クレヨン クレパス 違い。 クレヨンとクレパスの違い【原料・質感】おすすめ商品・遊び方

「クレヨン」と「クレパス」、「クーピー」の違いとは?

クレヨン クレパス 違い

クレヨンとクレパスの違い みなさんは子供の頃、何を使ってお絵かきをしていましたか? 知っているようでよく知らない「クレヨン」と「クレパス」には実は違いがあったんです!それぞれの特徴が分かればよりお絵かきが楽しくなりますよ。 クレヨンとクレパスの違いと歴史 【クレヨン】 クレヨンは硬質なため線を描くことに適していますが、色を混ぜたりや重ね塗りなどには適していません。 描いた後に触ってもベタつかないのが特徴です。 実はとっても歴史が古い画材で、「クレヨン」という名前は、18世紀頃にはもうあったそうなんです。 日本にやってきたのは大正時代で、国内で生産されるようになったのは大正7年なので、まだ日本での歴史は短いです。 【クレパス】 クレパスは軟質で伸びがいいので、面描きができたりプロも使うくらいにスクラッチ技法や重ね塗りなど、幅広い絵画表現が可能な画材です。 オイルの量が多いので、伸びもいいですが多少のベタつきがあります。 「サクラクレパス」の登録商標で、大正14年にクレヨンを改良して作られた商品です。 クレパスの一般名称は「オイルパステル」といいます。 年齢別で使いやすいのはどっち? 【クレヨンは赤ちゃんから低年齢の幼児向け 】 汚しやすく筆圧が安定していないこの時期の子どもたちには、硬くて描きやすいクレヨンがおすすめです。 べたつかず手が汚れにくく折れにくいので、力を入れがちな小さな子でも使えます。 紙からはみ出して落書きをしてしまっても落ちやすいのも嬉しいところです。 【クレパスは年長さんから小学生向け 】 伸びもよく色を混ぜたり重ねたりできるので、より深みのある絵が描けるようになる小学生以降におすすめです。 絵を描くだけでなく工夫次第でいろいろな楽しみ方ができるようになります。 進化するおすすめの最新くれよん 【サクラクレパス 水でおとせるクレヨン】 手足や体についても水で洗えば簡単に落とすことができ、表面がつるっとしたところは、はみだして描いてもぬれ雑巾でふき取ることができます。 また、力いっぱい握って描いても折れにくい太さとなっています。 【コクヨ 透明クレヨン】 すらすらと軽く描けて下絵もくっきり見える! 透明オイルゲルクレヨンです。 子どもたちが描く、絵の上に重ねてぬると、透明水彩で描いたような透明感のある色彩が楽しめます。 まとめ 同じような画材だと思われがちですが歴史や性質などに結構な違いがあります! お絵かきは子どもたちにとってとっても楽しい作業です。 年齢や発達、場所や素材によって使い分け、線画に優れたクレヨンと塗りに優れたクレパス、お互いの特徴を生かしてたくさん遊んでくださいね!.

次の

「クレヨン」と「クレパス」の違いは?

クレヨン クレパス 違い

「 クレヨン」:溶かした「蝋」や「パラフィン」という有機化合物に、着色に用いられる水や油では溶けない粉末の「顔料」を混ぜて冷やして棒状に固めたもの• 「 クレパス」:株式会社サクラクレパスが販売している「クレヨン」の1種• 「 クーピー」;株式会社サクラクレパスが販売している色鉛筆の1種 一般名称か商品名かの違い 「クレヨン」「クレパス」「クーピー」には 一般名称か商品名かの違いがあります。 「クレヨン」はフランスから伝わってきた一般名称ですが、「クレパス」「クーピー」に関しては株式会社サクラクレパスが商標登録している商品の1つです。 「クレパス」は一般的には「 オイルクレパス」という名称で「クレヨン」の種類の1つですが、「クーピー」は色鉛筆の1種です。 特徴の違い 「クレヨン」「クレパス」「クーピー」、どれも似たような感じですが、 それぞれ特徴に違いがあります。 「クレヨン」は色鉛筆のように先が尖っておらず、硬くて折れにくく、無害であることから初等教育にはうってつけの画材、「クレパス」は「クレヨン」と比べると柔らかく、広範囲を塗ること、色を混ぜ合わせたり、厚塗りをしたりと様々な技法に適しており、子供からプロの方まで幅広く使うことができる画材、「クーピー」は色鉛筆の描きやすさと「クレヨン」の持つ特徴を受け継いだ画材です。 同じに扱われることありますが、それぞれに特徴があるので使い分けがされています。 「クレヨン」「クレパス」「クーピー」とは 「クレヨン」について詳しく 「クレヨン」とは 溶かした「蝋」や「パラフィン」という有機化合物に、着色に用いられる水や油では溶けない粉末の「顔料」を混ぜて冷やして棒状に固めたものです。 「クレヨン」はフランス語で「 鉛筆」という意味で19世記にフランスで開発され、日本では大正時代ごろに普及しました。 「クレヨン」は手を汚すことなく絵を描くことができ、色鉛筆のように先が尖っておらず、硬くて折れにくく、また無害であることから初等教育にはうってつけの画材です。 特に小さなお子さんだと力を入れて強く描いてしまいがちですが、「クレヨン」は硬くて折れにくく、また少量であれば食べても問題がない作りになっています。 ただ、もし食べてしまった場合はうがいをしっかりとして、異常ないか確認、あった場合もしくは心配な場合はすぐにお医者様に診てもらうようにしてください。 利点の多い「クレヨン」ですが、 色を混ぜ合わせたり、広い範囲を塗ったり、重ね塗りしたりするのには向いていません。 「クレパス」について詳しく 「クレパス」とは 株式会社サクラクレパスが販売している「クレヨン」の1種です。 「クレパス」という呼称は株式会社サクラクレパスが商標登録している商品名のため、他の企業では使われておらず、一般的には「 オイルクレパス」という名称で販売されています。 通常の「クレヨン」は溶かした「蝋」や「パラフィン」に「顔料」を混ぜて冷やしたものですが、「クレパス」はそれらに液体油や体質顔料をプラスしており、これによって伸びがよく広範囲を塗ることに適しており、「クレヨン」よりも柔らかい素材なので、色を混ぜ合わせたり、厚塗りをしたり、重ね塗りをしたりと様々な技法を使うことができます。 「クーピー」について詳しく 「クーピー」とは 株式会社サクラクレパスが販売している色鉛筆の1種です。 「クレパス」と同じく「クーピー」も株式会社サクラクレパスが販売している商標登録がされている商品です。 正式名称は「 クーピーペンシル」で、色鉛筆の描きやすさと「クレヨン」の持つ発色の美しさを活かした色鉛筆です。 色鉛筆全体が芯になったようなもので、「クレヨン」の硬くて折れにくいという特徴を継いでいます。 先を尖らせるために「クーピー」には鉛筆削りがついており、また、消しゴムで消すことができるという点から消しゴムもついています。 折れにくい、消しゴムで消すことができる、汚れにくい、三拍子揃っているので非常に使いやすい画材です。

次の

クレヨンとクレパスの違い【原料・質感】おすすめ商品・遊び方

クレヨン クレパス 違い

「クレヨン」と「クレパス」の違いとは? どちらも似ていて、見分けるのは難しいのですが、一体何が違うのでしょうか。 「クレヨン」とはパラフィンや蝋などを顔料と練り合わせた棒状の画材のことですが、本来は顔料を固形ワックスで練り固めたものです。 現在では日本製のクレヨンには顔料と固形ワックスだけでなく、その他に体質顔料と液体油も混ぜて、よりなめらかに描きやすいよう軟らかめにさせていることでも知られています。 「クレパス」とはサクラクレパスが販売しているクレヨンの一種であり、商品名でもあります。 一般名称は「オイルパステル」で、英語表記でも「Oil Pastel」となっています。 「クレヨン」と「クレパス」の特徴は? どちらも絵を描く上で必要になってきますが、それぞれの特徴とは一体何でしょうか。 「クレヨン」はとても硬いので線描には向いていますが、広い範囲を塗ったり、色を混ぜ合わせたり、重ね塗りするのには向かないのです。 しかし、幼い子は絵を書く時に力を入れがちですが、クレヨンは硬くて折れにくいですし、手に汚れもつきにくいため、おすすめとなっているのです。 「クレパス」は柔らかくて伸びが良いため、広い範囲を塗るのに適しており、色は不透明で、油絵のような重厚なタッチの絵を描くこともできるのです。 実際に紙の上に盛り上げるように重ねたり、塗ったあとに引っ掻いて描画したり、さまざまな技法使うことができるため、子供から専門家まで幅広く使われています。 子供に合わせて使いましょう! それぞれ「クレヨン」と「クレパス」の特徴や違いについて説明をしましたが、実際に使う際は子供の年齢やどんな絵を描きたいのかによって使い分けることが大切です。 また、実際にそれぞれ使ってみて、子供の好みで使い分けてみるというのが特に重要で、自分に合っているものを使うことで、より絵を描くのが大切になります。 ただし、学校指定がある場合はそれに従って選ぶことが大切です。 まとめ 子供から大人まで楽しむことが出来る「クレヨン」と「クレパス」ですが、それぞれの違いや特徴をしっかりと理解をして使っていきましょう。

次の