他にもケーキやアイス、あるいはドリンクバーといったメニューもある。 以下にメニュー一覧を記載しておく。 が、あくまで一店舗の例なので食べたいものがあるときは要事前確認でお願いしたい。 【丼】 牛丼 380円 ねぎ玉牛丼 480円 チーズ牛丼 480円 牛たま丼 550円 牛カルビ丼 580円 豚丼 330円 サラシア牛丼 480円 【揚げ物】 ソースかつ丼(ロース)490円 から揚げ丼 490円 から牛 550円 タルタルから揚げ丼 550円 おろしから揚げ丼 550円 からたま丼 580円 ロースカツ黒カレー 650円 ガーリックバターから揚げ丼 550円 ガーリックバターから揚げ定食 650円 【鰻重】 鰻重 一枚盛 750円 鰻重 二枚盛 1150円 鰻重 三昧盛 1650円 【黒カレー】 牛黒カレー 550円 カルビ黒カレー 600円 チーズ黒カレー 450円 半熟玉子黒カレー 420円 から揚げ黒カレー 650円 ロースかつ黒カレー 650円 【鍋膳】 牛すき鍋膳 650円 鬼辛豚チゲ鍋膳 680円 【定食】 牛カルビ定食 650円 ローツかつ定食 590円 から揚げ定食 590円 牛鮭定食 580円 豚鮭定食 530円 ローツかつ定食 590円 から揚げ定食 590円 から揚げ牛皿定食 650円 タルタルから揚げ定食 650円 【夜定食】 肩ロース豚生姜焼定食 680円 かつとじ定食 680円 【セット】 牛丼Aセット並 510円 ガーリックバターから揚げ丼Bセット並 680円 牛カルビ丼Cセット並 710円 生野菜サラダ・ドリンクバーセット 220円 【ドリンクバー】(おかわり自由) 150円 ホットコーヒー・ホットカフェモカ・ホットココア・アイスコーヒー・アイスカフェモカ・アイスココア・コーラ・コーラゼロ・メロンソーダ・カルピスソーダ・カルピス・ウーロン茶・オレンジジュース 【デザート】 バニラアイス 100円 チョコアイス 100円 ストロベリーショートケーキ 100円 チョコレートケーキ 100円 レアチーズケーキ 100円 まとめ 黒い吉野家のメニューを紹介してきた。 揚げ物系メニューはもちろん魅力的だが、特筆すべきはドリンクバーやケーキ、アイスといったサイドメニューも格安という店だ。 吉野家といえば有名なコピペのように男性一人で食べに行くといったイメージが強かったが、こうしたサイドメニューが充実したことで女性客や家族連れでのお客も行きやすくなったのではないだろうか。 「よーしパパ特盛頼んじゃうぞー」なんて声が聞こえてくるのではないだろうか。 いずれにせよ黒い吉野家のメニューは通常の吉野家のものとは一線を画す。 ぜひ、近くに店舗があったら足を運んでみてほしい。

次の