一人暮らし貧乏生活。 貧乏生活を乗り越える金銭感覚を磨く知恵

一人暮らしをしている22歳女です。元々給料が低く貧乏生活をし...

一人暮らし貧乏生活

一人暮らしの時期は超貧乏生活でした 地方から上京して一人暮らしをしていた頃、超貧乏生活でした。 都内のマンションは、かなり高額なので借りることができず、築年数が古くて都内から1時間ほど離れた場所で物件探しをしたところ、最寄駅近くのアパートはかなりお手頃価格だったので、ここに済むことにしました。 ・お弁当を持参しました。 一人で生活をしていくには、家賃や生活費など様々な費用が発生するので、かなり厳しい状況になります。 都内勤務しているとお昼のランチも外へ食べに行くとなると1食1000円ほどの金額になるので、それは厳しいなぁと感じたのでオフィス仲間とは一緒にランチをせず、お弁当持参して自分の席で一人で食べるようにしました。 けっこう実家暮らしの子も多いので、定時上がりで美味しいレストランに食べに行く方も多く、 私は総合職だったので残業も多いのでけっこう残って仕事をバリバリしていました。 やはりしっかり働かないとお給料も厳しい状況になり、ガッツリ働くようにしていました。 そうすることで、食費を抑えることができるので、色々と工夫するようにしています。 ・閉店間際のスーパーへ行くのが楽しみ なので、自宅と職場の往復をする感じだったので、特に楽しみもなく、仕事が終わる時間帯はスーパーの閉店間際なのでお惣菜やお弁当など半額になっているので、けっこうまとめて買って帰り、夕飯にしたり冷凍するなどしていました。 また、翌日のお弁当に入れるなど工夫するようにしていたので、 けっこう食費も浮くので閉店間際のスーパーへ行って買い物するのはちょっとした楽しみになっていました。 かなり食費を抑えることになり、これは自分なりの楽しみになっていました。 ・食費を抑えるため工夫するようにしています。 一人暮らしをしていると、一人分の食事を作るのも面倒になるので、半額のお惣菜を買うのはなかなか良いですね。 豆苗など買うと、あと1回分生えてくるので、水を与えて豆苗を育てるようにしています。 他にはネギを買った時に根っこが付いていると、その根の部分をカットしてプランターに植えておくとネギが出てくるので、伸びたらまた活用できるので、 けっこう野菜を購入する際にもその後も育てることが可能かどうか判断しながら購入するようにしています。 そうすることで、食費を抑えることができるので、色々と工夫するようにしています。 ・まとめ 家賃・生活費・通信費や親も高齢になり、定期的に帰省しますので飛行機での帰省になるので交通費もかかるため、かなり普段は切り詰めて生活するようにしています。 職場の子は海外旅行など楽しんでいますが、人と比較しないようにしています。 スポンサーリンク.

次の

一人暮らしの時期は超貧乏生活でした

一人暮らし貧乏生活

住居環境が悪い• 職場や学校まで遠い• 毎月の食費を切り詰めなければならない• 食事に偏りが生まれる• ガスや電源のスイッチを入れるのが心苦しい• 暇な時間を作れない• 自由に遊ぶお金が少ない• 友達と遊べない(仕事や金欠で)• おいしそうなお店を見つけてもスルー• 洋服や下着を買う抵抗感が強い• 身近な人への生活レベルでの劣等感 これらを克服していくには、 節約か収入アップの2つしかありません。 即効性が高いのは節約になります。 一人暮らしをするために必要なお金 手取りで 最低月10万円です。 都内を除けば、月10万で最低限度の生活はできます。 安い賃貸マンションに住み、なるべく職場や学校に近い住環境を選べば交通費もコストカットできます。 目安ですが、生活に必要なお金の内訳はこうです。 家賃 5万 食費 3万 水道光熱費 1万 通信費 7千円 日用品 5千円 これに加えて、 毎月の貯金であったり 友達との交遊費で2~3万円くらいかかるしますと 月の手取りで15万くらいあればOKということになります。 お金のかからない娯楽なんていくらでもありますし、節約をうまいことすればお腹いっぱい食べることも、毎日健康に生活することも難しくありません。 ビンボーとはいっても、十分幸せな暮らしを送ることは可能です。 僕自身進学して、田舎から大阪に出てきたときは13万くらいの生活費でした。 生活の節約ポイント 続いて 生活の切りつめるポイントを紹介したいと思います。 探せばいくらでもあると思いますが、代表的なもの4つ。 日常の節約ポイント• 住む家• 通信費• 洋服 住む家 部屋の種類は 1ルーム1択。 6畳ほどあれば広さは充分。 ユニットバスタイプの部屋がほとんどだと思います。 職場や駅に近い立地なら交通費を削ることもできてしまいます。 あと近所に• スーパー• ホームセンター• コンビニ• 気軽に入れる飲食店 などがあるところを選ぶといいです。 部屋も南向きの日当たりがいい場所だと尚よし。 なかなか希望通りの住まいは見つからないかもしれませんが、 安くていい場所は探せばいくらでも見つかります。 食事 自炊最強です! 1日の食費を1,000円以下に抑えることなど造作もありません。 特に白飯は贅沢の極み! おかずもおいしく食べることができるし、おなかいっぱいになります。 カップ麺はおすすめしません。 僕は一人暮らしすること4年ですが、 カップ麺を口にした日はトータルで30日も無いと思います。 理由としては memo 牛丼屋や一人暮らしの強い味方 できたてをおいしく食べることができるし、野菜メニューもあります。 特に学生には強い見方でしょう。 ちなみに僕はすき家よりも吉野家派。 女性は1人だと入りづらいかもしれませんが。 お値段は1か月5千円ちょっと! ネットあんまり使わないという人は片方だけでもいいと思いますが、僕みたく ネットで仕事する人は両方あったほうが便利です。 ノマドみたくカフェなどで作業するのにポケットWi-Fiは必須です。 ルーター工事なんてめんどくさいものも必要ありません。 詳しくはこちらのサイトをどうぞ! 「」 洋服はどうする? A:僕も不安でした 一人暮らしのときに風邪で寝込んでしまうと、 薬や食べ物を運んできてくれる家族がいないのは心細いですよね。 あと 医者に診てもらうお金も心配です。 対策としては• 普段から健康に気を付ける• いざというときに連絡できる人を持つ• 食品や常備薬を置いておく となるでしょう。 パート・アルバイト含め会社で社会保険に入っておけば、3割負担でかかることができます。 肌荒れやのどが痛い程度の体調不良であれば、治療費は1,000円ちょっとです。 (レントゲンやCT、エコー、採血検査など受けると5,000円以上かかる) 薬も数百円~2,000円くらいなので安く済みます。 大きな病気でもしない限りは大した出費にはなりません。 いざというときに助けてくれる親族がいると心強いです。 女性であれば色気をうまいこと使う• 男性であれば口先をうまいこと操る そうすればヒモになれるかもしれません。 ただし同じ生活水準の人と付き合うのであれば、あんまりお金のかけたデートはできないと思った方がいいでしょう。 ディズニーランドでも行こうものなら、やっぱり出費がきついです。 財布からお金がドバドバと飛び出していく夢の国は、頭の中が 金でいっぱいになります。 貧乏な一人暮らしでも幸せになれる 贅沢さえ求めなければ、月10万円くらいで十分幸せな暮らしは可能です。 日本という世界でも稀なインフラの整った国に生活している以上、食べ物に困って死ぬということもないでしょう。 普通に幸せに暮らせます。 清潔な水も飲めるし、普段の食事や生活必需品も驚くほど安いコストで入手することができます。 今のところ戦争や紛争もありません。 平和です。 スマホ1台で大概のことはできます。 漫画や音楽や映画もそうです。 TSUTAYAなんて通わなくても、ネットフリックスやAmazonPrimeで十分事足ります。 貧乏脱出するには? ただし将来的なことも考えますと、やはり不安はぬぐいされません。 もう少しだけいい生活をしてみたいと思うのは自然なことです。 生きるために最低限のお金を稼ぎながら、 副業規模のネットビジネスを始めるというのをおすすめしています。 といいますか僕も貧乏生活を脱出したいと思ったのが、ブログを書き始めたのがきっかけです。 今の生活を変えたいと思うあなたは僕の同士です。 やる気あらば、ブログで稼ぐ方法教えます。 月にプラス3万円お小遣いを稼ぐことは、さほど難しくありません。

次の

食費1ヶ月1万円以下は余裕!貧乏一人暮らしの食事

一人暮らし貧乏生活

貯金ゼロで一人暮らし開始!生活は苦しかった 就職をして、東京で一人暮らしをするまではどちらかというと平均以上の暮らしをしていました。 裕福というわけではありませんでしたが、両親の甲斐性があったので 幼いころから大学卒業をするまではお金にはほとんど不自由したことはありませんでした。 そのような恵まれた生活をしていることは自分では気が付いているようで、気が付いていなかったのでしょう。 就職で独り立ちをするのだという意識から、親元から離れた場所で働くことを選択しました。 もちろん、就職するまでは一人暮らしをしたことはありませんでした。 大学時代には友人が下宿生活で自由に生活しているのをある意味うらやましく感じたこともありましたので、一人暮らしは不安より期待の方が強かったのです。 親元で暮らしていたので 貯金もほぼゼロという状態でした。 今から考えれば無謀といってもよかった思いますが、その時にはそんなことは全くと言っていいほど考えませんでした。 敷金礼金は会社から借金!見栄を張らなきゃよかった 就職して、職場は東京ということになり、まずは東京のはずれの方にアパートを借りることになりましたが、その際に 敷金や礼金は会社からの借金ということになりました。 月々の給料から天引きされることになりましたので、あまり多くない給料からさらにその分が少なくなりました。 icon-exclamation-triangle それに、あまりいいアパートというわけではありませんでしたが、それでも東京の一角ということは家賃はそれなりの値段はしていました。 東京以外の千葉や埼玉に借りればもっと安くていいアパートもあったのでしょうが、 東京に住むという見栄があったのかもしれません。 それに、初めての一人暮らしなので、生活に必要な家電品や日用品などは一切持っていなかったのでそれも購入しなければなりません。 さすがにそのお金は持っていませんでしたから、最初は最低限必要なものだけを購入してあとはローンなどを利用して少しずつ買い足していくことになりました。 給料は手取り12万!赤字になることも 給料は手取り12万円ほどで、東京でゆったりと一人暮らしができる額では到底ありません。 天引きされる額やローンで買った生活必需品の支払いや家賃を引いてしまえば、いくらも残りませんでした。 そのわずかなお金から食事代を出すと マイナスになることもしばしばでした。 電気代やガス代が引き落としされずに止められたことも一度や二度ではありませんでした。 給料日前の数日などはいつも飲まず喰わずに近い生活をしていました。 東京で一人暮らしをするというコストを全く考えて行動していなかった報いを受けたのです。 本当にお金がなくなりそうな時は、 ポイントサイトで貯めたポイントを現金化して凌いでいました。 給料日前に所持金が底を尽きかけた時は、ポイントサイトで無料会員登録などをしてポイントを貯めて、現金化してました。 お金がないと何もできない!下を向いて暮らした 就職した当初は仕事もいっぱいいっぱいでこなしていたということもあり、 朝から夜遅くまで帰れることはありませんでしたので、本業以外に仕事をするということはできませんでした。 給料が自然に増えていくのを我慢して待つしかありませんでした。 ある程度時間が経つと、会社からの借金がなくなってきますし、生活必需品のローンも終わってくるのは確実でした。 なるべくお金を使わないようにして、 顔を伏せて暮らしていました。 お金がないと本当に何もできませんし、交友関係を広げると出費も増えますので、必然的に一人で過ごす時間が長くなります。 若い時分でしたのでもっと色々と遊びたかったのですが、どうしようもありませんでした。 景気回復で収入アップ!生き残れました ただ、私自身には幸運なことであったのでしょうか、私が就職をしてから 会社が全体的に好景気になってきました。 もちろん、定期昇給などは一年に一度きりでそんなに大きな額ではなかったものの、ボーナスの額がかなり良くなってきました。 もちろん、就職した当初はボーナスとは言ってもしっかりした実績を上げているわけではありませんから、ほとんどありませんでした。 それも好景気に従って増額されてきました。 就職して一年以上は大変な生活をしていましたが、一年たったころからローンや借金がなくなってきたことや給料関係が上がったことで 生活が改善してきました。 しかし、完全に生活が軌道に乗ったといえるのは就職して3年目になってきたくらいからでした。 もうあんな困窮生活は、二度としたくないですね。 余裕があるうちに、もっとバイトでもしてお金を貯めておくべきでした…。 バレずに副業するなら、月5万円以上稼げるポイントサイトがお勧め! 「お金がないから副業したいけど、会社にバレたらどうしよう…」と悩んでいませんか? 会社にバレずに副業するなら、スマホでもできるポイントサイトがおすすめです! 無料会員登録や口座作成などの案件をこなすことでポイントがたまり、現金や電子マネーに交換できます。 現金に交換すると税金から会社にバレてしまう可能性も出てくるのですが 少額なら大丈夫ですが 、 Tポイントや楽天ポイントに交換して生活費に充てるなら今のところ会社にバレる可能性は極めて低いです。 最近はポイントだけでも様々なチェーン店で使えますので、現金と同じように使えるようになってきています。 こちらのポイントサイトは案件が豊富で還元率が高く、高額案件をこなせば月5万円近く稼ぐことも可能です。 私も何回も換金していますし、稼げないネット副業が多い中、ポイントサイトはやれば誰でも稼げますのでお勧めです。

次の