二 次 健康 診断 等 給付 請求 書。 労災二次健診とは

労災二次健診とは

二 次 健康 診断 等 給付 請求 書

『労災保険二次健康診断』 第1章 労災保険二次健康診断の概要• 二次健康保険診断とは? 私たちが病気やけがをしたときには、健康保険、国民健康保険等の社会保険により診療を受けられますが、このうち仕事が原因となって生じた負傷、疾病、障害、死亡 以下「業務災害」といいます。 及び通勤が原因となって生じた負傷、疾病、障害、死亡 以下「通勤災害」といいます。 については、労働者災害補償保険 以下「労災保険」といいます。 により必要な給付を受けられます。 労災保険では、業務災害や通勤災害を被った労働者やその遺族のために必要な保険給付を行うことを主たる目的としています。 平成13年4月1日より、労働安全衛生法 以下「安衛法」といいます。 に基づき事業主が行う健康診断において、労働者に脳血管疾患及び心臓疾患 以下「脳・心臓疾患」といいます。 の発症に関連する血圧、血糖値等に異常の所見があると診断されたときに、脳血管及び心臓の状態を把握するために必要な検査を行う二次健康診断及びその結果に基づいて脳・心臓疾患の予防のために行われる特定保健指導を、受診者の負担なく受けることができる二次健康診断等給付が始まりました。 二次健康診断等給付のしくみ• 二次健康診断等給付の概要 二次健康診断等給付は、安衛法第66条第1項または同条第5項ただし書の規定による健康診断のうち、直近のもの 以下「一次健康診断」といいます。 において、 脳・心臓疾患に関連する一定の項目について異常の所見があると診断された場合に、 労働者の請求に基づき、 二次健康診断等給付として二次健康診断及び特定保健指導を給付します。 給付の流れ 二次健康診断等給付は、労災病院又は都道府県労働局長が指定する病院もしくは診療所 以下「 健診給付医療機関」といいます。 において、 直接二次健康診断及び特定保健指導そのものを給付する、いわゆる 現物給付方式になります。 そのため、受診した労働者は、二次健康診断及び特定保健指導に要する費用を一時的に立替払いして負担する必要はありません。 二次健康診断等給付の対象• 対象者 二次健康診断等給付の対象者は、 一次健康診断において、脳・心臓疾患に関連する一定の項目について異常の所見があると診断された労働者となります。 ここでいう 労働者とは、 労働基準法第9条に規定する、「事業又は事務所に使用される者で、賃金を支払われる者。 」のことです。 このうち、安衛法で規定される定期健康診断等の対象者は「常時使用される労働者」を指します。 なお、 パートタイマー等の短時間労働者については、• 期間の定めのない労働契約により使用される者 期間の定めのある労働契約により使用される者であって、当該契約の更新により1年以上使用されることが予定されている者を含む。 であること。 1週間の労働時間数が当該事業所において同種の業務に従事する通常の労働者の1週間の所定労働時間数の4分の3以上であること。 のいずれの要件をも満たせば、健康診断を行うべき「常時使用する短時間労働者」となります。 一次健康診断 二次健康診断等給付における「一次健康診断」とは、安衛法第66条第1項の規定による健康診断または同法第5項ただし書の規定による健康診断のうち、「直近のもの」を指します。 したがって、安衛法第66項第1項に基づき省令で定める健康診断はすべて該当し、 定期健康診断 労働安全衛生規則 以下「安衛則」といいます。 第44条 のほかにも、 雇入時の健康診断 安衛則第43条 、 特定業務従事者の健康診断 安衛則第45条 、 海外派遣労働者の健康診断 安衛則第45条の2 も対象となります。 また、事業主が実施する定期健康診断を労働者が受診を希望せずに、内容などが定期健康診断に相当するような別の健康診断 人間ドックなど を代わりに受診し、その結果を事業主に提出した場合には、安衛法第66条第5項ただし書の規定により、実施した検査を一次健康診断として扱うことができます。 なお、安衛法に基づく定期健康診断の検査項目は以下のとおりとなっています。 1 既往歴及び業務歴の調査 2 自覚症状及び他覚症状の有無の検査 3 身長、体重、腹囲、視力及び聴力の検査 4 胸部エックス線検査及び喀痰検査 5 血圧の測定 6 貧血検査 7 肝機能検査 8 血中脂質検査 9 血糖検査 10 尿検査 11 心電図検査• 二次健康診断等給付の内容 二次健康診断等給付では、二次健康診断と特定保健指導が給付されますが、その内容は次のとおりです。 特定保健指導 1 栄養指導 2 運動指導 3 生活指導 第2章 二次健康診断を受けるには• 給付を受けることができる要件• 一次健康診断の結果、異常の所見が認められること 二次健康診断等給付は、一次健康診断において、 次のすべての検査項目において、 「異常の所見」があると診断された労働者が受けることができます。 1 血圧検査 2 血中脂質検査 3 血糖検査 4 腹囲の検査又はBMI 肥満度 の測定 なお、一次健康診断の担当医師により、 1 から 4 の検査項目において異常なしの所見と診断された場合であっても、安衛法第13条第1項に基づき事業所に選任されている 産業医 産業医が選任されていない事業場については、地域産業保健センターの医師等 等が診断を受けた労働者の就業環境等を総合的に勘案し、異常の所見が認められると診断した場合には、産業医等の意見を優先して、異常の所見があるとみなされます。 脳・心臓疾患の症状を有していないこと 一次健康診断またはその他の機会で、医師により脳・心臓疾患の症状を有すると診断された労働者は、二次健康診断等給付の対象とはなりません。 これは、二次健康診断等給付は脳・心臓疾患の発症前の予防を目的とした給付であるのに対して、脳・心臓疾患を発症している状態は、すでに療養が必要な状態にあると考えられるためです。 ただし、高血圧症、高脂血症、糖尿病等の疾患について現に治療を受けている場合、あるいは一次健康診断の結果で血圧、血中脂質、血糖、BMIの各検査項目について「要治療」の判定がなされている場合でも、 医師によって脳・心臓疾患の症状を有すると診断されていない場合には、二次健康診断等給付を受けることができます。 特別加入者でないこと 労災保険に特別加入している方 中小企業事業主、農業等の特定作業従事者等 については、安衛法の適用がなく、定期健康診断の適用対象となっていないため、二次健康診断等給付の対象とはされていません。 給付を受けることができる医療機関 二次健康診断等給付は、労災病院又は都道府県労働局長が指定する病院もしくは診療所である 「健診給付医療機関」で受けることができます。 給付を受けることができる回数 二次健康診断等給付は、1年度内 4月1日から翌年の3月31日までの間 に1回に限り受けることができます。 そのため、同一年度内に2回以上の定期健康診断を実施している事業場において、同一労働者について2回以上の健康診断結果が二次健康診断等給付の要件を満たしている場合であっても、その 年度内に受けられる二次健康診断等給付は1回となります。 なお、一次健康診断を受診した年度と二次健康診断等給付を受ける年度が異なる場合であっても、「給付を請求できる期間」内であれば、二次健康診断等給付を受けることができます。 給付を受けることができる期間• 給付を請求できる期間 二次健康診断等給付は、 一次健康診断の受診日から3ヶ月以内に請求しなければなりません。 そのため、 一次健康診断の受診日から3ヶ月を過ぎて請求した場合、二次健康診断等給付を受けることができません。 これは、二次健康診断等給付は、一次健康診断の結果、脳・心臓疾患を発症するおそれが高い者に支給されますので、一次健康診断の結果判明後、できる限り早期に給付される必要があるためです。 ただし、次のようなやむを得ない理由がある場合は除きます。 1 天災地変により請求を行うことができない場合。 2 一次健康診断を行った医療機関の都合等により、 一次健康診断の結果の通知が著しく遅れた場合。 給付を受けることができる期間 二次健康診断等給付を受ける権利は、労働者が一次健康診断の結果を知ることができる日から2年で時効になります。 二次健康診断等の内容 二次健康診断等給付では、二次健康診断と特定保健指導が給付されます。 二次健康診断 二次健康診断は、脳血管及び心臓の状態を把握するために行われる必要な検査で、具体的には次の検査の全てをいいます。 空腹時血中脂質検査 空腹時に血液を採取し、食事による影響を排除した低比重リポ蛋白コレステロール LDLコレステロール 、高比重リポ蛋白コレステロール HDLコレステロール 及び血清トリグリセライド 中性脂肪 の量により血中脂質を測定する検査• 空腹時血糖値検査 空腹時に血液を採取し、食事による影響を排除した血中グルコースの量 血糖値 を測定する検査• 負荷心電図検査または胸部超音波検査 心エコ-検査 のいずれか一方の検査 ・負荷心電図検査 階段を上り下りしたり、ベルトコンベアの上を歩くなどの運動により心臓に負荷を加えた状態で、心電図を計測する検査 ・胸部超音波検査 超音波探触子を胸壁に当て、脳に入る動脈の状態を調べる検査• 頸部超音波検査 頸部エコー検査 超音波探触子を頸部に当て、脳に入る動脈の状態を調べる検査• 特定保健指導 特定保健指導は、二次健康診断の結果に基づき、脳・心臓疾患の発症の予防を図るため、医師又は保健師の面接により行われる保健指導です。 具体的には、次の指導の全てを行います。 なお、特定保健指導は、二次健康診断の結果、脳・心臓疾患の症状を有していると診断された場合は実施されません。 1 栄養指導 適切なカロリーの摂取等食生活上の指針を示す指導 2 運動指導 必要な運動の指針を示す指導 3 生活指導 飲酒、喫煙、睡眠等の生活習慣に関する指導• 給付請求の方法 二次健康診断等給付を受けようとする労働者は、に必要事項を記入し、一次健康診断の結果を証明できる書類を添付して、健診給付医療機関を経由して、 労働者が所属する事業場を所轄する都道府県労働局長 事業場が2以上の都道府県労働局の管轄区域にまたがる場合には、その事業の主たる事務所を所轄する都道府県労働局長 に提出します。 請求に必要な書類 二次健康診断等給付の請求の際には、次の書類が必要となります。 給付請求書に記載する事項は次のとおりです。 1 労働者の氏名、生年月日及び住所 2 事業の名称及び事業場の所在地 3 一次健康診断の受診年月日 4 一次健康診断の結果 5 二次健康診断等給付を受ける健診給付医療機関の名称及び所在地 6 二次健康診断等給付の請求年月日• 添付書類 給付請求書には、 一次健康診断において、二次健康診断等給付の支給要件となる検査のいずれの項目にも異常の所見があると診断されたことを証明できる書類を添付しなければなりません。 この書類は、一次健康診断の結果票の写しなどを指したもので、様式は任意となっています。 なお、 これらの書類については、給付請求書に記載された一次健康診断の受診年月日及び添付書類が一次健康診断に係るものであることについて、給付請求書の事業主証明欄に事業主の証明を受けることが必要となります。 二次健康診断等の結果 二次健康診断等給付の 受診結果は、受診した健診給付医療機関から「二次健康診断等の受診結果」 受診者用 により受診者にお知らせします。 また、併せて事業主提出用の受診結果についても渡されますので、受診者は、これを事業主に提出することとなります。 事業主の責務• 医師からの意見聴取 労働者災害補償保険法第27条、同施行規則第18条の18 二次健康診断を受けた労働者から、二次健康診断を受けた日から3ヶ月以内に二次健康診断の結果を証明する書面の提出を受けた事業者は、安衛法第66条の 4 及び安衛則第51条の2第2項の規定により、提出から2ヶ月以内に、労働者の健康を保持するために必要な措置について、医師の意見を聴かなければなりません。 また、聴取した医師の意見は健康診断個人票に記載しなければなりません。 健康診断実施後の措置 事業者は、前記 1 による医師からの意見を勘案し、その必要があると認めるときは、安衛法第66条の5の規定により、当該労働者の実情を考慮して、就業場所の変更、作業の転換、労働時間の短縮、深夜業の回数の減少等、就業上の措置を講じなければなりません。 二次健康診断の受診に要した時間についての賃金の支払 健康診断の受診に要した時間についての賃金の支払いについては、「いわゆる一般健康診断は、一般的な健康の確保を図ることを目的として事業者にその実施義務を課したものであり、 業務遂行との関連において行われるべきものではないので、その受診のために要した時間については、当然に事業者の負担すべきものではなく労使協議して定めるべきものであるが、労働者の健康確保は、事業の円滑な運営の不可欠な条件であることを考えると、その受診に要した時間の賃金を事業者が支払うことが望ましい」 昭和47年9月18日付け基発第602号 とされています。 二次健康診断を勤務時間中に受診せざるを得ない場合も同様に、その受診に要した時間に係る賃金の支払いについては、当然には労働者の負担すべきものではなく労使協議して定めるべきものではありますが、脳・心臓疾患の発症のおそれのある労働者の健康確保は、事業の円滑な運営の不可欠な条件であることを考えると、その受診に要した時間の賃金を事業主が支払うことが望ましいものです。 メリット制における二次健康診断等給付の取扱い 二次健康診断等給付に要した費用の額は、メリット収支率の算定の基礎となる保険給付の額及び保険料の額には含まれません。 二次健康診断指定医療機関名簿について 問合せ先 労働基準部労災補償課医療係 電話 052-855-2148.

次の

二次健康診断等給付について

二 次 健康 診断 等 給付 請求 書

労働安全衛生法に基づく定期健康診断等のうち、直近のもの(以下「一次健康診断」といいます。 )において、脳・心臓疾患に関連する一定の項目に異常の所見がある場合に、二次健康診断等給付が受けられます。 1給付の要件 1 一次健康診断の結果、異常の所見が認められること 一次健康診断の結果、 次のすべての検査項目について、「異常の所見」があると診断されたときは二次健康診断等給付を受けることができます。 2 脳・心臓疾患の症状を有していないこと 一次健康診断またはその他の機会で、医師により脳・心臓疾患の症状を有すると診断された場合、二次健康診断を受けることはできません。 3 労災保険の特別加入者でないこと 特別加入者の健康診断の受診は、自主性に任せれていることから、特別加入者は、二次健康診断等給付の対象とはなりません。 2給付の内容 二次健康診断等給付では、二次健康診断と特定保健指導があります。 1 二次健康診断 二次健康診断は、脳血管と心臓の状態を把握するために必要な検査で、具体的には、次の検査を行います。 2 特定保健指導 特定保健指導は、二次健康診断の結果に基づき、脳・心臓疾患の予防を図るため、医師または保健師の面接により行われる保健指導です。 具体的には、次の指導を行います。 3二次健康診断等給付の流れ 労災病院及び愛媛労働局長が指定する病院・診療所(以下「健診給付病院等」といいます。 )において、直接、二次健康診断および特定保健指導を無料で受診できます。 4請求の手続き 二次健康診断等給付を受けようとする方は、「二次健康診断等給付請求書」 様式第16号の10の2 に必要事項を記入し、一次健康診断の結果を証明することができる書類 一次健康診断の結果の写しなど を添付して、健診給付病院等を経由して、所轄の都道府県労働局長に提出してください。 5請求に当たっての注意事項 1 請求期間 二次健康診断等の給付は、一次健康診断の受診日から3か月以内に行ってください。 ただし、次のようなやむを得ない事情がある場合は、3か月を過ぎてからの請求も認められます。 そのため、同一年度内に2回以上の定期健康診断等を受診し、いずれの場合も二次健康診断等給付の要件を満たしていた場合でも、二次健康診断等給付はその年度内に1回しか受けることができません。 3 二次健康診断等給付を受けることができる医療機関 二次健康診断等給付は、検診給付病院等でのみ受けることができます。 6請求をする方のお問い合わせ先 請求書の記載方法、支給要件、給付内容等、一般的な制度についてのお問い合わせはこちらになります。 給付の詳細については各給付パンフレットをご覧ください。

次の

労災保険二次健康診断給付について

二 次 健康 診断 等 給付 請求 書

1 一次健康診断の結果、異常の所見が認められること 一次健康診断の結果、次のすべての検査項目について、「異常の所見」があると診断されたときは二次健康診断等給付を受けることができます。 (1)血圧検査 (2)血中脂質検査 (3)血糖検査 (4)腹囲の検査またはBMI(肥満度)の測定 なお、一次健康診断の担当医師により、(1)から(4)の検査項目において「異常なし」と診断された場合であっても、労働安全衛生法に基づき事業場に選任されている産業医等が、就業環境等を総合的に勘案し、異常の所見を認めた場合には、産業医等の意見を優先します。 2 脳・心臓疾患の症状を有していないこと 一次健康診断またはその他の機会で、医師により脳・心臓疾患の症状を有すると診断された場合、二次健康診断等給付を受けることはできません。 3 労災保険の特別加入者でないこと 特別加入者の健康診断の受診は自主性に任されていることから、特別加入者は二次健康診断等給付の対象とはなりません。 二次健康診断等給付では、二次健康診断と特定保健指導があります。 1 二次健康診断 二次健康診断は、脳血管と心臓の状態を把握するために必要な検査で、具体的には、次の検査を行います。 2 特定保健指導 特定保健指導は、二次健康診断の結果に基づき、脳・心臓疾患の発症の予防を図るため、医師または保健師の面接により行われる保健指導です。 具体的には、次の指導を行います。 (1)栄養指導 (2)運動指導 (3)生活指導 なお、二次健康診断の結果、脳・心臓疾患の症状を有していると診断された場合は、特定保健指導は、実施されません。 請求手続等について詳しくは 二次健診等給付が受けられる医療機関の名称や所在地等が確認できます。 (労災保険二次健診等給付医療機関の担当者の皆様へ) 掲載しております情報は、都道府県労働局に対する届出内容に基づいていますので、名称や所在地等に変更がありましたら、管轄の労働局までご連絡願います。 【労災保険二次健診等給付医療機関リスト(PDFファイルへリンク)】 労災保険二次健診等給付医療機関の情報は、 令和元年8月30日時点の届出内容に基づくものです。 具体的な医療機関の情報については、各労災保険二次健診等給付医療機関にお問い合わせください。 労災保険二次健診等給付医療機関の指定申請や給付の請求手続等につきましては、お近くの都道府県労働局にお問い合わせください。

次の