第3回abematvトーナメント 日程。 藤井聡太、今後の対局予定&勝ち進んでいる棋戦トーナメント表一覧

【舞台は団体戦へ】第3回AbemaTVトーナメント~概要と予選通過予想アンケート~|みそじんの将棋のある生活

第3回abematvトーナメント 日程

ここぞという勝負どころで出る手つきが、将棋の棋士にとっても見せどころだ。 プロ将棋界初の早指し団体戦「第3回トーナメント」、決勝トーナメント1回戦のチーム三浦 対 チーム広瀬(7月11日)の第5局で、イケメン棋士として知られる黒沢怜生五段(28)が、気迫をこめた手つきで、ファンを魅了した。 黒沢五段はこの日、第3局で初登場。 順位戦A級で、タイトル経験もある九段(46)と対戦し、力負けを喫していた。 次の出番は第5局だが、なんと相手は同じ三浦九段。 連続で強敵とぶつかることに「思い切って頑張っていきたい」と雪辱を期していた。 三浦九段について「本当にお世話になっていて優しい」と語る黒沢五段だが、プロの棋士として続けて敗れる姿を見せるわけにもいかない。 得意の角交換からの振り飛車(四間飛車)を用いて、三浦九段の分厚い将棋に向かっていった。 形勢はやや三浦九段有利と見られた中、中盤・終盤と激しい技の掛け合いになったが、黒沢五段も振り飛車党らしく、相手の技に対する切り返しの妙を見せ、徐々に状況を打開。 解説を務めていた藤森哲也五段(33)からも「気持ちと気持ちがぶつかりあっている」と言われるほどの好勝負を繰り広げた。 その中でも、ファンを魅了したのが黒沢五段の手つきだ。 三浦九段の手に対して、読んでいたとばかりに指した際、駒をつまんだ右手の指がしなり、盤上にビシッ!さらには、その駒を盤にめり込ませるがごとく、ぐりぐりと力を入れた。 この一連の動きに「かっこいい手つき」「しなった」「ぐりぐり」と、中継していたABEMAの視聴者コメント欄に声が殺到。 さらに優勢、勝勢になるにつれ「勝ちましたって手つき」「力こもる」など、力強さが増していく様に、ファンの反応もどんどん大きくなっていった。 対局の結果も、黒沢五段の勝利。 対局後は「この局は(内容の)善悪じゃなくて勝ちたかった」と、勝ちにこだわった結果だったと振り返ったが、その思いは言葉にせずとも、その手つきだけでも十分に伝わっていた。 全12チームが4つの予選リーグに分かれて戦い、各リーグ上位2位までが予選通過。 決勝トーナメントは5本先取の9本勝負で行われ、勝ち越しが決定した時点で終了する。 1チームは3人で、各棋士は1試合につき最低1局、最大3局の範囲で指す必要がある。 対局者は各対局前に決定する。 優勝賞金1000万円。

次の

チーム羽生入りを果たした棋士は?将棋界初のドラフト会議、第3回AbemaTVトーナメント― スポニチ Sponichi Annex 芸能

第3回abematvトーナメント 日程

将棋界初、棋士が棋士を選びチームが結成される「第3回AbemaTVトーナメント」のドラフト会議が4日、インターネットテレビ局「AbemaTV」で放送された。 人選は事前に打ち合わせず、「すべてお任せしていました」という。 本トーナメントは3年前、羽生の発案で誕生。 「このルールは慣れや瞬発力も大事だと思うんですけど、安定したパフォーマンスを出していく持続力も求められる」と解説する。 「鈴木さんは早指しの将棋も得意とされているので非常に心強い。 三枚堂さんは最新の形にも精通していますし攻撃的な棋風で、このフィッシャールールにも適正が高い棋士」と厚い信頼を寄せていた。 抽選の結果、新進気鋭の佐々木大を獲得した。 「予備抽選で先に引く権利を取れたので、上と下どっちにしようかなと思って下を選びました。 結果が良くてよかったです」と胸をなでおろした。 2位には山崎を指名したが、全12チームの中で自分より年上の棋士を指名したのは稲葉と佐藤康(谷川九段を指名)の2人だけ。 「大先輩となると自分が大将になるのに抵抗感があると思いますけど、山崎さんは普段から交流があるので先輩の中でも指名しやすい」と仲の良さをうかがわせた。 「上手くハマれば優勝も」と独自の道を進む。 お互いに読み合っている内容が正確だったんでしょうね」と考察した。 自陣には本トーナメント経験者を選出。 2位指名の都成からは、「会った時に『出たいな』って言われた」と明かし、「候補には大橋(貴洸)五段もあったんですけど、自己PRが案分しましたね」と秘話も飛び出した。 棋界屈指のエンターテイナーがそろった糸谷チームの戦いぶりにも注目が集まる。 過去2度の大会は、いずれも藤井聡太七段が優勝した。 持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算されるフィッシャールールを採用する。 1回の対戦は三番勝負。 第3回からはドラフトを経て構成された3人1組の12チームが、3チームずつ4つのリーグに分かれて総当たり戦を行う。 1対局につき1勝を1ポイント(P)、1敗をマイナス1Pとし、合計Pの多い上位2チーム、計8チームが決勝トーナメントに進出する。 優勝チームには賞金1000万円が贈られる。

次の

藤井聡太、今後の対局予定&勝ち進んでいる棋戦トーナメント表一覧

第3回abematvトーナメント 日程

『第2回AbemaTVトーナメント』は、昨年6月に放送した『AbemaTVトーナメント Inspired by 羽生善治』 の第2弾として、羽生善治九段(永世七冠)の着想から作られた「AbemaTVルール」で将棋の対局を行います。 「AbemaTVルール」は、持ち時間5分で開始し、1手指すごとに5秒が加算、持ち時間が切れると負けとなるフィッシャールールを採用しており、1対局約30分と初心者の方でも楽しみやすいスピーディーな展開が見所で、トーナメントでは1度の顔合わせで三番勝負を行います。 このたび、トーナメントに参加するのは、前回準優勝の佐々木勇気七段や、「第1回女流AbemaTVトーナメント」優勝の伊藤沙恵女流二段をはじめ、選ばれし14名の棋士・女流棋士。 予選では、A組に菅井竜也七段、佐々木勇気七段、近藤誠也六段、大橋貴洸四段。 B組に糸谷哲郎八段、中村太地七段、都成竜馬五段、佐々木大地五段。 C組に、木村一基九段、増田康宏六段、八代弥六段、伊藤沙恵女流二段が登場する組み合わせとなっており、各組の予選を勝ち抜いた6名は、シードとして本戦トーナメントから参戦する前回優勝の藤井聡太七段、タイトルホルダーの渡辺明二冠と対局を行い優勝者を決定します。 本トーナメントへの参加にあたり藤井聡太七段は「前回優勝者としての強さを見せられるように頑張りたい!」と意気込みコメントを寄せています。 さらに「AbemaTV」は、先日発表した「niconico」とのパートナーシップ締結を記念し、ドワンゴが開催する「ニコニコ超会議2019」(4月27日、28日開催)に、Wi-Fiと充電器を無料で提供する専用トラック『AbemaTV Wi-Fiトラック』を設置。 27日には、トラックに内蔵されたスクリーンと、「ニコニコ生放送」で、翌日から放送する本トーナメントの第一回戦第一局をどこよりも早く先行公開いたします。 また、4月20日(土)から7日間にわたって「ニコニコ生放送」で行われる『第1回AbemaTVトーナメント Inspired by 羽生善治』の再放送や、日本最大級の将棋ゲーム『将棋ウォーズ』との連動企画など、より多くのみなさまに『AbemaTVトーナメント』を知っていただく取り組みを積極的に行ってまいります。 普段とは一味違った感覚の中、棋士・女流棋士たちはどう戦っていくのか!?4月28日(日)から毎週日曜夜8時より放送する「AbemaTV」でしか見ることができない対局を、ぜひお楽しみください。 藤井聡太七段コメント全文 初回放送日程:2019年4月28日(日)夜8時~ 放送チャンネル:将棋 番組URL: 【放送スケジュール】 <予選> 4月28日(日)夜8時~予選Aブロック 5月5日 (日)夜8時~予選Aブロック 5月12日(日)夜8時~予選Bブロック 5月19日(日)夜8時~予選Bブロック 5月26日(日)夜8時~予選Cブロック 6月2日 (日)夜8時~予選Cブロック <本選トーナメント1回戦> 6月9日 (日)夜8時~ 6月16日(日)夜8時~ 6月23日(日)夜8時~ 6月30日(日)夜8時~ <準決勝> 7月7日 (日)夜8時~ 7月14日(日)夜8時~ <決勝> 7月21日(日)夜8時~ 「ニコニコ生放送」放送概要 『第1回AbemaTVトーナメント Inspired by 羽生善治』 再放送 放送日:4月20日(土)~4月26日(金) 夜8時~ 【放送スケジュール】 4月20日 (土)夜8時~予選Aブロック 4月21日 (日)夜8時~予選Bブロック 4月22日 (月)夜8時~予選Cブロック 4月23日 (火)夜8時~本選トーナメント1回戦-1,2 4月24日 (水)夜8時~本選トーナメント1回戦-3,4 4月25日 (木)夜8時~準決勝-1,2 4月26日 (金)夜8時~決勝 『第2回AbemaTVトーナメント 予選Aブロック』第一回戦第一局の一部を生放送 放送日:4月27日(土)夜8時~ 「ニコニコ超会議2019」開催概要 「AbemaTV」は、"無料で楽しめるインターネットテレビ局"として展開する、新たな動画配信事業。 2016年4月に本開局し、オリジナルの生放送コンテンツや、ニュース、音楽、スポーツ、ドラマなど多彩な番組が楽しめる約20チャンネルを全て無料で提供し、利用者を伸ばしています。 登録は不要で、スマートフォンやPC、タブレットなど様々な端末でテレビを観るような感覚で利用することができるほか、「Amazon Fire TVファミリー」や「AndroidTV」など主要なテレビデバイスにも対応しています。 その他にも、通信量を半分に削減可能な「通信量節約モード」やいつでも見たい番組を何度でも楽しめる「Abemaビデオ」のテレビデバイス対応など、楽しみ方の幅を広げ、利便性を高めるための取り組みも積極的に行っています。 10以降、Windows 8. 1以降 推奨ブラウザ:Chrome最新版、Safari最新版(Mac)、Edge最新版(Windows)、 Internet Explorer 11以降(Windows) 推奨ソフトウェア:Adobe Flash Player ・Androidスマートフォン/タブレット 推奨環境:Android4. 4以降 ・iPhone/iPad 推奨環境:iOS9. 0以降 ・スマートスピーカー Amazon Echo Dot Amazon Echo Amazon Echo Plus.

次の