ドラクエウォーク メガモンスター 寄生。 【ドラクエウォーク】新メガモンが来るのか? どこでもメガモンスターについてのお知らせ!

【ドラクエウォーク】メガモンスターの討伐まとめ|出現時間・場所情報|ゲームエイト

ドラクエウォーク メガモンスター 寄生

ドラクエウォークの目玉要素!それは他のプレイヤーと協力してドでかいモンスターを倒す、メガモンスター討伐! リリース当初からありますが、これまで多くのメガモンスターが登場してきました。 ここらで一つ、個人的に印象深かった(というか苦戦した)メガモンスターを紹介したいと思います。 トロル 記念すべき第一メガモンスターですね。 推奨レベルは基本職15。 今では考えられないほど低いです。 が、リリース当初はやはり面食らいましたね。 でかいし。 攻撃には耐えられるけど、HPが高くてきついな、と思いました。 ここでメガモンスターとはどういうものなのか十分理解できましたね。 電車に乗りながらはとりあえずできない、と。 そのうち強化版トロルとして登場しないかなと思います。 基本職のレベル15は今やなんのハードルでもないですしね。 ゴーレム ドラクエ1イベントのときに初登場したメガモンスターですね。 推奨レベルは基本職25。 こいつは本当に個人的な私怨がありまして、むやみなソロ討伐はしてはいけないと心に刻むきっかけになりました。 詳しくはこちらをどうぞ。 りゅうおう こちらもドラクエ1イベント時に登場したメガモンスターです。 王の中の王、りゅうおうですね。 推奨レベルは基本職40、再登場時は45になりました。 こいつの「世界の半分をやろう」ささやきが厄介でしたね。 魅了するんですよ。 魅了というステータス異常に未だに慣れていないので、ワッツハプン?状態で味方が攻撃すると魅了状態の仲間がガンガンに攻撃を食らって死んでいったのにはビビり散らしました。 ここで「まもりのたて」の重要性に気づきましたね。 個人的にターニングポイントでした。 再登場時にはソロで討伐できるようになっていたので、なんだか感慨深かったです。 デスピサロ 全然倒していなくて逆に印象的。 メガモン出現場所及び時間に運の悪いことに恵まれなく、数回しか倒してません。 どんな攻撃をしてきたかも覚えていません。 同時期の究極エビルプリーストはそれに輪をかけて倒していません。 復刻してぇ~。 メタルドラゴン 第一回メタルフェスティバルからの登場です。 推奨レベルは基本職の45。 メタルフェスティバルでガンガンレベルが上がっていたので、はぁ~ん楽勝でしょ~と思い挑んだ結果、ミサイルと全体ふみつけでぼっこぼこにされた初陣を今でも思い出します。 メガモンは強力な全体攻撃ややらしい状態異常攻撃をしてくるというのをいい加減覚えるべきなのですが、いつも調子にのって開幕壊滅状態になります。 メガモン討伐は楽しいなぁ。 ゾーマ ドラクエ3イベントで登場したみんな大好き大魔王ゾーマです。 推奨レベルは上級職の50。 たっかい。 ドラクエ界の名ラスボスなだけあって、その強さも圧巻でした。 初めて回復役を二人入れましたね。 前半は調子よくHPを削ることができるのですが、後半からの猛攻が本当にきついです。 「死にゆく者こそ美しい!」と言われながら死んでいきます。 これまでのメガモンとは比較にならないほどの強さでしたが、ネット上では「さすがゾーマ」という好意的な声が多かった気がします。 バラモスはわりと簡単なメガモンスターだったと思います。 ギガンテス ついこの間登場し、今大活躍中のギガンテスです。 推奨レベルは上級職の45です。 高いですね。 「トロルがメガモンスターならギガンテスもだろ感」があって好きです。 ここでは、「しょせんギガンテスだから物理攻撃ばかりだろうし、痛恨の一撃に気を付けていればいいだろう」と謎の慢心をしていました。 成長をしない。 まさか回復役の賢者にばかり痛恨が来るとは。 あれ狙ってます?なんなんです?ザオラル持ちを殺さないでほしいです。 賢者に痛恨が来て死ぬたびに「だっしゃああこらぁ!」のような奇声を自宅で上げてしまいます。 どこでもメガモン仕様はそういうときにありがたいですね。 これからも多くのメガモンスターが登場し、毎度やられるのであろうと思うとまだまだドラクエウォークを楽しめそうで満足です。 ちなみに今回紹介しなかったメガモンスターは、デスピサロ同様あまり戦っていないので印象に残っていません。 悲しいです。 (文・やなぎアキ) 関連記事 dq-free.

次の

DQウォーク入門|「メガモンスター討伐」で絶対にやってはいけないこと

ドラクエウォーク メガモンスター 寄生

メガモンスター「ゾーマ」の攻略について メガモンスター「ゾーマ」は 現在1日2回の出現です。 <1回目> 予兆発生:午前10時~午前11時の間 出現時間:午前11時~午後2時の間の2時間 <2回目> 予兆発生:午後8時~午後9時の間 出現時間:午後9時~午前0時の間の2時間 メガモンスター討伐には、 「とうばつ手形」か「特別とうばつ手形」が必要となります。 「討伐手形」: 1日1回ゴールド500で交換できて最大10個所持可能。 「特別とうばつ手形」: 100ジェムで交換できる。 メガモンスター「ゾーマ」討伐の困ったこと 実は、スラミチお助け団以外の参加者が4人以上いる場合、 下記のパーティー編成で可能でした。 つまり、賢者1人でも大丈夫だったのです。 しかも、推奨レベルが上級職50なので、 猛者が多く、 アタッカー3人でも1位をとることは難しかったのです。 <参加人数で変わるゾーマの強さ> ゾーマのHPがスラミチお助け団のみの ソロ討伐の場合はHPが55000に対して、 マックス8人の場合はHPが110000となります。 つまり、参加人数が増えていくに従い、 ゾーマはより強敵となります。 <スラミチお助け団> 文字通りソロの場合は3人となりますが、 参加者が4人以上になると 「スラミチお助け団」はきません。 <当初> ゾーマが出現した初日は、 下記の写真のパーティー編成で臨み、 参加者も猛者ぞろいで アッというまに終了しました。 <3日目以降> 掲示板などでしばしば 「寄生」という文字を目にするようになり、 私が参加する地域でもそれは起こりました。 <6人参加なのに?> ある時、参加者6人という機会がありました。 けれども、ゾーマのHPが一向に減りません。 参加者の攻撃値をみても、多くて1000、 大抵は3桁とか、ひたすらガードをしていました。 これでは賢者1人編成はかなりしんどいです。 特やくそうをいくつか使い、 総ダメージ数が88000超えとなり、1位で終えました。 2位は10000以上でしたが3位は1000台。 ああ、これが掲示板で噂の「寄生」か、と思いました。 実は家族もドラクエウォークをやっていて 基本職レベル40~50のパーティ編成です。 一緒にやっていてゾーマ戦の場合、 2回は全滅して、 ジェムでまた入ってきます。 後半は防御に徹してもいいと言いますが、 防御だけでも耐えることは厳しいレベルです。 なので、攻撃しないでひたすらガードして ゲーム終了まで残ることが可能であることは、 実はそれなりのレベルに達しているという事です。 ならば攻撃すればよい、と思うのですが、 メガモンスターあるあるで 1位よりも2位以下の方が グレードの高い心が入手できる、 ということがあります。 どうやら心狙いで そのようなことをしていると推測できます。 しかもある程度の参加人数の場合です。 ソロの場合は「D」が多いようですが・・。 ちなみに私は初日に複数参加で 1位となって「S」を入手することが出来ました。 最もその後は「D」連発ですが。 従ってソロでも討伐できるように パーティー編成を変えました。 また、討伐の時間も、 開始時間から40分以上経過した時間で行っています。 今は2時間あるので、そうした調整がしやすいです。 既に討伐が始まっている場合は、 進捗状況を鑑みて、 このままお邪魔させていただくか、 一度抜けるかを選択しています。 ソロ討伐でも「スラミチお助け団」がいるので 最長でも10分程度で済みます。 レベルが高くなくても、 出来る範囲で攻撃してほしいと思います。 ぼうぎょのみの参加なら、 「スラミチお助け団」の枠が減ってしまうので、 出来れば遠慮してほしいとも思います。 ゲーム最後まで残ることができるのは、 実は攻撃してもそれなりのレベルや強さがあるのだから、 是非ともその力を発揮してほしいと思う次第です。

次の

【ドラクエウォーク】大魔王ゾーマ強すぎ!メガモンスター攻略!マヌーサ対策も。

ドラクエウォーク メガモンスター 寄生

ドラクエウォークの目玉要素!それは他のプレイヤーと協力してドでかいモンスターを倒す、メガモンスター討伐! リリース当初からありますが、これまで多くのメガモンスターが登場してきました。 ここらで一つ、個人的に印象深かった(というか苦戦した)メガモンスターを紹介したいと思います。 トロル 記念すべき第一メガモンスターですね。 推奨レベルは基本職15。 今では考えられないほど低いです。 が、リリース当初はやはり面食らいましたね。 でかいし。 攻撃には耐えられるけど、HPが高くてきついな、と思いました。 ここでメガモンスターとはどういうものなのか十分理解できましたね。 電車に乗りながらはとりあえずできない、と。 そのうち強化版トロルとして登場しないかなと思います。 基本職のレベル15は今やなんのハードルでもないですしね。 ゴーレム ドラクエ1イベントのときに初登場したメガモンスターですね。 推奨レベルは基本職25。 こいつは本当に個人的な私怨がありまして、むやみなソロ討伐はしてはいけないと心に刻むきっかけになりました。 詳しくはこちらをどうぞ。 りゅうおう こちらもドラクエ1イベント時に登場したメガモンスターです。 王の中の王、りゅうおうですね。 推奨レベルは基本職40、再登場時は45になりました。 こいつの「世界の半分をやろう」ささやきが厄介でしたね。 魅了するんですよ。 魅了というステータス異常に未だに慣れていないので、ワッツハプン?状態で味方が攻撃すると魅了状態の仲間がガンガンに攻撃を食らって死んでいったのにはビビり散らしました。 ここで「まもりのたて」の重要性に気づきましたね。 個人的にターニングポイントでした。 再登場時にはソロで討伐できるようになっていたので、なんだか感慨深かったです。 デスピサロ 全然倒していなくて逆に印象的。 メガモン出現場所及び時間に運の悪いことに恵まれなく、数回しか倒してません。 どんな攻撃をしてきたかも覚えていません。 同時期の究極エビルプリーストはそれに輪をかけて倒していません。 復刻してぇ~。 メタルドラゴン 第一回メタルフェスティバルからの登場です。 推奨レベルは基本職の45。 メタルフェスティバルでガンガンレベルが上がっていたので、はぁ~ん楽勝でしょ~と思い挑んだ結果、ミサイルと全体ふみつけでぼっこぼこにされた初陣を今でも思い出します。 メガモンは強力な全体攻撃ややらしい状態異常攻撃をしてくるというのをいい加減覚えるべきなのですが、いつも調子にのって開幕壊滅状態になります。 メガモン討伐は楽しいなぁ。 ゾーマ ドラクエ3イベントで登場したみんな大好き大魔王ゾーマです。 推奨レベルは上級職の50。 たっかい。 ドラクエ界の名ラスボスなだけあって、その強さも圧巻でした。 初めて回復役を二人入れましたね。 前半は調子よくHPを削ることができるのですが、後半からの猛攻が本当にきついです。 「死にゆく者こそ美しい!」と言われながら死んでいきます。 これまでのメガモンとは比較にならないほどの強さでしたが、ネット上では「さすがゾーマ」という好意的な声が多かった気がします。 バラモスはわりと簡単なメガモンスターだったと思います。 ギガンテス ついこの間登場し、今大活躍中のギガンテスです。 推奨レベルは上級職の45です。 高いですね。 「トロルがメガモンスターならギガンテスもだろ感」があって好きです。 ここでは、「しょせんギガンテスだから物理攻撃ばかりだろうし、痛恨の一撃に気を付けていればいいだろう」と謎の慢心をしていました。 成長をしない。 まさか回復役の賢者にばかり痛恨が来るとは。 あれ狙ってます?なんなんです?ザオラル持ちを殺さないでほしいです。 賢者に痛恨が来て死ぬたびに「だっしゃああこらぁ!」のような奇声を自宅で上げてしまいます。 どこでもメガモン仕様はそういうときにありがたいですね。 これからも多くのメガモンスターが登場し、毎度やられるのであろうと思うとまだまだドラクエウォークを楽しめそうで満足です。 ちなみに今回紹介しなかったメガモンスターは、デスピサロ同様あまり戦っていないので印象に残っていません。 悲しいです。 (文・やなぎアキ) 関連記事 dq-free.

次の