クールス メンバー。 クールス(クールス)の情報まとめ

舘ひろしと岩城滉一 仲間の通夜で42年目の和解、男泣き抱擁(NEWSポストセブン)

クールス メンバー

一世を風靡した不良バイクチームのメンバーだった2人は、若くしてスターへの道を歩み始める。 血判状で友情を誓い合い、青春を謳歌した仲。 しかし、互いが互いを思い合うからこそ、「あいつのために」と起こした行動が衝突を生んでしまう。 次第に疎遠になり、42年。 彼らの友情を再び引き戻したのは、早すぎる「仲間の死」だった。 「お前はどうしようもないヤンチャで、クールスに入れば規律を守るようになると思ったんだけど、お前は変わらなくて。 もう一度みんなで走れたら、面白かっただろうな」 岩城滉一(66才)が弔辞を述べると、参列者のすすり泣く声が響いた。 12月18、19日、神奈川県川崎市の寺院で伝説のバイクチーム『クールス』の元メンバーである「マチャミ」こと玉川雅巳さん(享年64)の葬儀が行われた。 故人が愛用していた大型バイク、ハーレーダビッドソンのエンジンをふかし、仲間たちは爆音を聞きながら出棺を見送った。 通夜では、かつてクールスのメンバーだった舘ひろし(67才)と岩城が男泣きし、肩を抱き合って親友の死を悼んだ。 青春を共にし、芸能界の第一線で活躍してきた2人は、お互いを思いやるゆえに長らくすれ違いが生じていた。 そんな彼らの抱擁は、メンバーにとってあまりにも感慨深い和解の光景だった。 その姿を見ながら、ある参列者はこう思ったという。 「マチャミの生き様と死が、クールスをもう一度1つにしてくれた」 出会いは40年以上前に遡る。 1974年、それぞれバイクチームを組んでいた20代前半の舘と岩城が、都内の飲食店で鉢合わせた。 眼光鋭い男たちのニアミスに、緊張が走る。 だが、店の外に見知らぬ黒いバイクがズラッと並んでいるのを見た舘は、岩城にこう話しかけた。 「あのバイク、きみたちの?」 以来、1才違いの2人は意気投合し、「少数精鋭で面白いチームを作ろう」と、原宿を拠点にしたバイクチーム『クールス』を結成する。 元メンバーでミュージシャンの水口晴幸さん(65才)が当時を振り返る。 《このチームはリーダー(舘)の独裁により運営される》と書かれた血判状に、メンバー17人がナイフを握って右手中指に傷を入れ、血判を押したんだよ」(以下、「」内は水口さん) 黒い革ジャンに黒いジーンズ、リーゼントヘア、そして黒いバイクというそろいのスタイルで都内を走り回した。 「おれらが走ると他の暴走族もバイクで集まってきて一緒に流すんだよ。 そのうちパトカーも追っかけてきて、そしたら蜘蛛の子を散らすように逃げる。 表参道に歩行者天国ができたのは、おれたちのせいだっていわれてたね」 クールスの名が一躍有名になったのは、1975年4月13日、日比谷野外音楽堂で行われた、矢沢永吉(68才)がリーダーを務める伝説のロックバンド「キャロル」の解散コンサートだった。 だが、それが舘と岩城の間に溝を生むことになる。 その頃から、2人の気持ちにズレが出始めた」 俳優として人気の出た岩城は黒い革ジャンを脱ぎ、舘も1977年4月に脱退して俳優の道に。 クールスは継続したが、メンバーはバラバラになった。 「その後、メンバーで集まることは何度もあった。 なにしろ血判を交わした仲だから、10年ぶりに会っても、一瞬で元の仲間に戻れる。 だけど舘と滉ちゃんを一緒に呼ぶことはできなかった。 みんな2人の関係に気を使っていたからね。 舘のマネジャーをしていたこともあり、2人とは深い間柄だった。 雅巳さんは昨年秋に心筋梗塞で倒れ、12月12日、危篤状態に陥ってしまう。 お見舞いに行ったら、マチャミは人工呼吸器をつけて、ほとんど昏睡状態で。 病室を出てすぐに舘に連絡し、他のメンバーにも声をかけ、14日夕方に病院に集まった。 その時、滉ちゃんは来られなかったけど、スケジュール調整してその前にお見舞いに行っていたみたい」 奇しくも12月14日は、血判を押してクールスを結成したその翌日だった。 「きっと、みんなが来るのを待ってたんだろう。 岩城が疎遠になっていたメンバーにも声をかけ、17人の血判状メンバーのほとんどが顔をそろえた。 黒い喪服姿の男たちは、口々に「おお、元気か」「あいつは死ぬやつじゃない」と言葉をもらした。 42年もの間、ぎくしゃくしていた舘と岩城も、まるで昨日もバイクで走り回っていたかのように、自然と声をかけ合う。 肩を抱き合い、涙を流して早すぎる親友の死を悼んだ。 「クールスがバラバラになったのをいちばん悲しんでいたのが、マチャミだった。 だから今回、通夜で2人が抱き合っているのを見た時は、マチャミのおかげだな、あいつ天国で喜んでるだろうなと思った。 12月24日の舘のディナーショー。 雅巳さんの遺影を持って後方の列で見守るつもりだった水口さんに、舘が「ステージで何曲か歌ってくれよ」と声をかけた。 40年来のファンたちが号泣したという。

次の

クールス 名曲 おすすめ 人気曲 マイフェイバリット・チューン総集編

クールス メンバー

クールス元メンバー横山剣が語る「あわや黒歴史!」 エピソード 俺は当時からクールスにあこがれを抱いていた。 なぜなら、山手線界隈の 京浜工業地帯の匂いがするキャロルと違い、他の追従を許さない洗練された スタイリッシュなファッション。 本当にあこがれていた。 そんな中、大学もろくろく行かず 秀光さんの経営するチョッパーに頻繁に出入りをするようになっていた。 そんなある日、秀光さんから「おい、剣 おまえさ大学なんか行かずに俺たちの手伝いや ってくれないか」ってお誘いをもらったんだ。 「考えさせてください」というものの、半ば強引に手伝いをすることになっていた。 いわゆる「ボーイ」そう「バンドボーイ」のことだ。 グループの遠征に一緒に同行し、全国をまわる。 主な仕事はグループが使う機材運びだ。 そのほかに、メンバーの身の回りのお世話など種々雑多なことまでやっていた。 ボーイをすることどれくらいたったのだろうか、あまり覚えがない。 仕事の段取りとか、出演交渉までやることになっていた。 そう、マネージャーのこと。 そんなある日のこと、リーダー秀光さんからMさんを紹介されたのだった。 ハコスカに乗りたかった夢が実現に!? 一見して、「そっち系」の人だとわかる人だった。 俺は秀光さんとMさんとの関係を知らない。 いや、知らなくてよいのだと思っていた。 なぜなら、俺は今クールスのマネージャーとしての仕事を精一杯こなしていればそれでい いと思っていたから。 俺にとっての全国周りは、楽しくもあり大変でもあった。 でも俺は俺なりに充実はしていた。 そんなおり、Mさんがやってきて「おい横山、お前、スカG探しているんだって」と おもむろに言ってきた。 「ええ、今も探しています」とこたえたら、 「そうか、俺の知り合いでスカGを売ってもいいっていうやつがいるんだよ」 すかさず「何年もんですか?色は何ですか?走行距離は?ハコスカですか?・・・」 まくし立ててしまっていた。 Mさんは「そんなの知らねえよ。 ただハコスカで5万円でいいっていうんだ」と。 「え!たったの5万ですか!!」飛び上がりたい衝動が全身を貫いた。 なぜなら、俺は俺はハコスカが欲しくてほしくてたまらなかったからだ。 Mさんは秀光さんの知り合いでもあり、岩城さんの知り合いでもあった。 そのことがちょっと頭によぎる。。。 「果たして大丈夫なのか?」と。 でも俺は衝動に負けてしまっていたんだと思う。 茨城に向かう俺とMさんを待ち構えていたのは? Mさんを連れ立って上野に、そして常磐線で茨城に向かっていた。 電車に揺られながらMさんとたわいもない話に談笑しながら俺の気持ちは ハコスカ一色だった。 「けど、本当にスカG それもハコスカがたったの5万円!?」と頭をよぎる。 「でも、Mさんがまがい物の情報を持ってくるはずがない」などと 気持ちが行ったり来たり。 そんな俺の気持ちを思ってなのか 「おい、横山、何を考えているんだ、とりあえずハコスカを見てから考えろ」と。 俺には現地に着くまでの2時間、本当に本当に長く感じたのだった。 やっとの思いで、現地に到着。 我先にと展示されている車を次から次へと見て回る。 「無い、ないじゃないですか」と。 「横山、慌てるんじゃねえ! お前の前にあるやつだよ。 どこ見てるんだ!」とMさん。 「え!?これスカGじゃないっすよ」といった。 すると「バカヤロー!目をかっぽじってよく見やがれ」と。 俺はMさんに向かって怒鳴っていた。 しかし、善意でここまで案内してくれたMさんを非難はできない。 確かにハコスカのGLでもハコGに違いない。 でもでも・・・ しかし、俺は真摯に店主にお断りの意を表明。 「スカGが出たら連絡をください」と言い残し現場を後に。 横山剣の夢が現実にしかしそこに待っていたものとは そんな茶番劇があったあとどれくらいたったことだろう。 昔からよく言われる 「捨てる神あれば拾う神あり」で、今度は違うルートで ハコスカGTの話があったのだ。 今度は神奈川県だった。 Mさんとの茶番劇があったあと数年たっていた。 その頃はどうしてそんなにハコスカが人気があったんだろう。 はやりハコスカのあの「渋さ」にあこがれが集中していたのか? なかなかハコスカが出てこなかった。 俺は神奈川の大和まで吹っ飛んで行った。 色が気に食わなかったけど、即買い。 色は全塗装をした。 今では黒が流行っているけど、当時の黒というのはどうだったんだろう? やはり、「クールスのイメージが黒だからか?」と自分なりには納得していた。 そして、車内には当時人気があったKen-woodのカーステレオを高かったけど装備。 しかし・・・ このお気に入りの愛車にとんでもないことが起ころうとは思っていなかった。 全塗装が終わり、お気に入りのカーステレオまで入れた愛車 黒のハコスカの納車日だった。 この日、クールスのメンバーは全国公演のリハーサルで 六本木にいたのだった。 俺は愛車に乗り、うきうき気分で六本木のリハーサル会場へ。 なんでそんなことになったのかは覚えていないのだが、ジェームスさんを 送っていくことになってしまったのだった。 リハ会場から出た俺たちは車に向かい、「あれ、横山いい車買ったじゃん」 「俺にも運転させてよ」って、いいも悪いも言わないうちに ジェームスさんは車を出していた。 首都高を経由して高速道路へと向かうジェームスさん。 「うぉー、この車スピード出るね~」とアクセル全開。 みるみる150キロ、160キロ、170キロ、180キロ」 メーターを振り切っているじゃないか! 「ジェームスさん、止めて~~~~」 ジェームスさんが無免許だったことに気づく俺だった。

次の

舘ひろしと岩城滉一が「仲間の死」で42年目の和解 男泣きで肩を抱き合う

クールス メンバー

みなさんどーも!UKです。 前回のキャロルに続いての UKが選ぶ マイフェイバリット・シリーズ さあ、今回のエントリーミュージックは! 1975年にバイクチームとして結成し キャロルラストライブの親衛隊を務めた頃から一躍注目を浴びることとなり 1975年9月キングレコードより「紫のハイウェイ」でロックバンドとしてデビュー。 以来、メンバーの変遷もありながら何期にもわたって活動の歴史を刻み続けている COOLS 結成から43年、 2018年現在 現在でも活動を続けている クールスはまさに日本のストーンズと言えるのではないでしょうか。 現在のオリジナルメンバーは VO. 村山一海 GU. ジェームス藤木 DR. 佐藤秀光 GU. 飯田和男 もともとクールスの原点は21人のバイクチームであり 結成初期のリーダーは舘ひろし。 サブリーダーが岩城滉一。 岩城はバイクチームのみ ピッピこと水口晴幸含め、それぞれがソロになって活躍したり また80年代クールスRCの頃はクレイジーケンバンドの横山剣もメンバーだったり、 長い歴史の中でいろんな有名人を輩出しているクールス。 革ジャン、リーゼント、バイクという「不良」っぽいインパクトイメージもさることながら 実は楽曲の良さにはもっと注目したい。 そのクールスのマイフェイバリット・チューンを紹介していこうと思います。 では、早速まいりましょう! 君の窓辺に(Now, I Know I Need Your Love クールス・アルバム通算7枚目 第2期 クールス・ロカビリークラブ期トリオレコードに移籍してから3枚目の 1978年4月リリースアルバム『THE COOL』より 君の窓辺に 作詞 作曲 そしてこの曲のボーカルを担当する ジェームス藤木のハートブレイク・チューン。 「Mr. ハーレーダビットソン」「恋の終わり」等、クールスのソング・ライティング才能には目を見張るものがあり 山下達郎や近田春夫らからも大評価されている ジェームス藤木。 そのジェームス藤木が生み出したこの曲「君の窓辺に」は ジェームス名曲史の中のほんの一曲なのです。 センチメンタル・ニューヨーク 1979年3月 クールス・ロカビリークラブ期 1977〜1981 の トリオレコードより5枚目のアルバムは プロデューサーに 山下達郎を迎え 念願であった ニューヨーク・レコーディングを実現。 山下達郎マジックにより、ロックンロールとシティポップを 融合させた 『NEW YORK CITY N. Y』をリリースしました。 そのアルバムには収録されてませんが 同ニューヨーク録音のシングル盤 センチメンタル・ニューヨーク ムラこと村山一海のボーカルも摩天楼へと深く響き渡るような 洗練された音作り。 この曲も僕にとって懲りない青春時代のマストアイテム曲だった気がします 汗) 詞もそうですが、イントロのギターや美しすぎるこのメロディ。 時代を超えても色褪せない名曲を生むジェームス藤木は 山下達郎も大いにリスペクトするメロディ・メーカーなのです。

次の