フェリシモ マスク。 ただのマスクではない! 乾燥と日差しからも守ってくれるフェリシモの「マスクスヌード」

ただのマスクではない! 乾燥と日差しからも守ってくれるフェリシモの「マスクスヌード」

フェリシモ マスク

なお、限定入荷生地のため完売後の再販予定はありません。 商品名 ふんわりダブルガーゼマスク 内容量 1枚入り 商品説明 直接肌に触れるためダブルガーゼ生地に洗い・ワッシャー加工を施しており、 ふんわりソフトで優しい仕上がりとなっております。 安心の国内生産です。 きちんとフィットするように鼻部分には形状記憶樹脂を入れてあります。 耳にかかるゴムは長時間の使用でも痛くなりにくいソフトな素材を使用しています。 また縫い付けていませんので、ご自身で結んでいただくことで長さ調整も可能です。 洗濯して繰り返しお使いいただけます。 煮沸消毒していただけますとより安心です。 またモニタ環境により、 実際の商品とは色味が異なって見える場合がございます。 ご了承くださいませ。 キシリトールマスクについて 肌馴染みの良いオーガニックコットンに 清涼感アップのキシリトールを配合しました。 オーガニックコットンは無農薬で育てられた綿花を 兵庫県西脇市にて肌馴染みの良いダブルガーゼに織り上げました。 キシリトールは要約するとアルコールの一種です。 効果が発揮されるのは呼気に含まれる水分に反応して 吸熱効果からマスク内にこもった熱を吸収します。 天然由来のキシリトールは肌に直接触れても安心ですが、 長時間使用することも考慮して濃度を上げすぎず、 程よく効果があるように調節して配合しました。 また、型紙も見直して立体感をアップさせた専用設計です。 マスク下部の生地の伸びを抑えることで型崩れも防ぐ、 メードインジャパンのかくれた職人技です。 また、万が一お肌に合わない場合は使用を中止してください。 生産国 日本 広告文責 株式会社MAW 06-6251-3316(連絡先電話番号).

次の

☆★FELISSIMO☆フェリシモ☆その280★☆

フェリシモ マスク

仕事バタバタの期間が続きあまり書けませんでしたが、ちょこちょこと縫物はしておりました。 編んでもいますが、きちんと記事にできるほどの進捗がないので。。 また次回。 フェリシモ ゼロからレッスン ミシン 1回目 ランチョンマットとコースターです。 もうこれは色々と間違いの塊💦 まず裁断からすでに間違えている😅 ギンガムのほうの布、柄と並行に切れてない。 縫って辻褄合わせようと試みましたが、まぁ、ご覧の通りです。。 頭囲54cm のレシピで、被せてみたらちょっと大きすぎた。 でも、柄は気に入ってくれた様子で、意外と自主的にかぶってくれています。 頭のてっぺん部分の縫製がいまいちな出来だったので、 少しサイズを下げて(型紙の縮小コピー率も載っている)、 再度チャレンジしたいなと思っています。 マスクの追加 ガーゼ、最近のムシムシ陽気で、既に蒸れるなと思い始めてるんですが、他の生地でもう少し涼しくできないか、考えつつ。。 洗い替えが必要なので、いくつか縫いました。 こちらのキットです。 だいぶ品薄感はなくなってきているので、買いやすくなりましたね。

次の

ガラフル やさしい印象まとう もよもよもようマスクの会

フェリシモ マスク

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)専門家会議からの提言を踏まえ、厚生労働省は「」を具体的にイメージできるように、今後、日常生活の中で取り入れていただきたい実践例を提示しました。 その中で、マスクの日常使いについて記載していますが、マスクをちょっとはずすときの置き場所に困っている方も多いのでがないでしょうか。 そんな中話題になっているのが株式会社フェリシモの商品です。 フェリシモは幅広い年齢層の女性をターゲットに通販事業を行っています。 多くの商品で定期購入システムが導入されており、シリーズの中でどの商品が届くかといった楽しみ方もあります。 かわいらしさやスタイリッシュさ、エコといった付加価値商品が多いフェリシモの商品の中で、 今回はデスクやカフェでちょっとした一時置きに便利なマスクをたたんで収納できる「カラフルホルダー」をご紹介していきます。 **************** そんな株式会社フェリシモは服飾・服飾雑貨、生活関連品を主に扱う通信販売事業を中心とした企業です。 2020年1月9日に発表した「」によると、売上高が前年同期比0. 3%増の209億2600万円となっています。 これらは主力事業である定期便(コレクション)事業の好調や、水族館などの施設や人気キャラクターとのコラボレーションによって生まれた雑貨商品などの影響といわれています。 また、顧客単価が上昇していることなどからも、ファンが定着し、ますます期待が高まっていることの表れともいえるのではないでしょうか。

次の