宇 髄 天元 夢 小説。 【宇髄天元】吉原二の花魁は音柱に身請けされました【鬼滅の刃】

【鬼滅の刃】浮気はいいけど、別れたくはない【宇髄天元】

宇 髄 天元 夢 小説

『あらやだ可愛いね善逸くん。 緊張しちゃったの?あ、もしかしてどーt』 宇「やめろA〜、派手に意地悪してると我妻が本気になんぞ。 」 とAの言葉を制しながら足を進めると不服そうに頬を膨らませてこっちを向いた 『だって宇髄せんせーも聞こえたでしょ?善逸くんの心音。 』 宇「俺がお前に意地悪したくなる気持ちわかった?」 『死んどけ』 宇「もう先に号令かけさせるわ」 と言って教室に足を向けると休むことより遅刻が大嫌いなAは 『ごめんなさい今行きます!!善逸くんまたね〜』 と急いで我妻に手を振って横に並んだ Aside 教室に入るとクラスの中でも人気がまあまあで割とよく話す三谷くんに声を掛けられた 三「あ!!A!遅刻初めてなんじゃねえの?何かあったのか?」 『あーちょっと体調悪くて職員室で休んでた。 』 三「そゆことかー!今はもう治ったのか?」 『うん!心配ありがと〜』 と自分の席に座ると隣のしのぶが し「あの人Aの机に手紙入れてたよ」 とヒソヒソ声で言ってきたから 『まじすかぁ、いい感じの距離感だったから気まづくなりたくはないんだけどなあ、』 とヒソヒソ声で答えて笑うと教室の前のドアが開いた 宇「てめえら座りやがれ自習始めんぞ。 」 とめちゃくちゃ不機嫌な天元が入ってきた え?私が教室入ってからの数十秒で心音凄いことになってるけど大丈夫そ?情緒不安定かな? 「起立ー。 気をつけー。 」 「「「おねがーいしまーす」」」 流石に不機嫌なことはみんなも分かったらしく、今までで1番なんじゃないかってくらい丁寧な号令ですはい。 席に座りながら、チラッと様子を伺うように目を見ると絶っっ対に睨んできた。 『は?意味わかんないんだけど?』 と思わず発した声が、静かになった教室に響いてしまった みんなが頭にハテナを浮かばせている し「A?なんかあった?」 『え、あー、なんでもない!気にしないで!』 と言った。

次の

【宇髄天元】吉原二の花魁は音柱に身請けされました【鬼滅の刃】

宇 髄 天元 夢 小説

『あらやだ可愛いね善逸くん。 緊張しちゃったの?あ、もしかしてどーt』 宇「やめろA〜、派手に意地悪してると我妻が本気になんぞ。 」 とAの言葉を制しながら足を進めると不服そうに頬を膨らませてこっちを向いた 『だって宇髄せんせーも聞こえたでしょ?善逸くんの心音。 』 宇「俺がお前に意地悪したくなる気持ちわかった?」 『死んどけ』 宇「もう先に号令かけさせるわ」 と言って教室に足を向けると休むことより遅刻が大嫌いなAは 『ごめんなさい今行きます!!善逸くんまたね〜』 と急いで我妻に手を振って横に並んだ Aside 教室に入るとクラスの中でも人気がまあまあで割とよく話す三谷くんに声を掛けられた 三「あ!!A!遅刻初めてなんじゃねえの?何かあったのか?」 『あーちょっと体調悪くて職員室で休んでた。 』 三「そゆことかー!今はもう治ったのか?」 『うん!心配ありがと〜』 と自分の席に座ると隣のしのぶが し「あの人Aの机に手紙入れてたよ」 とヒソヒソ声で言ってきたから 『まじすかぁ、いい感じの距離感だったから気まづくなりたくはないんだけどなあ、』 とヒソヒソ声で答えて笑うと教室の前のドアが開いた 宇「てめえら座りやがれ自習始めんぞ。 」 とめちゃくちゃ不機嫌な天元が入ってきた え?私が教室入ってからの数十秒で心音凄いことになってるけど大丈夫そ?情緒不安定かな? 「起立ー。 気をつけー。 」 「「「おねがーいしまーす」」」 流石に不機嫌なことはみんなも分かったらしく、今までで1番なんじゃないかってくらい丁寧な号令ですはい。 席に座りながら、チラッと様子を伺うように目を見ると絶っっ対に睨んできた。 『は?意味わかんないんだけど?』 と思わず発した声が、静かになった教室に響いてしまった みんなが頭にハテナを浮かばせている し「A?なんかあった?」 『え、あー、なんでもない!気にしないで!』 と言った。

次の

『【鬼滅の刃】宇髄天元との恋(R18)』第7章「蝶屋敷」 124ページ

宇 髄 天元 夢 小説

『あらやだ可愛いね善逸くん。 緊張しちゃったの?あ、もしかしてどーt』 宇「やめろA〜、派手に意地悪してると我妻が本気になんぞ。 」 とAの言葉を制しながら足を進めると不服そうに頬を膨らませてこっちを向いた 『だって宇髄せんせーも聞こえたでしょ?善逸くんの心音。 』 宇「俺がお前に意地悪したくなる気持ちわかった?」 『死んどけ』 宇「もう先に号令かけさせるわ」 と言って教室に足を向けると休むことより遅刻が大嫌いなAは 『ごめんなさい今行きます!!善逸くんまたね〜』 と急いで我妻に手を振って横に並んだ Aside 教室に入るとクラスの中でも人気がまあまあで割とよく話す三谷くんに声を掛けられた 三「あ!!A!遅刻初めてなんじゃねえの?何かあったのか?」 『あーちょっと体調悪くて職員室で休んでた。 』 三「そゆことかー!今はもう治ったのか?」 『うん!心配ありがと〜』 と自分の席に座ると隣のしのぶが し「あの人Aの机に手紙入れてたよ」 とヒソヒソ声で言ってきたから 『まじすかぁ、いい感じの距離感だったから気まづくなりたくはないんだけどなあ、』 とヒソヒソ声で答えて笑うと教室の前のドアが開いた 宇「てめえら座りやがれ自習始めんぞ。 」 とめちゃくちゃ不機嫌な天元が入ってきた え?私が教室入ってからの数十秒で心音凄いことになってるけど大丈夫そ?情緒不安定かな? 「起立ー。 気をつけー。 」 「「「おねがーいしまーす」」」 流石に不機嫌なことはみんなも分かったらしく、今までで1番なんじゃないかってくらい丁寧な号令ですはい。 席に座りながら、チラッと様子を伺うように目を見ると絶っっ対に睨んできた。 『は?意味わかんないんだけど?』 と思わず発した声が、静かになった教室に響いてしまった みんなが頭にハテナを浮かばせている し「A?なんかあった?」 『え、あー、なんでもない!気にしないで!』 と言った。

次の