ジョニー ライデン の 帰還 20。 「ガンダム MSV

ジョニー・ライデン

ジョニー ライデン の 帰還 20

概要 [ ] ジオン公国突撃機動軍に所属するエースパイロット。 真紅をパーソナルカラーとしていた事から『真紅の稲妻』の異名を取る人物(同じく赤を基調とするカラーリングのと誤認される事も少なくなかった模様)。 元来の気さくな性格と卓越した操縦技術からジオン国民の間でも人気が高く、宇宙世紀のジオン軍パイロットの中では有名な人物の1人として列挙される事が多い。 登場作品と役柄 [ ] 初出作品。 宇宙世紀0056年に生まれ、22歳でジオン共和国国防軍(後の)に志願。 ルウム戦役で戦艦3隻を撃破したことから大尉に昇進。 以後、真紅を基調とした搭乗機を愛用する様になる。 少佐に昇進した際に4機しか生産されていないを受領。 第8パトロール艦隊のMS部隊長として多くの戦果を挙げる中、突撃機動軍付けの本国要請によりグラナダへ召喚される。 そして直属の特別編成大隊『キマイラ隊』の一員となった。 防衛戦においては最後の愛機となった真紅ので参戦するも行方不明となり、最終的に終身中佐に昇進の上、軍籍から外されている。 模型雑誌「B-CLUB」66号に、F90のコミックス発売記念として中原れい、山口宏のインタビューが掲載されており、そこでの首魁がジョニー・ライデンである事が語られている。 ただ、漫画内でこの設定が取り扱われる事は最後までなく、以降の媒体においても、ほぼ死に設定となっている。 主人公として登場。 他の媒体とは違い、反ザビ家思想を持つ人間として描かれている。 、 本人であるかは不明だが「ジョニー」と呼ばれる人物の存在が語られている。 人間関係 [ ] ジオン公国 [ ] 自身の最高指揮官。 作品によっては彼女に好意を抱いていることがある。 自身と同じく赤を基調とした機体を駆るパイロット。 直接面識があったかは不明だが、自身がシャアと誤認される事も少なくなかった模様。 [ ] 突撃機動軍の情報統括局局長。 キマイラ隊の設立をキシリアに上申した人物。 キマイラ隊の船医長。 キマイラ隊の一員。 キマイラ隊の一員。 キマイラ隊MS第一小隊の一員。 狙撃を得意としており、ジョニー・ライデンの相棒的存在であった。 キマイラ隊に所属する若手パイロット。 強化人間であり、青と白を基調とした高機動型ゲルググを愛機とする。 一年戦争末期にキマイラ隊に配属された少女。 ユーマと同じく強化人間。 、 キマイラ隊に属していたパイロット達で、ともに青、白、黒のに搭乗していた。 戦後は結婚してともにパン屋を営んでいる。 、 キマイラ隊の一員。 ジョニー・ライデン本人であるかは不明。 同機に関する何らかの要因により、後遺症が残り搭乗をリタイア。 薬物投与を余儀なくされている。 なおレッド・ゼータの機体色は彼に合わせたオーダーメイドによるもの。 また、同一人物かは不明だが『ガンダムMSグラフィカ』では宇宙世紀0097年にゼータ系の機体に乗って戦う姿が描かれている。 反地球連邦組織「EARM」のと交戦し、これを撃破した。 この作品で彼は「赤は好みの色ではない」と述べている。 その他 [ ] 行方不明となったジョニー本人と思われる人物。 本人はこれを否定している。 名台詞 [ ] 迷台詞 [ ] 機動戦士ガンダム ギレンの野望シリーズ [ ] ジョニー「赤い彗星のシャアだな? 俺は、あんたと機体の色が似ているせいで、良くあんたに間違えられるんだ お互い困るよな! まったくよ!」 シャア「いや、私は間違えられたことは… 一度もないが…」 ジョニー「そんなことは無いだろ!? 良く思い出してくれよ! なあ!」 シャア「すまんが… やはり、間違えられたことはないな…」 ジョニー「そ、そうか…」 マップ画面でジョニーとが隣接した時に発生する会話。 知名度に相当な自信を持っていたジョニーだったが、逆に知名度に開きができている事を知ってしまう羽目に。 ジョニー「よう!あんた白狼だろ! 噂は聞いてるぜ! お互い、有名になるのも困りもんだな!」 マツナガ「ああ、君は確か赤い彗星…」 ジョニー「ちょ、ちょっとまってくれ… 俺は、赤い彗星じゃない 真紅の稲妻だ! 知ってんだろ!」 マツナガ「おお、これは失礼した 貴公が、あの真紅の稲妻… シャア・アズナブルだったのか!」 ジョニー「もういい…」 マップ画面でジョニーとが隣接した時に発生する会話。 ここでもシャアとの知名度の差が出てきてしまう。 さしずめ「辛苦の稲妻」といったところか。 その他 [ ] 1「あの機体は!?あ…赤い彗星!」(一瞬、BGM「颯爽たるシャア」が流れる) ジョニー「何だと…?俺は真紅の稲妻、ジョニー・ライデンだ。 間違うな!」 連邦兵1「稲妻だか何だか知らんが、敵は所詮ザクだ!」 連邦兵2「赤い彗星だ!赤い彗星のシャアだ!!」 ジョニー「えぇい…俺は真紅の稲妻、ジョニー・ライデンだぁ!!」 PS2用ソフト『機動戦士ガンダム めぐりあい宇宙』のジョニー・ライデン編ステージ3での連邦兵との会話集。 会敵するや否や赤い彗星と間違えられ、さらには「颯爽たるシャア」が流れるという嫌がらせを食らうジョニー。 腹いせとばかりに高機動型ザクの性能を見せ付けるのだった。 …が、クリア時のリザルト画面で「颯爽たるシャア」が流れるというオチが。 搭乗機体 [ ] 、での搭乗機。 大尉に昇進した際に乗り換えた機体。 この機体からパーソナルカラーを使用している。 R-2型に搭乗する直前まで搭乗していた機体。 少佐に昇進した際に乗り換えた機体。 ジョニーのR-2型を改修した機体。 「キマイラ隊」で搭乗する機体。 一年戦争最後の搭乗機。 「ジョニー」と呼ばれる人物が搭乗予定だったがリタイアしている。 ギャン高機動型 ジョニー・ライデン専用機 ゲーム『』などに登場する、のゲームオリジナル専用機。 資料リンク [ ]• リンク [ ]•

次の

Gジェネレーションジェネシス攻略 DLCジョニーライデンの帰還追加ユニットパックまとめ!イングリッド0 SDガンダム ジージェネMSV

ジョニー ライデン の 帰還 20

ジョニー・ライデンとは『』『』等に登場する突撃機動軍所属のである。 階級は(後に終身)。 は 概要 U. 9における「」で活躍した人物。 機体をにしていた事から「の稲妻」と呼ばれていた。 機体がだったため、同じ系統に機体をしていた「」ことによく間違えられていたらしい。 一方、はというと彼の方が有名であった為、彼がと間違えられることはなかったとのこと。 である。 0056に3で第一次の3世として生まれ、「共和防軍」に志願。 兵を後に、として配属される。 開戦時は曹長としてCに搭乗。 そしての際に、3隻を撃破してに昇進。 機体もF、Sを受領している。 はこれ以降、機体をとにしており、これはに昇進後の機体、• C に継承されている。 を受領する前のは諸説ある。 『』では「FでしたがR-2に受け継がれた」という話だったが、『』によると時代にはSに搭乗していた様子。 機種転換間もない頃はまだ全体はされておらず、数々の功績を認められて初めてSをに塗り替えた事になっている。 に本からの要請で配下の「 隊」に配属された。 ではに一撃離脱戦法を得意とした。 武人肌の多い人の中において気さくな性格であった事から民からは非常にがあった。 後の防衛戦にてとなり終身に昇格された。 での撃墜数は 機、艦船6隻。 ではブレニフ・オグス、ノルディット・アーに次ぐ撃墜数3位の記録を誇った。 ただし艦船はには9隻とされ、この記録に異論を呈する者もいた。 のントは制の軍とべると正確とされている。 ジョニー・ライデンの伝記 「ジョニー・ライデン」のは数多くの文献で確認されている。 、を軸とする続編の『』においてようやくィ的な見解が示されている。 以前より筆頭格のは的なも多く、が関わった媒体や年表に組み込まれている作品ですら名前を聞くほどであった。 『』の oeは設定確認のために文献を漁ったわけだが、その多さを再確認することになった。 まさに「 人の数だけジョニー・ライデンがある」状態なのだ。 派生作品とデザインの変遷 『』で設定されたのとして描かれる事が多いが、当初 は 厳ついだった。 一方の『 』だと、の違いで1作は版よりは若いであろうの、2作は強面の人物として描かれた。 ちなみに、すらガン視した担当は仁木 1作 と 2作 である。 『 BILY 9』ではのとして描かれた。 9年、が乗船する級機動の降下を護衛。 同年には、直属の精鋭部隊による任務(7特殊攻撃)に参加している。 に随行する様子が伺える(より)。 『 短編集』に収録された故・おとといきたろう氏の『 のい稲妻 ジョニー・ライデン』では好として描かれている。 また同単行本収録の『 』でも若々しい…というかっぽいのが描かれているが、そもそもジョニー・ライデンなのかすら不明。 こちらはのの死に関わり、精的にやられている様子。 『 の達』では、上記と同じく較的今のに近いになっている。 しのはキにベタ惚れしている。 他にも・の入隊経緯に隊の・グウッドが関わっていたり、がを射殺したりと変に色が強いだが、後の(ギャザビ系)でこのの設定がされたこともあった。 の作品ではとなったのその後が描かれた。 これによると の様なが、でと交戦したという。 一見展開だが、実はのい対のを踏襲した展開になっている。 なお、上記の作品以外にも「の稲妻」らしき存在は確認されている。 サンライズが関係する作品 年表にも記載された『 』ではズモビルの首領としてジョニー・ライデンの名が挙がっている。 まぁ仮に生きていたとしても齢近いだが…。 これが『』のジョニー・ライデンなのかは不明である。 なおは計3機がローウトしており、は「」と「」と共に機に搭乗予定だった。 『 グラフィカ』ではU. 7年に上記と同一人物と思われる「」が系に乗り、組織「E」と交戦している。 敵機は「」と「ス」。 グラフィカは監修書籍であり、版『』にも設定が反映されている。 関連動画 関連商品 関連項目•

次の

「機動戦士ガンダムMSV

ジョニー ライデン の 帰還 20

ジョニー・ライデンとは『』『』等に登場する突撃機動軍所属のである。 階級は(後に終身)。 は 概要 U. 9における「」で活躍した人物。 機体をにしていた事から「の稲妻」と呼ばれていた。 機体がだったため、同じ系統に機体をしていた「」ことによく間違えられていたらしい。 一方、はというと彼の方が有名であった為、彼がと間違えられることはなかったとのこと。 である。 0056に3で第一次の3世として生まれ、「共和防軍」に志願。 兵を後に、として配属される。 開戦時は曹長としてCに搭乗。 そしての際に、3隻を撃破してに昇進。 機体もF、Sを受領している。 はこれ以降、機体をとにしており、これはに昇進後の機体、• C に継承されている。 を受領する前のは諸説ある。 『』では「FでしたがR-2に受け継がれた」という話だったが、『』によると時代にはSに搭乗していた様子。 機種転換間もない頃はまだ全体はされておらず、数々の功績を認められて初めてSをに塗り替えた事になっている。 に本からの要請で配下の「 隊」に配属された。 ではに一撃離脱戦法を得意とした。 武人肌の多い人の中において気さくな性格であった事から民からは非常にがあった。 後の防衛戦にてとなり終身に昇格された。 での撃墜数は 機、艦船6隻。 ではブレニフ・オグス、ノルディット・アーに次ぐ撃墜数3位の記録を誇った。 ただし艦船はには9隻とされ、この記録に異論を呈する者もいた。 のントは制の軍とべると正確とされている。 ジョニー・ライデンの伝記 「ジョニー・ライデン」のは数多くの文献で確認されている。 、を軸とする続編の『』においてようやくィ的な見解が示されている。 以前より筆頭格のは的なも多く、が関わった媒体や年表に組み込まれている作品ですら名前を聞くほどであった。 『』の oeは設定確認のために文献を漁ったわけだが、その多さを再確認することになった。 まさに「 人の数だけジョニー・ライデンがある」状態なのだ。 派生作品とデザインの変遷 『』で設定されたのとして描かれる事が多いが、当初 は 厳ついだった。 一方の『 』だと、の違いで1作は版よりは若いであろうの、2作は強面の人物として描かれた。 ちなみに、すらガン視した担当は仁木 1作 と 2作 である。 『 BILY 9』ではのとして描かれた。 9年、が乗船する級機動の降下を護衛。 同年には、直属の精鋭部隊による任務(7特殊攻撃)に参加している。 に随行する様子が伺える(より)。 『 短編集』に収録された故・おとといきたろう氏の『 のい稲妻 ジョニー・ライデン』では好として描かれている。 また同単行本収録の『 』でも若々しい…というかっぽいのが描かれているが、そもそもジョニー・ライデンなのかすら不明。 こちらはのの死に関わり、精的にやられている様子。 『 の達』では、上記と同じく較的今のに近いになっている。 しのはキにベタ惚れしている。 他にも・の入隊経緯に隊の・グウッドが関わっていたり、がを射殺したりと変に色が強いだが、後の(ギャザビ系)でこのの設定がされたこともあった。 の作品ではとなったのその後が描かれた。 これによると の様なが、でと交戦したという。 一見展開だが、実はのい対のを踏襲した展開になっている。 なお、上記の作品以外にも「の稲妻」らしき存在は確認されている。 サンライズが関係する作品 年表にも記載された『 』ではズモビルの首領としてジョニー・ライデンの名が挙がっている。 まぁ仮に生きていたとしても齢近いだが…。 これが『』のジョニー・ライデンなのかは不明である。 なおは計3機がローウトしており、は「」と「」と共に機に搭乗予定だった。 『 グラフィカ』ではU. 7年に上記と同一人物と思われる「」が系に乗り、組織「E」と交戦している。 敵機は「」と「ス」。 グラフィカは監修書籍であり、版『』にも設定が反映されている。 関連動画 関連商品 関連項目•

次の