のぞみ ひかり 違い。 新幹線のぞみ こだま ひかりの違いをわかりやすく教えて下さい。

新幹線「ひかり」と「のぞみ」の違いは?

のぞみ ひかり 違い

「こだま」は各駅停車 「ひかり」は急行または区間急行や準急 「のぞみ」は特急 ……と、こんな感じで理解しやすいかもしれませんね。 東海道新幹線開業時は、「ひかり」と「こだま」だけで、「ひかり」の停車駅は、東京、名古屋、京都、大阪が基本でした。 そのうち、「ひかり」停車を望む声があちこちから上がり、その声にこたえる形で、実際の需要なども見定めながら、停車駅が増えていったわけです。 なので、列車によって停車駅パターンが異なり、また、駅ごとに注目してみると、「この駅はほぼ1時間に1本ひかりが停まるな」とか「この駅は2時間に1本だな」などのパターンも見えてきます。 列車の性能と速度の向上も、停車駅増加の助けになっているのは確かですが、さらに「最速達列車」として設定されたのが「のぞみ」で、登場当初は「東京」を出た後は、名古屋も京都も通過して、ノンストップで「大阪」でした。 これも例にもれず、どんどん停車駅が増えて行ったわけです。 品川駅など、最初の頃は、「ひかり」も「のぞみ」も停車するものとしないものがありましたし、他にも「のぞみ」が停まるのに、停まらない「ひかり」があるなど、いびつな状態がありました。 停車パターンが複雑化するにつれて、いびつな状態も発生し、折にふれダイヤ改正でそれらが整理され、ということが繰り返され、現在の形になっています。 現在では、「ひかり」は、「こだま」を補完する列車としての意味合いも強くなっており、「ひかり」が各駅停車になる区間については、その前後の「こだま」とあわせて、等時隔で各駅停車が運転されるようなパターンになっているはずです。 (もちろん、例外はあります) また、最優等列車は「のぞみ」ですが、のぞみにこだわらず、時刻表をよーく眺めてみれば、「のぞみ」「こだま」を乗り換えていかなくてはならないけれど、「ひかり」なら乗り換えなしでいける場合もあります。 料金的には、自由席は同額、指定席は「のぞみ」だけが少し高い。 という具合です。 停車駅と料金の2つに分けて説明しますね。 その他、日中時間帯は、姫路・福山・新山口には1時間に1本、徳山には1日3往復停車します。 ・ひかり 東海道新幹線区間は、列車によって停車駅が異なります。 東京~新大阪:のぞみ停車駅+小田原(2時間に1本停車、一部を除いて豊橋通過)・豊橋(2時間に1本停車、小田原通過列車が停車)・名古屋~新大阪間の各駅にとまります。 新大阪~博多間(ひかりレールスター):新神戸・岡山・福山・広島・小倉・博多には必ず停車、その他列車によって、姫路・徳山・新山口・新下関のいずれか1駅に停車します。 ・こだま 各駅にとまります。 東海道新幹線と山陽新幹線を直通運転する列車はありません。 ・のぞみ 指定席 ひかり・こだまの特急料金に200~600円が加算されます。 ・のぞみ・ひかり・こだま 自由席 ひかり・こだまの指定席特急料金から510円引きです。 全ての列車で同額です。

次の

東海道新幹線のぞみ・ひかり・こだまの速さ、停車駅、車両、料金の違い

のぞみ ひかり 違い

のぞみ・みずほ・さくら 東海道・山陽・九州新幹線を走っている新幹線の種類ですよね。 こんにちは、九州新幹線が全線開業後、九州に行くのがとても便利になったなと感じている当ブログ管理人の星野なゆたです。 そして、 都市間あっという間に移動できる速いタイプの新幹線の種類に「のぞみ・みずほ・さくら」がありますが、いったいどれに乗ったらいいのか悩みます。 停車駅の違い まずは、停車駅の違いからお伝えします。 新幹線に乗る際は、自分の降りたい駅に新幹線が止まらなかったら大変ですから、 乗る前の停車駅の確認は必須ですよね。 また、どの新幹線も止まらない駅は省略しています。 「のぞみ」の停車駅 「のぞみ」の停車駅ですが、 「東京・品川・新横浜・名古屋・京都・新大阪・新神戸・岡山・広島・小倉・博多」には必ず止まります。 その他、 「姫路・福山・徳山・新山口」のどれか一つに止まるといったパターンが多いです。 これらの駅には必ず止まる訳ではないので、目的地の場合は注意が必要です。 「西明石」は、基本的には全ての「のぞみ」が通過しますが、岡山行き下りの最終1本、当駅始発の上り1本のみ停車となっているかなり特殊な停車駅です。 「みずほ」の停車駅 「みずほ」の停車駅ですが、 「新大阪・新神戸・岡山・広島・小倉・博多・熊本・鹿児島中央」には必ず止まります。 その他、 「姫路・福山・新山口・久留米・川内」にもそれぞれ上下1~2本停車します。 「のぞみ」と同様、 これらの駅には必ず止まる訳ではないので、目的地の場合は注意が必要です。 また、一部の「のぞみ」の停車駅となっている 「徳山」には「みずほ」は1本も止まりません。 「さくら」の停車駅 「さくら」の停車駅ですが、 「新大阪・新神戸・岡山・福山・広島・小倉・博多・新鳥栖・久留米・熊本・川内・鹿児島中央」には必ず止まります。 「みずほ」と比べると、「福山・新鳥栖・久留米・川内」が必ず止まる駅に変わっています。 その他、 「姫路・徳山・新山口・新下関・九州新幹線」にも一部の列車が停車します。 「さくら」は「みずほ」と比べると少し遅いタイプの列車になりますので、 「みずほ」と比べると止まる駅が多いです。 スポンサーリンク 所要時間の違い 前章で停車駅の違いを確認しましたが、ここでは 実際の所要時間にどのくらいの差があるか見ていきたいと思います。 「さくら」は次に速い新幹線の種類で、東海道・山陽新幹線の「ひかり」と同じ役割の新幹線です。 ほとんど一緒と言ってもいいくらいですね。 座席の違い 座席の違いについてです。 新幹線にはどの席でも座って良い 自由席、座る席が決められている 指定席、ワンランク上の座席である グリーン席がありますが、新幹線の種類によってそれぞれ違いますので、それを表にしてまとめました。 「のぞみ」の座席表 こちらが、「のぞみ」の座席表です。 「のぞみ」は全て16両編成で運行されています。 1~3号車が自由席、4~7・11~16号車が指定席、8~10号車がグリーン席となっています。 「みずほ」「さくら」の座席表 こちらが、「みずほ・さくら」の座席表です。 二つとも全く同じになっています。 「のぞみ」と違って、 「みずほ」と「さくら」は全て8両編成で運行されています。 1~3号車が自由席、4~8号車が指定席、そして6号車の一部がグリーン席となっています。 指定席の座席は「みずほ」「さくら」が快適! そしてもう一つ、 「のぞみ」と「みずほ・さくら」の座席には大きな違いがあります。 それは、 指定席の座席です。 自由席の座席は3種類とも3列+2列の5列シートで同じです。 しかし、指定席の座席は「のぞみ」では3列+2列の5列シートで自由席と同じですが、 「みずほ・さくら」の指定席は2列+2列の4列シートになってい自由席と比べると1列少なくなっています。 図にすると、こんな感じです。 新幹線の車両の幅に違いはありませんから、当然1列少ない 「みずほ・さくら」の指定席の方が1席当たりのスペースが広くなります。 2列+2列の4列シートは「のぞみ」のグリーン席と全く同じ配置ですから、 指定席分の料金しか支払っていないのにグリーン席並みの広々とした座席に座れる訳です。 ポイント!料金の違い(山陽新幹線区間)• 自由席=3種類全部同じ値段• 指定席=「のぞみ・みずほ」は「さくら」より数百円高い• グリーン席=同上 このように、自由席の値段は3種類全て同じですが、 指定席とグリーン席においては「のぞみ・みずほ」の方が「さくら」よりも数百円だけ高くなります。 そのため、行きは「のぞみ」の指定席、帰りは「さくら」の指定席といった新幹線の乗り方をすると、 同じ区間なのにも行きと帰りで新幹線の値段が微妙に違うといったことが起こります。 座席 のぞみ みずほ さくら 自由席 14,750円 14,750円 14,750円 指定席 15,600円 15,600円 15,280円 グリーン席 21,670円 21,670円 21,350円 自由席の値段は全て同じですが、 指定席とグリーン車ではそれぞれ「のぞみ・みずほ」の方が「さくら」より320円ほど高くなっていますね。 九州新幹線区間 九州新幹線区間では、列車の種類によらず指定席、グリーン席も全く同じ値段になります。 座席 のぞみ みずほ さくら 自由席 ー 10,110円 10,110円 指定席 ー 10,640円 10,640円 グリーン席 ー 13,260円 13,260円 「みずほ」と「さくら」が全く同じ値段になっているのが分かりますね! また、「のぞみ」は九州新幹線区間は走らないので、料金の設定はありません。 車両の違い 最後は、車両の違いについてです。 「のぞみ・みずほ・さくら」に、どのような車両が使われているのかをお伝えします。 使われている車両の種類の種類は、それぞり下記の通りです。 「のぞみ」は、東海道・山陽新幹線区間を走る• 「みずほ」「さくら」は、山陽・九州新幹線区間を走る• 「のぞみ」「みずほ」は最も速い列車• 「さくら」は、その次に速い列車• 「のぞみ」は16両編成• 「みずほ」「さくら」は8両編成• 山陽新幹線区間の指定席・グリーン席の料金は「のぞみ」「みずほ」の方が「さくら」より高い• 九州新幹線区間の指定席・グリーン席の料金は全ての列車で同じ•

次の

東海道新幹線のぞみ・ひかり・こだまの料金や所要時間を調べてわかった3つの違いと注意点

のぞみ ひかり 違い

「こだま」は各駅停車 「ひかり」は急行または区間急行や準急 「のぞみ」は特急 ……と、こんな感じで理解しやすいかもしれませんね。 東海道新幹線開業時は、「ひかり」と「こだま」だけで、「ひかり」の停車駅は、東京、名古屋、京都、大阪が基本でした。 そのうち、「ひかり」停車を望む声があちこちから上がり、その声にこたえる形で、実際の需要なども見定めながら、停車駅が増えていったわけです。 なので、列車によって停車駅パターンが異なり、また、駅ごとに注目してみると、「この駅はほぼ1時間に1本ひかりが停まるな」とか「この駅は2時間に1本だな」などのパターンも見えてきます。 列車の性能と速度の向上も、停車駅増加の助けになっているのは確かですが、さらに「最速達列車」として設定されたのが「のぞみ」で、登場当初は「東京」を出た後は、名古屋も京都も通過して、ノンストップで「大阪」でした。 これも例にもれず、どんどん停車駅が増えて行ったわけです。 品川駅など、最初の頃は、「ひかり」も「のぞみ」も停車するものとしないものがありましたし、他にも「のぞみ」が停まるのに、停まらない「ひかり」があるなど、いびつな状態がありました。 停車パターンが複雑化するにつれて、いびつな状態も発生し、折にふれダイヤ改正でそれらが整理され、ということが繰り返され、現在の形になっています。 現在では、「ひかり」は、「こだま」を補完する列車としての意味合いも強くなっており、「ひかり」が各駅停車になる区間については、その前後の「こだま」とあわせて、等時隔で各駅停車が運転されるようなパターンになっているはずです。 (もちろん、例外はあります) また、最優等列車は「のぞみ」ですが、のぞみにこだわらず、時刻表をよーく眺めてみれば、「のぞみ」「こだま」を乗り換えていかなくてはならないけれど、「ひかり」なら乗り換えなしでいける場合もあります。 料金的には、自由席は同額、指定席は「のぞみ」だけが少し高い。 という具合です。 停車駅と料金の2つに分けて説明しますね。 その他、日中時間帯は、姫路・福山・新山口には1時間に1本、徳山には1日3往復停車します。 ・ひかり 東海道新幹線区間は、列車によって停車駅が異なります。 東京~新大阪:のぞみ停車駅+小田原(2時間に1本停車、一部を除いて豊橋通過)・豊橋(2時間に1本停車、小田原通過列車が停車)・名古屋~新大阪間の各駅にとまります。 新大阪~博多間(ひかりレールスター):新神戸・岡山・福山・広島・小倉・博多には必ず停車、その他列車によって、姫路・徳山・新山口・新下関のいずれか1駅に停車します。 ・こだま 各駅にとまります。 東海道新幹線と山陽新幹線を直通運転する列車はありません。 ・のぞみ 指定席 ひかり・こだまの特急料金に200~600円が加算されます。 ・のぞみ・ひかり・こだま 自由席 ひかり・こだまの指定席特急料金から510円引きです。 全ての列車で同額です。

次の