コロナ 美容院行きたい。 コロナで美容院に行っていいかor行かないか|美容室がキャンセルを求める理由

藤田ニコルを悩ます「髪の毛プリン」 新型コロナ怖くて美容院行けない: J

コロナ 美容院行きたい

わざわざ今美容院へ行かなくても・・・ なんて周りの人に思われたりもします。 ほとんどの美容室でお客様が激減しているという今の状況。 その結果、美容師はお客様の大切さをより実感しています。 その気持ちから、美容院もあらゆる工夫をしながら営業をしています。 例えば• スタッフの検温・アルコール消毒• 時短・少人数営業• お客様ひとりごとに消毒作業• スタッフのマスク営業• お店・備品の徹底除菌• お店の換気の徹底 などがあります。 そのため、働いているぼくの個人的な見解としては、比較的感染しづらい環境に出来ている美容院も多いと思っています。 もちろん、 行くことを決めるのはお客様の自由です。 自己判断で、行きたい!この美容院なら大丈夫そう! そう思って来店してくれた時、美容院・美容師さんはきっと嬉しいと思います。 美容院へ行くときの注意点 美容院へ行くときに注意してほしいことがあります。 マスクをしていく• 除菌できるものを用意しておく• 美容院をチェックする この3つです。 マスクをしていく 美容院へ行くときはマスクをしていきましょう。 カラーやパーマの時・シャンプーの時は外してもらうよう言われることが多いですが、付けていくのに越したことはありません。 ちなみに、 どうしても外したくないという方は、 マスクを着用したままの施術が可能です。 (もちろん、マスクは汚れます) 美容師さん自身がマスクをしてくれていると思います。 そして、美容師さんはシャンプーなどにより、手は衛生的な状態である場合が多いので、そういった意味ではある程度安心感があるかと思います。 除菌できるものを用意しておく 美容院へ行くと、雑誌を触ったり、座席のひじ掛けに触れたりします。 その美容院側も除菌は徹底していると思いますが、自分自身でも除菌をしておくに越したことがないでしょう。 美容院へ行く前、行った後で除菌をしておくのがオススメです。 消毒できるものがあれば持っていくのが良いでしょう。 持っていなくても、美容室にアルコール消毒を設置しているところが多いので、必ず持っていく必要はありません。 美容院をチェックする 事前に行く美容院をチェックしておきましょう。 口コミや、そのお店のブログ・HPを見ればコロナウイルスに対してどういった対応をしているかが大体わかります。 チェックするポイントは• スタッフがマスク営業をしているか• アルコール除菌などのサービスがあるか• お店の除菌・清掃をしっかりしているか このあたりがちゃんと記載されているかは事前に見ておきましょう。 また、分からなければ電話で確認するのも一つの方法です。 今、行くのにオススメの美容院 コロナウイルス対策をしているお店がほとんどだと思いますが、それでも不安はあるかと思います。 その不安を少しでも解消するためにオススメの美容院は• 衛生面の安心感を売り出している美容院• 地方の美容院(コロナウイルス感染者が少ない地域)• 広い美容院• 予約が比較的空いている美容院 本当に不安・・・でも、、美容院へ行きたい! という方は、こういった美容院へ行くのがオススメです。 都会・市街地の人気サロンは利用者やスタッフが多いので、感染のリスクは高くなります。 それに、行くまでに電車に乗ったり、多くの人とすれ違います。 次に、狭い美容室についてですが 狭い美容院はどうしてもお店の広さの都合上、広いお店よりも感染リスクが高くなります。 しかし、そういったお店は徹底した換気などの対策をとっていると思います。 また、予約が込み合っている美容院はお客様が多いので感染のリスクが高くなります。 ただ、今は どの美容院も普段よりも予約状況はゆっくりしているので、そこまで気にする必要はないと思っています。 まとめ なぜ僕がこの記事を書いたかというと 少しでも多くのお客様に美容院へ来てほしいと思ったから という下心だけではありません。 もちろん、こういった状況で 美容院へ来てくれることは嬉しいです。 しかしその結果、感染者が出てしまったりするのは最悪のケースだと思っています。 自分・家族・スタッフ・お客様 すべて僕にとって大切な存在なので、 感染して大事にだけはなってほしくない。 そういった思いもあるので、 今は美容院へ来てもらう事自体どうなのだろうか? ということについてはぼくも何も言えません。 来てほしいけど、来てほしくない。 そんな複雑な気持ちです。 ただ、知って惜しかったのは、 美容師側はいつでもお客様を待っているし、来てくれたら全力で仕事をしようと思っています。

次の

【マシュマロで美容師に匿名で質問】コロナで自粛だけど、美容室に行きたい。メニュー分けて日を変えればいい?

コロナ 美容院行きたい

そんな覚悟はしてないです。 美容室は3月と5月 緊急事態宣言解除後 に行きました。 外食も緊急事態宣言解除後に行きました。 ショッピングモールは元々行くことが滅多にないので、まだ行っていません。 旅行も行く習慣がないので、行きたいと思わないので多分これから先も、行かないと思います。 必要なことは、感染予防を意識しながら行きます。 3月に美容室に行ったときも、雑誌は読まず本を持って行きました。 美容室自体、いろんなところを触ることはないのですが、イスのひじ掛けにも手が触れないように気をつけました。 お店とかのドアを開けるときはなるべくドアに触らないように、背中で押したり人が触りそうにないところを触って開けます。 帰って来たら、手洗いをします。

次の

コロナウィルスの美容院や理容室(床屋)への影響は?対策は大丈夫?

コロナ 美容院行きたい

わざわざ今美容院へ行かなくても・・・ なんて周りの人に思われたりもします。 ほとんどの美容室でお客様が激減しているという今の状況。 その結果、美容師はお客様の大切さをより実感しています。 その気持ちから、美容院もあらゆる工夫をしながら営業をしています。 例えば• スタッフの検温・アルコール消毒• 時短・少人数営業• お客様ひとりごとに消毒作業• スタッフのマスク営業• お店・備品の徹底除菌• お店の換気の徹底 などがあります。 そのため、働いているぼくの個人的な見解としては、比較的感染しづらい環境に出来ている美容院も多いと思っています。 もちろん、 行くことを決めるのはお客様の自由です。 自己判断で、行きたい!この美容院なら大丈夫そう! そう思って来店してくれた時、美容院・美容師さんはきっと嬉しいと思います。 美容院へ行くときの注意点 美容院へ行くときに注意してほしいことがあります。 マスクをしていく• 除菌できるものを用意しておく• 美容院をチェックする この3つです。 マスクをしていく 美容院へ行くときはマスクをしていきましょう。 カラーやパーマの時・シャンプーの時は外してもらうよう言われることが多いですが、付けていくのに越したことはありません。 ちなみに、 どうしても外したくないという方は、 マスクを着用したままの施術が可能です。 (もちろん、マスクは汚れます) 美容師さん自身がマスクをしてくれていると思います。 そして、美容師さんはシャンプーなどにより、手は衛生的な状態である場合が多いので、そういった意味ではある程度安心感があるかと思います。 除菌できるものを用意しておく 美容院へ行くと、雑誌を触ったり、座席のひじ掛けに触れたりします。 その美容院側も除菌は徹底していると思いますが、自分自身でも除菌をしておくに越したことがないでしょう。 美容院へ行く前、行った後で除菌をしておくのがオススメです。 消毒できるものがあれば持っていくのが良いでしょう。 持っていなくても、美容室にアルコール消毒を設置しているところが多いので、必ず持っていく必要はありません。 美容院をチェックする 事前に行く美容院をチェックしておきましょう。 口コミや、そのお店のブログ・HPを見ればコロナウイルスに対してどういった対応をしているかが大体わかります。 チェックするポイントは• スタッフがマスク営業をしているか• アルコール除菌などのサービスがあるか• お店の除菌・清掃をしっかりしているか このあたりがちゃんと記載されているかは事前に見ておきましょう。 また、分からなければ電話で確認するのも一つの方法です。 今、行くのにオススメの美容院 コロナウイルス対策をしているお店がほとんどだと思いますが、それでも不安はあるかと思います。 その不安を少しでも解消するためにオススメの美容院は• 衛生面の安心感を売り出している美容院• 地方の美容院(コロナウイルス感染者が少ない地域)• 広い美容院• 予約が比較的空いている美容院 本当に不安・・・でも、、美容院へ行きたい! という方は、こういった美容院へ行くのがオススメです。 都会・市街地の人気サロンは利用者やスタッフが多いので、感染のリスクは高くなります。 それに、行くまでに電車に乗ったり、多くの人とすれ違います。 次に、狭い美容室についてですが 狭い美容院はどうしてもお店の広さの都合上、広いお店よりも感染リスクが高くなります。 しかし、そういったお店は徹底した換気などの対策をとっていると思います。 また、予約が込み合っている美容院はお客様が多いので感染のリスクが高くなります。 ただ、今は どの美容院も普段よりも予約状況はゆっくりしているので、そこまで気にする必要はないと思っています。 まとめ なぜ僕がこの記事を書いたかというと 少しでも多くのお客様に美容院へ来てほしいと思ったから という下心だけではありません。 もちろん、こういった状況で 美容院へ来てくれることは嬉しいです。 しかしその結果、感染者が出てしまったりするのは最悪のケースだと思っています。 自分・家族・スタッフ・お客様 すべて僕にとって大切な存在なので、 感染して大事にだけはなってほしくない。 そういった思いもあるので、 今は美容院へ来てもらう事自体どうなのだろうか? ということについてはぼくも何も言えません。 来てほしいけど、来てほしくない。 そんな複雑な気持ちです。 ただ、知って惜しかったのは、 美容師側はいつでもお客様を待っているし、来てくれたら全力で仕事をしようと思っています。

次の