ヤオコー 桶川。 ヤオコー/2020年3月期「ヤオコー」4店「エイヴイ」1店を出店

【桶川駅】ヤオコー 桶川上日出谷店が3月オープン予定

ヤオコー 桶川

総菜売り場では、昼には出来たての米飯アイテム、夕方にはワンコインで買えるおかずやつまみを増やすなど、時間帯に応じた品揃えに力を入れる。 写真は別店舗 食品スーパー大手のヤオコーは6月19日、埼玉県所沢市に「ヤオコー所沢有楽町店」をオープンする。 同社としては今期初出店。 埼玉県内では90店舗目、会社全体では167店舗目となる。 西武新宿線・航空公園駅から南に約500メートルの醤油工場跡地への出店で、売り場面積は約1844平方メートル。 営業時間は午前9時から午後9時30分、初年度の売上高は19億円を見込む。 精肉売り場では、焼き肉の素材を豊富に選べるようにする。 焼き肉盛り合わせ・大型パックのほか、タンやホルモン、キムチ、チヂミなど焼き肉店の定番メニューを揃える。 青果売り場では年間を通してトマトの品揃えと展開を充実させる。 総菜売り場では、単身者や高齢者などに向けて量目の少ない総菜を「ちょっとがイイね」としてコーナー展開。 加えて、昼には出来たての米飯アイテム、夕方にはワンコインで買えるおかずやつまみを増やすなど、時間帯に応じた品揃えに力を入れる。 ヤオコー単体での2021年3月期の新規出店は、前期より1店舗多い6店舗を計画している。 所沢有楽町店のほか、「桶川上日出谷店」(埼玉県桶川市、6月開業予定)、「まるひろ南浦和店」(さいたま市、7月)、「古河大堤店」(茨城県古河市、11月)などを出店する予定だ。

次の

8月の大店立地法届け出38件一覧表オーケーが藤沢に、ヤオコーが桶川、ベルクは松戸に出店へ _小売・物流業界 ニュースサイト【ダイヤモンド・チェーンストアオンライン】

ヤオコー 桶川

ヤオコーは5月13日、2020年3月期に、「ヤオコー」4店、「エイヴイ」1店を出店すると発表した。 設備投資額は110億7200万円(前年同期比29. 5%減)、内訳は新設・先行投資80億600万円(38. 6%減)、既存店活性化他30億6600万円(15. 5%増)となった。 6月に埼玉県川越市に「川越今福店」(売場面積1810m2)をフリースタンディングの新店で出店するのを皮切りに、7月に埼玉県東松山市の商業施設「東松山シルピア」内の食品スーパー跡地に「東松山シルピア店」(1835m2)をオープンして近隣型ショッピングセンターを形成する。 12月には埼玉県本庄市の工場跡地に「本庄中央店」(1980m2)をオープンし、コミュニティ型ショッピングセンターを形成する。 2020年1月には、東京都東久留米市で2018年2月25日に閉店したイトーヨーカドーのディスカウント業態「ザ・プライス滝山店」の跡地に、「東久留米滝山店」(1830m2)をフリースタンディングで出店する計画だ。 このほか、神奈川県内にグループ会社のエイヴイが1店を出店する予定だ。 <川野社長> 川越今福店は、現在、埼玉県内の「三芳藤久保店」「上福岡駒林店」「志木宗岡店」「川越南古谷店」で実施しているネットスーパーにも対応する予定だ。 既存の4店のネットスーパーに隣接する商圏で、新たにネットスーパー対応店舗を出店することで、ネットスーパーの標準化・拡大への実験を行うという。 川野澄人社長は、「今期の4店は標準となっている。 川越今福店は、開業時からネットスーパーに付帯する設備を備えており、ネットスーパーに対する初期投資が軽くなる。 ネットスーパーは店舗段階では黒字化みえてきており、事業として確立したい」と述べた。 <ネットスーパーの拡大> 出典:ヤオコー2019年3月期決算説明会資料 2017年11月に出店した都市型小型店「八百幸」については、「現在、都心型小型店としての出店フォーマットを模索している最中だ。 しっかりと課題を解決し、店舗単独で利益を出せるフォーマットを確立して多店舗展開を目指したい」と語った。

次の

ヤオコー 桶川上日出谷店(仮称)のアルバイト/パート情報【イーアイデム】桶川市のコンビニ・スーパー求人情報(ID:A00214894053)

ヤオコー 桶川

総菜売り場では、昼には出来たての米飯アイテム、夕方にはワンコインで買えるおかずやつまみを増やすなど、時間帯に応じた品揃えに力を入れる。 写真は別店舗 食品スーパー大手のヤオコーは6月19日、埼玉県所沢市に「ヤオコー所沢有楽町店」をオープンする。 同社としては今期初出店。 埼玉県内では90店舗目、会社全体では167店舗目となる。 西武新宿線・航空公園駅から南に約500メートルの醤油工場跡地への出店で、売り場面積は約1844平方メートル。 営業時間は午前9時から午後9時30分、初年度の売上高は19億円を見込む。 精肉売り場では、焼き肉の素材を豊富に選べるようにする。 焼き肉盛り合わせ・大型パックのほか、タンやホルモン、キムチ、チヂミなど焼き肉店の定番メニューを揃える。 青果売り場では年間を通してトマトの品揃えと展開を充実させる。 総菜売り場では、単身者や高齢者などに向けて量目の少ない総菜を「ちょっとがイイね」としてコーナー展開。 加えて、昼には出来たての米飯アイテム、夕方にはワンコインで買えるおかずやつまみを増やすなど、時間帯に応じた品揃えに力を入れる。 ヤオコー単体での2021年3月期の新規出店は、前期より1店舗多い6店舗を計画している。 所沢有楽町店のほか、「桶川上日出谷店」(埼玉県桶川市、6月開業予定)、「まるひろ南浦和店」(さいたま市、7月)、「古河大堤店」(茨城県古河市、11月)などを出店する予定だ。

次の