お なら よく 出る。 おならが激クサ!よく出る食べ物と原因、臭いを抑える食べ物とは?

麦飯を食べたら、なぜかおならがよく出るのですが、これはどうしてなの...

お なら よく 出る

「大きな病気は患っておらず、健康体であるにもかかわらず、鼻血がよく出る」という方は、子どもから大人に至るまで少なくはありません。 また、お子さんが頻繁に鼻血を出すため、背後に何か病気が潜んでいるのではないかと不安を抱いている保護者の方も多いものです。 高齢者にも鼻血が出やすいという声がよく聞かれます。 鼻血の原因には、一体どのようなものがあるのでしょうか。 鼻血の引き金になるといわれることの多い「チョコレート」や「ストレス」、「アルコール」などは、実際に鼻血と関係しているのでしょうか。 鼻血症状の原因について、三田病院救急部長の志賀隆先生にお話しいただきました。 鼻血が頻繁に出る原因 最も多い鼻血の原因は外傷と乾燥 鼻血が頻繁に出る主な原因は、「」です。 ほとんどの鼻血は自分の指で鼻腔をいじる(鼻をほじる)といった行為によるものであり、これは海外の論文などでも明示されています。 外傷以外の鼻血の原因には、「粘膜の障害」や「乾燥」があります。 冬期など、肌が乾燥する時期は鼻粘膜も乾燥しやすく、出血しやすい状態になります。 高齢者の鼻血の場合、血液をサラサラにする薬が関係していることもある 上記は比較的若い方の鼻血の原因ですが、高齢の方に目を移すと、NSAIDsなどの「鎮痛剤」を服用していることも原因となるといわれています。 具体的には、アスピリンなどの抗血小板薬やワーファリンなどの抗凝固薬などが血液や血管に作用するものとして挙げられます。 「血液をサラサラにする薬」としてご存知の方も多いでしょう。 ただし、これら解熱鎮痛剤の服用が鼻血の原因となっている割合は全体でみると極めて少なく、基本的には先に述べた鼻をいじる癖などによる外傷が原因の大半を占めています。 子どもの鼻血 子どもの鼻血はアレルギー性鼻炎と鼻いじりによるものも多い 小児の鼻血の原因として多くみられるのは、「」があり「鼻いじり」をしてしまうというものです。 アレルギー性鼻炎の場合は鼻の内側に炎症があり、鼻粘膜も荒れているため、血管が破れやすい状態になっているのです。 そのため、鼻を触るなどの刺激で出血してしまうものと考えられます。 子どもの鼻血は「上気道炎」のあとにも起こりやすい 小児の鼻血は(粘膜への刺激)やアレルギー性鼻炎のほか、上気道炎の後に好発するといわれています。 上気道炎とは、いわゆる「かぜ症候群」のことであり、成長に従い種々のウイルスに対して免疫がつくため、罹患する頻度は減っていきます。 推測ではありますが、上気道炎の後の鼻血が小児のみに限定されて語られる理由は、成長とともに種々のウイルスに対し免疫がつくことに関係しているのかもしれません。 血圧が高い人は鼻血が出やすいって本当? 一般的に、の方は鼻血が出やすくなるといわれていますが、「血圧が高いから鼻血が出る」というわけではありません。 心臓から出る太い動脈は、全身の末端で非常に細い毛細血管となり、再び集まり静脈になります。 この動脈と静脈の間にある細い毛細血管が脆くなることが、出血しやすくなる原因であると考えられています。 鼻血が出ると訴えて来られる高齢の患者さんのほとんどは、血圧が高くなっています。 ここで注視したいことは、一般的な鼻血は静脈から出るものであり、「血圧」は静脈ではなく動脈の圧を計測したものであるため、直接的な関係はないということです。 これらのことを考え合わせると、血圧が高いから鼻血が出るのではなく、既に脆くなった毛細血管ならびに静脈から血が出る不快感により、その患者さんの血圧が上がっている可能性のほうが高いといえます。 ただし、血管が脆くなる理由には、加齢のほか常に血圧が高いことも挙げられるため、間接的にはも鼻血の誘因になると考えることもできます。 鼻血が頻繁に出る病気「オスラー病」とは? ここまでに述べたや乾燥による鼻血とは、健康な人でも出るものであり、何らかの疾患とは関与していない鼻血です。 これとは別に、非常に高頻度で鼻血が出る遺伝的疾患、「」(別名「遺伝性末梢血管拡張症」)を持つ人がおり、この場合は鼻血の原因も多岐にわたるものとなります。 オスラー病は、その名の通り特殊な遺伝子を持つことによる病気であり、主症状は「繰り返す鼻血など」をはじめとする出血症状です。 日本では5000人~8000人に1人が遺伝子を持っていると報告されていますが、全ての方が発病するわけではなく、現時点での推定患者数は10,000人ほどではないかといわれています。 ストレスと鼻血の関係-オスラー病の人に限り、ストレスも鼻血の原因となる 海外では、の遺伝子を持っている人を対象に、反復する鼻血やといった症状の誘因を調べた論文が発表されています。 それによると、鼻血と片頭痛を引き起こす誘因として、以下のものが報告されています。 一方、健康な人(オスラー病ではない人)においては、鼻血とストレスの因果関係を示す根拠となるデータは現在のところ限られるため、無関係である可能性もあります。 しかしながら、非常に頻繁に鼻血が出るようであれば、元々毛細血管が弱い体質であることも考えられます。 オスラー病という病気の本体もまた、「毛細血管が弱いこと」であり、出血症状などはこれが原因で起こるものです。 このような理由から、たとえオスラー病でない方であっても、毛細血管が弱い可能性がある方(鼻血がよく出る方)は、オスラー病の方と同様、ストレスをため込むような生活は避けたほうがよいでしょう。 (外部サイトPubMed:Relationships between epistaxis, migraines, and triggers in hereditary hemorrhagic telangiectasia. ) 食べ物と鼻血の関係-チョコレートや香辛料が鼻血の原因となるケースとは? また、上記論文とは別に、の方を対象とし、「何を食べたときに鼻血が出やすいか」などを調査してまとめた研究も存在します。 こちらの報告によると、最も回答が多かったものはアルコール、続いてスパイス、そのほかにはサリチル酸を含む食品(具体的には、赤ワイン、スパイス、チョコレート、コーヒー、一部の果物)や血小板の機能を低下させる食品(ニンニク、ショウガ、朝鮮人参、銀杏、ビタミンE15)、そしてオメガ3(脂身の多い魚、鮭)などが挙げられています。 (外部サイト:Lifestyle and dietary influences on nosebleed severity in hereditary hemorrhagic telangiectasia. ) 現在、インターネット上では「チョコレートと鼻血は無関係である」と結論付ける情報が多々見受けられますが、オスラー病の人に限定した場合にかぎり、因果関係はあるというわけです。 もちろん、健康な人であれば食べ物と鼻血の関係を気にする必要はありませんし、食べてはいけないものもありません。 ただし、前項で述べた「ストレス」と同様に、鼻血がよく出る場合は末梢の毛細血管が弱い可能性も考えられるため、あえて上述した食べ物を過剰摂取することは控えたほうがよいでしょう。 子どもの頭痛と鼻血は関係している? と鼻血の関係についても、海外で行われた調査研究がありますので、概要と結論を紹介します。 この研究では、の方に限定せず、対象者を「で病院に来院した平均11. 5歳の子ども」としています。 報告によると、片頭痛を訴え病院に来た728人の子どもうち、鼻血症状がみられたのはわずか1. 1%であったと示されています。 また、結論として、片頭痛に鼻血を伴う頻度は非常に稀であり、なぜ1. 1%に鼻血症状が現れたのかは未解明であるとされています。 (外部サイト:Migraine and nosebleed in children case series and literature review. ) 救急外来での処置が必要になる鼻血とは? 鼻血の分類 一般的な鼻血とは、「キーゼルバッハ部位」からの出血のことを指す ここまでにお話ししてきた鼻血とは、「キーゼルバッハ部位」という、鼻の入り口付近の静脈が集中する部分からの出血のことを指します。 キーゼルバッハ部位の位置 キーゼルバッハ部位は鼻中隔の1㎝ほど奥の部分であり粘膜が非常に薄くなっているため、自らの指などで触れることにより傷つきやすくなっているのです。 鼻中隔に異常がある場合も、鼻血が出やすくなるといわれています。 キーゼルバッハ部位からの出血であれば、ほとんどの鼻血はご自身で適切に処置することで止まります。 (詳しくはをご覧ください) 危険な鼻血とは? 大きな怪我や病気が潜んでいる可能性のある鼻血 ただし、鼻血の中には頻度は少ないものの、キーゼルバッハ部位以外からの危険な出血もあります。 1.副鼻腔の上顎洞(じょうがくどう)からの出血 副鼻腔の構造(上顎洞の位置) 2.頭蓋底に伴う出血 3.蝶口蓋動脈(ちょうこうがいどうみゃく)からの出血(動脈性の出血) 蝶口蓋動脈(ちょうこうがいどうみゃく)の位置 耳鼻科など、病院でしか止血できない鼻血もある 上記3つのいずれかに該当する場合は、病院で医師による処置と治療を受けることが必須となります。 特に(3)蝶口蓋動脈から出血している場合は、私たち救急医の処置でも止血することが難しく、専門家である耳鼻科での止血処置が必要になります。 キーゼルバッハ部位は鼻の前方ですが、これら鼻の後部から出血する主な原因は、腫瘍、、頭蓋底の三つです。 鼻血を伴う腫瘍には、たとえば思春期の男性に多い「上咽頭繊維腫」があります。 上咽頭繊維腫による鼻血症状の特徴は、大出血であったり、頻繁に出血を繰り返すことです。 また、頭蓋底骨折の場合は、鼻だけでなく耳や口からも水のようにサラサラとした出血がみられることがあります。 これは、脳脊髄液が血液と一緒に漏れ出ているからです。 症状は同じ「鼻血」であっても、頭蓋底骨折は脳神経外科で治療を行う疾患(怪我)です。 私たち救急医の役割は、鼻血で来られた患者さんの処置を行うことだけでなく、原因を見極め、適切な診療科へ患者さんを送ることも含まれます。 では、鼻血が止まらない場合の止血法や、鼻からの出血で救急車を呼ぶべき緊急時の見極め方についてお話しします。 また体を冷やすことも血液が固まりにくくなるためおすすめできません。 危険な鼻血の見極め方は? 鼻血症状を伴う疾患には、腫瘍や頭蓋底など重篤なものもあります。 以下に該当する場合は、危険な病気である可能性もあるため、すぐに病院を受診しましょう。 体のどこかにあざが現れている。 正しく止血しているにも関わらず出血が続く。 (目安としては、20分間の止血を2セット行っても止まらない)• 歯肉など、鼻以外の部分からも出血がみられる。

次の

尿の色で病気が分かる!無色透明の尿がよく出る原因や考えられる病気とは?

お なら よく 出る

おならがよく出て困る!!さっきおならをしたのにまたブーッと出そう! おならが出そうになるたびにトイレに駆け込むわけにもいかないし、ずっと我慢しているのも体に悪い。 なぜおならがよく出てしまうのか?どうしたらおならが出なくなるか?などを紹介します。 おならがよく出る原因って? おならの正体は「 腸内のガス」です。 食事や呼吸時に飲み込んだ空気や食べ物を分解した時に出たガスなどが原因で発生します。 おならは 約7割が空気で残りの3割は腸内で発生したガスで出来ており、腸を刺激し便の排出を促すという働きをもっています。 おならの回数が増える原因は? ひとが1日に排出するおならの総量は個人差が非常に大きく、2リットルちかい人もいれば数百ミリリットル程度の人まで様々です。 また何回にも小分けにして出すため、総量が多い人は必然的におならの回数が増え、総量が少ない人はおならの回数も少ないのです。 排出されるおならの量が増えるのにも理由があり、大きく2つに分けられます。 理由1~不要な空気を多く取り込んでしまっている 早食い・よく噛まずに飲み込むことや、炭酸飲料(ビールなど含む)をたくさん飲むことで不要な空気を体内に取り込んでしまいます。 他にも、ストレスや緊張による呑気症[つばを飲み込んだり歯を噛みしめたりすることが多くなり、その際空気を飲み込んでしまう症状]というものがあります。 理由2~腸内のガスが多く発生している 糖質・タンパク質など腸内の悪玉菌を増やしてしまう食べ物や食物繊維の多い食べ物をたくさん食べること、便秘であること、胃腸が疲れていることや胃腸の病気などが、腸内でのガス多量発生を誘引します。 ゲップやおならを我慢すること、食べ物のアレルギー、冷え性などもガスを発生させる原因です。 このように食べ物・習慣・ストレスや病気など色々な理由が複雑に絡み合い、おならはたくさん出るようになってしまうのです。 女性には、女性だけのおならが増える理由がある! 「 生理前や生理中、いつにも増しておならが出る」と気になったことはありませんか? 実は、生理前や生理中におならが多く出るのは女性ホルモンの影響です。 女性は生理前後で「 プロゲステロン」の量が大きく変化します。 プロゲステロンが増えると体内に栄養や水分を溜め込もうとして便秘がちになり、腸内環境も悪くなっておならがたくさん作られます。 さらに便秘のせいで便と一緒にガスが排出されなくなるためいつもよりおならが出やすくなるのです。 逆にプロゲステロンが減ると、今まで体内に溜めていた水分や便などを排出しようと腸が活発に動き、おならがたくさん出てしまいます。 おならが臭い理由は?臭くないときとの違いって? おならが臭いのは、食べ物を分解したときに発生するガスが原因です。 タンパク質やアミノ酸を分解すると インドールや スカトール、 硫化水素、 アミンといった悪臭物質が発生します。 他にも、 にんにくや玉ねぎなども腸内で 硫黄化合物や 硫化水素など悪臭物質を発生させやすくなります。 お酒やインスタントラーメン・スナック菓子、牛乳(体質による)などもおならの臭いを悪化させる原因となります。 逆に、これらの悪臭物質が含まれないおならは臭くないおならになります。 おならが出ないようにする対策はある? たくさん出るおならを改善する方法があります。 おならがたくさん出る原因は、お腹のガスを「入れる」「作る」「(便として)出ない」ということ。 つまりこの3つを解決して「入れない」「作らない」「出す」ができれば、おならは減っていくのです。 食べるものを変えたり、マッサージをしたりなど、いくつか対策法があるので紹介します。 食事で改善する方法 よく噛んでゆっくり食べる 全ての食事に共通することですが、「 よく噛んでゆっくり食べる・飲む」というのは非常に重要です。 早食いやがぶ飲み、よく噛まずに飲むといった行為は飲食物と一緒に空気もたくさん飲んでしまい「お腹に空気を入れる」ことに。 また、しっかり噛まずに飲むと胃での消化が足りず、腸に負担がかかります。 すると腸内で食べ物の腐敗が起こり、臭いガス(おなら)が発生してしまうのです。 熱い飲み物や炭酸飲料はなるべく控える 熱い物はすすりながら飲むため、熱くない物に比べ空気を多く飲み込んでしまいます。 炭酸飲料は二酸化炭素が含まれているため、空気を一緒に飲んでいます。 炭酸飲料を飲むとゲップが出てしまうのはこれが理由です。 炭酸に含まれる二酸化炭素が腸まで届くとおならになります。 肉類など動物性食品や消化に悪いものはなるべく控える 肉類などの動物性タンパク質は悪玉菌の餌となり、ガスを発生させ「おならを作る」原因になります。 他にも食物繊維が豊富なもの、脂肪分が多いもの、硬いもの、体を冷やすものなど消化の悪い食べ物も、胃や腸に長く留まるためガスを発生させる原因のひとつです。 消化のよい食べ物や腸内の善玉菌を増やすヨーグルトは、おならに悩む人にオススメの食材です。 特にドライいちじくは、「フィシン」というタンパク質分解酵素を多く含むとともに食物繊維も豊富に含んでいます。 さらにカリウムも多く含まれるので、おならや便秘だけでなくむくみや美肌にも効果を発揮する女性にオススメのスーパーフードです。 マッサージや体を鍛えることで改善する方法 腹筋を鍛える 腸の蠕動運動は腹筋からの圧力によって生まれます。 腹筋が弱いと蠕動運動も弱くなる傾向にあるため、腹筋を鍛えることで腸の蠕動運動を活発化し、ガスや便を「きちんと出す」環境になります。 腹式呼吸を行うのも腹筋を鍛えることに繋がるためおすすめです。 マッサージやヨガなどを行う お腹まわりのマッサージやヨガもおならの改善に非常に有効です。 マッサージを行う時は、大腸に沿ってお腹を両手で優しく押していきます。 座ったままでもできる「の」の字マッサージや、仰向けに寝て膝を曲げ、下のイラストの順番でガスの溜まりやすい「腸の曲がり角」を押していくマッサージなどの方法があります。 ヨガやストレッチを行う場合は、寝転がって足を引き寄せる「赤ちゃんのポーズ」や、うつぶせ寝から体を背中側へ反らせる「弓のポーズ」など、 ガス抜きのポーズと呼ばれるポーズが有効。 これらの動きはお腹をグーッと伸ばしたり、縮めたりして腸の動きを促します。 弓のポーズ• あおむけになり、リラックスした後量ひざを立てる。 大きく息を吸って、両手で両膝を抱える。 吐く息で太ももを胸の方に抱き寄せ、腹筋を使って頭も持ち上げ、小さく丸まる。 腹部を圧迫した状態で呼吸を繰り返す。 他にも仰向けに寝た状態で足をあげ、左右に倒すなど体をひねることも腸の動きを活発にするのでオススメです。 おならやゲップを我慢しない もしおならやゲップが出そうになった時は、トイレや一人でいる時など我慢しないで出すようにしましょう。 我慢をするとお腹が張って腹痛を起こしたり、腸が張って動きが鈍くなり便秘になることでますますガスがたまるという悪循環を引き起こしたりします。 さらにおならを我慢し続けるとやがて腸内のガスは腸壁から血液の中に入っていきます。 すると体臭の原因になったり口臭の原因になったりするのです。 ニオイだけではありません。 おならは全身に危害を及ぼします。 肌荒れの原因になったり、最悪の場合おならが原因で腹膜炎になったりもします。 お腹を冷やさない、締め付けのきつい洋服は着ない お腹が冷えていると、腸の蠕動運動が落ちてしまいます。 また、締め付けのきつい洋服もお腹を圧迫することで腸の動きを阻害し、おならが出来る原因となります。 おならが気になる時はお腹を温めるようにし、ゆったりとした洋服を着るように心がけましょう。 ストレスを溜めない 小・中学生くらいで「おならが止まらなくて困っている」という悩みを聞くことがあります。 思春期頃になると、「おならをしたら恥ずかしい、ダメ、トイレ(大)に行くのは恥ずかしい」というような思いを強く感じるようになります。 すると精神的な不安感やプレッシャーから呑気症になってしまったり、緊張状態から腸の蠕動運動が妨げられたりするようになります。 そしておならが悪化するという悪循環に…。 子供だけではありません。 ストレスによる睡眠不足も、自律神経を狂わせるため腸の運動を鈍くさせる原因になります。 ストレスはなるべく溜めないように、リフレッシュを心がけるようにすると良いでしょう。 適度な運動をする 運動不足も腸の運動を鈍くさせるのでおならができる原因になります。 階段の昇り降りや、ジャンプをするなど腸を上下させるような刺激はおならを出しやすくします。 おならがたくさん出て困っている人は自宅などひと目につかないところで腸が動きやすくなるような運動を行い、おならを出してしまうのもおなら対策の一つとなります。 筋トレや運動を始めたら、おならがたくさん出るようになって困っている! おならに悩む人が運動や腹筋を鍛えることなどでおならの回数が減ったという話は多いですが、逆に今まで運動や筋トレを一切していなかった人が運動を始めたら「おならが止まらなくなって困っている」という意見も見かけます。 同じ事をしているのになぜ真逆のことが起きるのかと思うかもしれませんが、運動をすることでおならが出るのは良いことなんです。 というのも、おならが出るというのは腸が正常に動き出したという証拠。 盲腸の手術の後なども、おならと便が出たら手術が成功したサインだと言われるくらい、おならって実は重要なんです。 お腹がきちんと動き始めたらおならは治まりますので、しばらくは続けてみてくださいね。 まとめ おならがたくさん出てしまう理由と対策を紹介しました。 おならがたくさん出て困っている方はぜひ試してみてくださいね。 また、おならがたくさん出る背景には大きな病気が隠れている場合もありますので、たかがおならと侮らずにクリニックを受診するなども大切です。

次の

おならがよく出るけど臭くない!原因と対策は?

お なら よく 出る

スポンサーリンク 最近おならがよく出ると悩んでいるなら、肝臓が弱っているかもしれません。 アルコールを分解するだけではなく、体の中の様々な物質を解毒しています。 また、胆汁を作り出していて、それが腸で分泌されて脂肪を分解するという役目も担っています。 肝臓が弱っていると胆汁の生成量が充分ではなく、腸内の脂肪分をしっかりと分解できなくなります。 腸の中に消化し切れなかった脂肪分がたまって腐敗し、それが悪玉菌のえさとなります。 悪玉菌が繁殖すると有毒な臭いのきついガスを発生させてしまいますから、それがおならとしてよく出るようになります。 つまり、おならがよく出る原因の一端には、肝臓の機能低下が大きく関係していて、腸内環境の悪化によるものです。 スポンサーリンク 臭いのきついおならがよく出るのを防ぐためには、原因となる肝臓を労わる生活をするのが大切です。 まずは、アルコールの取り過ぎを避けるようにして、休肝日を設けるようにすると良いでしょう。 また、普段の食べ物も関係していて、脂肪分の多い肉類や動物性たんぱく質は、肝臓に負担をかけてしまいます。 同様に腸でも消化吸収に負担がかかりますから悪玉菌を繁殖させることになり、腸の活動が低下してしまいます。 逆に野菜などは消化にも時間がかからず胆汁を必要としませんから、腸内環境を良くするのに役立ちます。 野菜の食物繊維は腸内の大掃除をしてくれて、腸の活動を助けるのに有効です。 なるべく脂肪分や糖分の多い食事を避けるようにして、栄養バランスの整った食生活を心がけましょう。 スポンサーリンク.

次の