ご 査収 の 程 よろしく お願い いたし ます。 「ご査収の上よろしくお取り計らい」の使い方や意味・例文

「ご査収のほどよろしくお願い致します」の意味と使い方

ご 査収 の 程 よろしく お願い いたし ます

まず始めに、「ご査収願います」という言い回しの、意味や使い方について考察していきます。 意味や使い方といった、基本的な内容を通して、「ご査収願います」という言い回しがどのようなものなのか、考えてみて下さい。 「ご査収願います」の意味 早速、「ご査収願います」という言い回しに含まれている、意味について考えていきましょう。 「ご査収願います」というフレーズの意味を考える際、解釈などに悩む方が多いのは、「ご査収」という言葉だと考えられます。 「査収」という言葉の意味については、「goo辞書」にて、以下の引用のように説明されています。 引用から、「査収」とは、金銭や物品などを受け取る際、よく確認したり調べたりした上で受け取ることを意味する言葉だと読み取れます。 上記のような意味を持つ「査収」という言葉に、丁寧さを意味する「ご」が付いた言葉が「ご査収」です。 ですから、「ご査収願います」という言い回しには、物や金銭などを、確認してもらうことを願う意味があると考えられます。 金銭・物品・書類などを、よく調べて受け取ること。 「ご査収願います」の使い方 続いては、コミュニケーションを取る際に、「ご査収願います」を使用する場合、どのように使えば良いのか、基本的な使い方について考えていきます。 上記でも述べたとおり、「ご査収願います」という言い回しには、書類や金銭などを受け取る人に向けて、確認をお願いする意味が含まれていると言われています。 ですから、「ご査収願います」というフレーズは、誰かに書類や物品、金銭などを渡す際に使用するものだと考えられそうです。 メール 「ご査収願います」という言い回しは、会話だけでなく、メールなどでも使うことが可能です。 メールで「ご査収願います」という言い回しを使うシチュエーションとしては、メールに資料などのデータを添付して、相手に確認してもらいたい場合などが考えられます。 また、郵送で贈り物などを送ったことを知らせる場合にも、メールで伝えることがあると考えられそうです。 後述で、よりたくさんの例文をご紹介していきますが、メールで「ご査収願います」という言葉を使う場合の一例としては、「資料を添付いたしましたので、ご査収願います」「つまらない物ですが、ご査収願います」といった使い方ができると考えられそうです。 「ご査収願います」の例文 「ご査収願います」という言い回しの、基本的な意味や使い方を理解したところで、続いては「ご査収願います」というフレーズを使用した例文をご紹介していきます。 例文の中で、「ご査収願います」という言い回しがどのように使われているか確認してみることで、「ご査収願います」という言い回しのより実践的な使い方を学べる可能性もあるでしょう。 よろしく 「ご査収願います」という言い回しと一緒に使われることが多い言葉の1つに、「よろしく」という言葉が挙げられます。 「ご査収よろしくお願いします」などの言い回しで使われることが多く、「ご査収」という言葉を使用した言い回しとしては、最もメジャーな言い回しの1つだと言えそうです。 ・ご査収のほど、よろしくお願いいたします。 ・会議の書類をお渡ししますので、ご査収のほど、よろしくお願いします。 ・つまらないものですが、ご査収のほど、よろしくお願いいたします。 申し上げます 「ご査収願います」という言い回しを、より丁寧にした言い回しの1つとして、「ご査収いただきますようお願い申し上げます」などの表現が挙げられます。 目上の人などに、より丁寧に物を渡したり、書類や物品などの確認をしてもらったりしたい場合は、以下の例文のような表現を使用すると良いでしょう。 ・お渡しいたしました書類の内容を、ご査収いただきますよう、お願い申し上げます。 ・お詫びの品を後日お送りいたしますので、ご査収下さいますよう、お願い申し上げます。 ・お詫びの品を郵送にてお送りいたしましたので、ご査収いただきますようお願い申し上げます。 「ご査収願います」の返信方法 ここまで、自分が「ご査収願います」というフレーズを使用する場合に注目して、さまざまな視点から「ご査収願います」について、考察・ご紹介してきました。 しかし反対に、自分が他人から「ご査収願います」と言われる可能性もあるでしょう。 そこで続いては、「ご査収願います」と他人からメールで言われた場合の返信方法について、考えていきます。 他人から「ご査収願います」とメールなどで言われた場合は、まずは「ご査収」の対象となる贈り物や資料などを確認しましょう。 また、すぐに確認できない場合は、いつまでに確認すれば良いのか、相手に尋ねてみることをおすすめします。 資料などを確認したら、確認したことや内容について、返信のメールで述べ、場合によっては相手にお礼を述べるのが、一般的だと考えられます。 「ご査収願います」の上司への使い方 続いては、「ご査収願います」というフレーズを、上司などの目上の人に対して使いたい場合、どのように使えば良いか、考察していきます。 基本的に、「ご査収」という言葉自体、確認を意味する「査収」に丁寧なニュアンスを持つ「ご」が付いた、丁寧な言葉だと考えられます。 そのため、「ご査収願います」というフレーズのままでも、親しい相手の場合は、使用しても問題ないと考えられそうです。 より丁寧な表現 上記でも述べたとおり、「ご査収願います」という表現は、丁寧な表現と言えるでしょう。 しかし、さらに丁寧な表現も存在しているため、より敬意を払うべき相手や、丁寧に接したい相手などには、さらに丁寧な表現を使用した方が良いと考えられます。 「ご査収願います」という言葉を、さらに丁寧にしたい場合は、「願います」の部分をより丁寧な表現へと変えていく必要があると言えるでしょう。 「願います」という言い回しをより丁寧にした言い回しとしては、「お願い申し上げます」「よろしくお願いいたします」などの言い回しが挙げられます。 ですから、「ご査収願います」を丁寧にしたい場合は、「ご査収のほど、お願い申し上げます」などの言い回しに言い換えられると考えられそうです。 「ご査収願います」の敬語 「ご査収願います」という言葉は、目上の人などに物を渡す際に使われる言葉です。 そのため、上司にも使用できるかお考えの方もいらっしゃるでしょう。 そこで続いては、社内でも「ご査収願います」という表現を使用するかどうか、考えていきます。 「ご査収願います」というフレーズを、社内で使用しても、失礼になるということはないでしょう。 しかし、「ご査収下さい」という言い回しは、かしこまった言い回しでもあるため、社内で使うと、やや違和感があったり、堅苦しい印象を与えたりしてしまう可能性もあります。 ですから、社内では「ご確認お願いいたします」「よろしかったらお受け取り下さい」といった言い回しの方が、無難だと考えられそうです。 「ご査収願います」の類語.

次の

ご査収くださいの意味と使い方(上司、メール)や例文!ご査収の程とは?まで解説!

ご 査収 の 程 よろしく お願い いたし ます

『ご』• 『査』• 『収』• 『ください』 となり、 『ご』『査』『収』という3つの文字と『ください』が合わさった言葉 であることが分かります。 それぞれの細かい意味ですが、 『ご』は「御」のことで、尊敬の意味を表します。 『ご(御)+〇〇』で、相手を敬う気持ちがあるということになります。 次に、 『査』には、「調べる」「明らかにする」という意味があります。 続いて、 『収』には、「収める」「手に入れる」「中に入れる」という意味があります。 最後に、 『ください』は相手になんらかの動作をすることをお願いする意味で、「下さる」の命令形です。 つまり、 例えば、 『書類をご査収ください』という言語を意味だけで繋げると、 『書類を良く調べてから受け取って欲しい』 という依頼を丁寧な形で表していることになります。 ですので、 目上の相手に向かってお願いするときに使う言葉 と言えます。 ただ、『ください』という表現は、 「下さる」の命令形ということから、 丁寧な表現ではあるのですが、 社外とのやり取りには不向き と考えられています。 『ご査収ください』の使い方と例文 ここでは『ご査収ください』の具体的な使い方を紹介します。 ポイントは、 書類や資料や物をよく確認してから受け取って欲しいとき に使うということです。 ですので、 確認する対象がないのに『ご査収ください』を付けると 相手にとっては意味がわからないものになってしまいます。 例えば、 添付ファイルのないメールなどですね。 さて、『ご査収ください』の具体的な使い方ですが、 相手とあなたとの関係に応じて正しく使い分けていきましょう。 正しく使い分けた表現としては、 ご依頼の資料について、添付ファイルにて送付しましたので、ご査収ください。 のように丁寧な表現として使います。 『ご査収くださいませ』 『ください』は「くださいませ(まし)」の略語です。 ですので、 『ご査収ください』と『ご査収くださいませ』とは同じ意味となります。 略語ではないだけに、『ご査収ください』よりも丁寧な表現ではあります。 ただ、 「ませ」の使用は口語表現としては多くありますが、 文章表現としてはあまり用いられません。 また、 文章表現として用いる場合でも、女性的な雰囲気があることから 男性の使用には違和感を感じる方も多いと思います。 使い方としては、女性が社内向けの丁寧な表現として使うと良いでしょう。 『ご査収願います』 『願います』は「願う」の丁寧語となります。 実質的には、『ご査収ください』と丁寧さのレベルでは違いがありません。 ですので、こちらも対外的な表現としては不向きです。 できれば、親しい間柄や社内で使用する方が良いでしょう。 (例文) ご要望いただいた資料一式を送付いたします。 ご査収いただきますよう、よろしくお願いいたします。 以上、『ご査収ください』の使い方をまとめると、 丁寧 レベル 使い分け 例文 下 『ご査収ください』 『ご査収くださいませ』 『ご査収願います』 ・ご依頼の資料について、添付ファイルにて送付しましたので、ご査収ください。 ・本日〇〇営業所に配備品を発送しました。 ご査収願います。 中 『ご査収くださいますよう、よろしくお願いいたします』 『ご査収くださいますよう、よろしくお願い申し上げます』 ・ご依頼のありました書類を本メールに添付させていただきました。 ご査収くださいますよう、よろしくお願いいたします。 上 『ご査収の程、よろしくお願いいたします』 『ご査収の程、よろしくお願い申し上げます』 ・ご要望いただきました〇〇のパンフレットを送付いたします。 ご査収の程、よろしくお願い申し上げます。 最上 『ご査収いただきますよう、よろしくお願いしたします。 』 『ご査収いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。 』 ・ご要望いただいた資料一式を送付いたします。 ご査収いただきますよう、よろしくお願いいたします。 となります。 まとめ 基本的に相手を敬って使われる言葉なので、 上司など社内での目上の方に使うことは問題のない言葉です。 ただ、社外や取引先やお客様へ送る場合は 『ご査収くださいますよう、よろしくお願いいたします』 『ご査収いただきますよう、よろしくお願いしたします。 』 として使った方がより丁寧です。 同じ「ご査収ください」でも、 状況に応じて使い分けることができると できるビジネスマン と印象づけることができますね。 それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

「ご確認の程よろしくお願いいたします/申し上げます」の意味と敬語、返信、英語

ご 査収 の 程 よろしく お願い いたし ます

このライフレシピのもくじ 【】• よく、メールなどで「よろしくご査収ください」という言葉が入っていることがあります。 ご査収の読み方は「ごさしゅう」となりますが、基本的にはメールでの締めの文章でよく見る表現です。 しかし、ご査収、というのは一般的には聞き慣れない言葉ですよね。 そこで、ここでは「ご査収」の意味と基本的な使い方、例文や間違った使い方について紹介していきます。 「査収」の意味 そもそも「査収」とはいったい何でしょうか?国語辞典で調べてみると、 金品・書類などを調べて受け取ること とあります。 「査」は検査の「査」であり、「収」は回収の「収」だと思うとよさそうですね。 そして、「ご査収」とは、それに尊敬語の接頭語の「御(お・ご)」をつけている言葉になります。 「査収」メールでの使い方&例文 メールで使う場合 多くの人が迷っているのが、「ご査収」をメールで使う時です。 ご査収、という時点で丁寧な言い方なので、基本的には よろしくご査収ください。 くらいで十分です。 ちなみに、ご査収という名詞によろしくがつくのは違和感があるという人もいると思いますが、これはよく使われる言い回しなので、このまま使って問題ありません。 よろしく、を使いたくない場合は ご査収くださいませ。 などがよく使われます。 これらをやや古めかしい、と思う方は ご査収のほど、よろしくお願いします。 などの言い方でもいいでしょう。 例文 ・添付ファイルにて、今回のプロジェクトの前提情報をお送りしております。 よろしくご査収ください。 ・契約書をお送りいたしました。 専門的な内容も多く、やや複雑ではございますが、ご査収のほど、よろしくお願いたします。 添付ファイルの確認に使うのはNG!間違った使い方 「ご査収」を知ってしまうと、つい色んな場面で使いがちです。 そこで、間違いがちな使われ方も紹介します。 調べるものがないもの たとえば、添付ファイルなどがない場合に「よろしくご査収ください」などと言われても「えっ、何をよく調べればいいの?」となってしまいます。 日程などを送っている場合は「ご確認ください」くらいで十分です。 よく調べなくてもいい時 ご査収とは、よく調べて受け取る、という意味があるので、すでにちゃんと見てもらっているようなものには使われません。 たとえば、すでに送ってある契約書の最終版などを送る場合にも「ご確認ください」で十分です。 丁寧すぎる ご査収という表現がやや古い印象を受けるせいか、丁寧すぎる言い方になってしまう場合もあります。 ご査収の上、よろしくご手配を賜りますようお願い申し上げます。 特にメールでは、ここまで丁寧な言い回しにすると、逆に違和感を与えてしまうかもしれません。 使ったほうがいいか? しかし、そもそもご査収という言葉は、メールなどで使ったほうがいいのでしょうか? この点については色々な意見があると思いますが、個人的には、そんなに使う必要がない言葉だと考えています。 というのも、「ご査収」という言葉自体、よく理解していない人が多いからです。 相手に伝わらない可能性がある言葉をメールで使うのは、リスクがあります。 添付ファイルをよくチェックしてほしかったら「ファイルを添付いたしましたので、内容をよくご確認の上、お返事いただけると幸いです」くらいで意味は伝わります。 また、昨今では、メールでの言い回しはどんどんとシンプルになっています。 昔の手紙のマナーとは違い、大量のやり取りをするわけですので、すぐに用件を確認できるほうが大事です。 使ってはいけないというわけではありませんが、積極的に使うほどではない単語だと思っておいてよいでしょう。 特にビジネスメールに慣れていない方などにとっては、難しい表現かもしれませんが、いまだに使われる表現ですので、覚えておいて損はないでしょう。 image by.

次の