電器店大阪。 でんでんタウン

アトム電器チェーン

電器店大阪

日本 [ ] 歴史 [ ] (東京)や(大阪)のを発祥とする電器店やオーディオ店が大型化し、チェーン展開していったのが始まりである。 以降はや周辺に拠点を置くカメラ販売の量販店が「カメラ店」の枠を超え生活家電をはじめAV機器、パソコン、携帯電話などの販売も手がけるようになった。 以降は電気街に代わってカメラ系の大型量販店が相次いでに店舗を構える一方、では多数のを併設した店舗網を持つが規模を拡大していった。 業態 [ ] 量販店ではから一度にまとまった数で仕入れる事で安い卸値で仕入れ、これを大量販売するという形の薄利多売を主な販売戦略とする。 このため前に仕入れた商品を売り切らない事には別カテゴリー(例としてはとなど)に属する商品でも商品保管スペースの関係から仕入れ難い傾向も見られ、とにかく短期間の内に売り切ろうとする傾向が極めて強い。 チェーンストアの特性を生かし、店舗間で商品を融通する場合もある。 ある商品について在庫の多い店舗から在庫の少ない店舗に移動して、各店舗の在庫量を平準化するわけである。 これは衣料品などのチェーンストアにも見られる。 店の規模にもよるが、店員は担当部門を限定した複数のグループに分けられることが多い。 白物家電販売(、、、暖房器具など)• 小物家電販売(調理家電、、や、といった消耗品など)• ・関連機器販売• 販売(商品によってはAV機器あるいはパソコン関連と一緒になっている場合あり)• ・(パソコン用ソフト、AVソフト、)・ホビー商品(など)販売 上位グループの売上高 [ ] 大型量販店同士の低価格販売競争が常態化しているため、利益を出すためには家電メーカーから少しでも安く仕入れるとともに、大量販売をコミットすることによるメーカーからのの獲得が必要となる。 メーカーに対する価格交渉力の強化と大量販売の実現のため、必然的に大規模化・グループ化が進むことになる。 業界トップのは、店舗の大型化を進めるとともに業況の悪化した地域量販店を積極的に買収するなどして家電小売業界で初めて連結売上高1兆円、さらに2兆円を達成した。 このような規模を背景に、メーカーに対して非常に強い価格交渉力を発揮している。 他のグループもをつけるため買収や統合によって規模を拡大しなければ、激しい価格競争の業界で生き残ることは至難となっている。 業界首位となった企業でも、大型店舗の出店競争に出遅れた各社は、まで首位だったが倒産、まで首位だったがヤマダ電機のに、まで首位だったがの連結子会社になるなど、業界内での浮き沈みは激しい。 主要な家電量販店の連結決算によると、売上高順位は下記の通りである。 主にの主要駅前に大規模店舗を出店し、1店舗あたりの売上高が大きい 6,791億円 (2018年3月期) 主に郊外に出店している 5,019億円 (2018年3月期) 主に関東地方・東海地方・甲信地方を地盤に出店 3,917億円 (2018年3月期) 主に関西地方を地盤とする 特徴 [ ]• 基本的には、幅広い分野の家電製品を展示・販売している(小規模店ではパソコン関連や大型液晶・プラズマテレビなど一部高額商品などは取り寄せ、あるいは倉庫やメーカーなどからの直送になる場合が多い)。 競合他社との販売競争のため、他店と比較して一円でも安い売値を客に提示する。 また客から値引きを要求されることも多く、価格に関して客との交渉を伴う。 特に白物家電、大型TV・オーディオ機器。 倉庫スペースを少しでも空けるため、小型家電などは店頭にて積み売りする。 型遅れの古い商品をいつまでも展示せず、早めに売り切ってしまう(「処分品」「展示品(現品)限り」などとして、値引き販売することが多い。 小物商品ではの処分品のように、とする場合もある)。 量販店においては、「による還元」と称するリピーターの囲い込み手法がよく行われている。 他にも会社と提携したの発行、店舗内にの出店、その他各種サービス契約の勧誘を通じて、それらサービスを提供する会社から得られるによって収益をカバーする戦略が採られている。 また、パソコンの初期設定などの有償のサービスで利益を確保することも多く行われている。 他の量販店ではサービスを簡素化することで人件費を浮かしていることとは対照的である。 主な家電量販店 [ ] 現存する家電量販店 [ ] 旧・日本電気大型店協会会員系(地域電器店) [ ] エイデン本店(改装前)(移転のため2013年5月27日閉鎖) に参加していた、1970年頃より家電量販店を展開していた企業。 地域別に出店していた。 (持株会社であったが、2010年10月1日にエディオンEAST・エディオンWESTを吸収合併し、事業会社となった。 2012年10月1日までに100満ボルト以外の4つのブランドをエディオンに変更・統一した )• (事業会社。 エイデンが石丸電気、東京エディオンと合併後社名変更。 2010年10月1日エディオンに吸収合併された)• (東京・秋葉原の発祥)• エディオン(旧・の店舗。 店舗名は2009年11月から石丸電気に変更)• (事業会社。 デオデオがミドリ電化と合併後社名変更。 2010年10月1日エディオンに吸収合併された)• (2011年9月からエディオンのフランチャイズ)• (関東近隣の「ケーズデンキ」を手掛ける事業持株会社)• (店舗名はケーズデンキ)• (店舗名はケーズデンキ)• (店舗名はケーズデンキ)• (旧・八千代ムセン電機)• (店舗名はケーズデンキ)• (2008年10月からビックカメラの適用会社、2012年12月からヤマダ電機の子会社)• (2007年6月からヤマダ電機の子会社)• (大阪・日本橋の発祥)• 郊外電器店系 [ ] 前にあるヨドバシカメラ・マルチメディアAkiba 元来は社名のとおりや、など用品の販売からスタートしたが1990年代以降はAV機器やパソコンを主体とした家電製品の割合が高くなっている。 かつてカメラが高級かつすぐには買い換えられないという、家電以上に耐久消費財としての特徴を持っていたことから、早い時期から交通至便なターミナル駅前に集中的に出店し、テレビCMとの相乗効果で店舗への集客力を高め、大量に売りさばく戦略()を得意としていた。 1980年代以降、そのノウハウを活かして家電販売に進出していった。 こうした経緯から店舗数は少ないが、大都市の主要駅前に広い商圏を持つ超大型店舗を構えており、坪単価の売上高は郊外電器店系家電量販店を遙かにしのぐ。 日本電気大型店協会には不参加。 電気街・パソコン店系 [ ] 秋葉原や日本橋などの電器卸売・小売店を発祥とする企業と、同地のパソコン販売店を発祥とする企業に大別される。 後者は現在でもパソコン販売専業としている場合が多い。 電気街の狭い立地を補うため高層の店舗()を複数展開すること多い。 長年電気街という閉鎖的な環境での慣れ合いの経営が続いたうえ、狭い立地の高層店舗ゆえコストの問題から、1990年代以降の郊外系・カメラ系大型量販店との価格競争に敗れ、相対的に電気街の競争力は低下していった。 日本電気大型店協会に参加していた店も多い。 (2009年8月から中国同業の傘下となり、外国人観光客向けの業態に重きを置いている)• (2006年2月からビックカメラ子会社)• (東京・秋葉原の発祥、2009年3月からヤマダ電機子会社)• (秋葉原・名古屋に店舗を持つ免税店業態の家電量販店)• かつてあった家電量販店 [ ] 旧・日本電気大型店協会会員系(地域電器店) [ ]• (を地盤としていた。 に倒産後、の地域子会社となり、2010年にゲオ本体に吸収され消滅)• (からまで業界1位。 2002年に倒産)• (に吸収合併)• 2月に解散)• (東北を地盤としていた。 の子会社を経て、2008年に全店舗を閉鎖)• (社長が社会的に注目され一世を風靡したが、社長の死後まもなく廃業)• (を起用したCMで知られた。 に倒産)• (大田区を中心に店舗を展開していた地場系量販店。 に事業停止し閉店)• (現在はなどに業態転換)• (照明器具・家具卸売企業として存続)• (の子会社で、内に店舗を展開していた。 2008年に全店舗が閉店)• (ダイエー系列のパソコン・家電販売店で、かつて東京・町田駅前などに大型店を出店していた。 旗艦店と位置づけられていた町田店では、後から同駅前に出店したヨドバシカメラに客を奪われる形で2000年2月に閉店)• (ファッション販売に業態転換)• (2009年2月に閉店後、元グループ会社のゼロエミッションが設立したムラウチ電気に運営を移管)• ムラウチ電気(上新電機のフランチャイズでムラウチジョーシンを、2009年4月から2017年2月まで運営) 郊外電器店系 [ ]• (旧・あさひ屋。 現在は総合スーパー・ディスカウントストア。 現在も小型家電は多くの店舗で取り扱っている)• (旧・平野電機。 現在はディスカウントストア業態。 引き続き家電の取り扱いも多く、液晶テレビなど家電のPB商品も販売している)• カメラ店系 [ ]• (3カメの一角として知られた。 経営不振で12月からベスト電器の出資を受け3月に完全子会社となり、2月に全店舗を閉店)• () 電気街・パソコン店系 [ ]• (秋葉原を地盤としていた。 に店舗を閉鎖した後も会社は存続していたが、に破産)• (に、とともにとして事業統合。 にの孫会社となり12月にヤマダ店舗に転換。 7月に事業停止。 2013年5月31日付けをもってヤマダ電機に合併され法人消滅となった)• (現・ユートピアキャピタル。 現在はに業態転換)• (秋葉原を地盤としていた。 家電不況に伴い非家電業態への多角化を図ったが失敗し、に倒産)• (大阪を地盤としていたパソコンショップ。 に対抗する戦略を多くとっていたが、パソコンショップ間の過当競争で経営が悪化し2001年に廃業)• (パソコンの廉価販売で急成長したが、パソコンショップ間の過当競争で売上が急減し、1996年に倒産)• (秋葉原を地盤とし、チョウチンアンコウのマークで知られた。 にラオックスの子会社となり、に吸収合併。 店舗も1月に消滅)• (7月に家電販売から撤退。 業態を絞り込んで存続を図るも6月廃業)• (1993年に廃業。 親会社は電器卸売として存続している)• (1999年にソフマップと提携しカクタソフマップとなる。 親会社は電器卸売として存続している)• (秋葉原を地盤としていた。 1982年にラオックスに吸収合併)• (に店舗を閉鎖。 創業一族のグループ企業は多数存続)• (「激安」の謳い文句で知られた。 2000年に民事再生法を適用した後、一部店舗のみ営業を継続したが、2007年3月を最後に家電販売から撤退。 現在はアマチュア無線専門店のみ存続)• (大阪を地盤としていた。 2003年に倒産)• (一部店舗をデンコードーに譲渡し 家電販売から撤退。 リユース・リサイクル事業に業態転換)• (旧・カスミ家電。 家電部門を業務・資本提携したケーズデンキに譲渡し、携帯電話、ソフト部門に特化)• (2004年10月、ピーシーデポコーポレーションと資本業務提携。 同年12月、OAシステムプラザ既存店舗全店を「PC DEPOT」として改装した)• (かつては全国にパソコンショップを展開していたが、2003年以降は秋葉原の1店舗のみとなり、2010年に廃業)• (名古屋矢場町を地盤とし、郊外に家電量販店を展開したが、FCとしてマツヤデンキ傘下入り) 業界団体 [ ] 家電量販店のとして、に設立された (NEBA)があったが、業界再編で加盟社が減少し、2005年8月末で解散している。 2007年時点では家電量販店の業界団体は存在せず、主要各社の対抗心が強い業界体質からかなど他の系団体に加盟している企業も存在しない。 ただし電機メーカーや業界団体、電器店のなどが加入するがあり、ここにはヤマダ電機、エディオン、コジマ、ヨドバシカメラ、ビックカメラ、ケーズデンキなど主要家電量販店が加盟していたが、現在ヤマダ電機などは脱退した模様。 中国 [ ] では家電量販店は白物家電やAV機器などを取り扱うが、電池やCD-Rといった小さな消耗品は取り扱わない。 そのため、メーカーが展示法など手を入れないとすぐに悪くなっていくという。 損益計算書を見てもメーカーから多くの販売促進費や場所代などを徴収しており、その額は主業の販売業務による利益に匹敵する時期もあった。 商品は、通常はメーカー希望小売価格をそのまま提示する。 代表企業は、など。 アメリカ合衆国 [ ] では、2007年、は事業撤退し、2008年、は破綻。 2015年、は破綻で、全国に店舗網を持つのは最大手のだけとなる。 脚注 [ ] []• エディオン 2012年9月29日. 2013年5月28日閲覧。 現在はデンコードーからケーズホールディングスへ運営移管されている。 家電店として現在も存続しているのは、に所在するケーズデンキ星川店のみ。 肖宇生「家電メーカーも振り回される、中国量販店のチャネル戦争」『ITプラス』付配信• 2015年2月6日. 2015年2月8日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

でんでんタウン

電器店大阪

概要 [ ] 「(にっぽんばし)」や「ポンバシ」とされることも多い。 日本橋は日本橋1~2丁目と浪速区日本橋3~5丁目に分かれている。 電気街はおおむね浪速区側、北はから南は名呉橋跡の付近までの(日本橋筋)周辺に展開しており、最寄り駅は中央区日本橋に位置するやではなく、地下鉄で一駅南のやとなる。 メインストリートとなる堺筋には大型量販店等が軒を並べ、歩道には防犯カメラが設置されたアーケードが整備されている。 が、が、が(厳密には)へ相次いで出店したことや、やの経営破綻、が日本橋の既存店舗を電気製品以外のホビー商品メインの店舗に切り替えたことなどもあって、家電量販店の数は徐々に減少し、堺筋にも、飲食店等他業種の出店が徐々に増加している。 家電以外に、電材や各種部品・工具等を扱う店舗もあり、電気街だけではない多岐に渡る趣味嗜好の専門店街を形成している。 堺筋の西側にも多くの店舗があり、特に通称「 オタロード」と呼ばれる界隈が近年活況を呈している。 正式名称は「日本橋筋西通商店街」だが、この呼称は地元でもほとんど使われない。 その他、近接する「」「日本橋商店会」と呼ばれる一帯には小規模な中古家電店や道具屋・古着屋などが密集しており、昔ながらの日本橋の雰囲気を醸し出している。 (平成17年)からは、もしくは近日の日曜日に「」が開催されている。 年に一日限りという条件ではあるが、従来からの日本橋電気街の中心だった堺筋を約700メートルにわたって午後から夕方までの数時間歩行者天国として開放し、同時にパレードなどのイベントを行っている。 (平成22年)は主催者発表によれば20万人以上の来街者が集まった。 歴史 [ ] 前史 [ ] 往古は名呉(なご)の浜などと呼ばれただった。 大坂市街が形成されて行く初期に、日本橋から名呉橋まで南北に長い町域となったこともあって、名呉町(なごまち。 名護町とも表記)から長町(ながまち)に転訛したとされる。 当初は北から順に長町茂助町・長町清助町・長町尾張坂町・長町谷町・長町毛皮屋町・長町喜左衛門町・長町甚左衛門町・長町新助町と続き、南端が単に長町という町名だったが、年間までに長町1~9丁目となった。 (4年)に長町1~5丁目が日本橋1~5丁目に改称され、長町は6~9丁目だけとなった。 このときの日本橋と長町の境界は現在の中央区と浪速区の境界におおむね一致する。 市街縁辺部の街道筋に伸びる長町にはやが立ち並んだ。 都市流入人口の一時的な滞留地に加えて、の滞留地の性格も次第に帯びるようになり、長町の東西に隣接する・・の各一部にあたる長町裏に大坂最大のが形成されるに至った。 の「」には長町裏の住民が花見に出かける様子が描かれている。 (30年)の大阪市第1次市域拡張の際に、難波村の全域と天王寺村・今宮村のそれぞれ(現・)以北が大阪市へ編入された。 翌(明治31年)の宿屋取締規則によって大阪市域における木賃宿の営業が禁止され、(明治36年)の第5回開催(現・・の一帯が会場となった)に先だって長町裏スラムは一掃された。 なお、大阪市域を逃れて木賃宿と長町裏スラムが移住した先が、市境の南に隣接する()である。 博覧会終了後はや古物を扱う店が軒を連ねたが、期に入ると徐々にへと変わって行き、と並ぶ古書店街として知られるようになった。 電気街の始まり [ ] 後、自作の向け等のパーツや工具等を扱う店がこの界隈に現れたことが、電気街としてのこの街の始まりである。 その後、、、等のが発売されるにつれ、徐々に家電小売業への転換が進み、力をつけた電気店のいくつかは大型化・多店舗展開を行い、日本橋以外の郊外にも進出していく。 その後も、昭和40~50年代のブームや、等のいわゆるの登場等、その時代時代に求められていた商品とともに、近畿一円に求心力を持つ「電気の街」「趣味の街」として成長した。 値段の安さはもちろん、店員とのふれあい、値段交渉の駆け引き、掘り出し物を探す楽しさなどがあった。 なお、値引き交渉などの慣習は現在でも一部で残っている。 家電量販店の苦悩 [ ] 崩壊後、景気が減速してくると情勢が変わり、電気店には以前に増して「安売り」が求められるようになった。 かつては日本橋に来なければ手に入らなかった品物も、日本橋に本店を持つ量販店自らが出店した郊外の店舗で手に入るようになる。 主力の商品も、パソコン等利益率の少ない商品に変わり、に巨大化した大型量販店は当時の投資が重荷となり、次第に体力を削っていく。 「オタロード」の誕生 [ ] オタロード北端、なんさん通りから望む 店舗の集積は日本橋筋商店街から北西へ広がり、南海難波駅前から日本橋筋につながる「」を含むようになり、さらにメインストリートの西側にあった片側一車線の「日本橋筋西通商店街」の両サイドにもマニア・向けのパーツショップ、、、やなどの店が多数進出するようになる。 当初は地元資本の店が多かったが、後に東京資本の「」「」「」「」「」「」なども進出。 なお、これら東京本社の企業の店舗では、当該店舗の支店名について内のと区別するため、「日本橋店」ではなく「なんば店」と称しているところも多い。 難波中2丁目のうちの東側(旧 河原町)に所在する店舗が店と称するのは間違いではない。 東京資本以外では「」(本社:、但しでんでんタウンの店舗は地元企業によるフランチャイズ)、「」(本社:)などが出店している。 インターネット上で自然発生的に「(でんでんタウンの)オタク通り」と称されるようになり 、転じて現在では「オタロード」の名称が定着した。 なお、名称の起源についてはからであるとする説もある。 その後などが多数進出している。 こちらは化されていない地元資本の出店が多いが、(平成23年)に、東京資本の「」が出店している。 また、これらは堺筋周辺にも多く出店している(こちらも(元年)6月に東京資本の「」が進出)。 週末を中心に多くの来街者が訪れ、路上への・駐輪、沿道の店舗によるはみ出し陳列、メイド喫茶等の客引きや配布によって道路が違法に占有され、通行車両・歩行者共々が通行しにくい状況となっている。 路上駐車の中には、いわゆる「」も多く見られる。 また、風紀の乱れも問題視されている。 なお、店舗とは無関係ななどの違法商品・脱法商品を販売するも少なからず見られる。 変化を繰り返す店舗 [ ] 流行した業種に店舗が集中する歴史を繰り返しており、古くは家電量販店が、ある時期はショップやの販売店、そして最近では販売店やと、その時代によって特定業種が立て続けに出店する傾向を繰り返してきた。 その結果、暫くすると同質的な競争に陥り、ブームが去ると次々と閉店し、跡地にはまた別業種の店舗が乱立するといった街の変化が繰り返されている。 失われつつある「電気街」 [ ] 大阪市内では(平成13年)、に(なんば店)が、同じ年に(前)に()が進出したことに加え、大阪近郊でもロードサイドの大型家電量販店(・など)が進出していった。 これにより、日本橋に来る人の流れが堰止められてしまったとの見方が強い。 の玄関口である南海難波駅に近接しながら、繁華街の中心となるや地下鉄・とは反対方向に位置しており、堺筋が日本橋3南交差点以北において北行きの一方通行であるなど車でのアクセスに難があることもあり、一般的な家電を求める客足は次第に梅田・千日前方面に遠のいていった。 この為、主に近畿資本の家電量販店やパソコンショップ等、当地に複数店舗を展開していた企業では店舗の整理統合が進み、数を減らしていく。 (平成15年)にが、続いて(平成17年)にはが相次いで経営破綻。 中川無線電機(中川ムセン)も雑貨中心の量販店に業態転換したが、最終的に日本橋からは撤退した。 は未だ当地に複数の店舗を展開するも、店舗数は最盛期の半分程度に減少し、現存する店舗もその多くを家電製品以外の各種専門店(おもちゃ、CD・DVD等)に業態転換している。 家電に次いで日本橋の顔となっていたパソコン販売店も(平成17年)にが廃業、(平成18年)にはが撤退、も日本橋地区の店舗を集約。 また、前述のニノミヤは(平成19年)に日本橋本店を閉鎖し、法人も解散した。 マツヤデンキは(平成15年)に経営破綻したあと、日本橋から一時期撤退し、その後小規模な携帯電話専門店で再進出したがこちらも(平成21年)には撤退している。 この時期、でんでんタウン協栄会では年2回であった一斉セールを一時月1回に増やすなど巻き返しを狙った。 (平成18年)には、でんでんタウンの近くにある南側にの都市型大型店舗の第一号店である『 LABI1 なんば』が、(元年)には、南海難波駅近くの旧の跡地になんば本店がそれぞれオープンした。 これらの出店により、日本橋電気街から半径数百メートルの範囲内で、大型家電量販店であるLABI1なんば、ビックカメラなんば店、エディオンなんば本店、以前からある上新電機、その他の中小家電量販店が競合している。 (平成25年)には、「来た・見た・買うた(末期は「買った」へと変更)の喜多商店」のキャッチコピーで知られていた老舗家電店であるが予告なく閉店した。 現在 [ ] 街のにぎわいは難波駅に近いなんさん通りやオタロード周辺にシフトする傾向が強くなっている。 一方、かつて隆盛を誇っていた恵美須町駅周辺(日本橋5丁目)は衰退が目立つ。 特に、ここ数年の間に大型家電量販店の多くが閉店し、その退店跡にはと言ったや・などのホビー関連の商品を扱う専門店や・衣装・等の販売店舗の入居が増えている。 後継テナントが確保できなかった大型物件については、その多くが売却・解体され、跡地にが建設されるケースもの直前までは目立った。 関西資本の大型家電量販店が中心となった以前の「電気街」としての様相は失われつつあるが、中小規模の家電店舗は少なからず生き残っており、電気街としての性格は現在でも保たれてはいる。 またオーディオ関連の商品を扱う専門店、アナログレコード専門店も近辺で数店営業しており、こちらは以前からの固定客も多い。 近年目立つ現象としては、家電販売店の中に免税店として海外からの旅行客向けに商品を強化する店舗が増えており、海外とりわけや等の及びを中心とした団体観光客が立ち寄る姿が多く見られている。 また、なんさん通り周辺などにおいて、いわゆるオタク向けの中小規模店舗が増えている。 日本橋プロジェクト [ ] (平成21年)から、『 日本橋プロジェクト』と銘打ち、日本橋を活性化する一環として実施され、でんでんタウンをはじめとした日本橋地区の地域振興企画が行われており、がデザイン・作画を担当した 『 音々 ねおん ちゃん』 声 - をに据えている。 また、音々ちゃんの妹『 光 ひかり ちゃん』 声 -。 それに因んだ、キャラクターグッズ等が展開され、堺筋沿いに設置されている案内所では、パンフレットの配布と、担当の案内放送やアニメのプロモーション映像もある。 因みに、 セミの イルカ工房の手により『 音々(ねおん)ちゃん』の着ぐるみ(人型メルヘン系マスクプレイ型)が製作され、 日本橋ストリートフェスタをはじめ各種イベントで活動している。 (平成22年)以降目立った活動は行われていなかった時期があったが、(平成30年)3月現在は再び活動の場を増やしている。 日本橋ストリートフェスタ [ ] 詳細は「」を参照 毎年(もしくは近隣の日曜日)に堺筋を中心に開催されるイベントで、日本橋3南交差点 - 恵美須入路交差点間において堺筋がになり、様々なステージイベントやをした撮られたがりの参加者やそれをローアングルから撮りたがるカメラマン、周辺のメイドカフェのメイド達のパレードが繰り広げられる。 付近の(とりわけ跡の大阪難波)ではが集結し、さながら展示会の様相を呈する。 なお(平成23年)は()の影響により、(令和2年)はの感染拡大の影響により、それぞれ中止となった。 ラジオでんでんタウン [ ]• でんでんタウン協栄会が提供するの番組(毎週月曜19時05分~19時20分、内)。 パーソナリティは現在。 毎年、当番組の女性パーソナリティをタレント公開オーディションにて決定しており、期間中は日本橋総合案内所でもオーディションへの投票が出来る。 平成25年12月30日に放送終了。 女性パーソナリティオーディション [ ] パーソナリティ でんでんリポーター 公開オーディション参加メンバー 初代((平成18年)) 2代目((平成19年)) 3代目((平成20年)) 、、、、森はるか、 4代目((平成21年)) 安藤輝子、、、、、 5代目((平成22年)) 、、小塚麻央、、篠山あかり、 6代目((平成23年)) 中村葵 、、、中村葵、藤村椿、 アクセス [ ] 鉄道 でんでんタウンの内部に出入口を持つ駅は地下鉄堺筋線 恵美須町駅のみであり、他の駅からは徒歩である程度の時間を要する。 通称が「日本橋」であるが、「日本橋駅」は最寄ではない。 なお、地下鉄恵美須町駅ホームの駅名標には「日本橋筋」という愛称が括弧付きで付けられている。 :Osaka Metro・• :南海電気鉄道• :Osaka Metro・堺筋線• : 道路• ギャラリー [ ]• 日本橋西1丁目、池田ビル2号館 (本社。 大阪日本橋店・大阪日本橋店・大阪店が入居。 かつてはPC X-TOWN・フェイス大阪日本橋店が入居していた。 ) 脚注 [ ] []• ITmedia (平成18年)、等。 Nippon-bashi Shop Headline 2013年8月20日. 2015年2月6日閲覧。 日本橋ストリートフェスタ実行委員会 2011年3月14日閲覧。 日本橋ストリートフェスタ実行委員会• ラジオでんでんタウン 2013年12月30日. 2018年1月11日閲覧。 関連項目 [ ]• (東京)• (名古屋)• (大阪)• (京都)• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。

次の

大阪府の「電器店」に関するお店・施設

電器店大阪

日本 [ ] 歴史 [ ] (東京)や(大阪)のを発祥とする電器店やオーディオ店が大型化し、チェーン展開していったのが始まりである。 以降はや周辺に拠点を置くカメラ販売の量販店が「カメラ店」の枠を超え生活家電をはじめAV機器、パソコン、携帯電話などの販売も手がけるようになった。 以降は電気街に代わってカメラ系の大型量販店が相次いでに店舗を構える一方、では多数のを併設した店舗網を持つが規模を拡大していった。 業態 [ ] 量販店ではから一度にまとまった数で仕入れる事で安い卸値で仕入れ、これを大量販売するという形の薄利多売を主な販売戦略とする。 このため前に仕入れた商品を売り切らない事には別カテゴリー(例としてはとなど)に属する商品でも商品保管スペースの関係から仕入れ難い傾向も見られ、とにかく短期間の内に売り切ろうとする傾向が極めて強い。 チェーンストアの特性を生かし、店舗間で商品を融通する場合もある。 ある商品について在庫の多い店舗から在庫の少ない店舗に移動して、各店舗の在庫量を平準化するわけである。 これは衣料品などのチェーンストアにも見られる。 店の規模にもよるが、店員は担当部門を限定した複数のグループに分けられることが多い。 白物家電販売(、、、暖房器具など)• 小物家電販売(調理家電、、や、といった消耗品など)• ・関連機器販売• 販売(商品によってはAV機器あるいはパソコン関連と一緒になっている場合あり)• ・(パソコン用ソフト、AVソフト、)・ホビー商品(など)販売 上位グループの売上高 [ ] 大型量販店同士の低価格販売競争が常態化しているため、利益を出すためには家電メーカーから少しでも安く仕入れるとともに、大量販売をコミットすることによるメーカーからのの獲得が必要となる。 メーカーに対する価格交渉力の強化と大量販売の実現のため、必然的に大規模化・グループ化が進むことになる。 業界トップのは、店舗の大型化を進めるとともに業況の悪化した地域量販店を積極的に買収するなどして家電小売業界で初めて連結売上高1兆円、さらに2兆円を達成した。 このような規模を背景に、メーカーに対して非常に強い価格交渉力を発揮している。 他のグループもをつけるため買収や統合によって規模を拡大しなければ、激しい価格競争の業界で生き残ることは至難となっている。 業界首位となった企業でも、大型店舗の出店競争に出遅れた各社は、まで首位だったが倒産、まで首位だったがヤマダ電機のに、まで首位だったがの連結子会社になるなど、業界内での浮き沈みは激しい。 主要な家電量販店の連結決算によると、売上高順位は下記の通りである。 主にの主要駅前に大規模店舗を出店し、1店舗あたりの売上高が大きい 6,791億円 (2018年3月期) 主に郊外に出店している 5,019億円 (2018年3月期) 主に関東地方・東海地方・甲信地方を地盤に出店 3,917億円 (2018年3月期) 主に関西地方を地盤とする 特徴 [ ]• 基本的には、幅広い分野の家電製品を展示・販売している(小規模店ではパソコン関連や大型液晶・プラズマテレビなど一部高額商品などは取り寄せ、あるいは倉庫やメーカーなどからの直送になる場合が多い)。 競合他社との販売競争のため、他店と比較して一円でも安い売値を客に提示する。 また客から値引きを要求されることも多く、価格に関して客との交渉を伴う。 特に白物家電、大型TV・オーディオ機器。 倉庫スペースを少しでも空けるため、小型家電などは店頭にて積み売りする。 型遅れの古い商品をいつまでも展示せず、早めに売り切ってしまう(「処分品」「展示品(現品)限り」などとして、値引き販売することが多い。 小物商品ではの処分品のように、とする場合もある)。 量販店においては、「による還元」と称するリピーターの囲い込み手法がよく行われている。 他にも会社と提携したの発行、店舗内にの出店、その他各種サービス契約の勧誘を通じて、それらサービスを提供する会社から得られるによって収益をカバーする戦略が採られている。 また、パソコンの初期設定などの有償のサービスで利益を確保することも多く行われている。 他の量販店ではサービスを簡素化することで人件費を浮かしていることとは対照的である。 主な家電量販店 [ ] 現存する家電量販店 [ ] 旧・日本電気大型店協会会員系(地域電器店) [ ] エイデン本店(改装前)(移転のため2013年5月27日閉鎖) に参加していた、1970年頃より家電量販店を展開していた企業。 地域別に出店していた。 (持株会社であったが、2010年10月1日にエディオンEAST・エディオンWESTを吸収合併し、事業会社となった。 2012年10月1日までに100満ボルト以外の4つのブランドをエディオンに変更・統一した )• (事業会社。 エイデンが石丸電気、東京エディオンと合併後社名変更。 2010年10月1日エディオンに吸収合併された)• (東京・秋葉原の発祥)• エディオン(旧・の店舗。 店舗名は2009年11月から石丸電気に変更)• (事業会社。 デオデオがミドリ電化と合併後社名変更。 2010年10月1日エディオンに吸収合併された)• (2011年9月からエディオンのフランチャイズ)• (関東近隣の「ケーズデンキ」を手掛ける事業持株会社)• (店舗名はケーズデンキ)• (店舗名はケーズデンキ)• (店舗名はケーズデンキ)• (旧・八千代ムセン電機)• (店舗名はケーズデンキ)• (2008年10月からビックカメラの適用会社、2012年12月からヤマダ電機の子会社)• (2007年6月からヤマダ電機の子会社)• (大阪・日本橋の発祥)• 郊外電器店系 [ ] 前にあるヨドバシカメラ・マルチメディアAkiba 元来は社名のとおりや、など用品の販売からスタートしたが1990年代以降はAV機器やパソコンを主体とした家電製品の割合が高くなっている。 かつてカメラが高級かつすぐには買い換えられないという、家電以上に耐久消費財としての特徴を持っていたことから、早い時期から交通至便なターミナル駅前に集中的に出店し、テレビCMとの相乗効果で店舗への集客力を高め、大量に売りさばく戦略()を得意としていた。 1980年代以降、そのノウハウを活かして家電販売に進出していった。 こうした経緯から店舗数は少ないが、大都市の主要駅前に広い商圏を持つ超大型店舗を構えており、坪単価の売上高は郊外電器店系家電量販店を遙かにしのぐ。 日本電気大型店協会には不参加。 電気街・パソコン店系 [ ] 秋葉原や日本橋などの電器卸売・小売店を発祥とする企業と、同地のパソコン販売店を発祥とする企業に大別される。 後者は現在でもパソコン販売専業としている場合が多い。 電気街の狭い立地を補うため高層の店舗()を複数展開すること多い。 長年電気街という閉鎖的な環境での慣れ合いの経営が続いたうえ、狭い立地の高層店舗ゆえコストの問題から、1990年代以降の郊外系・カメラ系大型量販店との価格競争に敗れ、相対的に電気街の競争力は低下していった。 日本電気大型店協会に参加していた店も多い。 (2009年8月から中国同業の傘下となり、外国人観光客向けの業態に重きを置いている)• (2006年2月からビックカメラ子会社)• (東京・秋葉原の発祥、2009年3月からヤマダ電機子会社)• (秋葉原・名古屋に店舗を持つ免税店業態の家電量販店)• かつてあった家電量販店 [ ] 旧・日本電気大型店協会会員系(地域電器店) [ ]• (を地盤としていた。 に倒産後、の地域子会社となり、2010年にゲオ本体に吸収され消滅)• (からまで業界1位。 2002年に倒産)• (に吸収合併)• 2月に解散)• (東北を地盤としていた。 の子会社を経て、2008年に全店舗を閉鎖)• (社長が社会的に注目され一世を風靡したが、社長の死後まもなく廃業)• (を起用したCMで知られた。 に倒産)• (大田区を中心に店舗を展開していた地場系量販店。 に事業停止し閉店)• (現在はなどに業態転換)• (照明器具・家具卸売企業として存続)• (の子会社で、内に店舗を展開していた。 2008年に全店舗が閉店)• (ダイエー系列のパソコン・家電販売店で、かつて東京・町田駅前などに大型店を出店していた。 旗艦店と位置づけられていた町田店では、後から同駅前に出店したヨドバシカメラに客を奪われる形で2000年2月に閉店)• (ファッション販売に業態転換)• (2009年2月に閉店後、元グループ会社のゼロエミッションが設立したムラウチ電気に運営を移管)• ムラウチ電気(上新電機のフランチャイズでムラウチジョーシンを、2009年4月から2017年2月まで運営) 郊外電器店系 [ ]• (旧・あさひ屋。 現在は総合スーパー・ディスカウントストア。 現在も小型家電は多くの店舗で取り扱っている)• (旧・平野電機。 現在はディスカウントストア業態。 引き続き家電の取り扱いも多く、液晶テレビなど家電のPB商品も販売している)• カメラ店系 [ ]• (3カメの一角として知られた。 経営不振で12月からベスト電器の出資を受け3月に完全子会社となり、2月に全店舗を閉店)• () 電気街・パソコン店系 [ ]• (秋葉原を地盤としていた。 に店舗を閉鎖した後も会社は存続していたが、に破産)• (に、とともにとして事業統合。 にの孫会社となり12月にヤマダ店舗に転換。 7月に事業停止。 2013年5月31日付けをもってヤマダ電機に合併され法人消滅となった)• (現・ユートピアキャピタル。 現在はに業態転換)• (秋葉原を地盤としていた。 家電不況に伴い非家電業態への多角化を図ったが失敗し、に倒産)• (大阪を地盤としていたパソコンショップ。 に対抗する戦略を多くとっていたが、パソコンショップ間の過当競争で経営が悪化し2001年に廃業)• (パソコンの廉価販売で急成長したが、パソコンショップ間の過当競争で売上が急減し、1996年に倒産)• (秋葉原を地盤とし、チョウチンアンコウのマークで知られた。 にラオックスの子会社となり、に吸収合併。 店舗も1月に消滅)• (7月に家電販売から撤退。 業態を絞り込んで存続を図るも6月廃業)• (1993年に廃業。 親会社は電器卸売として存続している)• (1999年にソフマップと提携しカクタソフマップとなる。 親会社は電器卸売として存続している)• (秋葉原を地盤としていた。 1982年にラオックスに吸収合併)• (に店舗を閉鎖。 創業一族のグループ企業は多数存続)• (「激安」の謳い文句で知られた。 2000年に民事再生法を適用した後、一部店舗のみ営業を継続したが、2007年3月を最後に家電販売から撤退。 現在はアマチュア無線専門店のみ存続)• (大阪を地盤としていた。 2003年に倒産)• (一部店舗をデンコードーに譲渡し 家電販売から撤退。 リユース・リサイクル事業に業態転換)• (旧・カスミ家電。 家電部門を業務・資本提携したケーズデンキに譲渡し、携帯電話、ソフト部門に特化)• (2004年10月、ピーシーデポコーポレーションと資本業務提携。 同年12月、OAシステムプラザ既存店舗全店を「PC DEPOT」として改装した)• (かつては全国にパソコンショップを展開していたが、2003年以降は秋葉原の1店舗のみとなり、2010年に廃業)• (名古屋矢場町を地盤とし、郊外に家電量販店を展開したが、FCとしてマツヤデンキ傘下入り) 業界団体 [ ] 家電量販店のとして、に設立された (NEBA)があったが、業界再編で加盟社が減少し、2005年8月末で解散している。 2007年時点では家電量販店の業界団体は存在せず、主要各社の対抗心が強い業界体質からかなど他の系団体に加盟している企業も存在しない。 ただし電機メーカーや業界団体、電器店のなどが加入するがあり、ここにはヤマダ電機、エディオン、コジマ、ヨドバシカメラ、ビックカメラ、ケーズデンキなど主要家電量販店が加盟していたが、現在ヤマダ電機などは脱退した模様。 中国 [ ] では家電量販店は白物家電やAV機器などを取り扱うが、電池やCD-Rといった小さな消耗品は取り扱わない。 そのため、メーカーが展示法など手を入れないとすぐに悪くなっていくという。 損益計算書を見てもメーカーから多くの販売促進費や場所代などを徴収しており、その額は主業の販売業務による利益に匹敵する時期もあった。 商品は、通常はメーカー希望小売価格をそのまま提示する。 代表企業は、など。 アメリカ合衆国 [ ] では、2007年、は事業撤退し、2008年、は破綻。 2015年、は破綻で、全国に店舗網を持つのは最大手のだけとなる。 脚注 [ ] []• エディオン 2012年9月29日. 2013年5月28日閲覧。 現在はデンコードーからケーズホールディングスへ運営移管されている。 家電店として現在も存続しているのは、に所在するケーズデンキ星川店のみ。 肖宇生「家電メーカーも振り回される、中国量販店のチャネル戦争」『ITプラス』付配信• 2015年2月6日. 2015年2月8日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の