フィアット 500 故障。 フィアット500(fiat500)はそんなに故障するのか?

高値安定が続いたフィアット 500ツインエア、ついに「100万円台前半」が常識に!:旬ネタ|日刊カーセンサー

フィアット 500 故障

愛車の相場を早めに調べて得をしよう! あなたは愛車の買取相場額を知っていますか?調べてみるとビックリするほど高く売れることが分かって新しい車へ乗り換えることができるかもしれません。 フィアットクライスラージャパンから新型フィアット500Sが台数限定で登場しました! Sと付く通りスポーツモデルでトランスミッションは 5速マニュアルを搭載と、マニュアル好きには文句のないモデルとなっています。 マイナーチェンジ後はフィアット500のみの設定、しかもトランスミッションはシングルクラッチのセミオートマで故障が多いことでも知られるデュアロジックのみでしたので、Sの導入は嬉しい限りですね。 そんなイタリア発の名車!フィアット500Sについてまとめていきます! スポンサーリンク フィアット500Sの5MTの最新情報まとめ! スポーティーなインテリア内装 ポップで明るいフィアット500のインテリアですがSモデルではインパネパネルがサテングレー仕上げとなりスポーティーな印象を強めています。 また5速マニュアルを操るシフトノブは床からのフロアシフトではなくて、 インパネシフトで楽しさ倍増することは間違いなしです! こちらの画像では左ハンドル、そしてエアコンもオートエアコンとなっていますが、今回日本に導入されるモデルは右ハンドルでマニュアルエアコンのみとなっています。 シートカラーはブラックをベースに差し色としてブルーorホワイトの設定がありますが、こちらはボディーカラーに応じて決まっているので選択することはできません。 可愛らしい雰囲気はほとんど無くて、大人の男性が好きそうな配色となっています。 エクステリア・外装 マイナーチェンジをしたフィアット500Sですが、リアのテールランプが真ん中がボディとなっているドーナツ形に変わったぐらいで見た目はそれほど大きな変化はありません。 S専用のパーツとしては以下にまとめました。 フロント、リアバンパー• リアルーフスポイラー• 500S専用デザインアロイホイール 動画は本国仕様の500Sとなっています。 ホイールベース:2300mm• 車両重量:1010kg• 乗車定員:4名 狭い畳道路が多いイタリアのコンパクトカーということで、車の大きさは輸入車としてはかなり小さめです。 fiat-auto. エンジン・パワートレイン フィアット500といえば世界的に見ても珍しい直列2気筒のターボエンジン!ツインエアーとしてお馴染みですね。 2気筒だからこそのポコポコというエンジン音や車体への振動がマニアにとってはたまらない代物です。 エンジン:直列2気筒 8バルブ マルチエア インタークーラー付ターボ• 2LのNAエンジンもありますが、日本導入のSモデルは2気筒ターボのみです。 燃費は26. 価格は2,343,600円 全国メーカー希望小売価格は 2,343,600円(税抜価格2,170,000円)となっています。 ただのスポーツグレードではなくて台数限定の特別車としての登場なので、各種エアロパーツも標準装備されていることから、ほとんどオプションパーツは必要ないことを考えると非常にお値打ちな価格です。 240万から高くても280万程度で買うことができます。 マニュアルなので故障知らず!? フィアット500のトランスミッションである、シングルクラッチの自動変速機 「デュアロジック」は故障率が高いことで有名ですが、マニュアルシフトであればこの心配はありません。 デュアロジック車だとオイル管理、定期的なキャリブレーション(校正)などが必要ですからね。。。 ライバル車種 同じようなコンパクトハッチバックのMT車というとルノー、プジョーなどのフランス車が挙げられます!国産でいうとや日産のマーチ、ノート(NISMOモデル)などがありますね。 200万弱で買えるスポーツカー+輸入車! フィアット500Sは240万円程度で購入することができるスポーツタイプの輸入車です。 国産のコンパクトハッチバックと比較してしまうと高いですが、 イタリア車をマニュアルシフトで操れて200万弱と考えると非常にお買い得と言えるでしょう(笑) 今回の500Sは台数が150台の限定となっているので、新車で購入したい人は早めにディーラーへ訪れチェックしてみて下さい!.

次の

フィアット500 オーバーヒート修理

フィアット 500 故障

嫁さんのが1年点検の時期になったとディーラーから連絡がありましたので、早速点検に行ってきました。 フィアット500Xは1年間でどこが故障したのか? 結論から言えば、体制に影響がある故障はありませんでした。 助手席のドアミラーが開閉できない• 運転席のドアミラーから異音 なぜか左右のドアミラーが1年間で新品に無償交換されるという程度です。 助手席のドアミラーの故障は納車直後に、運転席のドアミラーは数ヶ月前からドアの開閉時にドアミラー自体が振動しているような音がします。 なので、今回の1年点検では運転席のドアミラーの異音を伝えて、後日ドアミラー無償交換ということで解決です。 イタリア車ということで結構ドキドキして購入した覚えがありますが、これぐらいなら国産車と同じ程度なので安心です。 フィアット500Xはイージーケアに加入済なので点検料金は無料 嫁さんのフィアット500Xは購入時にイージーケアに加入していますので、1年点検に必要な費用は既に支払い済み。 合わせて、オイル交換やエレメント交換代も含まれていますので、実質的には無料で1年点検は終了です。 タイヤも大きな摩耗もなく、キッチリローテーションも行ってくれて無料ですからお得感高いです。 ただし、このまますんなりは返してもらえず、ちゃっかりシャシーの下回りのコーティングを勧めらられたので、合わせてお願いしてしまいました。 なので、1年点検代金は無料ですがコーティング代金が17000円請求されました。 点検の様子を動画で報告 1年点検が終了すると点検結果を動画で送ってくれます。 これは車に詳しくない人にも分かりやすく、また安心してもらえるということでは良いサービスだと思います。 こんな感じで車の下回りも動画にて説明&目視で確認できるのでこういうサービスを全国のディーラーで行ってもらえると差別化にもなると思います。 まあ、動画と言っても編集などしていないので、メカニックさんが説明しながら撮影している感は丸出しです。 たった2分程度の動画ですが、非常に有益なサービスだと思いました。 こういうサービスを行うとも減るのではないでしょうか? 最後はお互いのコミュニケーションですからね。 本当は動画自体をUPしようと思いましたが、私の名前や車のナンバープレートが写っているので写真でご勘弁ください。

次の

フィアット500ツインエアの故障はどうなのか?

フィアット 500 故障

ガラガラと異音が発生したり 焼付いたりといった不具合は 経年劣化で避けることは出来ず、 修理するとなると 20万コースは覚悟の 高額修理となってしまいます! どうして高額修理になるかというと コンプレッサーだけの交換だけでは 非常に高い確率ですぐに 不具合が再発してしまいます。 その理由はエキスパンションバルブや リキッドタンクなど構成部品の部分で 「詰まり」が発生することで 異常高圧になってコンプレッサーが 壊れていることが非常に多いため この根本原因を取り除かなければ コンプレッサーだけ交換しても すぐに不具合がでてしまいます。 発電による発熱を繰り返すので 経年劣化による不具合・トラブルが 避けられない高額部品・・・ ヤケドするぐらいキンキンになります! バッテリーがあがってしまい ウンともスンとも言わなくなって 立ち往生に見舞われるリスクある このオルタネーターが故障して 部品交換するとなると 安価な社外品で交換しても 10万コースは覚悟の修理代が 降りかかってきてしまいます! フィアット500Xの ・エアコンコンプレッサー ・オルタネーター(発電機) は、故障すると高くつくというのは 覚えておいて損はないと思います。 FIAT500X 車検の注意点 フィアット500Xで注意したい 故障が避けられない高額部品・・・ ・エアコンコンプレッサー ・オルタネーター(発電機) これら部品の故障・不具合は 年式的な問題で不可避なため フィアット500Xで注意したい 高額修理になる故障部品ですが、 困ったことに いつ壊れるかわかりません。 あなたがフィアット500Xを 今回の車検に通すか、 それとも乗換えるのがいいか 悩んでいるというなら、 このような故障リスクが あることも覚えておいて 損はないでしょう! あなたがフィアット500Xを 車検に通した直後であっても エアコンやオルタネーターが 急に壊れる可能性がないとは 言い切れません・・・。 事実、整備工場さんから問い合わせが来る際に 「このあいだ車検通したばかりのお客さんだから 安い社外品を探してあげてよ~!」 って話がけっこうあるんですよね。。。 それは・・・ あなたのクルマは価値がある! ということ。 あなたは自分のフィアット500Xに どれぐらいの買取金額がつくか 査定のイメージがわきますか? いま愛車にどれぐらいの 価値があるのか、 買取相場はいくらなのか といったことを把握してなければ 大きな損をする可能性があります。 自分もクルマを乗換える時に 衝撃の出来事がありました。 6MTのスポーツ車、 アコードユーロRを 11年乗って12万3000㎞。 結構距離を走っていても 「ユーロRなんだから10万や 15万くらいの値はつくだろ」 と思っていたんです。 で、お目当ての中古車を 見に行ったついでに、 販売店に下取り金額を 聞いてみると・・・ 10年超えてるので値がつきません という、衝撃の一言。 さらに追い打ちで、 リサイクル料金分の値引き 1~2万程度はしますよ~ なんてことを言われ・・・。 さすがにこれじゃ 乗換えするにも予算不足と思い、 インターネットの無料一括査定で 12万㎞オーバーの愛車にどれだけの 価値があるか調べてみたんです。 こんな経験が実際にあったので あなたも愛車の価値は知っておいて 損はないはず! 大切に乗ってきたフィアット500Xを 今回の車検に通すにしても、 車検を通さず他のクルマへ 乗換えをするにも、 まずはネットの一括査定で 「今、いくらの値がつくか」 ということを知っておけば、 きっとあなたの 選択肢が広がるはず。

次の