サモエド スピッツ ポメラニアン。 ポメラニアンの歴史

スピッツとポメラニアンの違いとは?

サモエド スピッツ ポメラニアン

まずはポメラニアンの歴史を知りましょう!ということで、 ここではポメラニアンのルーツを探っていきます。 ポメラニアンの祖先 ポメラニアンの祖先はアイスランドなどのソリ犬として有名な、 北方スピッツ系のサモエドが祖先といわれています。 外敵から羊を守る役割をしていたそうです。 サモエドは「カニス・ファミリアス・インテルメディウス」という系統の、 かなり古い犬種の1つで、ポメラニアンのほかにも、 日本で人気の高いチワワ、パピヨン、スピッツ、ダルメシアンなど 多くの犬種の祖先なんです。 まさにみんなのひいひいひいおじいちゃんなんですね! ただ確かにサモエドの毛並みとポメラニアンの毛並みは似ていますが、 実際には間にキースホンドというポメラニアンを大きくしたような、 オランダ原産の犬が祖先になっています。 ポメラニアンの名前の由来 ポーランド北西部からドイツ北東部にあたるポメラニア地方に、 ポメラニアンの元となる犬種の繁殖をしていたことにちなんで名づけられたそうです。 ドイツではスピッツ系をジャーマン・スピッツと総称していましたが、 時代が進むにつれ、犬種が多様化したので、ポメラニアンと呼ぶようになったとか。 当時は牧羊牧畜犬や番犬として定着していたそうです。 後ほど記述するイギリスに導入される前の正式な記録は残っていないため、 一番可能性が高い由来となっています。 イギリス王族に愛されたポメラニアン ポメラニアンが公式記録に登場したきっかけは、実はイギリス王族なんです。 1767年にイギリス国王ジョージ3世の王妃シャーロットが、 2頭のポメラニアンをイギリスに持ち込んだそうです。 フィービーとマーキュリーと名づけられたポメちゃん達は 絵画にも描かれているほどで、どれだけ気に入られていたかわかりますね! 今のポメラニアンよりもかなり大型で体重は14kg以上だったとか。 でも毛並みや顔立ちはポメそのものだそうです。 (あの毛並みで大型だったら、ふかふかして気持ちよさそう・・・) 孫によって一気に人気犬種に シャーロットの孫にあたるイギリス女王ヴィクトリアもポメラニアンを愛したそうです。 大きな繁殖犬舎を所有してたほど。 そのポメラニアンでも1番のお気に入りだったウィンザー・マルコというポメラニアンが 展覧会でお披露目されます。 そしてそこで優勝をすることができ、 そこから「女王の犬」として人気が広がっていきます。 王族ではそのほかにもフランス皇帝ナポレオンの王妃ジョゼフィーヌ・ド・ボアルネや、 イギリス王ジョージ4世などもポメラニアンを飼育していたそうです。 そこから小型のポメラニアンのブームが到来し、 繁殖家たちがこぞって小型化に精を出し、さらに色々な犬種との交配を繰り返すことで、 様々な毛色のポメラニアンが誕生していったのです。 日本には明治末期の頃に輸入 ヨーロッパの人気だけで留まることをしらず、さらにアメリカにも人気が移っていきます。 アメリカのアメリアンケネルクラブ(全純粋犬種の犬籍管理などを統括している愛犬家団体) などに登録されることで、さらに人気が加速していきます。 そしていよいよ日本に来ることになります。 (まってました!) ポメラニアンが日本に最初にきたのは明治初期といわれています。 その後、大正2年4月24日に東京都上野公園で開催された、 日本初の犬の展覧会にポメラニアンが出陳されます。 そこでなんと入賞を果たします! そして新聞などで話題になり、一気に日本での認知度が急上昇していくのです。 昭和30年代後半になると、本格的に家庭でのポメラニアン飼育が盛んになり、 コンパクトサイズで美しい毛並みが人気を博します。 流行り廃りのない、常に定番の人気犬種 その後、今現在でもずっとポメラニアンの人気は続いています。 常に人気犬種ランキングでは10位以内にランクインし、 その記録はなんと20年以上も続いています。 (さらに最近では5以内にランクイン。 すごい!) 愛らしいしぐさと活発で勇敢、 人に良く懐くフレンドリーな性格で頭も賢いと、 とても飼いやすいのが根強い人気の理由だと思います。 いかがだったでしょうか。

次の

サモエドとスピッツの違いって?わかりやすく解説!

サモエド スピッツ ポメラニアン

Contents• 牧羊犬であったジャーマンスピッツが中型化され、日本スピッツと呼ばれるようになりました。 その スピッツを室内で飼育できるように改良されたのがポメラニアンです。 ドイツでは現在に至ってもポメラニアンのことを小型スピッツと呼んでいます。 どちらもアンダーコート、オーバーコートのダブルコートの被毛で、きちんとお手入れしていればきれいで手触りの良い毛が特徴です。 スピッツとは スピッツはマズルがとがっていて真っ白のふわふわの毛が気品にあふれています。 もともとはよく吠えるという特徴があり、番犬として人気がありましたが、吠えない犬が増えてきたためにその人気はどんどん衰えていってしまいました。 しかし、人間の手によって交配が重ねられ、温厚でゆったりとした性格に変わっていきました。 スピッツの中でも 日本スピッツは毛の色はホワイトのみで、室外で飼育されていることが多いです。 スポンサードリンク ポメラニアンとは ポメラニアンはスピッツと同様、マズルがとがっているキツネ顔と、マズルが自覚幼い顔をしたたぬき顔の2種類に分けられます。 性格は好奇心旺盛で活発、警戒心が強くきちんとしつけをしないと無駄吠えをたくさんしてしまいます。 毛の色はジャパンケネルクラブ 国際的愛犬団体 で認められているだけで 13種類もあります。 室内犬なので外で飼育しているということは滅多にありません。 まとめ 今回はスピッツとポメラニアンの違いについてまとめました! スピッツもポメラニアンも祖先は同じサモエドです。 見た目にさほど違いはありませんが、日本スピッツはホワイト一色のみで、ポメラニアンよりも少し大きいのが特徴です。

次の

【デカポメとは?】サモエドが祖先!?大型犬の血を引くデカポメ(ポメラニアン)の特徴と魅力

サモエド スピッツ ポメラニアン

もくじ• ポメラニアンの発祥国は? ポメラニアンの発祥国についてですが、結論から言うとドイツになります。 「ふーんドイツなんだ。 なんだかイメージと違うなー」 と感じる人も中にはいるかもしれませんが、その通り。 あなたの感性は間違ってはいません。 どういう事かと言いますと、ポメラニアンの発祥国は確かにドイツなのですが、ポメラニアンにドイツの要素は何一つ含まれていません。 それもそのはず、ポメラニアンはドイツで色んな犬種を人の手によって掛け合わせて作り出された、言わば人造犬で、ドイツという国の環境とは一切関係ないのです。 初めてポメラニアンという存在が産まれた国の事を発祥と呼ぶのであれば発祥国はドイツで間違いは無いですが、 「元はどんな地方の犬なんだろう」という事であれば、答えは変わってきますね。 つまり、ポメラニアンが元々どんな国で育ってきたのかを知る為には、ポメラニアンの先祖の国を知る必要があるという事です。 ポメラニアンの国は? ポメラニアンが生まれた国はドイツですが、どのような環境の国で育った犬種が元になっているのかについては、先祖のサモエドという犬種が関係しています。 サモエドはロシアの北部というめちゃくちゃ寒い地域に住んでいる犬です。 結構有名な犬なので知っている方も多いと思います。 知らない方はテレビでソリを引く白い犬を見たことはありませんか? 雪国で白い大型犬がソリを引いている光景は多くの方がイメージ出来るかと思います。 あれがサモエドという、ポメラニアンの先祖です。 「あんなにでかいのがポメラニアンの先祖なの?」と 意外に思う方もいるかと思いますが、ポメラニアンには雪国ならではの特性がしっかりと受け継がれています。 ロシアという国の環境とポメラニアンの特性がどのように関係しているのかについては下の記事をご覧になってみて下さい。 元々はロシアの先住民族であるサモエードという人達が、狩りや牧羊犬などにポメラニアンの先祖(今で言うサモエド)を利用していたのが始まりです。 非常に飼い主に従順で、優れた犬種であった事から、やがてサモエドは欧州に渡ります。 そしてサモエドは飼いやすいよう徐々に改良され、スピッツ系の犬が生まれました。 このスピッツ系を小型化していった姿がポメラニアンになります。 今でこそ血統書付きの純粋なポメラニアンが日本では親しまれていますが、当時はまだポメラニアンという犬種のブランドは確立していなかったようですね。 もしかすると「牧羊犬と小さい犬の掛け合わせ」くらいにしか思われていなかったのかもしれません。 しかしそれが大きく変わったタイミングがあります。 イギリスのヴィクトリア女王がポメラニアンを飼った事で、そのブランドはすぐに確立し、劇的なスピードでポメラニアンの知名度は上がり普及していったのです。 今も昔も庶民は有名人の真似をしたがるものなんですね。 日本に来たのは何故? 日本にポメラニアンが来たのは、早くとも1970年代以降だと言われていますね。 初めはおそらく人気が無かったように思われますが、室内でも犬を飼う事が一般的になりだした頃に普及していったと言われています。 日本と言う国になぜ来たのかというと、単純に商売目的ですね。 飼いやすくなるように改良され、売られる為に日本に来たポメラニアン、あんなに無邪気な見た目をしているのにも関わらず、歴史的に見ると意外と悲惨ですね。 まあ室内犬は基本的にどんな犬も同じような歴史がありますが、一匹一匹を大事に育ててあげるのが飼い主の使命なのではないでしょうか? もしポメラニアンをこれから飼いたいと思っている方がいたら、下の記事が役立つと思うので読んでみて下さい。 日本では室内犬という概念がうまれた頃には既にポメラニアンは存在していたという事なので、意外と歴史は古いようですね。 以上、いぬさいとでした。

次の