駐車場 保険。 【駐車場経営の基礎知識】駐車場設備に保険はかけられる?

施設賠償責任保険は駐車場経営をする場合必要な保険。

駐車場 保険

その故障とタクシーの必要性があったかどうかの 相当因果関係があれば支払う必要があるかも。 タクシーでなくても電車でもよかったのなら 電車賃を払う事になりますが、そこからガソリン代を 引いたらゼロかも。 駐車場利用者にはその種の事故・故障に関しては一切責任はなく、 駐車場管理者の善管義務違反となれば、それなりの 賠償義務が発生する場合があります。 なお、その他の事故も含め保険では 「施設所有者・管理者賠償責任保険」と云うのがあります。 同時に「自動車管理者賠償責任保険」の加入も並行して 加入となります。 今回のようなケースも一応事故との間で相当因果関係ありと 判断されれば支払われますが、即タクシー代とはならない 可能性はあります。 保険はもっと大きな事故を想定しており、また法律上の 賠償義務があった時のみが対象ですので、何でも払う と云うものではありません。 Q マンション内 所有 の機械式駐車場で通常出庫操作時、地下から地上に上がる途中でパレットが傾いて止まり車が出せなくなりました。 17時間の暫定修理後、車を出せたのですが車体に細かい傷がついてました。 この傷を修理するための費用はどこに請求可能ですか。 近々管理会社と話をする段取りですので、参考にいたしたく、 質問させていただきました。 よろしくお願いいたします。 17時間の暫定修理後、車を出せたのですが車体に細かい傷がついてました。 この傷を修理するための費用はどこに請求可能ですか。 近々管理会社と話をする段取りですので、参考にいたしたく、 質問させていただきました。 よろしくお願いいたします。 A ベストアンサー 私はマンション管理組合の理事長やっているので、その経験と知識で回答します。 工作物については次の民法の条文が重要です。 (土地の工作物等の占有者及び所有者の責任)第717条 土地の工作物の設置又は保存に瑕疵があることによって他人に損害を生じたときは、その工作物の占有者は、被害者に対してその損害を賠償する責任を負う。 ただし、占有者が損害の発生を防止するのに必要な注意をしたときは、所有者がその損害を賠償しなければならない。 2 前項の規定は、竹木の栽植又は支持に瑕疵がある場合について準用する。 3 前2項の場合において、損害の原因について他にその責任を負う者があるときは、占有者又は所有者は、その者に対して求償権を行使することができる。 つまり、立体駐車場の占有者が責任を負い、占有者に責任がないときには、所有者が責任を負う、というのが法律の規定です。 この車は婚約者の所有のようです。 そうすると、損害賠償請求の権利者は婚約者で、質問者でありません。 しかしこの問題は簡単にクリアできて、質問者は婚約者から本件に関する一切の委任状を書いてもらえばよいです。 占有者である質問者には、本件について注意義務はありませんから、所有者に損害賠償責任が及びます。 立体駐車場の所有者は管理組合であって管理会社ではありません。 従って管理組合が本件の損害賠償責任者であって、管理会社に損害賠償請求することは不可能で、かつ誤りということになります。 管理組合は、駐車場以外にエレベータなどの沢山の工作物の所有者です。 この工作物責任を負っている現実を逃れるため、管理組合は施設賠償保険というものに、必ず入っているはずです。 管理組合が工作物責任を負うはめになったら、管理組合に代わり保険会社が損害賠償金をはらってくれるというスキームです。 この代償として管理組合は毎年何十万円とか何百万円の保険金を払っています。 どういうことかというと、本件の損害賠償責任を負うものは形式的には管理組合ですが、実質的には損害保険会社ということになります。 質問者も、管理会社も、管理人も、管理組合も、こういった法律的フレームワークを何も理解していないことが、本件の大混乱の原因です。 >この傷を修理するための費用はどこに請求可能ですか。 形式的には管理組合、実質的には損害保険会社です。 通常の自動車事故と同様、婚約者・質問者は修理に出す前、もしくは自動車修理工場に対し、損害の状況を示す写真を撮らせ、見積書を取ることが必要でしょう。 この損害の原因が立体駐車場のパレットの傾きにあることは、立体駐車場の保守会社が証人でしょうから、この保守会社から事故報告書、この事故を回復すりためにした修理報告書の写しをもらってください。 損害保険会社のOKもらって修理するのが一番確実ですが、事情があれば先に修理しても構いませんが、保険会社が万一払わないとおかしなこと言い出したときにには、裁判を起こすしか方法が無いというリスクを婚約者。 質問者は負うことになります。 >修理費用については駐車場の契約者と車の所有者が違うため、 お支払いは難しいというニュアンス 質問者も、管理会社も、管理人も、管理組合も、こういった法律的フレームワークを何も理解していないことが、本件の大混乱の原因ですと書いたとおりです。 「工作物責任」というのは、知らない人が殆どです。 質問者さんが知らなかったのですから、管理人さんや管理会社を責めても仕方がないでしょう。 >- 駐車場の契約者と車の所有者相違は契約解除になる可能性があり このマンションを買ったときに管理規約を分譲会社からもらっているはずです。 それを探し出して「駐車場使用細則」というところを読んでみてください。 そこに「組合員以外の所有する車両を駐車させることができない」とか「第三者への使用権の譲渡はすることができない」みたいな条文があるかどうか、チェックしてください。 前者のような条文を持っている組合は殆どなく、後者のような条文を持っている組合はたまにあるという程度です。 本件に限らず管理人さんから「契約解除になる可能性があり」と言われたら、契約書をチェックすれば良いです。 本件は、婚約者の所有する車ですから、契約解除は権利の乱用でしょう。 管理会社または管理組合がどうしても契約解除すると言ってきたら「ならば権利の乱用で裁判所に駆け込みますが、勝てる見込みあるか冷静に判断されては」と切り返せばよいでしょう。 >駐車車両所有者にかかわらず契約者である私が承知なのだから、 機械式駐車場の故障による損傷については管理会社側賠償責任有 質問者さんの「独自のお考え」であり、裁判所も弁護士さん、管理会社、管理組合などが従うべき法的根拠ゼロの主張です。 民法が規定する工作物責任の方がはるかに厳しくかつ質問者に有利で、こういう主張はするだけ損です。 こういう意味で、管理会社や管理人に立会いを求めた質問者さんの対応は極めて適切です。 立証できれば良いと割り切り、管理会社や管理人の対応が多少悪くても、首に縄かけて協力させればよいでしょう。 私はマンション管理組合の理事長やっているので、その経験と知識で回答します。 工作物については次の民法の条文が重要です。 (土地の工作物等の占有者及び所有者の責任)第717条 土地の工作物の設置又は保存に瑕疵があることによって他人に損害を生じたときは、その工作物の占有者は、被害者に対してそ...

次の

駐車場シェア、SOMPOが描く成長戦略 :日本経済新聞

駐車場 保険

駐車場経営を新しく始める場合、 どのような保険があるのかということも事前に調べておくものですよね。 駐車場というのは道路交通法が適用される空間ではありませんので、 駐車場内で起きた事故に関しても道路交通法の枠外ということになります。 ほとんどの場合が駐車場内で起きた事故に関しては 当事者同士の責任ということになり、駐車場管理者に責任は及びません。 また駐車場を経営するにあたって 必ず保険に加入しなくてはいけないというわけでもありません。 ですが駐車場経営というものにリスクはつきもので、保険に入っておくと、いざという時に役に立つものです。 その中でも今回は施設賠償責任保険についてお話ししていきたいと思います。 施設賠償責任保険とは 施設賠償責任保険というのは 駐車場経営や自動車などを対象としている保険ではなく施設を対象としている保険です。 駐車場の場合は その駐車場施設を対象としているということになります。 所有している施設に不備などがあったせいで怒ってしまった事故などに対して補償金が出る保険となっており、 例えば駐車場の看板などが落ちてしまって駐車場を利用している人が怪我をしてしまった場合などに保険が適用されます。 駐車場だけに限らず所有する施設において事業を行っている人はこの施設賠償責任保険に加入していることが多いです。 アパート経営などでも施設賠償責任保険に加入しているオーナーも多くいます。 駐車場の場合は 常駐する管理者がいてもいなくてもこの施設賠償責任保険に加入することができます。 関連記事: 施設賠償責任保険が適用される駐車場トラブル 駐車場で起こりうるトラブルの中でも施設賠償責任保険で補償することができるトラブルについて例を見ていきましょう。 施設賠償責任保険では対象となる施設の設備不備や欠陥が原因で人に怪我をさせてしまった場合(対人事故)や他人の物を壊してしまった場合(対物事故)に 施設の所有者であるオーナーが賠償責任を問われた際、保険を適用させることができます。 また施設内での業務遂行に起因する対人事故や対物事故にも保険を適用させることができます。 事故例• 施設の壁が倒壊し、通行人や駐車場利用者に怪我を負わせてしまった• 施設内で積もった雪が屋根から落ちてきたことによって、駐車場利用者の車が壊れてしまった• 台風や強風で看板が吹き飛び駐車してある自動車にぶつかった• メンテナンス中に業者が誤って駐車場のエレベーターボタンを押してしまったため、車と台座に人が挟まれ亡くなってしまった このような事故も全て施設賠償責任保険によって補償することができます。 施設賠償責任保険を含めた賠償責任保険に関しては 保険会社による示談交渉サービスがありませんので 実際にこのような事故が発生してしまった場合は直接被害者とコンタクトを取るのは被保険者(駐車場経営の場合は駐車場経営者)となります。 複雑な案件の場合は弁護士に依頼をした方が良いでしょう。 関連記事: 施設賠償責任保険以外の賠償責任保険 駐車場経営を行う場合は施設賠償責任保険以外にも加入を検討するべき賠償責任保険があります。 自動車管理者賠償責任保険 自動車管理者賠償責任保険は、 保管施設(この場合駐車場施設)において、他人の自動車を管理中に生じた事故 損壊、紛失、盗取、詐取 、 一時的に保管施設外で他人の自動車を管理している間に生じた事故について、 被保険者が損害賠償責任を問われたときに適用させることができる保険です。 駐車場内に駐車してある車を移動させる際に、車をぶつけてしまった• 自動車を駐車場内で保管している最中に紛失してしまった というようなトラブルの際にこの保険で補償をすることができます。 ただしこの保険は 常駐の管理人がいない時間貸駐車場や月極駐車場のような場所貸し駐車場は加入することができませんので注意が必要です。 機械賠償責任保険 機械保険は、 予想のつかない突発的な事故により駐車場において稼働可能な状態にある各種機械設備・装置に生じた損害に対して補償がきく保険です。 例えば• 誤操作• 材質や設計・製造上の欠陥• 他物の落下・衝突 といった事故による損害があった場合通常通り駐車場を運営できるようになるまで復旧にかかる費用などを補償してもらえます。 関連記事: 駐車場は出入りも多く、そのぶん多くの人が関わるのでトラブルも起こり安い経営になります。 この保険に加入しなければいけないというような必須事項があるわけではありませんし、駐車場の形態にもよりますが 駐車場経営を始めるにあたってどこかに届出が必要というわけでもありません。 しかしトラブルが多いからこそあらかじめ入っておいた方がいい保険というのはしっかりと調べた上で、 心配なようなのであれば加入しておくべきだと言えます。 特に車に関しては高額な賠償金を請求される場合もありますので注意が必要です。

次の

駐車場経営で税金はどれくらいかかる?4種類の税金・計算例・節税対策を一挙解説!

駐車場 保険

<当て逃げと自動車保険 目次>• 当て逃げの「加害者」になってしまったら 交通事故を起こしてしまったときは、運転者や同乗者は道路交通法上、適切な措置を取って、なおかつ警察へ事故について報告する義務があります。 当て逃げというのは、交通事故では「人身被害のない物損事故」のことを指し、上記のような本来すべき義務を怠ることをいいます。 もちろん法令違反となりますし、罰則があります。 なお、これが人身事故であれば「ひき逃げ」ということになります。 最近はドライブレコーダーをつけている車も増えているので、逃げてもバレます。 車をぶつけてしまったのは仕方ありませんが、きちんと謝罪して損害賠償しましょう。 当て逃げの「被害者」になってしまったら 警察への被害届は出しておきましょう。 当て逃げだと、加害者はもちろん目撃者を見つけるのは結構難しいものです。 どんな交通事故でもそうですが、後から届け出を出すのは手間がかかりますから、できるときにやっておきましょう。 車同士でぶつかった交通事故で、目を離したすきに相手が逃げたという場合もあるので、最初に相手のクルマのナンバーを控えておく、免許証などを必ず見せてもらうことを忘れないようにしてください。 交通事故はいつどんな形で起こるか分かりません。 車同士で接触するような事故は、経験のない人であればびっくりして冷静になれないケースが多いため、日頃からこうしたことを覚えておく必要があります。 駐車場での当て逃げは、目撃者などがいないと相手を見つけられません。 泣き寝入りしないためにも、また交通事故の際のトラブルを減らずためにもドライブレコーダーをつけておくことをおすすめします。 当て逃げの被害は車両保険でカバー 当て逃げに対しては、自分で補償をつけておくことも必要です。 ここからは、自動車保険の補償について考えてみましょう。 当て逃げが起きたとき、加害者か被害者かによって、使う自動車保険とその補償は異なります。 加害者:対物賠償責任保険• 被害者:車両保険(一般条件) 今回は自分が被害に遭った場合を想定していますので、被害者ということになります。 当て逃げに対しては、車両保険の契約がないと対応できません。 また、車両保険の種類にも注意が必要です。 いわゆる一般条件での車両保険なら問題ありませんが、例えば車対車エコノミー+A(いわゆる限定タイプの車両保険。 名称は保険会社ごとに異なる)などの場合、通常は当て逃げは対象となりません。 だから駄目だということでなく、どういうときに保険金の支払いとならないのかはこの機会に確認しておきましょう。 仮に当て逃げが対象になる車両保険でも、相手が悪いのに自分の保険を使って翌年の保険料が高くなるという理不尽な目にあうことがあるのです。 車両保険の「免責」には注意! 一般条件の車両保険を契約しているから安心かというと、もう一点確認しておくことがあります。 車両保険に免責金額(自己負担)の設定をしているかどうかです。 免責の設定がゼロになっていれば自己負担はありません。 ただ、免責をつけると保険料は安くなりますから、付帯しているケースは多いでしょう。 例えば、自動車保険証券の車両保険の部分に「0万円-10万円」などの記載があれば、保険期間中1回目の事故は自己負担なし、2回目以降の事故なら自己負担は10万円ということになります。 1年間に2回も事故なんてないと思う人もいるでしょう。 しかし一度交通事故を起こした後に、駐車場で当て逃げされたら、上記のような契約の場合は自己負担10万円が適用されます。 タイミングによっては自己負担が増えることもあります。 当て逃げで自動車保険は使わない方が得?! 当て逃げにあった際、自動車保険を利用しない方が得?! 当て逃げの場合、自分自身の感情の問題があります。 もともとは誰だか分からない加害者がいて、人の自動車にぶつけたくせに謝りもせず、損害賠償もせずに逃げた。 もらい事故にも関わらず自分の自動車保険を利用して、さらに翌年の保険料が高くなる(割引率が3等級ダウンします)ので、ちょっと気持ちがもやもやします。 また損害額が軽微な場合、自動車保険を利用しない方がいいケースもあります。 実際に自分の自動車保険を利用するかどうかは、金額の部分は保険会社に計算してもらい、もろもろの状況を考慮して判断しましょう。 ただ残念ながら2012年10月(一部の損保は2013年春以降)の改定で、自動車保険を利用しない方がいい損益分岐点の基準が上がっています。 仮にスーパーの駐車場で当て逃げされた場合、一般的に修理代20万円くらいまでなら、長い目で見れば、自動車保険は使わない方が得なケースが多いです(実際に事故があったら契約先損保・共済に試算してもらい判断)。 決して車両保険が使えないと言いたいわけでも、泣き寝入りしろと言いたいわけでもありません。 ひき逃げや当て逃げなど理不尽で不愉快な事故もあります。 こうした事故の被害者になったときの経済的な対応、気持ちの割り切り方も一度考えてみてください。 当て逃げの加害者が見つかったら? 滅多にあることではありませんが、当て逃げの相手方が分かった場合についてもお話ししておきましょう。 自動車保険を利用していなければ、修理代等について損害賠償することになります。 一方、車両保険を使って自分の保険から修理代の支払いをしている場合、そこに重複して相手から修理代を貰えるかというと貰えません。 車両保険を利用することで損害の回復はされているからです。 後は車両損害について自動車保険から支払いをした保険会社がその回収を相手にするかどうかです。 ちなみに慰謝料ですが、物損事故の場合には原則として認められていません。 物損事故の場合に、慰謝料(精神的損害)の請求が認められるのは例外的なケースに限られています。 駐車場などで当て逃げにあったようなケースでは難しいと思ってください。 【関連記事】•

次の