ゴリ くん。 ゴリくんライダー 木のおもちゃ杢・MOKU

夏のドライブ曲のおすすめ10選!【2019年版】懐メロも紹介!

ゴリ くん

この にはなが不足しています。 の提供に協力をお願いします。 存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的にあるいは有害となるものは すぐに除去する必要があります。 本名: 照屋 年之(てるや としゆき)。 173cm、73kg。 左利き。 卒業、映画学科中退。 略歴 [ ]• での1週間後に生まれた。 兄が二人いる。 3人兄弟の末っ子。 、とガレッジセールを結成。 同期はなどがいる。 当初は本名で活動していたが、事務所の1年先輩であるの番組をきっかけに芸名を「 ゴリ」にする。 『』などに出演し、持ちギャグである「エンジョイプレイ! 」がうけ、大ブレイク。 現在では冠番組を持つ。 私生活ではに結婚した。 翌年には子供が生まれ、さらに相方の川田広樹も結婚した。 、初の長編映画『』の監督・脚本を担当。 に出品された。 映画、ドラマなどと幅広く出演する個性派俳優でもある。 照屋年之名義で監督を務めた映画『洗骨』が2018年、全国公開され 、同年開催の第40回でアウト・オブ・コンペティション部門に出品された。 人物 [ ]• テレビではネタをほとんどやらないがネタ作りを担当している。 ソフトモヒカンがトレードマーク。 が得意であり、『』ではのとブレイクダンスで争った。 また、沖縄好きの岡村に沖縄のことをいろいろ情報提供する間柄でもある。 同キャラクターでCDデビューやモデル雑誌の表紙になるなどの人気になる。 は出身中学校の後輩。 また沖縄が舞台のドラマなどに多く出演しており、が強い。 が好物。 よく飲む銘柄は『黒霧島』()。 愛車は、初代。 2009年にを飼い始め、名前は「ラッセル」である。 現在は、に在住している。 家族・親戚 [ ]• 両親はダブルがきっかけで結ばれた。 現在二児の父。 モデルのは、再従姉妹(それぞれの父親が従兄弟同士)にあたる。 エピソード [ ]• の『』に出演した際に「人生の転機に影響を与えられた人」の中で芸能界入りのきっかけは、大学受験を目指し、上京して勉強していた時に当時同じ下宿に住んでいた羽村さん 現在NHK職員)に「将来何になりたくて勉強してんの?」と聞かれ、その時とっさに出てきた「俺、役者になりたい」の言葉からと答えている。 東京に出てしばらくは方言ネタを封印していたが近年はコンビネタとして、出身地や方言について公言するようになった。 たいてい「本土の人が分からないのをいいことに支離滅裂な発言を行う」のがパターン(例:ざんぬいゆ・よーがりー・ひーがりー=ジュゴンがガリガリに痩せています)。 映画『2 ススキノ大交差点』にニューハーフ役で出演した際、役作りのため腕毛をすべて脱毛した。 出演 [ ] バラエティ [ ] レギュラー• (2007年10月6日 - 、)• ベーシック国語(2013年4月16日 - 2017年2月28日、)• (2015年4月4日 - 2016年3月27日 、)• (2016年10月 - 2019年3月、) - 金曜MC ゲスト・準レギュラー [ ]• (・系)• (TBS、2009年11月28日 - )• (、2009年11月25日)• (、2009年10月13日・11月3日)• フジテレビ、2009年10月29日• (フジテレビ、2010年2月7日)• (フジテレビ、2010年5月18日、11月23日、2011年4月10日、10月9日、2012年4月8日、2013年1月6日 - 13日、2014年1月5日)• (、2010年9月2日) テレビドラマ [ ]• シリーズ(2001年・2003年・2004年・2007年、ほか) - 古波蔵恵尚 役• (2005年、・系) - 山崎一馬 役• (2007年、関西テレビ・フジテレビ系) - 山崎一馬 役• (2009年、TBS系)第1話(友情出演)• (2009年9月24日、TBS系) - 清水春夫 役• (2010年5月29日、フジテレビ) - 江戸刑事 役• (2011年、・系) - 藤井信吾 役• ドラマスペシャル・(2011年11月5日、系) - 本多保 役• (2012年、NHK) - 大野原ハジメ 役• (2012年12月23日) - 父 役• (2013年・2014年、テレビ朝日系) - 役• ・(2013年10月11日、フジテレビ系) - 稲福茂美 役• ・(2014年12月15日、TBS系) - 北原大八 役• (2015年、日本テレビ系) - モッチー 役• (2018年、読売テレビ) - 主演・ 天童太郎 役(、とトリプル主演) ドキュメンタリー [ ]• 第103・115・119回 2012年8月13日・2013年1月1日・2月11日、 - 進行 ラジオ [ ] メインパーソナリティ• シゲゴリの土曜日(2012年4月 - 2015年3月、) ゲスト出演• (2019年8月26日、) 映画 [ ]• (2004年、) - 甲賀忍者・ケムマキ 役• (2006年、) - ひかり荘住人・大倉修二 役• (2007年、) - 俺達 役• (2008年、)• (2011年、アスミック・エース) - ハブデービル 役• (2012年) ナビゲーター• (2012年)• (2013年)• (2013年) - マサコちゃん(常田鉄之輔) 役• もういちど(2014年8月公開) - 松次郎 役• born、bone、墓音。 (2005年) - シェーン・ウルフ() 役(日本語吹替)• (2007年、) - キジムナー 役• (2009年、フジテレビ) - ゴリラ 役• (2010年) - ダーウィン() 役(日本語吹替)• (2013年) - ファロン将軍() 役(日本語吹替)• ゴリッチュ(と共演)• ・ - これを機に、の題材にされている(2007年 - 2008年) 受賞歴 [ ]• 2001年• 第30回 新人俳優賞(『』)• 2020年• 第60回(『』) 作品 [ ] 映画 [ ]• born、bone、墓音。 (2016年) - 監督• 2007年 - 、版に「 ゴリの僕がアナタになれたなら」というゴリのコラムともいえるコメントコーナーが連載された。 脚注 [ ] []• お笑いナタリー ナターシャ. 2018年2月27日. 2018年4月13日閲覧。 com 株式会社エイガ・ドット・コム. 2018年4月12日. 2018年4月13日閲覧。 リアルライブ. フェイツ 2014年8月13日. 2014年8月18日閲覧。 スポニチアネックス. 2016年9月9日. 2016年9月9日閲覧。 お笑いナタリー. 2016年10月11日. 2016年10月11日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年9月20日閲覧。 映画『ジャックと天空の巨人』公式サイト. 2013年2月19日閲覧。 映画『ファンタスティック・フォー』オフィシャルサイト. 2015年9月14日閲覧。 SANSPO. COM 産経デジタル. 2020年3月25日. 2020年3月25日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - チャンネル• - (2009年8月17日アーカイブ分)•

次の

ゴリポン君

ゴリ くん

JX日鉱日石エネルギーのキャラクター「エネゴリくん」は、旧・新日本石油のキャラクターとして誕生した2008年から足掛け5年の活動を経て、今や女性や子どもなど幅広い層に親しまれている。 その人気は、プレゼントキャンペーンに10万通もの応募があるほど。 エネゴリくんへの期待と今後の企業コミュニケーションの方向性について、広報部宣伝グループマネージャーの弓田鋭彦氏に聞いた。 環境問題やCSR活動訴求のアイコンとして誕生 エネゴリくんは、環境問題やCSR活動、新エネルギーに関して分かりやすく訴求するため、旧・新日本石油のキャラクターとして2008年に誕生した。 2010年、新日本石油とジャパンエナジーが経営統合し、JX日鉱日石エネルギーとして新たに漕ぎ出した以降も企業キャラクターとして、エネルギー関連事業の理解促進のみならず、様々な企業活動までフィールドを広げている。 マス広告やキャラクターグッズなどを通して、素朴で親しみやすい印象で同社のコミュニケーション展開を円滑にする役割を果たしている。 タレントを起用した広告コミュニケーションを主に展開してきた同社において、独自のキャラクターを開発するのは、このエネゴリくんが初めての試みだった。 「それは長年の希望でした」と、広報部宣伝グループマネージャーの弓田鋭彦氏は振り返る。 「以前の当社は、今思えば『石油は生活になくてはならない商品だ』と自負するあまり、広告でも一流感や高級感を重視して、生活者と目線を合わせるといった発想が欠けていたと思います。 ただ、同じエネルギーでも電気やガスは引っ越しても必ず使用しますが、石油はサービスステーションに買いに来る必要があるので、その点ではすべての生活者と接触し続けられるわけではありません。 さらに、ちょうどその頃には環境問題への関心が高まり、当社でも家庭用燃料電池などホームエネルギーの理解促進に力を入れ始めたこともあって、生活者に対する企業のスタンスも訴求内容も考え直すべき時期にありました。 特にホームエネルギーという視点に立つと、ターゲットは家庭の主婦や女性層が中心になりますが、その人たちにアプローチするために必要な『親しみやすさ』が過去の広告展開では醸成できていないという認識がありました。 そこで、生活者の目線で親しみを持てるキャラクターをアイコンとし、中長期的なコミュニケーションに活用したいと考えていました」。 既存ユーザーとはまったく異なる層に接触 そうした背景から誕生したのが、絶滅危惧種であるニシローランドゴリラをモチーフにしたエネゴリくんだ。 森の中で育ったために環境問題に人一倍の関心を持ち、子どもが大好きで世話好き、感動したり興奮したりすると胸を叩いて「ウホッ!ウホッ!」と叫ぶ癖がある、という設定。 いくつかのキャラクター候補の中から、二足歩行の動物が親しみを持てるとのクリエイターの強い意見や、ドライバーを中心とする既存ユーザーの持つイメージも裏切らないことなどからゴリラに決定した。 キャラクター名は当初「エネゴリラ」を予定していたが、当時の社長の「できるだけ身近な存在に」という意向で「エネゴリくん」になり、親近感を増した。 エネゴリくん誕生の背景となった同社のコミュニケーションの路線変更は、それまでの広告展開を振り返っても「最も大きく舵を切った出来事だった」と弓田氏。 ドライバーを中心とする既存ユーザーが持つブランドイメージを毀損しないかという懸念も多く、当然ながら社内では反対意見も挙がったという。 また、重要なステークホルダーである販売店などの取引先にも、サービスステーションの販促目的とは異なるコミュニケーションを大きく打ち出すことに対してあまりいい顔をされないのではと、心配は尽きなかった。 それでもこの大きな変更に踏み出したのは、新たなファンを獲得しなければ次のステップへ進めない、と判断したからだ。 「当社は過去に何度も経営統合を繰り返し、今では1万2000店のサービスステーションを有するようになりました。 シェアも35%になり、事業としては安定しています。 ですが、当時の環境問題に対する世間の関心を考えても、このまま安穏としているわけにはいきませんでしたし、当社の事業の方向性としてホームエネルギーにも力を入れていくことが大きな命題でした。 企業が新たなステージに進むために、既存ユーザーとは異なる、これまでまったく接点のなかった人にもファンになってもらうことが不可欠だったのです」。 こうした議論から社内でも最終的に合意が取れ、家庭の主婦を中心とした女性層や子どもたちの関心を引くべく、エネゴリくんの活躍が始まった。 メッセージ訴求をメーンとするシンプルな広告のほかに、環境問題や防災をテーマとするクイズを交えた広告などを通して、まずは興味を持ってもらうことに力を入れた。 2009年6月20日 朝刊 経営統合を経て徐々に商品訴求にシフト キャラクターのイメージはもちろん、同時に打ち出した「エネルギーを、ステキに。 」という新しい企業スローガンや、同社のホームエネルギー関連商品の主軸となる家庭用燃料電池「エネファーム」の認知向上を目指した「エネオス、エネゴリ、エネファーム」というキャッチフレーズも奏功し、エネゴリくんは初年度から存在感を示す結果となった。 2008年から翌年にかけての同社の広告展開は、企業が新たな事業に注力する際のコミュニケーションの好例としても注目を集め、2009年に日本新聞協会の新聞広告賞(広告主企画部門)を受賞。 また、コミカルな展開で笑いを誘いながらエネファームなどを訴求する、女優の水川あさみさんと登場したテレビCMシリーズも話題を集めた。 その後もエネゴリくんを積極的に広告やWEBサイト「エネゴリくんの星」に活用するほか、キャラクターグッズなども企画。 広告で展開するクイズの景品や、レシピ投稿サイトと共に実施した「エネゴリくんお弁当コンテスト」の賞品にしたり、同社が支援する子ども向けイベントでプレゼントしたりするなど、女性層や子どもとの接点の拡大を図っていった。 グッズはエコバッグをはじめ、風鈴や湯たんぽ、洗面器など、生活の中で使えるものを中心にした。 2010年、JX日鉱日石エネルギーが発足。 2011年7月の発足1周年には、新聞広告に2日連続掲載で、イチロー選手・竹内結子さんがそれぞれエネゴリくんと対談しているビジュアルを展開、エネルギーという大きなテーマを生活者と共に取り組んでいくという企業姿勢を伝えた。 「それまでも、イチロー選手とエネゴリくんの活動の時期は重なっていたのですが、イチロー選手には企業ブランド広告、エネゴリくんにはCSR活動や新エネルギーに関する広告に限っていたので、一つの広告に一緒に登場するのは初めてでした。 ちょうどその頃、エネゴリくんの人気も高まっており、社内の販促部門やサービスステーションなどからも販促に使用したいと声が挙がっていたところだったのです。 そこでこの経営統合を境に、エネゴリくんの使用規定を変更して、商品関係の広告やプロモーションにも積極的に活用し始めました」 2011年7月2日 朝刊 オリジナルグッズに主婦層からの反響大きく 結果的に、この経営統合がエネゴリくんの活用においても一つのターニングポイントとなった。 エネゴリくんをプロモーションにも活用し始めたところ、「世の中の反応が明らかに変わってきた」と弓田氏は手応えを語る。 主に主婦層からのグッズに関する問い合わせがぐっと増え、最も反響があったプレゼントキャンペーンには、およそ10万通もの応募があったという。 また、同社は社会人野球チームや女子バスケットボールチームも有しているため、子どもたちを試合に招待したりスクールを行ったりとスポーツを切り口にした次世代支援活動を継続して行っているが、「そこでのグッズ配布にもさらに力を入れて、引き続きエネゴリくんをフックに当社のファンの醸成を図りました。 グッズ展開とメディアを介したアプローチの両輪の展開で、私たちが接点を持ちたい女性層や子どもたちに確実に浸透しているという実感がありました」と弓田氏。 以前から社内や販売店からの要望が大きかったこともあって、プロモーションへの活用もスムーズに展開でき、同社のコミュニケーション活動自体に弾みがついた格好となった。 今では、エネゴリくんは家庭用燃料電池など新エネルギー関連の広告やCSR活動でのグッズ展開のほか、サービスステーションを舞台にENEOSカードを訴求する広告などにも頻繁に登場するようになった。 さらに、子ども向けイベントや商品PRのイベントなどには実際に姿を見せ、リアルな場でも引っ張りだこだ。 イメージを壊さないよう慎重にコントロール ただ、活躍の範囲は広がったものの、キャラクターの運用に関しては誕生時と変わらず一定の制限を設けている。 例えば、エネゴリくんは「ウホッ」しか言わないことや、着るものもスーツかサービスステーションの制服、あるいは同社の社会人野球やバスケットボールチームのユニフォームなどに限られている。 「キャラクター設定については、運用する間にもいろいろと議論はありましたが、ある程度は限定しないと、さまざまなシーンで際限なく使われることになってしまいます。 仮にエネゴリくんを話せるようにしたら、ラジオCMを制作することも可能でしょうが、そうするとこれまでつくり上げてきたキャラクターのイメージを壊しかねませんし、すでにうまくいっているコミュニケーションの仕方や表現も見直さなければいけません。 それでは収拾がつきませんので、経営統合を機に訴求する内容の幅は広がりましたが、エネゴリくん自体は変化しないよう、慎重にコントロールしています」 今やすっかり浸透したエネゴリくんを用いて、「インパクトがあった『エネオス、エネゴリ、エネファーム』というキャッチフレーズを改めて大切に使っていきたい」と弓田氏は話す。 商品関係の訴求に活用しつつも、今後も特に新エネルギーに関する訴求に積極的にエネゴリくんを登場させていく方針だ。 その一方で、今後の企業広告については、例えば3月28日に石巻市の災害対策を強化したサービスステーションをモチーフにした広告を出稿したように、エネゴリくんを使わずにメッセージ性のある広告も展開していく予定だ。 「私たちがいくら『当社はホームエネルギー事業を含め、様々なエネルギーを取り扱う企業です』と声高に言い張っても、皆さんが『石油を扱う会社だ』と思っていたら意味がありません。 ビジョンを明確にしつつ、どうしたらそれを分かっていただけるかをその都度考えて、メディアをうまく組み合わせてメッセージを伝えていきたいと考えています」.

次の

ガリゴリくん

ゴリ くん

「ENEOS(エネオス)」ブランドを展開する石油大手のJXTGエネルギーは、自社キャラクターである「エネゴリくん」が登場する新テレビCM「ENEOSエネルギーソング 100メートル走 体力編/リプレイ編」を放映中だ。 100メートル走で、抜群の加速をみせる新しいキャラクターの「スーパーエネゴリくん」も登場。 この速さは、約30年前の人気テレビ番組に出ていたキャラクターを彷彿させており、インパクトは大きいCMとなっている。 CMはまず、オリンピックの注目競技、陸上100メートルで、9秒台を過去に出したカール・ルイス氏、ウサイン・ボルト氏が疾走するシーンに加え、日本人で3人目となる9秒台を出した小池祐貴選手(24)の練習シーンが流れる。 そこに女優の吉田羊さんが、「私たちも9秒台を体験しましょう」と、女優の上白石萌歌さん(19)とエネゴリくんに呼び掛け、陸上競技場のトラックをスタートする。 懸命に走る3人。 そしてその横のレール上に乗って、幅広いピッチで悠々と、スーパーエネゴリくんが3人を追い去ってゴールする。 その速さを実感し、感心している吉田さんら3人に対し、スーパーエネゴリくんは、まだ高速で足を前後させており、その体力、スタミナにも参ったという内容だ。 スーパーエネゴリくんは、かつてのスポーツバラエティー番組である「ビートたけしのスポーツ大将」に登場した「カール君」を思い出させる。 そのため40歳以上の世代には、懐かしさを感じさせる演出ともなっている。 2020東京五輪・パラリンピックのゴールドパートナー(石油・ガス・水素・電気供給)であるJXTGエネルギーでは、五輪・パラリンピックを目指すアスリートを始め、がんばっている人に熱いエネルギーを届けることとして「ENERGY for ALL」をコンセプトに、「ENEOSエネルギーソング」シリーズのCMを継続している。

次の