行政書士予備校。 行政書士試験におすすめの予備校8選!@合格実績・安い費用・通信講座で比較

大手予備校(通学)のメリット・デメリット

行政書士予備校

司法試験、司法書士試験、行政書士試験など多くの資格試験の受験を経験してきましたが、法律系資格に合格するためには、マスターすべき項目がハッキリしています。 「それらを全てマスターできれば合格、できなければ不合格」、資格試験に合格することは、実はとてもシンプルなロジックなのです。 でも一般の資格スクールのカリキュラム体系では、経済的な理由でカリキュラムを全て受講できない受講生もでてきます。 どの資格スクールであっても、「用意しているカリキュラムを全てマスターすれば必ず合格できる」のですが、全てのカリキュラムを継続的に受講するには、多額の受講料を用意する必要があり、しかも、受験に失敗した場合は、翌年も同様に大きな負担を強いられることになります。 こうした従来の体系では、受験生はいつまでたっても、マスターできていない論点を継続的に克服していく「シンプルな学習」ができません。 藤井予備校の「月額制サービス」は、1ヶ月3,480円で藤井予備校のカリキュラムを全て無制限に受講することができます。 これにより金銭的負担が大幅に解消され、全カリキュラムを継続的に受講することが可能になります。 行政書士試験は、正しい法律の学習法を継続すれば必ず合格できる資格です。 多くの受験生がこのサービスを活用し、行政書士合格を手にされることを強く願っています。 藤井 慎哉 「月額制」は、以下の条件に当てはまる行政書士受験生だけの「お得な割引サービス」です。 1 10ヶ月間以上、月額制サービスを継続できる方。 2 紙ベースのテキストではなく、PDFファイルのテキストで行政書士合格に向けた学習が可能な方。 3 ダウンロードした教材の「横流し行為禁止」「再販売禁止」を遵守できる方。 <注意> 10ヶ月経過前の受講解約は可能ですが、その場合、「割引対象外での購入扱い」として返金計算をおこないますので、ご注意ください。

次の

行政書士通信講座【大手資格予備校vs通信講座専門校】徹底比較!

行政書士予備校

「伊藤塾の行政書士講座って実際どうなの?」 「通学講座は料金が高いらしいけど、メリットは多いの?」 この記事にたどり着いたあなたは、おそらく上記のような疑問をもっているのではないでしょうか。 行政書士の講座といっても、オンラインで完結する通信講座から、実際に教室で受講する通学講座まで、さまざまな種類の講座があります。 また、多くの講座が乱立していますので、そのなかで何が自分に合っているのか、見極めなければなりません。 今回この記事では、通学講座のなかでも有名な大手予備校【伊藤塾】について、受講のメリットやデメリット、口コミなど、幅広く解説していこうと思います。 この記事を読めば、伊藤塾が自分に合ってる講座かどうかが分かるようになります。 それでは、以下で伊藤塾の強みやメリット・デメリット、口コミなどを更に深堀していきます。 【伊藤塾】の強み・メリット まずは、伊藤塾の強みや受講するメリットをそれぞれ紹介していきましょう。 1.講義担当講師とパーソナルトレーナー講師によるサポート体制 伊藤塾では、講義を担当する講師と、パーソナルトレーナー講師によるサポートをダブルで受けることができます。 パーソナルトレーナ講師は、それぞれの受講生の学習進捗状況の管理や、勉強方法の悩み、モチベーションの維持などのサポートを個別に行い、受講生が安心して学習を進めていくことができるよう指導していきます。 確かに自分ひとりで勉強を進めていくと、 「本当にこのペースでいいのだろうか?」 「他の生徒はどのようにモチベーションを上げているんだろう」 という疑問や悩みがあっても、相談する人も解決策を示唆してくれる人もいません。 しかし、こういった個々の悩みを個別に聴いてもらえるというのは、精神面で大きな支えになるでしょう。 このサービスは独学や通信講座であれば期待できないので、一人で学習を進めるのが不安だという方や、個別のカウンセリングを重視したい人とっては、大きなメリットになります。 2.開業を目指しているならば、将来心強い存在になる秋桜(コスモス)会 伊藤塾には、伊藤塾出身の行政書士試験合格者や実務家で構成される、秋桜会というコミュニティがあります。 秋桜会は、定期的に行政書士の実務勉強会やビジネス研修、BBQなどの交流会に至るまで、様々な活動をしています。 しかもなんと、2019年7月時点で、全国に2400人も会員がいるそうです。 行政書士で開業する人の多くは、実務未経験の開業します。 行政書士会での実務研修なども実施されていますが、それだけで実務に必要な十分な知識と実践力が身につくとは思えません。 また、僕自身の経験からも言えますが、一人で仕事を粛々と進ていると、孤独に感じることが多々あります。 そんな中、実務の研究もできて、横の繋がりも増やすことのできる秋桜会は、試験に合格したばかりの新人行政書士にとって大きな支えになるでしょう。 試験合格後も見据えたうえで、受講する講座を決めたいという方にとっては、この伊藤塾の秋桜会は大きなメリットになります。 3.伊藤塾の合格メゾットが詰まった合格テキスト・合格カード・厳選問題集 伊藤塾の長年のノウハウがすべて詰まった「合格テキスト」は、合格者からわかりやすいと絶賛されています。 以下の画像からわかるように、合格テキストは図表やイラストが多く使用されており、初学者でもわかりやすいデザインになっています。 また、合格テキストと並行して、必須項目をまとめた「合格カード」と「完成問題集」を利用して勉強を進めていきます。 下手に市販のテキストや問題集などには手を出さず、この伊藤塾のテキストと問題集をひたすら回転すれば合格に必要な知識が付くはずです。 4.教育訓練給付金を受けることができる 伊藤塾の行政書士講座の中には、教育訓練給付制度対象講座があります。 伊藤塾のコースに関しては以下でも詳しく紹介していきますが、教育訓練給付制度の対象講座は以下の2講座となります。 (上限10万円) 教育訓練給付制度を利用する為には、対象の講座を受講し、終了基準認定を満たした受講生の方が自らハローワークに申請することで給付を受けることができます。 伊藤塾のような通学講座の料金は基本的に高いので、ぜひこの教育訓練給付金を受け、できるだけ家計に負担をかけることなく受講できればいいですね。 5.筆者も受講した!明日の行政書士講座 伊藤塾が開催する「明日の行政書士講座」は、実は参加無料で誰でも受講することが可能です。 明日の行政書士講座は、実際に行政書士として活躍している実務家が、行政書士の仕事のやりがいや、これから行政書士を目指す人達にアドバイスをくれる、とても有益な講座です。 僕自身、行政書士試験の受験生だった頃と試験合格後に数回、明日の行政書士講座を受講しに伊藤塾の校舎まで足を運びました。 (後日webでの閲覧も可能です) この講座は、試験合格後に開業を目指している人に限らず、参考になる話を聞くことができますし、何より実務家の話を聞くことで勉強へのモチベーションが上がります。 開業後をより具体的にイメージしたい方や、最近やる気が出ないという方には、是非オススメしたい講座です。 通学講座のメリット・デメリット 伊藤塾の行政書士講座には通学コースとWebのみのコースがあります。 しかし、やはり伊藤塾のような大手予備校を受講するのであれば、通学コースで、教室でライブの講義を聞きたいものです。 以下には、そもそも通学講座のメリットとデメリットを解説している記事と、それと対照的に通信講座のメリット・デメリットを解説している記事を貼っておきます。 この際、通学講座か通信講座で迷っているのであれば、是非参考にしてみてください。 【伊藤塾】のデメリット それでは以下に、伊藤塾のデメリットを解説していきます。 1.受講料が高額 伊藤塾を受講するデメリットの一番は、やはりその高額な受講料です。 以下で詳細に伊藤塾のコース料金について紹介しますが、一番スタンダードなコースである、「行政書士合格講座 本科生」だと、通学クラスで受講料が268,000円かかります。 仮に教育訓練給制度で、受講料の20%の給付金が交付されるとしても、約214,400円です。 また、返金保証などもありませんので、万が一試験に不合格だった場合、支払った受講料は戻ってきません。 「不合格ならお金をどぶに捨てることになる」という事実は、背水の陣を引くという意味では有利に働くかもしれません。 しかし、一念発起して伊藤塾を受講し、万が一不合格になった場合のダメージも事前に考えておく必要があると思います。 一方、以下の記事で紹介している通信講座【フォーサイト】では、講座を受講して 万が一不合格になった場合、全額返金保証をしています。 また、フォーサイトは通信講座ならではの受講料の安さです。 伊藤塾より価格が低い講座で検討したいという方は、以下の記事も覗いてみてください。 2.通学は人によって負担になる これは文字通りなのですが、通学コースを受講したら当然通学する必要があります。 そして通学をしなければ、通学コースのメリットを享受することはできません。 しかし、伊藤塾の行政書士講座は、東京校、お茶の水校、大阪梅田校の3校でしか開催していませんので、近隣に住んでいない方にとって通学はかなり大変になるでしょう。 一方伊藤塾では、通学講座より割安価格で、通学講座を録画したWeb講義を受けることが可能です。 しかし、高いお金を払って伊藤塾の通信コースを受講するのであれば、さらに割安な価格で、質の高い講義を提供している通信講座も検討の余地があります。 伊藤塾の通学講座が難しいであれば、伊藤塾のWebコースだけでなく、他の通信講座も調査してみるのも良いかと思います。 以下の記事では、通信講座でもクオリティが圧倒的に高い【アガルートアカデミー】と、オンラインで勉強が完結する次世代型の格安講座【スタディング】を紹介しています。 伊藤塾の通信講座を検討している方は、受講を決める前に、他の通信講座の概要も見て比較してみることをオススメします。 伊藤塾行政書士講座の口コミを紹介 ここでは、実際に伊藤塾の行政書士講座を受講した方の生口コミを、一部抜粋して紹介していきます。 永井さん 女性 質の高い講義、サポートはもちろんのこと、先生方の本気の応援には心から感謝しています。 また、クラスの雰囲気も驚くほどあったかく、一緒に机を並べた受講生の方々のおかげで頑張ることができました。 これはAIがいくら普及しても、マネできないと思います 笑。 行政書士試験の勉強を思い切って始めて、本当によかったです。 このほかにも公式サイトには多くの受講生の声が寄せられていますが、 それぞれの講師の講義の質が素晴らしかった、教材が秀逸だった、という内容のものが多くみられました。 伊藤塾のコース料金 それでは、以下に伊藤塾の行政書士講座のコース料金をご紹介します。 詳細は以下のリンクより、伊藤塾の公式サイトでご確認ください。 まとめ この記事では伊藤塾の行政書士講座について、概要からメリット・デメリットや口コミ等幅広くご紹介していきました。 伊藤塾の行政書士講座がご自身に合っているかどうか、少しはイメージが掴めましたででしょうか? ここで最後にもう一度伊藤塾の概要をざっと振り返ります。

次の

長野の行政書士予備校・専門学校一覧

行政書士予備校

年齢や学歴を問われることなく基本的に誰でも受験することができますので、少し法律関係の勉強をされたい方にとって目標に定めやすいのが特徴的になります。 試験科目においても憲法、民放、行政法、商法(会社法)、国家賠償法、行政事件訴訟法など日常生活でトラブルがあった時に役立つ知識を身に着けることができますので、成長を志す方にも向いていると思います。 さて、このページで紹介するのは行政書士予備校比較ランキングに関するテーマになります。 独学で合格することも可能ではありますが、効率性を考えるとこの分野のスペシャリストと呼ばれている講師が在籍している行政書士専門学校・スクールを利用するメリットは十分すぎるほどあると言えるでしょう。 なお、通学で通えない方のために通信講座・通信教育の特集もしていますので、WEB(インターネット)・DVD・DL(ダウンロード)の学習メディアで対策を進めていきたい方についても人気ランキングをチェックして頂ければと思います。 資料請求でサンプルDVDをゲット!• キャンペーン割引実施中!• 全国対応!• 合格実績豊富 行政書士通学おすすめランキング 東京都内であれば水道橋、新宿、渋谷、池袋、八王子など様々な地域エリアに校舎がありますし、地方エリアにおいても主要エリアである大阪(梅田・難波)、神戸市、京都、福岡(博多・北九州市)、広島、仙台市、札幌市は注目度が高いと言えるでしょう。 直接校舎に行くメリットは強制的に勉強する環境に自分を追い込むことができることです。 学習スケジュールを自己管理するのは実は結構難しく、妥協しないための場としては魅力的であると言えるでしょう。 但し、自宅近くに校舎が無い方の場合ですと通勤が逆に負担になって、学習効率を下げる可能性もありますので、片道1時間以上かかるのであればWEB講座にした方がいいでしょう。 なお、行政書士予備校評判&口コミ評価に優れているサービスに厳選して掲載しています。 まずは気軽に 複数社へ資料請求してみてくださいませ。 ポイントを徹底的に絞った効率的な勉強方法を提案されている今話題の行政書士学校の1つで料金・費用安い・格安を比較したいと考えているのであればその対象に加えておきたいところになります。 毎年テキストを改訂されているみたいですので、最新内容で試験対策したい方にもおすすめです。 キャンペーン価格・特別割引、最新情報は必ず公式サイトで確認してください。 コース種類・料金 【 2019年合格目標 1. 5年パーフェクトコース】 Web通信:104,400円 オプションDVD:25,000円 オプション答練資料:7,500円 【 2019年合格目標 1. 5年パーフェクトセーフティコース】 Web通信:152,000円 オプションDVD:45,000円 オプション答練資料:15,000円 【 2018・2019年合格目標 スピードマスターコース】 Web通信:113,600円 オプションDVD:20,000円 オプション答練資料:7,500円 必要最低限の科目を徹底的に学習するカリキュラムになっています。 満点を狙うのではなく、あくまで合格ラインをクリアすることをコンセプトにしていますので、無駄なく短期間で合格することも可能です。 マルチデバイスに充実のWEBコンテンツも選ばれる理由になります。 実際に教材満足度は脅威の88. 4%ですので、皆さん結果を得ることができていると推測することができます。 合格するために焦点をあてていますので、効率性を重要視する方に向いています。 また、サンプル教材プレゼントなど定期的にキャンペーンを実施されていますので、季節に合わせて申込をすることによってお得に利用することができます。 スマホでも視聴可能ですので、どこでもいつでも学習することができる点がみそになります。 料金は通常価格で15万円~25万円程度になりますので、行政書士予備校の中でも決して安い水準ではありません。 但し、講師・講義内容・オリジナルテキストのポテンシャルは非常に優れていますので、検討対象に加えておきたいところです。 コース種類・料金 【 2019年合格目標プレミアム本科生Plus】 Web通信講座246,000円、入会金10,000円 DVD通信講座266,000円、入会金10,000円 教室講座246,000円、入会金10,000円 個別DVD講座246,000円、入会金10,000円 【 2018年合格目標チャレンジ本科生】 Web通信講座119,000円、入会金10,000円 DVD通信講座129,000円、入会金10,000円 教室講座119,000円、入会金10,000円 個別DVD講座119,000円、入会金10,000円 TAC行政書士講座は通学に比べて通信制の方が価格が安い傾向があります。 一般的にWEB・DVD学習の場合ですとサポート体制に不安を持たれるケースが多いかと思いますが大手であるTACであればその点においても安心感があります。 また、講義を担当する講師についても指導力に優れていますので質の高さで選ぶなら比較対象に加えるべきですね。 受験資格:誰でも受験できる 願書配布:窓口配布は8月1日~9月2日まで、郵送配布は8月1日~8月26日まで 申込期間:郵送は8月1日~9月2日まで、インターネットは8月1日午前9時~8月30日午後5時まで 受験票交付:10月中旬に発送 試験日:11月13日 試験結果・合格発表:翌年の1月31日午前9時から公示 時間:午後1時から午後4時まで(説明があるので入室は午後0時30分までに済ませる) 試験科目:行政書士の業務に関し必要な法令等(出題数46題)、行政書士の業務に関連する一般知識等(出題数14題) 受験手数料:7,000円 試験の流れについてはそれほど難しくはないので試験案内を熟読すればほとんどの方が理解できるはずです。 注意しなければいけないのは毎年のように実施日程や試験内容に変更が出る可能性があるという点になります。 昨年のままの情報で挑むのではなく、常に最新情報を仕入れる心構えが大切になります。 これを忘れると試験会場を間違えたり、遅刻をして今までの努力を台無しにしていまいますので、気を付けましょう。 難易度・必要な勉強時間 難易度判定結果 Bランク(偏差値レベル58) 普通よりも難しい試験になりますが、本気で合格したい気持ちがあるのであれば社会人で仕事と勉強して働きながら突破することができるレベルになります。 試験内容においても範囲が広い点を覗ければ1つひとつを見ると簡単なので、対策しやすいと思います。 よく2ch(2ちゃんねる)噂・体験談などを見ると中卒・高卒では難しいと思っている方もいるみたいですが、大卒・院卒者以外でも資格を保有している方は数多くいますので、挑戦したいのであればその気持ちを大切にするといいでしょう。 合格まで目安になる学習期間・時間 8ヶ月~1年程度(600時間~800時間程度) ある程度計画的に学習スケージュールを作成しないと妥協してしまうという方はまずはどのような対策していくか?を考えるべきです。 独学の場合ですと2年~3年程度かかってやっと合格されている方もいますので、より妥協しないで勉強に集中できる環境を作りたいところではありますね。 学生で時間に余裕があるのであれば1日6時間~8時間程度の充てることも可能ですが、社会人の場合ですと3~4時間が限度でしょう。 行政書士通信講座ランキングなどで情報収集してノウハウを借りるという選択肢もありますので、覚えておきましょう。 平均年収・将来性 500~600万円程度(推測) 正直な話をすると一般的な会社の場合ですと仕事と関連性が無いと全く評価されず、資格諸手当が付かないケースも多いのが特徴的になります。 サラリーマンとしてのキャリアアップを狙うというよりは独立開業・起業で一国の主を目指す方に適している資格になります。 成功者の中には年収1000万円以上、戦略的に工夫したり、大きな人脈を築くことができるなど実力があれば年収2000~3000万円程度を目指すことも夢ではありません。 しかし、現実的には仕事が無く困っている開業者が多数いるのも事実になります。 独立した場合ですと「勝ち組」と「負け組」がハッキリと二分するケースが多いですね。 最初は仕事を覚えるために雇われを選択する方も結構いて、その場合ですと非常に薄給で年収200~300万円程度が一般的になります。 月収にすると手取りで16~19万円程度と20万円以下になることもありますので、その場合ですと1人暮らしをするのにやっとでしょう。 修行と割り切ることでモチベーションを上げることができるはずです。 将来性(100点満点中) 30点 公務員の場合ですと簡単な一定条件を満たすことで試験を受験しなくても資格を手に入れることができます。 今後、高齢化で退職者が増加することが見込まれ、参入も増えると予想されています。 本気で食っていきたいと考えている人が増えると今以上に厳しい時代が到来しそうです。 特別高度な知識が必要になる業界ではないので、その気になれば誰でもこなせますからですね。 行政書士予備校比較~口コミ8件記事一覧.

次の