ライン パスワード 確認 方法。 パスワード不明でも大丈夫!Liveメール、Outlookの各種設定値の確認方法|よー友ログ

LINEパスワードを忘れたら確認ではなく再設定で対処!

ライン パスワード 確認 方法

LINEのパスワードはどんな場面で使用するか 普段はそのままログインできるので、特に使う必要がないと思いがちなパスワード。 実際に使うのは以下にあげる3つの場面にほぼ限定されます。 しかし、これらの場面でパスワードを入れられないのは、LINEをこれから使えなくなる、のと同義になります。 パスワードは、どのような方法で残しておくかはともかく、何らかの形(むろんセキュリティ的に高い方法で)残しておいた方がいいということです。 機種変更・再インストールしたあと スマホなど新しい機種に乗り換えたり、何らかのシステムトラブルでLINEのアプリを再インストールせざるを得なくなったとき、アカウントを引き継ぎログインするのにパスワードは当然必要になります。 パソコン版、iPad版にログインするとき スマホ以外の端末、パソコンやiPadでもLINEは利用できます。 既にスマホ版でLINEを利用しているなら、同じパスワードでログインできます。 これまでスマホでやりとりしてきたメッセージなどがPCやiPadでも見ることができます。 LINEストアで買い物するとき LINEスタンプや着せ替え、LINEMusicのチケット、LINEゲーム用の仮想通貨などを購入できるのが、LINEストアです。 これまでLINEアプリ上から行ってきた有料スタンプのプレゼントも、ここを経由して行うことになります。 このサイトにアクセスするときにパスワードが要求されます。 金銭がやり取りされる場でありなりすましなどを防ぐ意味からも、セキュリティ対応としてパスワードの提示を求められるわけです。 【スマホ版】パスワードを確認する方法と変更方法 前述したとおり、LINEではパスワードを確認する方法は今のところ存在していません。 従って、一度忘れてしまったら、再度パスワードを設定する(変更する)以外にすべはないのが現状です。 割合的にみてもっとも多くLINEが利用される端末であるスマホにおいて、LINEストアで買い物する以外では、ほとんどパスワードを入れる状況はないと思います。 雰囲気的にパスワードを軽視しがちになってしまうのは別問題としてありますが、いざという時のためにもパスワードの保存と並んで、変更方法も覚えておきましょう。 ログイン済みの場合(ver6. 0以降) LINEアプリのバージョンが6. 0以降のユーザーは、以下の条件をクリアできている場合に、これまでより簡単にパスワード変更ができるようになりました。 ・端末自体のロック解除可能 ・LINEアプリを起動してメッセージを確認できる これまでパスワード変更画面に行くつくまでの最終関門であったいわゆる「本人確認」の手段が、TouchIDによる認証(iOS)や端末のロック解除と同じ手順になったからというのが大きな理由です。 ログイン済みの場合(ver6. 0より古いもの) LINEアプリのバージョンが6. 0より古いもの(6. 5など)の場合、「登録メールアドレス」の入力が必要になります。 「設定」から「アカウント」をタップ。 ここまでの手続きを踏んだところで、利用端末にLINEから「パスワード再設定手続き」の案内メールが届きます。 それを開くと、再設定手続きのURLが掲載されているので、これをタップします。 なお、このURLの有効期限は1時間となっており、それを過ぎると無効になってしまいますので注意が必要です。 ブラウザが起動して、LINEの「新しいパスワード」入力画面が表示されますので、新しいパスワードを入力します。 「確認」をタップすると、確認ダイアログが出ますので、「OK」をタップし、完了となります。 ログインしていない場合 セキュリティ関係でログアウトしていた人や機種変更でアカウントを引き継ぐときなどは、以下の手順で進めていきます。 その中の「パスワードを忘れた場合」をタップ。 確認ダイアログが表示されますので、「確認」をタップします。 このメール内に掲載されているURLをタップします。 再設定手続き用のURLで、スマホ版と同様に有効時間は1時間です。 入力後「確認」をタップします。 次ページ:【パソコン版】パスワードを確認する方法と変更方法 1• Androidでインターネットを... 403,925件のビュー• Android端末を利用している... 376,961件のビュー• iPhone6、iPhone6P... 328,959件のビュー• パソコンでテレビを視聴できるよう... 287,366件のビュー• iPhoneの重要な用途のひとつ... 237,164件のビュー• スマホで音楽を聴くことが当たり前... 227,922件のビュー• 今では多くの人が手にしているiP... 225,819件のビュー• Windowsを利用していると「... 218,437件のビュー• パソコンとアンドロイド端末をケー... 209,336件のビュー• 単体でもアプリで遊んだり、カメラで撮影し... 191,951件のビュー.

次の

LINEパスワードを忘れたら確認ではなく再設定で対処!

ライン パスワード 確認 方法

LINEでは友達追加する時にID検索を使って相手を検索し、そこから友達登録したりする事があります。 しかし、ID検索をしてもらう為には自分のIDを相手に教える必要がありますが、 『自分のIDがわからない』 『IDを忘れた』 という方も結構いるのではないでしょうか。 LINE IDは最初に設定している人がほとんどでしょうが、それ以降LINE IDを使う機会ってあまりありません。 LINEを普通に使っていてもIDが必要な場面ってほとんどないのです。 その結果、自分のIDを忘れてわからなくなってしまう方もいますよね。 自分のLINE IDは簡単に確認する事ができます。 このページではLINE IDの確認方法について解説します。 ID自体はそんなに頻繁に使うものではありませんが、自分のLINE IDはいつでも確認できるので忘れた場合はチェックしておきましょう。 また、ネットの掲示板やツイッターなどでIDを書き込んだりする方もいるようですが、LINE IDが知らない間に拡散すると大変なのでむやみにIDを投稿しないようにしましょう。 LINE IDは一度決めてしまうとリセットや変更ができないので注意です。 以上、今回は『LINEで自分のIDを忘れた時の確認方法!idを送る代わりにURLを送るのが便利』について情報をまとめました。

次の

LINE乗っ取り確認方法!最悪の場合はアカウント削除?

ライン パスワード 確認 方法

目次 1. LINEアカウントの仕組みとパスワード管理の重要性 1-1. LINEのアカウントとパスワードの仕組み LINEはスマホ向けアプリとして利用することを想定して開発されたこともあり、スマホで利用する際にはアカウントが電話番号と紐づけられています。 そのため、機種変更などで端末が変わった場合であっても電話番号が同じであれば引き続き認証され、新端末でもそれまでと同じように利用することができます。 しかし、LINEをパソコンや電話番号が同じではない別のモバイル端末などで利用する場合は、認証の方法と異なります。 この場合には、メールアドレスとパスワードがセットになった認証情報が必要になり、それがないとログインできないようになっています。 これを整理すると、以下のようになります。 使用中のスマホだけでLINEを利用する場合は番号認証だけで利用できる• 電話番号が異なるスマホやパソコンでLINEを利用する場合はメールアドレスとパスワードの設定が必要• 電話番号が異なるスマホにLINEアカウントを引き継ぐ場合にもメールアドレスとパスワードが必要 単体のスマホだけで利用する場合であっても、スマホ移行時の端末故障や水没など万が一の事態に備えてメールアドレスとパスワードの設定をしておいたほうが無難だと言えます。 しかし、それは同時に「電話番号以外の認証方法を作る」ことを意味しており、パスワードなど認証情報を第三者に知られるリスクが生まれることでもあります。 1-2. パスワードを他人に知られると起きること 1-2-1. LINE乗っ取り LINEのパスワードを知られてしまうと後はメールアドレスだけで第三者がログインできてしまうので、LINE乗っ取りの被害に遭う可能性が高くなります。 LINEのアカウントが乗っ取られてしまうと、LINEのやり取りが外部に流出してしまう恐れがあります。 有名タレントの個人的なLINEが流出した騒動が芸能ニュースを賑わせたこともありましたが、LINEのやり取りは極めてデリケートなプライバシーでもあるので、それを守るパスワードの管理は重要です。 1-2-2. なりすまし 大問題になっていた時期と比べると下火にはなっていますが、LINEアカウントを乗っ取った攻撃者が本物のユーザーになりすましてプリペイドカードの購入を頼んでくるといった被害が依然として報告されています。 LINE乗っ取りの二次的な被害として、アカウントの正規の持ち主にとっていわれのないところで人間関係に悪影響を受けてしまうことになります。 1-2-3. 連絡先、トーク履歴を失う LINE乗っ取りは最終的に乗っ取られたアカウントを取り戻せない可能性が高く、その場合はアカウント削除ということになります。 登録していた友だちリストなども失うことになるので、LINEのみでやりとりをしている人と連絡が取れなくなります。 1-3. パスワード設定が推奨される理由 先述したように、1台のスマホだけでLINEを利用するのであれば電話番号の認証だけで使えるようになるので、パスワードの設定は必要ありません。 多くのLINEユーザーは1台のスマホで利用しているため、パスワードについてあまり意識していないという声もよく聞かれます。 しかし、電話番号だけの認証だと他のデバイスからログインできないことや、唯一の認証手段を何らかの形で失ってしまった場合(スマホ移行時に前の端末が故障、水没した場合など)にログインできる手段を失ってしまうので、やはりパスワードの設定はしておくことを強くおすすめします。 スマホの故障によってLINEが使えなくなった場合、機種変更によって同じ電話番号で認証すれば大丈夫という噂もあるのですが、機種変更によってデバイスが変わると電話番号だけでの認証ができなくなるので要注意です。 ただし、そのパスワードを窃取されてしまうとアカウント乗っ取りのリスクを高めることになるので、適切なパスワード管理がなされていることが前提になります。 LINEパスワードを適切に管理する4つの基本 2-1. 定期的に変更する 設定したパスワードをいつまでも同じままで利用するのではなく、定期的に変更することはセキュリティ上有効です。 万が一パスワードが何らかの形で知られてしまったとしても、変更してしまえば攻撃者にログインされる心配がありません。 変更の方法については「3. LINEのパスワード管理に必要な各種手順」で解説します。 2-2. できるだけ強固なパスワードにする LINEに限らずパスワードを破る手口として有名なのが、総当たり攻撃(ブルートフォースアタック)です。 アルファベットや数字などを順番に組み合わせていって、パスワードが当たるまで試し続けるという手口です。 古典的な手口ではありますが、単純なパスワードだと破られてしまう可能性が高くなります。 同じ文字だけの羅列や「1234」などデフォルトで設定されることの多いパスワードは真っ先に試される可能性があるので避けましょう。 そこで、アルファベットや数字、記号などを複雑に組み合わせた強固なパスワードを使うことで推測されにくく有効な対策になります。 2-3. 他のアカウントとパスワードの使い回しをしない 複雑なパスワードを作成したとしても、それを他のネットサービスと使い回さないようにしてください。 いくつものパスワードを覚えるのは大変ですが、1つのパスワードをいくつもの認証情報に使い回してしまうと、パスワードリスト攻撃によって破られてしまう可能性があります。 パスワードリスト攻撃とは、何らかの方法で別のところで入手した認証情報を別のネットサービスで試してみるという手口です。 他のネットサービスとLINEのパスワードが同じだと、他のネットサービスで入手されてしまった認証情報で破られてしまうというわけです。 2-4. 名前や誕生日など推測しやすいパスワードはNG 覚えやすいからという理由で、名前や誕生日などその人のことを知っていれば推測できてしまうようなパスワードはセキュリティ上好ましくありません。 なぜなら、LINEアカウントの持ち主と近い関係にある人の中に悪意を持った人がいた場合、個人情報からパスワードを推測されてしまうからです。 同様の理由で「1234」や「0000」、「abcd」など簡単に想像されてしまうようなパスワードもNGです。 LINEのパスワード管理に必要な各種手順 3-1. 登録されているメールアドレスの確認方法 LINEに登録しているメールアドレスはユーザーIDの役割を果たすのと同時に、パスワードを忘れてしまった時などの救済にも使用するので、このメールアドレスを忘れないようにしておく必要があります。 3-1-1. スマホアプリ編 スマホアプリ版LINEで登録されているメールアドレスを確認する手順は、以下の通りです。 設定メニューを開き、「アカウント」をタップします。 次に、「メールアドレス登録」をタップします。 ここで表示されているのが、登録されているメールアドレスです。 3-1-2. パソコン編 パソコン版LINEで登録されているメールアドレスを確認する手順は、以下の通りです。 パソコン版LINEにログインした状態で、ウインドウ左上の歯車アイコンをクリックします。 小さいので分かりづらいかも知れませんが、左上にあります。 歯車アイコンをクリックするとメニューが表示されるので、その中の「設定」をクリックします。 設定ウインドウが開くと、自動的に「基本設定」の画面が表示され、そこに登録されているメールアドレスが表示されます。 3-2. パスワードを変更する方法 LINEのパスワード変更は、スマホアプリ版でのみ可能です。 変更の手順は、以下の通りです。 設定メニューを開き、「アカウント」をタップします。 次に、「メールアドレス登録」をタップします。 ここで「パスワードの変更」をタップして、パスワード入力画面に遷移します。 パスワード変更前に現在のパスワードの入力を求められるので、ここで現在のパスワードを入力します。 次に、変更したいパスワードを入力します。 2回同じパスワードを入力してください。 最後に「確認」をタップして、パスワードの変更完了です。 3-3. パスワードを忘れてしまった時の対処法 現在のパスワードを忘れてしまった場合は、変更することもできなくなります。 そればかりか現在使用している端末がログイン情報を失ってしまって自動ログインされなくなってしまうと、二度とログインができなくなる恐れがあります。 その場合はパスワードの変更手続きをすることになります。 3-3-1. スマホアプリ編 スマホアプリ版のLINEでパスワードを忘れてしまった場合の対処は以下の手順で行います。 設定メニューを開き、「アカウント」をタップします。 次に、「メールアドレス登録」をタップします。 ここで「パスワードの変更」をタップして、パスワード入力画面に遷移します。 パスワードの入力を求められますが、ここで下にある「パスワードを忘れた場合」をタップして確認メールの送信手続きをします。 タップをすると「確認メールを送信しますか?」と尋ねてくるので、「確認」をタップすると、あらかじめ登録してあるメールアドレスにパスワード再設定手続きのメールが届きます。 確認メールが届いたら、そこにあるリンクにアクセスをしてパスワードを再設定してください。 3-3-2. パソコン編 パソコン版LINEでパスワードを忘れてしまった場合は、ログイン画面の一番下にある「パスワードを再設定」をクリックします。 次に、登録しているパスワードの入力画面になるので、あらかじめ登録しているメールアドレスを入力して「確認」をクリックします。 その直後に、登録しているメールアドレスにパスワード再設定手続きのメールが届くので、その中にあるリンクをクリックしてパスワードを再設定してください。 3-4. 新たにパスワードを設定する方法 1台のスマホだけでLINEを使用している場合は電話番号によって認証されているため、メールアドレスとパスワードは設定していなくても使用可能です。 そのスマホ以外のデバイスでもLINEを使いたい場合、機種変更でLINEアカウントを移行する場合などにメールアドレスとパスワードが必要になるので、新規に登録しておく必要があります。 新規登録の手順は、以下の通りです。 設定メニューから「アカウント」をタップします。 次に「メールアドレス登録」をタップします。 ここで「登録完了」と表示されている場合は、すでにメールアドレスが登録されています。 「未登録」と表示されている場合は、そこをタップして次に進んでください。 メールアドレスを入力して、次にパスワードを2回入力します。 最後に「確認」をタップして、手続きを完了させてください。 3-5. LINEのアカウントを削除する LINEのアカウントは電話番号に紐づけられているので複数のアカウントを持つことは通常あまりないのですが、不要なアカウントがもしあるという場合は、放置していて知らない間に乗っ取り被害に遭う可能性が出てくるので、アカウントを削除しておくことをおすすめします。 アカウント削除の手順は、以下の通りです。 設定メニューを開き、「アカウント」をタップします。 次にアカウントメニューの一番下、「アカウント削除」をタップします。 次に確認画面が表示されるので、ここで「アカウントを削除」をタップするとLINEアカウントは削除されます。 この確認画面でも警告されていますが、この操作をするとアカウントに登録されていた友だちリストやトーク履歴は全て戻ってきませんので、十分に確認の上本当に不要なアカウントを削除するようにしてください。 まとめ 安全に利用すればとても便利な通信手段として活躍してくれるLINEですが、それゆえにパスワードが漏洩することにより乗っ取りなどのリスクは以前より看過できないものとなっています。 LINEのアカウントはスマホだけで利用する場合と複数のデバイスで利用する場合とでは取り扱いが異なるため少々ややこしく感じるかも知れませんが、この仕組みを理解しておくとより安全・快適にLINEを利用できるようになります。 この記事ではそのために必要な情報と操作手順をまとめていますので、今後も安全にLINEを楽しめるように必要な設定を押さえておいてください。 近年、スマホにおいてもネット犯罪が増加し、その被害は年々増加しています。 「スマホは電話だし、大丈夫だろう」と何も対策をしなかった結果、次のような悪質なウイルスに感染してしまうことも少なくありません。 無料セキュリティアプリをインストールしたら、画面がロックされてロック解除の代金を要求された• 電話帳のデータが知らないうちに流出していた• 自分のSNSアカウントから、勝手に投稿されたり、メッセージの送信がされていた• 自分のスマホ内の写真や動画が流出している、電話の通話内容を盗聴されていた スマホならではの携帯性やいつでもネットにつながっている利便性の恩恵を受けるのは犯罪者も同様です。 ノートンセキュリティは、20年以上の実績と最先端のテクノロジーで、不正なアプリやサイトから、あなたのスマホをしっかり守ります。 30日間の無料体験版をご用意しましたので、まずはウイルスチェックから始めてみてください。

次の