酵素玄米 電気代。 発芽酵素玄米炊飯器&圧力調理器 CUCKOO(クック) / ローフード通販ショップ LOHAS

寝かせ玄米を炊飯器で炊くと電気代はいくら?

酵素玄米 電気代

酵素玄米は寝かせ玄米とも言われていますね。 ですから、玄米を炊いた後、保温ジャーで3日以上寝かせて完成します。 この3日寝かせて発酵させる工程から、発酵玄米とも呼ばれていますね。 しかし、 酵素玄米を主食とした場合に、炊きたてを食べるわけではないという点から何か気づかれませんか? そうです、常時保温ジャーの電源は入れっぱなしになるんです。 炊いたら保温ジャーで寝かせます。 完成したものを食べていくと、当然なくなる前に次を炊きますね。 そして、炊いたらまた保温ジャーに移します。 すると気になりませんか?電気代!! 炊飯器の仕様によって異なりますが、 24時間保温しっ放しで30日続けても月に500円程度にしかなりません^^ しかしですね、もっとお伝えしたいのは他にあるんです。 炊飯器において最も電気代がかかるのが炊飯時です。 保温と比較すると時間当たりの電気代は約6〜9倍にもなります。 白米を毎日炊いているならば、酵素玄米にする事でむしろ安くなるでしょう。 酵素玄米にすると何故電気代が安くなるの!? 何故か!? 酵素玄米は3日以上寝かせるという性質からも、一回に多く炊く事が基本となるからです。 つまり炊飯の機会が激減するわけです。 我が家では夫婦二人で週に1. 5回です。 3週に2度というイメージですかね。 ちなみに、一度に一升炊きます。 ですから一度炊いて保温ジャーに移してしまえば逆に楽になる事に気づくと思います。 そもそも酵素玄米はちょっとやそっとじゃ腐らないですからね。 究極の主食かと思います。 酵素玄米炊飯器では、この完成までのサイクルがありますから、やはりニーズは高かったのでしょう。 今では一升抱きの酵素玄米炊飯器がリリースされています。 2016年にリリースされたそうで。 もっと早くリリースして欲しかったですね。。。 結論! 電気代は気にせず、どんどん炊いて寝かせましょう^^.

次の

酵素玄米(寝かせ玄米)の電気代について

酵素玄米 電気代

保温するので電気代がちょっと心配 3日間も保温しておくことって普段からではありえない話ですし、電気代などが心配になっていますよね? そこでだいたいの電気代を数字に表してみようと思います。 8時間保温している時間と1回の炊飯にかかる電気代がほぼ一緒になってきますので、回数にすると 炊飯9回分の電気代を使うことになります。 もう少し細かく説明すると、 1時間保温するのにかかる電気代が約0. 52円になってくるのですが、それを3日保温しつづけるとなると 45円程度となってきます。 こればかりは、人それぞれの感想になってくると思います。 9回分もの炊飯が出来るのにもったいない! と思うのか、3日で45円で健康的なものが食べれるのなら安いものだ! と思うのかで大分変わってくると思います。 寝かせ玄米の保存方法は冷凍後、レンジでチンだと効果なし? 3日以上保温の状態で置いておいた 寝かせ玄米の状態であれば冷凍庫で保存していただき、レンジでチンして食べていただいても大丈夫です。 しかし、最低3日の間は保温状態で寝かせるようにしてくださいね。 酵素玄米を冷やして食べるとダイエット効果があがる? これは酵素玄米だけでなく、炭水化物全てに当てはまることです。 炭水化物を冷やして食べることで炭水化物に含まれるデンプンがレジスタントスターチという成分に変わることによって、 最大60%もカロリーを抑えることができると言われています。 またレジスタントスターチは胃で消化されにくいため、小腸でも消化されずにそのまま大腸に届くというのも特徴の1つで、 吸収されるカロリーが低くなるということになります。 そして、食物繊維と同じように 腸内の環境を整えてくれる効果もありますので、酵素玄米も冷やして食べていただくことで同じような効果が期待できます。 冷やすときに1番ベストな温度は4度とされています。 寝かせ玄米を発芽玄米に置き換えても大丈夫? 全く問題ありません! むしろ玄米を寝かせることで ギャバという成分が豊富に摂取できるのですが、ギャバは ストレス解消・集中力アップなどの効果や 血圧を下げ高血圧の改善・予防にもなりますし、 便秘解消にもなるのでダイエットにも効果的です。 そして発芽玄米に変えていただくことでより一層ギャバの成分を増やすことができるので、健康面のためにも発芽玄米に置き換えることはオススメします。 3日目に表面がモチモチしない時って失敗? プチプチとした食感は玄米の特徴ですから失敗ではありませんが、 カピカピ・ポロポロになってしまったという方は 水加減が上手に出来ていなかったからだと思われます。 2合炊くときに2合のメモリまでの水分量では失敗してしまいますので、上記に書いた作り方の用に少しお水をプラスして炊いてみてくださいね。 まとめ 酵素玄米は作り方は簡単であってもやはり電気代は気になりますよね。 1人暮らしの方だったりしたら1回の炊飯で多めに炊いてさえおけばあとは冷凍保存して何日かは炊かずに済むかもしれませんが、家族全員分となると毎日炊かないと足りないので炊飯器も1台では回りきれないかもしれません。 しかし、酵素玄米には美容にも健康にも嬉しい効能や効果がたっぷりですので、まずは電気代も気にならない程度に週に1回程度のペースで始めてみてはいかがでしょうか?.

次の

寝かせ玄米を炊飯器で炊くと電気代はいくら?

酵素玄米 電気代

酵素玄米は寝かせ玄米とも言われていますね。 ですから、玄米を炊いた後、保温ジャーで3日以上寝かせて完成します。 この3日寝かせて発酵させる工程から、発酵玄米とも呼ばれていますね。 しかし、 酵素玄米を主食とした場合に、炊きたてを食べるわけではないという点から何か気づかれませんか? そうです、常時保温ジャーの電源は入れっぱなしになるんです。 炊いたら保温ジャーで寝かせます。 完成したものを食べていくと、当然なくなる前に次を炊きますね。 そして、炊いたらまた保温ジャーに移します。 すると気になりませんか?電気代!! 炊飯器の仕様によって異なりますが、 24時間保温しっ放しで30日続けても月に500円程度にしかなりません^^ しかしですね、もっとお伝えしたいのは他にあるんです。 炊飯器において最も電気代がかかるのが炊飯時です。 保温と比較すると時間当たりの電気代は約6〜9倍にもなります。 白米を毎日炊いているならば、酵素玄米にする事でむしろ安くなるでしょう。 酵素玄米にすると何故電気代が安くなるの!? 何故か!? 酵素玄米は3日以上寝かせるという性質からも、一回に多く炊く事が基本となるからです。 つまり炊飯の機会が激減するわけです。 我が家では夫婦二人で週に1. 5回です。 3週に2度というイメージですかね。 ちなみに、一度に一升炊きます。 ですから一度炊いて保温ジャーに移してしまえば逆に楽になる事に気づくと思います。 そもそも酵素玄米はちょっとやそっとじゃ腐らないですからね。 究極の主食かと思います。 酵素玄米炊飯器では、この完成までのサイクルがありますから、やはりニーズは高かったのでしょう。 今では一升抱きの酵素玄米炊飯器がリリースされています。 2016年にリリースされたそうで。 もっと早くリリースして欲しかったですね。。。 結論! 電気代は気にせず、どんどん炊いて寝かせましょう^^.

次の