キッチン 用 アルコール 除 菌 スプレー。 アルコールスプレーの人気おすすめランキング15選【作り方も】

カビキラー アルコール除菌 キッチン用|よくあるご質問|台ふきん、まな板の除菌ができるアルコール除菌スプレー|ジョンソン株式会社

キッチン 用 アルコール 除 菌 スプレー

【使用できないもの】• 銅・鉄製品 、白木や桐の家具、漆器、ワックス・ニス・ペンキの塗装部、アクリル製・スチロール製のプラスチック、食品 【応急処置】• 目に入った場合:流水で十分に洗い流す。 飲んだ場合:大量の水を飲ませる。 万一、身体に異常が起きた場合は、本品を持参し、医師に相談する。 【使用上の注意】• 用途以外に使用しない。 飲まない。 人体や食品に使用しない。 換気をよくして使用する。 アルコールに弱い人、アレルギー症状やかぶれを起こしやすい人は液に触れたり、吸い込まない。 この容器に他の液を入れて使用しない。 他の容器に移して使用しない。 引火の恐れがあるので火気の付近で使用しない。 塗装面・印刷面等の変色、色落ち、シミの心配があるものは目立たない所で試してから使う。 床や家具にかかった場合は、すぐに拭き取る。 【保管する際の注意】• 子供やペットの触れる所に置かない。 直射日光を避け、高温や火気の近くに置かない。 よくあるご質問.

次の

キッチン用アルコール除菌スプレーの使い道

キッチン 用 アルコール 除 菌 スプレー

テレビで便利と聞いて、とりあえずフマキラーのキッチン用アルコール除菌スプレーを購入しました。 扉の取っ手やリモコンの手垢がスルスルきれいにとれて感動。 あちこち拭き回り、掃除用に常備しようと決めました。 ただ、コンパクトな一人暮らしのため、400mlを使い切るのに時間がかかりそうです。 小分けにしてあちこちに置き、なるべく多目的に使いたいと考えたのですが。 1 トイレの「流せるシート」を廃止してアルコールスプレーを吹き付けたトイレットペーパーで便器を拭く。 2 アルコールOKなアトマイザーに入れて外出時の手指消毒に使う。 以上2点の用途は、キッチン用のアルコールでも足りるのでしょうか。 次回は消毒用エタノールIPにすべきか一番コストのかからないフマキラーをリピートすべきか悩んでます まだ先の話ですが。 また消毒用エタノールは使用期限があると聞きました。 それで、アルコールは早め早めに使い切らなければいけないのか?と焦ったのですが、現在使用しているキッチン用アルコールには使用期限は記載されてません。 これは何年もかけてのんびり使用してても大丈夫ということなのでしょうか? Q 手軽な「洗剤」として消毒用エタノールを便利に使っております。 砂糖や塩に使用期限がないことは知られていますが、消毒用エタノールも、少なくとも未開封であれば使用期限はないと思っていました。 ところが、手元にある品物をよく見ると「使用期限 2009年12月」の文字が。 この品物は1年ほど前に買ったと思いますので、恐らく使用期限を製造後4年に設定しているものと思われます。 質問ですが、 1. 消毒用エタノールは経年劣化するものなのか?無水エタノールならどうか? 2. 経年劣化すると何が変わるのか? です。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー 飲食店で働いている者です。 うちの店でもアルコールスプレーを使用していますが、マニュアルを見てみますと、口にしても害は無いと書いてあります。 ただ、アルコールの殺菌としてお皿やまな板など、スプレーする物は洗ってからよく拭いてください。 よく拭かないと殺菌の意味が無いようです。 使用方法としては、お皿やタッパーなどはスプレーをしてから直ぐに食べ物を入れてもぜんぜん大丈夫です。 拭いたり乾くのを待つ事はしなくても平気です。 注意点として、ステンレスなどはいくらかけても構いませんが、木材やワックスのかかっている物にはかけないでください。 ワックスなどは剥がれ落ちてしまい、白くなってしまったり変色することがあります。 また、プラスチックもかけすぎたり、長い間 何回もかけると 使用していると変形することもあります。 なのでなるべくプラスチック製品のタッパーなどに スプレーをするときは近距離ではなく遠くからスプレーして下さい。 そうすれば比較的変形は防げると思います。 参考にしてみてください。 Q アルコール系の消毒液は色々種類があってややこしいです。 調べて大体分かったのですが、どうしても2種類だけよく分からない物が残りました。 amazon. 違っていたらご指摘頂けますと幸いです 価格は家の近くだと500ml 700円以下くらいです。 amazon. 薬局では無く、業務用スーパーにありました。 後者の方は500ml、500円以下で売っていたため、食品添加物というとグレードが高い気がするのですが、たまたま私の家の近くの店で値段が逆転しているだけでしょうか。 ような事があるのでしょうか。 前者は説明を見ると、第三種医薬品となっており、後者は見た限りそういった表記は無かったと思いますが、店で見ただけなので単に見落としかもしれません。 どちらでも良いのなら安い方を使いたいのですが、どちらが適しているのでしょうか。 台所などでは、食品にはかからないようにしていますが、前者はもしかかったらまずいですよね。 そのあたりも少し気になりました。 買ったときは薬局の薬剤師の人に、台所とか水回りの消毒と、目的を言っているのでまったく駄目な物を勧められている事は無いと思いますが。 教えて頂けますと幸いです。 アルコール系の消毒液は色々種類があってややこしいです。 調べて大体分かったのですが、どうしても2種類だけよく分からない物が残りました。 amazon. 違っていたらご指摘頂けますと幸いです 価格は家の近くだと500ml 700円以下くらいです。 さらに価格... A ベストアンサー 酒税を免れるための添加物の違いですね。 前者のイソプロパノールはアルコールの一種で、 エタノールと同様(それ以上)に消毒作用があります。 毒性はエタノールよりやや強いですが、 大差はありません。 (メタノールのような毒は無い) ただ、食品添加物ではありませんので、 飲食店や食品工場などでは使いにくいです。 (商品に残留すると、法的に問題となる。 ) この製品は、基本的にアルコールと水なので、 乾燥した後には(ほとんど?)何も残りません。 (これが利点となります。 ) 一方の後者には、乳酸(とその塩)が配合されています。 (類似商品でクエン酸などが使われているものもあります。 ) 添加されているのは食品添加物ですので、 飲食店などでも使いやすいです。 また、エタノールの消毒作用は酸性で強くなるとされていますが、 このような製品は、乳酸などの緩衝作用(pHが変化しにくい)で、 水周りでも安定した消毒作用が得られます。 (水分を含むものに使っても酸性を保つ。 ) ただし、揮発成分ではありませんので、 使用後(乾いた後)に多少の酸が残ります。 ですから、機器などに使うと錆の原因になることがあり得ます。 私だったら、 室内の家具や機器などには、イソプロパノールを使った前者、 台所などの水周りには、酸を使った後者を使います。 参考までに、 スーパーなどで売られているスプレーには、 エタノール59%のようなものがあります。 エタノールは60%以上の濃度では、消防法上の危険物扱いとなるため、 工場や問屋などでの保管に制限が生じ、流通コストが上がります。 低濃度のものは、このコストが下がりますので、 多少安くなっています。 (ただし、消毒効果は下がります。 ) 酒税を免れるための添加物の違いですね。 前者のイソプロパノールはアルコールの一種で、 エタノールと同様(それ以上)に消毒作用があります。 毒性はエタノールよりやや強いですが、 大差はありません。 (メタノールのような毒は無い) ただ、食品添加物ではありませんので、 飲食店や食品工場などでは使いにくいです。 (商品に残留すると、法的に問題となる。 ) この製品は、基本的にアルコールと水なので、 乾燥した後には(ほとんど?)何も残りません。 (これが利点となります。 ) 一方の後者には、乳... A ベストアンサー ご自分でぜひどうぞ! そもそも、自分の家のメンテナンスは専門性の高いものとかいったものをのぞけば、昔は自分達でやっていたはずです。 法外な金額をとるなんじゃらコーティングはともかくとしてホームセンターで売っている樹脂ワックスととか水生ワックスなぞは、自分でやるのが普通です。 今の世の中は、家も家具を買うのと同じ感覚の人が多い(業界にも責任があると思うが・・・)ようにも感じますし、販売者(施工者)責任を楯に、自分で直せるものも一から十までいってくる人が本当におおくなったと思います。 素人は素人なりに自分の家は自分達で維持をするという気持ちをもって家族が生活すべきだと思います。 子供は親の背中を見て育つといいますし、お父さんの威厳もたもて、家がハッピーになるかと思いますが・・・。 A ベストアンサー 中傷だけで終わるのも何なので補足します。 Nagatosさんは、英米人なら絶対しないような間違いと、する間違いの区別ができてないようです。 質問者さんは、「Can you celebrate? 」はどっちですか?と聞いているみたいですが、それを理解されてないので、議論が平行線になってるみたいですね。 例えば日本の黒板消しの商品名で「Clean Elaser」というのがありました。 これは明らかに米英人はしない間違いです。 意味不明です(「きれいに消せる黒板消し」と言いたいのだろうが、「黒板消し自体がきれい」という意味にしか聞こえない)。 こんな間違いは英語の歌詞にもないでしょう。 結論を言うと、「Can you celebrate? 」は微妙なところだと思います。 「Clean Elaser」ほどひどくはないけど、英米人は言わないでしょう。 でも、歌詞になら使ってもおかしくはない・・かな??という感じです。 聞くひとも、意味はかろうじて推測できるかなという程度だと思います。 賢いひとなら、こんな詩は書かないでしょうね。 慣用だからとあきらめずに、正しい英語を使おうと努力する姿勢を評価したいですね。 中傷だけで終わるのも何なので補足します。 Nagatosさんは、英米人なら絶対しないような間違いと、する間違いの区別ができてないようです。 質問者さんは、「Can you celebrate? 」はどっちですか?と聞いているみたいですが、それを理解されてないので、議論が平行線になってるみたいですね。 例えば日本の黒板消しの商品名で「Clean Elaser」というのがありました。 これは明らかに米英人はしない間違いです。 意味不明です(「きれいに消せる黒板消し」と言いたいのだろうが、「黒板消し自体がきれい」という... A ベストアンサー 漂白剤について。 uyeさんやsacristainの仰るように希釈して捨てる方法が堅いかもしれません。 その時は大量の水、例えばお風呂の水を使ってとか、とにかく思いっきり薄めるの がいいでしょう。 濃度の目安としては、ラベルに使用量を書いてあると思いますので、それを参考に。 (通常使う濃度なら、まぁ放流しても良いだろうって見るって事です。 ) 通常、塩素系の場合は30倍くらい、固体で酸素系なら50倍くらいに薄めてれば 大丈夫と思われます。 あと、液体の場合は臭いが出ない程度薄めたものをバケツにいれ、銅線(無ければ 10円玉を10枚くらいとか)を放り込んで日向に2日ほども置いておけば、分解 してくれますので、その後ならそのまま排水してもokでしょう。 洗剤について。 beamさんの仰るように他に利用したら良いかと思います。 成分を見て、中性ならお風呂掃除等、素手で使うところに利用すれば良いでしょうし アルカリ性などでしたらトイレ掃除等素手でやらない場所に使えば良いでしょう。 (手アレ防止のため。 ) 気持が悪くないなら、洗剤は洗車(食器洗いでも)使えるでしょうし、漂白剤も食器 や便器の漂白には使えたりします。 漂白剤について。 uyeさんやsacristainの仰るように希釈して捨てる方法が堅いかもしれません。 その時は大量の水、例えばお風呂の水を使ってとか、とにかく思いっきり薄めるの がいいでしょう。 濃度の目安としては、ラベルに使用量を書いてあると思いますので、それを参考に。 (通常使う濃度なら、まぁ放流しても良いだろうって見るって事です。 ) 通常、塩素系の場合は30倍くらい、固体で酸素系なら50倍くらいに薄めてれば 大丈夫と思われます。 あと、液体の場合は臭いが出ない程度薄めたもの...

次の

アルコール除菌スプレーの効果とは?使い方と注意点、作り方まで解説

キッチン 用 アルコール 除 菌 スプレー

テレビで便利と聞いて、とりあえずフマキラーのキッチン用アルコール除菌スプレーを購入しました。 扉の取っ手やリモコンの手垢がスルスルきれいにとれて感動。 あちこち拭き回り、掃除用に常備しようと決めました。 ただ、コンパクトな一人暮らしのため、400mlを使い切るのに時間がかかりそうです。 小分けにしてあちこちに置き、なるべく多目的に使いたいと考えたのですが。 1 トイレの「流せるシート」を廃止してアルコールスプレーを吹き付けたトイレットペーパーで便器を拭く。 2 アルコールOKなアトマイザーに入れて外出時の手指消毒に使う。 以上2点の用途は、キッチン用のアルコールでも足りるのでしょうか。 次回は消毒用エタノールIPにすべきか一番コストのかからないフマキラーをリピートすべきか悩んでます まだ先の話ですが。 また消毒用エタノールは使用期限があると聞きました。 それで、アルコールは早め早めに使い切らなければいけないのか?と焦ったのですが、現在使用しているキッチン用アルコールには使用期限は記載されてません。 これは何年もかけてのんびり使用してても大丈夫ということなのでしょうか? Q 手軽な「洗剤」として消毒用エタノールを便利に使っております。 砂糖や塩に使用期限がないことは知られていますが、消毒用エタノールも、少なくとも未開封であれば使用期限はないと思っていました。 ところが、手元にある品物をよく見ると「使用期限 2009年12月」の文字が。 この品物は1年ほど前に買ったと思いますので、恐らく使用期限を製造後4年に設定しているものと思われます。 質問ですが、 1. 消毒用エタノールは経年劣化するものなのか?無水エタノールならどうか? 2. 経年劣化すると何が変わるのか? です。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー 飲食店で働いている者です。 うちの店でもアルコールスプレーを使用していますが、マニュアルを見てみますと、口にしても害は無いと書いてあります。 ただ、アルコールの殺菌としてお皿やまな板など、スプレーする物は洗ってからよく拭いてください。 よく拭かないと殺菌の意味が無いようです。 使用方法としては、お皿やタッパーなどはスプレーをしてから直ぐに食べ物を入れてもぜんぜん大丈夫です。 拭いたり乾くのを待つ事はしなくても平気です。 注意点として、ステンレスなどはいくらかけても構いませんが、木材やワックスのかかっている物にはかけないでください。 ワックスなどは剥がれ落ちてしまい、白くなってしまったり変色することがあります。 また、プラスチックもかけすぎたり、長い間 何回もかけると 使用していると変形することもあります。 なのでなるべくプラスチック製品のタッパーなどに スプレーをするときは近距離ではなく遠くからスプレーして下さい。 そうすれば比較的変形は防げると思います。 参考にしてみてください。 Q アルコール系の消毒液は色々種類があってややこしいです。 調べて大体分かったのですが、どうしても2種類だけよく分からない物が残りました。 amazon. 違っていたらご指摘頂けますと幸いです 価格は家の近くだと500ml 700円以下くらいです。 amazon. 薬局では無く、業務用スーパーにありました。 後者の方は500ml、500円以下で売っていたため、食品添加物というとグレードが高い気がするのですが、たまたま私の家の近くの店で値段が逆転しているだけでしょうか。 ような事があるのでしょうか。 前者は説明を見ると、第三種医薬品となっており、後者は見た限りそういった表記は無かったと思いますが、店で見ただけなので単に見落としかもしれません。 どちらでも良いのなら安い方を使いたいのですが、どちらが適しているのでしょうか。 台所などでは、食品にはかからないようにしていますが、前者はもしかかったらまずいですよね。 そのあたりも少し気になりました。 買ったときは薬局の薬剤師の人に、台所とか水回りの消毒と、目的を言っているのでまったく駄目な物を勧められている事は無いと思いますが。 教えて頂けますと幸いです。 アルコール系の消毒液は色々種類があってややこしいです。 調べて大体分かったのですが、どうしても2種類だけよく分からない物が残りました。 amazon. 違っていたらご指摘頂けますと幸いです 価格は家の近くだと500ml 700円以下くらいです。 さらに価格... A ベストアンサー 酒税を免れるための添加物の違いですね。 前者のイソプロパノールはアルコールの一種で、 エタノールと同様(それ以上)に消毒作用があります。 毒性はエタノールよりやや強いですが、 大差はありません。 (メタノールのような毒は無い) ただ、食品添加物ではありませんので、 飲食店や食品工場などでは使いにくいです。 (商品に残留すると、法的に問題となる。 ) この製品は、基本的にアルコールと水なので、 乾燥した後には(ほとんど?)何も残りません。 (これが利点となります。 ) 一方の後者には、乳酸(とその塩)が配合されています。 (類似商品でクエン酸などが使われているものもあります。 ) 添加されているのは食品添加物ですので、 飲食店などでも使いやすいです。 また、エタノールの消毒作用は酸性で強くなるとされていますが、 このような製品は、乳酸などの緩衝作用(pHが変化しにくい)で、 水周りでも安定した消毒作用が得られます。 (水分を含むものに使っても酸性を保つ。 ) ただし、揮発成分ではありませんので、 使用後(乾いた後)に多少の酸が残ります。 ですから、機器などに使うと錆の原因になることがあり得ます。 私だったら、 室内の家具や機器などには、イソプロパノールを使った前者、 台所などの水周りには、酸を使った後者を使います。 参考までに、 スーパーなどで売られているスプレーには、 エタノール59%のようなものがあります。 エタノールは60%以上の濃度では、消防法上の危険物扱いとなるため、 工場や問屋などでの保管に制限が生じ、流通コストが上がります。 低濃度のものは、このコストが下がりますので、 多少安くなっています。 (ただし、消毒効果は下がります。 ) 酒税を免れるための添加物の違いですね。 前者のイソプロパノールはアルコールの一種で、 エタノールと同様(それ以上)に消毒作用があります。 毒性はエタノールよりやや強いですが、 大差はありません。 (メタノールのような毒は無い) ただ、食品添加物ではありませんので、 飲食店や食品工場などでは使いにくいです。 (商品に残留すると、法的に問題となる。 ) この製品は、基本的にアルコールと水なので、 乾燥した後には(ほとんど?)何も残りません。 (これが利点となります。 ) 一方の後者には、乳... A ベストアンサー ご自分でぜひどうぞ! そもそも、自分の家のメンテナンスは専門性の高いものとかいったものをのぞけば、昔は自分達でやっていたはずです。 法外な金額をとるなんじゃらコーティングはともかくとしてホームセンターで売っている樹脂ワックスととか水生ワックスなぞは、自分でやるのが普通です。 今の世の中は、家も家具を買うのと同じ感覚の人が多い(業界にも責任があると思うが・・・)ようにも感じますし、販売者(施工者)責任を楯に、自分で直せるものも一から十までいってくる人が本当におおくなったと思います。 素人は素人なりに自分の家は自分達で維持をするという気持ちをもって家族が生活すべきだと思います。 子供は親の背中を見て育つといいますし、お父さんの威厳もたもて、家がハッピーになるかと思いますが・・・。 A ベストアンサー 中傷だけで終わるのも何なので補足します。 Nagatosさんは、英米人なら絶対しないような間違いと、する間違いの区別ができてないようです。 質問者さんは、「Can you celebrate? 」はどっちですか?と聞いているみたいですが、それを理解されてないので、議論が平行線になってるみたいですね。 例えば日本の黒板消しの商品名で「Clean Elaser」というのがありました。 これは明らかに米英人はしない間違いです。 意味不明です(「きれいに消せる黒板消し」と言いたいのだろうが、「黒板消し自体がきれい」という意味にしか聞こえない)。 こんな間違いは英語の歌詞にもないでしょう。 結論を言うと、「Can you celebrate? 」は微妙なところだと思います。 「Clean Elaser」ほどひどくはないけど、英米人は言わないでしょう。 でも、歌詞になら使ってもおかしくはない・・かな??という感じです。 聞くひとも、意味はかろうじて推測できるかなという程度だと思います。 賢いひとなら、こんな詩は書かないでしょうね。 慣用だからとあきらめずに、正しい英語を使おうと努力する姿勢を評価したいですね。 中傷だけで終わるのも何なので補足します。 Nagatosさんは、英米人なら絶対しないような間違いと、する間違いの区別ができてないようです。 質問者さんは、「Can you celebrate? 」はどっちですか?と聞いているみたいですが、それを理解されてないので、議論が平行線になってるみたいですね。 例えば日本の黒板消しの商品名で「Clean Elaser」というのがありました。 これは明らかに米英人はしない間違いです。 意味不明です(「きれいに消せる黒板消し」と言いたいのだろうが、「黒板消し自体がきれい」という... A ベストアンサー 漂白剤について。 uyeさんやsacristainの仰るように希釈して捨てる方法が堅いかもしれません。 その時は大量の水、例えばお風呂の水を使ってとか、とにかく思いっきり薄めるの がいいでしょう。 濃度の目安としては、ラベルに使用量を書いてあると思いますので、それを参考に。 (通常使う濃度なら、まぁ放流しても良いだろうって見るって事です。 ) 通常、塩素系の場合は30倍くらい、固体で酸素系なら50倍くらいに薄めてれば 大丈夫と思われます。 あと、液体の場合は臭いが出ない程度薄めたものをバケツにいれ、銅線(無ければ 10円玉を10枚くらいとか)を放り込んで日向に2日ほども置いておけば、分解 してくれますので、その後ならそのまま排水してもokでしょう。 洗剤について。 beamさんの仰るように他に利用したら良いかと思います。 成分を見て、中性ならお風呂掃除等、素手で使うところに利用すれば良いでしょうし アルカリ性などでしたらトイレ掃除等素手でやらない場所に使えば良いでしょう。 (手アレ防止のため。 ) 気持が悪くないなら、洗剤は洗車(食器洗いでも)使えるでしょうし、漂白剤も食器 や便器の漂白には使えたりします。 漂白剤について。 uyeさんやsacristainの仰るように希釈して捨てる方法が堅いかもしれません。 その時は大量の水、例えばお風呂の水を使ってとか、とにかく思いっきり薄めるの がいいでしょう。 濃度の目安としては、ラベルに使用量を書いてあると思いますので、それを参考に。 (通常使う濃度なら、まぁ放流しても良いだろうって見るって事です。 ) 通常、塩素系の場合は30倍くらい、固体で酸素系なら50倍くらいに薄めてれば 大丈夫と思われます。 あと、液体の場合は臭いが出ない程度薄めたもの...

次の