定形 外 郵便 金額。 ヤフオクで落札しました。定形外郵便の記載があり、落札金額と送...

定形外郵便の着払いはできる?着払いにできる種類は?

定形 外 郵便 金額

定形外郵便は追跡できるか? 基本的には追跡することはできません。 ただ発送する時に追跡のオプションをつければ、追跡することができます。 だから発送した後に追跡をつけることはできません。 追跡のオプションは窓口での発送のみつけれます。 ポスト投函では追跡をつけるのは不可能になります。 追跡するオプションには3種類あります。 特定記録(+160円)• 簡易書留(+320円)• 一般書留(+435円から) 特定記録・・・追跡のみできるオプションになります。 簡易書留・・・追跡と5万円までの補償が付きます。 一般書留・・・追跡と補償が付きます。 補償金額によって料金がわかってきます。 次の項目で詳しく解説いたします。 特定記録のデメリット 特定記録は追跡のみができるオプションです。 料金も送料に+160円とさほど高くはありません。 ただしデメリットもあります。 デメリットは以下の2つです。 補償なし• ポスト投函 補償なし・・・追跡のみなので補償はありません。 ヤフオクやメルカリなど発送したという証拠は残りますが、紛失したり破損しても補償はされません。 ポスト投函・・・基本的にポスト投函になります。 ポストに投函されても相手が受け取ったという証拠は残りません。 別の家に投函されることもないとは言えませんし、盗まれる可能性もあります。 ただしポストに入らない大きさの物は手渡しになります。 一般書留と簡易書留の違い 一般書留と簡易書留の違いを表にしました。 補償金額• 追跡の詳細 補償金額・・・簡易書留は5万までの補償になります。 このため5万以上の物は一般書留で送ったほうがいいでしょう。 ただし実際の価格より高い金額の補償料を払っても、その分は補償されません。 追跡の詳細・・・簡易書留では「荷物を出した郵便局」「出した時間」「荷物が到着した郵便局」「着いた時間」の記録になります。 一般書留では「荷物を出した郵便局」「出した時間」「荷物が到着した郵便局」「着いた時間」「どの郵便局を経由したか」を記録してくれます。 補償付きの定形外郵便とゆうパックとの違い 定形外郵便に補償を付けたらゆうパックとどう違うのでしょうか? 違いとしては以下の4つです。 専用の送り状• サイズ制限• 重さで料金が変わる• 届く日数 専用の送り状・・・定形外郵便には専用の送り状がありません。 直接書き込むか宛名ラベルを作って張ることになります。 サイズ制限・・・定形外郵便は3辺合計90サイズまでになります。 90サイズを超えるものは発送できません。 重さで料金が変わる・・・ゆうパックが大きさと距離で料金が変わるのに対して、定形外郵便は全国一律料金で重さで料金が変わってきます。 届く日数・・・届く日数はゆうパックのほうが早く着きます。 速達にすれば定形外郵便でも早く届きます。 スポンサーリンク 追跡や補償をつけると他の送り方の方が特になる場合もある! 定形外郵便にはオプションで追跡や補償がつけれます。 ただし当然その分手数料がかかります。 オプションを付けると他の発送方法のほうが安かったらあまり意味がないですよね? そこで他の発送方法と比較してい見ましょう。 規格内の発送の場合・・・クリックポストが198円、規格内の定形外郵便は最安値が120円で特定記録のオプション追加でも+160円の280円。 定形外郵便に追跡をつけるよりもクリックポストで発送した方が圧倒的にお得ですね。 規格外で厚さ5㎝以内の場合(長辺34cm以内、短辺25cm以内)・・・レターパックが520円です。 規格外の物だと本の場合はサイズが小さい場合でも、300gを超えます。 そうなると定形外郵便510円+特定記録のオプション追加でも+160円の670円になります。 250g以下なら定形外郵便350円+160円の510円で定形外郵便のほうがちょっとだけ安くなりますが、規格外の大きさで250g以下になる物はかなり限られます。 90サイズ以下位の場合・・・ゆうパックの最安値は690円です。 距離が遠くて重さが軽い場合は、定形外郵便のほうが得になりますが、距離が近くて重さが重い場合はゆうパックで送ったほうが安くなる場合があります。 オプション代金をプラスしても定形外郵便のほうが得なのか?それとも他の発送方法を使ったほうが得なのか?考えて発送方法を決めましょう。 追跡なしの定形外郵便が届かない場合 発送する時に追跡をつけずに発送した定形外郵便が届かない。 そんな時はどうしたらいいでしょうか?• 少し待ってみる• 送った人に調べてもらう• 事故調査依頼を出す 少し待ってみる・・・多少遅れることもあるので、2,3日待ってみましょう。 送り先の人にに調べてもらう・・・家族の誰かが保管していないか?どこか別の場所に置いていないか聞いてみましょう。 事故調査依頼を出す・・・それでもだめなら郵便局に事故調査依頼をだしましょう。 ただし見つからない可能性もあります。 なお定形外郵便はオプションをつけなければ補償されません。

次の

定形外郵便は追跡も実はできる!やり方と注意点をお伝えします

定形 外 郵便 金額

オプションとして最も馴染み深いものといえば速達だろう。 速達は説明するまでもなく、早く届けたいという場合に便利なサービスで、日曜・祝日の配達をしていることもメリットだろう。 その速達料金であるが計算方法は至って簡単であり、基本郵便料金に速達料金をプラスするだけ。 速達料金は、定形・定形外に関わらず重さによって3段階に分かれており、具体的には下記の料金となる。 250gまでは定形・定形外の基本料金に290円加算 1kgまで は定形・定形外の基本料金に390円加算 4kgまで は定形・定形外の基本料金に660円加算 ただし速達を利用する場合に注意することは、定形外郵便など大きめの物を送った際、送り先のポストに入らない場合は一旦持ち帰り再配達となることである。 どうしても早めに受け取りたいという要望のある場合は、その点について一言添えておくといいだろう。 速達含め郵便のお届け日数の目安は、日本郵便の公式サイト「お届け日数を調べる」のページでおおよその目安を知ることができるので利用してみよう。 書留料金も速達料金と同様、基本郵便料金に書留料金をプラスするだけと計算方法は簡単である。 具体的には下記の料金となる。 【現金書留】 定形・定形外の基本料金に435円加算(損害要償額1万円まで)、さらに5,000円ごとに上限50万円まで10円加算 【一般書留】 定形・定形外の基本料金に435円加算(損害要償額10万円まで)、さらに5万円ごとに上限500万円まで21円加算 【簡易書留】 定形・定形外の基本料金に320円加算(損害要償額5万円まで) 補償をそれほど必要としない物なら簡易書留の利用がおすすめだ。 小さめの物に簡易書留をつけることで、宅配便より手ごろな価格で手渡しで配達してもらえる点は非常にありがたいといえる。

次の

封筒の郵便料金(定形外の切手など)

定形 外 郵便 金額

定形郵便か定形外郵便かは、「サイズ」と「重さ」によって決まります。 規格に収まっている郵便物が「定形郵便」で、収まっていないのが「定形外郵便」です。 ・定形郵便 横9cm~12cm、縦14cm~23. 5cm、厚み1cm、重さ50g以内のものが「定形郵便」です。 どれかひとつでも規格から外れると、「定形外郵便」になります。 ・定形外郵便 定形郵便のサイズを超えた郵便物のうち、横25cm、縦34cm、厚さ3cm、重さ1kg以内のものは「規格内」、それ以上の郵便物のうち、縦60cm以内、縦横厚さの合計が90cm以内、重さ4㎏以内のものが「規格外」という扱いです。 定形郵便物と定形外郵便物では料金の決め方が違いますが、同じ定形外郵便物でも、規格内か規格外かで扱いが変わります。 なお、定形外郵便物にも最小サイズの規定があります。 丸筒形のものの場合、円の直径が3cm、長さ14cmが最小で、それ以外のものは横9cm、縦14cmが 最小サイズです。 以上のサイズに収まらないものの場合は、普通郵便を使うことができません。 しかし、ゆうパックなどの別の手段を使って送ることは可能です。 定形郵便物と定形外郵便物は、それぞれ値段が違います。 いくらで送れるのか、見てみましょう。 ・定形郵便物 重さ25g以内の場合 82円 重さ50g以内の場合 92円 一般的な便箋に書かれた2~3枚の手紙や、チケット2枚を紙に包んで発送する、といった程度であれば、多くの場合、25g以内で送ることができます。 しかし、チラシを何枚も送ったり、契約書類などページ数が多い書類を送ったりする場合は、25gを超えてしまう可能性が高いので気をつけましょう。 ・定形外郵便物 定形外郵便物のうち、サイズが「規格内」の場合の郵送料は下記のとおりです。 重さ50g以内の場合 120円 重さ100g以内の場合 140円 重さ150g以内の場合 205円 重さ250g以内の場合 250円 重さ500g以内の場合 380円 重さ1kg以内の場合 570円 重さ1kgを超えた荷物は「規格外」となるので、「規格内」として送ることはできません。 サイズが「規格外」の場合の郵送料は次のようになっています。 重さ50g以内の場合 200円 重さ100g以内の場合 220円 重さ150g以内の場合 290円 重さ250g以内の場合 340円 重さ500g以内の場合 500円 重さ1kg以内の場合 700円 重さ2kg以内の場合 1,020円 重さ4kg以内の場合 1,330円 このように、同じ定形外であっても、規格内か規格外かによって料金は大きく変わってしまいます。 規格外だと重いものでも送れるものの、郵送料はかなり高くなってしまうのです。 定形郵便や定形外郵便を利用するときは、市販の「封筒」を利用するのがオススメです。 普通のショップの紙袋などであっても、規格に収まっていれば送ることはできます。 しかし、文具店や100円均一ショップなどで「定形内封筒」「定形外封筒」として売られている封筒を利用すると、「定形内か、定形外か」のサイズの判断がしやすいので便利です。 品物が入るサイズの封筒を用意したら、宛名を書きます。 ビニールなどの袋にいれて直接宛名が書けない場合は、白い宛名ラベルなどに住所と氏名を書いて貼り付けましょう。 表に送る相手の郵便番号、住所、氏名を書いて、裏側に自分の郵便番号、住所、氏名を書きます。 最後に封をして、規定の金額の切手を貼ります。 貼る位置は原則左上ですが、貼りきれない場合は別の場所に貼っても大丈夫です。 金額がわからないときは、郵便局の窓口に持って行くと、金額を教えてもらえます。 このとき、手持ちの切手があるなら持参するとその中から適した組み合わせの切手を貼ってもらえるので、無駄な出費を避けられます。 なお、普通郵便には追跡機能がついていません。 ポストに投函、または窓口に出した後は、届いたという連絡を待つだけです。 紛失などが不安な人は、ポストではなく郵便局の窓口に出して、何日の何時に差し出したのかをメモしておくといいでしょう。 普通郵便は、現在個人が気軽に使える郵送手段としては、かなり低額なものだといえるでしょう。 しかし、定形外郵便を利用するときは、ゆうパックなどのほかの手段と比べてどちらの送料が安いのかを十分に考える必要があります。 たとえば、レターパックを使った場合、A4ファイルサイズで4kg以内であれば、全国一律で360円(郵便受けに投函・厚さ3cm以内)、もしくは510円(対面手渡し・厚さ制限なし)で送ることができますし、追跡サービスも利用できます。 定形外郵便物で4kgのものを送ろうとしたら、1,330円かかりますから、サイズが小さいのであれば、レターパックを使うのが正解です。 また、ゆうパックだと、縦横長さの合計が80cm以内の80サイズの荷物であれば、東京から東京に送る場合の送料は1,010円、東京から大阪に送るなら1,180円になります。 送りたい物の重さや、送り先の住所によっては普通郵便よりもゆうパックの方がオトクになることがあります。 このように、「どこからどこまで送るのか」、「どんなものを送るのか」によって最適な発送方法は変わります。 一番安い方法をしっかり見極めて利用しましょう。

次の