デビィ スカルノ ブログ。 デヴィ夫人さんのプロフィールページ

デヴィ夫人はヌードになっていた!熟女の身体がエロい!美貌は整形?

デビィ スカルノ ブログ

最近、マスコミがぬるま湯に浸かったようにつまらなくなり、ネットで面白い記事を探していたら、デビィ・スカルノ夫人のブログを見つけました。 三輪明宏さんの会話も面白いですが、夫人はもっと面白いというと失礼ですが、個性豊かな方のようです。 右翼の街宣車(?)がやかましいので、抗議するため口論になったが、警察が入り、傷害罪(花瓶を投げた?)にかかりそうになり、結局、事実はないので立件できずに終わった(?)ということの次第がブログで書かれていました。 北朝鮮に行ったことや、旧日本軍による残虐行為の写真がブログにも掲載されてあり、そのことが、右翼を刺激して、警察も刺激した(?)ようなのですが、テレビの飾りのような芸能人や、マスコミのレポーター・司会者とは一線を画する、一種の英傑なのでしょう。 もともと、世界的な知名度を有するスカルノ大統領の夫人なのですから、当然、日常人とは異なる感覚であるのでしょうが、言動が北朝鮮寄りであることは確かでしょう。 私は、拉致問題は、すでに国内問題になっているのではないかと思います。 というのは、つまり、北朝鮮と戦争をしてでも拉致被害者を救済しなければ問題は解決しないというようなところまで、世論は突き進んでいます。 外交問題であるよりも、国内でこれだけ問題がこじれていると、まともな外交交渉はできないでしょう。 戦前並みの外交水準というべきでしょう。 戦争をしなければどうしようもなかったというのが、あの論文の主張ですが、外交はもっと柔軟であるべきでしょう。

次の

デヴィ・スカルノ

デビィ スカルノ ブログ

最近、マスコミがぬるま湯に浸かったようにつまらなくなり、ネットで面白い記事を探していたら、デビィ・スカルノ夫人のブログを見つけました。 三輪明宏さんの会話も面白いですが、夫人はもっと面白いというと失礼ですが、個性豊かな方のようです。 右翼の街宣車(?)がやかましいので、抗議するため口論になったが、警察が入り、傷害罪(花瓶を投げた?)にかかりそうになり、結局、事実はないので立件できずに終わった(?)ということの次第がブログで書かれていました。 北朝鮮に行ったことや、旧日本軍による残虐行為の写真がブログにも掲載されてあり、そのことが、右翼を刺激して、警察も刺激した(?)ようなのですが、テレビの飾りのような芸能人や、マスコミのレポーター・司会者とは一線を画する、一種の英傑なのでしょう。 もともと、世界的な知名度を有するスカルノ大統領の夫人なのですから、当然、日常人とは異なる感覚であるのでしょうが、言動が北朝鮮寄りであることは確かでしょう。 私は、拉致問題は、すでに国内問題になっているのではないかと思います。 というのは、つまり、北朝鮮と戦争をしてでも拉致被害者を救済しなければ問題は解決しないというようなところまで、世論は突き進んでいます。 外交問題であるよりも、国内でこれだけ問題がこじれていると、まともな外交交渉はできないでしょう。 戦前並みの外交水準というべきでしょう。 戦争をしなければどうしようもなかったというのが、あの論文の主張ですが、外交はもっと柔軟であるべきでしょう。

次の

デヴィ夫人の娘は?孫は?元彼は銀行家に公爵!津川雅彦とも?

デビィ スカルノ ブログ

デヴィ夫人と娘カリナの確執の理由は?不仲解消は孫がきっかけ!顔画像は似てる? 2020年4月11日放送の『愛情!マザーSHOW』に出演した、デヴィ夫人。 デヴィ夫人と娘カリナの確執の理由は? インドネシアのスカルノ元大統領第3夫人であった、デヴィ・スカルノさん。 デヴィ夫人には、1967年3月11日に出産した一人娘のカリナさんがいます。 母親と一人娘で確立があるなんで、いったいどんな理由なんでしょう? デヴィ夫人 一人娘のカリナちゃんと 1枚目の写真は珍しく着物姿デス、綺麗 デヴィ夫人と一緒にいる男性は フランシスコ パエサ スイスで夫人と銀行を立ち上げた人、この後悲しい別れを経験することになりますが、 幸せそうな 写真です、 — ミラー Kc9vYiJ0OJhZBg2 25歳で娘・カリナさんを出産したデヴィ夫人。 当時夫のスカルノ元大統領は、軍事クーデターの影響で大統領失脚を余儀なくされていました。 そのため、デヴィ夫人は日本で娘・カリナさんを出産しています。 生後6か月になった娘・カリナさんとンドネシアに向かうもクーデターが収まらずに入国できず、パリに亡命したデヴィ夫人と娘・カリナさん。 その3年後にスカルノ元大統領は亡くなってしまいます。 そのため、デヴィ夫人と娘・カリナさんはパリでの生活を続けました。 A post shared by dewisukarnoofficial on Jun 10, 2019 at 11:00pm PDT 娘・カリナさんが11歳の時、デヴィ夫人は単身インドネシアで暮らすことを決断。 その理由は、クーデターで新政府に奪われた宮殿や別荘を取り返したいという思いからでした。 娘・カリナさんには危険が及ぶことがないよう、パリに残すことにしたデヴィ夫人。 その後一人で渡米し、ボストンの大学へ進学しました。 その頃、デヴィ夫人はやっとインドネシア政府から財産を取り戻すことに成功! 親子で住むための新居をニューヨークに購入し、娘・カリナさんの大学卒業と同時に同居生活を始める予定でした。 ですが、娘・カリナさんは突然の失踪! 自分を見捨てたと誤解していた母・デヴィ夫人と一緒に暮らすことを拒否したのです。 2人の溝は深く、娘・カリナさんの結婚式にもデヴィ夫人は母としてではなく1人のゲストとして出席したほどだったそう。

次の