セフカペンピボキシル塩酸塩錠 風邪。 医療用医薬品 : セフカペンピボキシル塩酸塩

風邪でセフカペンピボキシル、カルボシステイン、カロナールを処方された|じゅんいっちゃんねる

セフカペンピボキシル塩酸塩錠 風邪

処方された薬のメモです。 セフカペンピボキシル塩酸塩錠• カルボシステイン錠• カロナール錠 ある日の夕方、急に悪寒がしてきてドカンと熱が上がってしまいました。 最近流行りのインフルを疑ったけど病院でのインフルエンザ検査は陰性。 全身の倦怠感と酷い頭痛が主な症状。 今回、病院が開いてない時間帯に体調が悪くなってしまったので、以前もらった薬を引っ張り出して服用しようと思ったけど、どの薬がどういった効果があるのか分からず少々困りました。 まあ、常日頃から「おくすり手帳」を持ち歩いて記録しておいたらいいだけなんだけどね。 元気なときってそういうの忘れがちですよね。 見たい場所へジャンプ• 処方された3種類の薬 今回処方された薬は3つ。 左から順番に… セフカペンピボキシル塩酸塩錠100mg「CH」 1日3回 毎食後(朝昼夕)1錠ずつ• セフェム系の抗生物質で感染症を治療するお薬です。 蕁麻疹、腹痛、激しい下痢、貧血、全身倦怠感、白目が黄色くなるなどの症状がみられた場合には、ご連絡下さい。 このお薬は後発品です。 カルボシステイン錠500mg「サワイ」 1日3回 毎食後(朝昼夕)1錠ずつ• 痰を出しやすくするお薬です。 このお薬は後発品です。 カロナール錠200 発熱・頭痛時(頓服薬)• 熱を下げたり、痛みをやわらげるお薬です。 アスピリン喘息、消化性潰瘍の方は通常服用できません。 全身倦怠感、食欲不振、白目や皮膚が黄色くなる等の症状が現れたらご連絡下さい。 アセトアミノフェンを含む他の薬剤を併用する際はご相談下さい。 空腹時はさけておのみ下さい。 このお薬は後発品です。

次の

【Q&A】飲み合わせ(トランサミンとムコダインとレスプレンとセフカペンピボキシル塩酸塩とタイレノール)[No23023]

セフカペンピボキシル塩酸塩錠 風邪

フロモックス錠の有効成分 フロモックス錠100mgにはセフカペンピボキシル塩酸塩水和物が100mg、フロモックス錠75mgにはセフカペンピボキシル塩酸塩水和物が75mg含有されています。 フロモックス錠のジェネリック医薬品 フロモックス錠は100mgも75mgも共に下記の6種類がジェネリック医薬品として存在します。 セフカペンピボキシル塩酸塩錠「日医工」• セフカペンピボキシル塩酸塩錠「サワイ」• セフカペンピボキシル塩酸塩錠「トーワ」• セフカペンピボキシル塩酸塩錠「TCK」• セフカペンピボキシル塩酸塩錠「ファイザー」• セフカペンピボキシル塩酸塩錠「CH」 先発品のフロモックスと比べて、添加物は異なりますが、有効成分は全く同じとなっています。 効能・効果 フロモックスが効く細菌と適応症についてピックアップします。 適応菌 セフカペンに感性のブドウ球菌属,レンサ球菌属,肺炎球菌,淋菌,モラクセラ(ブランハメラ)・カタラーリス,大腸菌,シトロバクター属,クレブシエラ属,エンテロバクター属,セラチア属,プロテウス属,モルガネラ・モルガニー,プロビデンシア属,インフルエンザ菌,ペプトストレプトコッカス属,バクテロイデス属,プレボテラ属(プレボテラ・ビビアを除く),アクネ菌 適応症 表在性皮膚感染症,深在性皮膚感染症,リンパ管・リンパ節炎,慢性膿皮症 外傷・熱傷及び手術創等の二次感染,乳腺炎,肛門周囲膿瘍 咽頭・喉頭炎,扁桃炎(扁桃周囲炎,扁桃周囲膿瘍を含む),急性気管支炎,肺炎,慢性呼吸器病変の二次感染 膀胱炎,腎盂腎炎 尿道炎,子宮頸管炎 胆嚢炎,胆管炎 バルトリン腺炎,子宮内感染,子宮付属器炎 涙嚢炎,麦粒腫,瞼板腺炎 外耳炎,中耳炎,副鼻腔炎 歯周組織炎,歯冠周囲炎,顎炎 用法・用量(飲み方) 通常、成人にはセフカペンピボキシル塩酸塩水和物として1回100mg(フロモックス錠100mg)を1日3回服用します。 難治性又は効果不十分の場合は1回150mg(フロモックス錠75mgを2錠)を1日3回服用します。 フロモックスは 時間依存型抗菌薬と呼ばれ、1日の投与回数を分けて服用した方が効果の発揮する抗菌薬です。 そのため1日分を2回に分けて服用するよりも3回に分けて服用する方が効果を発揮します。 有効率(効果がある確率) 製薬メーカーが発表している一般細菌に対する有効率は下記のようになっています。 通常用量で,成人84. 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、 治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。 [妊娠中の投与に関する安全性は確立していない。 また、妊娠後期にピボキシル基を有する抗生物質を投与された妊婦と、その出生児において低カルニチン血症の発現が報告されている] 引用元 フロモックスインタビューフォーム 授乳中の使用 フロモックス(セフカペンピボキシル)の授乳中の服用について添付文書に注意書きもなく「授乳を中止することなく服用してOK」と指導されるケースが多くあります。 実際に医療現場では、フロモックス(セフカペンピボキシル)が授乳中に処方される頻度の高い抗菌薬です。 お酒(アルコール)との飲み合わせ フロモックス(セフカペンピボキシル)はお酒(アルコール)とは併用注意などの指定もなく、特に飲み合わせには問題ありません。 しかし、感染がある時や風邪の時はアルコールの大量摂取は控えた方がいいため、最低限におさえておきましょう。 副作用・下痢した場合は? 主な副作用(0. 1 ~ 3%の確率)は 下痢、 腹痛、 胃不快感、 胃痛、 嘔気、といった消化器症状、ALT(GPT)上昇、AST(GOT)上昇、 LDH上昇といった肝機能障害、発疹です。 腸内細菌のバランスが崩れることで下痢になることがあります。 水のような下痢になった場合は主治医や薬剤師に相談してください。 また発疹がでた場合は直ちにストップして主治医や薬剤師に相談してください。 市販薬では売ってる? フロモックス錠の有効成分である「セフカペンピボキシル」の入った市販薬は販売されていません。 抗菌薬は 耐性菌が発現する問題もありますので医療機関を受診して処方してもらうようにしましょう。 スポンサーリンク• カテゴリー• 4 こんにちは。 現役薬剤師Yu(ユー)です。 2006年に京都薬科大学薬学部を卒業し、薬剤師免許を取得後、調剤併設ドラッグストアと調剤薬局にて勤務する現役薬剤師です。 健康食品や市販薬、内科、整形外科、皮膚科、小児科、在宅医療まで幅広く患者さんと関わってきました。 「一人の患者さんが抱える薬の疑問は、みんなが抱える疑問かもしれない」 私が薬剤師として活動する中で、患者さんに聞かれたことや、患者さんが知っておく必要があると思った情報をまとめるためにサイトを立ち上げました。 最近は患者さんだけでなく、ヘルパーさんや看護師さんなど医療従事者の方も薬の勉強のために閲覧をいただいております。 「薬に関わる疑問を少しでも解消したい。 」 そのような思いで日々サイトを磨いてまいります。 まだまだ成長過程の薬剤師ですが、一人でも多くの方がこのサイトがあってよかったと思っていただるように自分の抱える知識を発信してまいります。 スポンサーリンク.

次の

【Q&A】セフカペンピボキシルを風邪で使うのはなぜですか?[No22673]

セフカペンピボキシル塩酸塩錠 風邪

フロモックスとは フロモックスは セフェム系の抗生物質です。 セフェム系のお薬はいくつかの世代に分類されますが、フロモックスは「塩酸セフカペンピボキシル」を主成分とした「第三世代」の「セファロスポリン系」のお薬になります。 効果・効能 「外傷・熱傷・手術創などの二次感染」「急性気管支」「肺炎」「腎盂腎炎」「尿道炎」「胆のう炎」「乳腺炎」「子宮内感染」「涙のう炎」「麦粒腫」「咽頭・喉頭炎」「扁桃炎」「中耳炎」「副鼻腔炎」「歯周組織炎」 などの疾患に対して使用されています。 二次感染や合併症を起こした場合には必要なこともありますが、予防として処方することは耐性菌(抗生物質が効かない菌)を増やす原因となるため、近年、処方しない傾向が強くなっています。 細菌が原因の場合は「ニューキノロン系」「セフェム系」「ペニシリン系」などのお薬を使用しますが、一般的には 「ニューキノロン系」がまず選択されることが多いようです。 「ニューキノロン系」を使用しても効果がない、アレルギーを起こすなどという場合に、「セフェム系」のお薬である「フロモックス」を使用してみて、効果がなければ、また別のお薬を使用するという風に使われます。 ニキビの原因菌である「アクネ菌」を殺すため、効果があるとされていますが、根本的な解決策にはならず、あくまでも一時的なものとの意見も多いようです。 「結婚式までにはなおしたい!」などという即効性を期待する状況での使用に対しては、役に立つこともありますが、上記した「耐性菌」の問題から考慮しても、長期間の服用は避けるべきでしょう。 フロモックスは「セフェム系」のお薬ですので、あまり効果がないと言えるでしょう。 スポンサードリンク 製品例は? ・フロモックス100mg ・フロモックス75㎎ ・フロモックス小児用細粒100mg 先発薬は塩野義製薬から上記のものが発売されています。 ジェネリック ・セフカペンピボキシル塩酸塩錠100mg ・セフカペンピボキシル塩酸塩錠75mg ・セフカペンピボキシル塩酸塩細粒10%小児用100mg 同じお薬がいくつもの製薬会社から販売されています。 用法・用量 【フロモックス100㎎・75㎎】 大人は1回100mgを1日3回食後に服用します。 症状が重い場合は1回150mgを1日3回に増量します。 【フロモックス小児用細粒100mg】 子供は1回3mg/kgを1日3回食後に服用します。 大人(錠剤が使用できない場合)は錠剤と同量を服用します。 【注意点】 それぞれ、体重や症状に応じて医師の指示により増減を行います。 錠剤には㎎の違う2種類の錠剤があるため注意が必要です。 副作用 「発疹」「じんましん」「かゆみ」「赤み」「腫れ」「発熱」「関節痛」「下痢」「胃痛」「吐き気」「血液の異常」「肺炎」「肝機能障害」 などが報告されています。 「ショック、アナフィラキシー様症状」の初期症状として「気分が悪い」「眼や口唇のまわりの腫れ」「めまい」などの症状が出ることがあります。 「中毒性表皮壊死融解症」「皮膚粘膜眼症候群」「紅皮症(剥脱性皮膚炎)」の初期症状として「水ぶくれ」「眼や口など粘膜のただれ」「全身の発赤」などが現れることがあります。 授乳中に飲んでも大丈夫? 添付文書において授乳婦への投与について特別な記載がありませんし、 フロモックスは乳汁移行量も少なく影響は非常に少ないと思われます。 ただし危険性を完全に否定することができないため、医師によっても見解の違いがあるようです。 乳汁移行が一番濃くなるのは、だいた2時間~4時間後であるため「お薬服用前に」「服用後ほとんどすぐ」「服用後5時間以降」に授乳するなどの対策を提案する場合もあるようです。 主治医に確認してみましょう。 スポンサードリンク 飲み合わせ フロモックスとの併用によって、薬の効果を過剰に働かせる成分としては ・ セフィキシム(抗生物質) ・ セフジニル(抗生物質) ・ ワルファリンカリウム(血栓症予防の薬) などが挙げられます。 まずは現在飲んでいるお薬を医師に必ず伝えることが重要になります。 アルコールは飲んでもいいの? 肝臓にアルコールが入ると最初にアルコールの脱水素酵素などの働きによって「アセトアルデヒド」という物質に変化します。 「アセトアルデヒド」が体の中を一巡りすると肝臓に再び戻り、水と酢酸に分解され、アルコールが抜けた状態になるのですが「セフェム系抗生物質」の中には、このアセトアルデヒドの代謝を抑える働きを持ったものがあり、薬と一緒にお酒を飲むと、普段は平気なお酒の量でも「 吐き気」や「 顔面紅潮」などの症状がでます。 場合によっては「頻脈」「低血圧」「呼吸困難」「腹部のけいれん」などの症状が起こることもあります。 お菓子や奈良漬けなどアルコールの入った食べ物でも起こることがあるので、注意が必要です。 もともと抗生物質を飲まなければならないような「病気」の状態でもありますので、 お酒は控えるべきですね。 まとめ フロモックス(成分名:)は、病原菌の増殖を抑え殺菌に有効なセフェム系の抗生物質です。 服用する際は今回記載したように、セフィキシム(抗生物質)、セフジニル(抗生物質)、ワルファリンカリウム(血栓症予防の薬)との飲み合わせに注意しましょう。 抗生物質のお薬であるため、一定期間一定量を服用する事で効果を発揮するため、決められた用法を守ることが特に大切です。 関連記事としてはことらもご参考下さい。

次の