立川 高島屋 映画。 立川の映画館 上映スケジュール・上映時間

kino cinema 立川高島屋 S.C.館(立川)上映スケジュール・上映時間:映画館

立川 高島屋 映画

館に行ってきた 昨年から 木下グループの映画配給業を専門とするキノフィルムズが本気を出している。 カンヌ国際映画祭では、片っ端から映画の配給権を獲得し、『』や『』といったハードでマニアックな作品も積極的に購入していきました。 さらに、東宝、松竹に負けないぞと『』の製作も行い、遂には今年に入って映画館まで作ってしまいました。 ってことでリポートしに家から2時間半以上かけて立川駅に降り立ちました。 もくじ• 館はどこにあるの? 住所:〒190-0012 東京都立川市曙町2-39-3 立川髙島屋ショッピングセンター8F オープン時間:10時 髙島屋の営業に準じる まず、立川駅北口に降りましょう。 そうしたら、伊勢丹に向かって歩いてください。 伊勢丹右横の細い歩道橋を進むと近いですよ。 髙島屋が見えてきますので、そこの8階を目指しましょう。 ちなみに、右手にはシネマシティ シネマ・ワンがあります。 ハシゴ映画しやすいですね。 映画鑑賞の空間を提供することに特化した場所 これが入り口です。 赤い壁にkinoと書かれた受付は、ヨーロッパのミニシアターを思わせるところがあります。 こんな狭い場所にスクリーンが3つも入っているのと疑うほど小ぢんまりとしています。 また、面白いことに、映画館はシネコンであろうとミニシアターであろうとコンセッション 売店 での収益が重要となっているので、できるだけ来場者の購買意欲を刺激するポップや広告で煽るのですが、ここは全然主張していないのです。 コンセッション上部のパネルには、ドリンクやフードの写真があるだけで、値段も書いていない。 購入する際はカウンターのメニューより選ぶシステムになっているのです。 さらには、パンフレットやムビチケの販売も全然主張していないのです。 寧ろ、スタバにおける裏メニュー的存在として扱われているのです。 どのカウンターでパンフレットやムビチケを買えるのかといったことが分かるようにした方がいいのではと思ったり、収益面は大丈夫なのか? と不安になるのですが、景観面では好感が持てます。 今後のグレードアップに期待したいところです。 まず映画をハシゴする人は、ちょっと困ったUIかも知れません。 というのも、TOHOシネマズやヒューマントラストシネマなどのチケット予約システムを見ると、日付ごとにどんな作品が何時に上映されるのかが分かるようになっています。 なので、複数本観る人は、サイト内を行き来する必要が出てきます。 これはちょっと使い辛いかな。 チケット予約画面に関しては、映画ランド株式会社のシステムが導入されており、黒画面が特徴となっています。 予約する際に、映画ランドの登録メールアドレスとパスワード入力が求められますが、FacebookやTwitterアカウントと連携することで予約することができます。 もちろん、これらと連携せずとも「非会員のまま進む」を押すことで先に進めます。 必要情報を入力したら購入できます。 館は3つのスクリーンがあります。 ブンブンは今回スクリーン3に潜入しましたので後述します。 スクリーン1 89席(車椅子2席):コトブキ社製 CN552642タイプ背ロッキング特注品 デジタルシネマプロジェクター:クリスティ社製 デジタルシネマサーバー:GDCテクノロジー社製 音響:リニアPCM7. 1ch、フランス TRINNOV社製 シネマサウンドプロセッサー「OVATION」 スピーカー:ステージスピーカー及びサブウーファー:QSC社製、サラウンドスピーカー:イースタンサウンドファクトリー社製 スクリーンサイズ m :VV 4. 2 3Dシステム:XpanD社製 スクリーン2 89席(車椅子2席):コトブキ社製 CN552642タイプ背ロッキング特注品 デジタルシネマプロジェクター:クリスティ社製 デジタルシネマサーバー:GDCテクノロジー社製 音響:リニアPCM7. 1ch、フランス TRINNOV社製 シネマサウンドプロセッサー「OVATION」 スピーカー:ステージスピーカー及びサブウーファー:QSC社製、サラウンドスピーカー:イースタンサウンドファクトリー社製 スクリーンサイズ m :VV 4. 2 3Dシステム:XpanD社製 スクリーン3 27席(車椅子2席):開業時は別シートで、夏にFERCO社製「Premium Verona Zero Wall with Wooden Outer」特注品、「OPUS GLIDE」特注品へ変更予定 デジタルシネマプロジェクター:クリスティ社製 デジタルシネマサーバー:GDCテクノロジー社製 音響:リニアPCM7. 1ch、フランス TRINNOV社製 シネマサウンドプロセッサー「OVATION」 スピーカー:ステージスピーカー及びサブウーファー:QSC社製、サラウンドスピーカー:イースタンサウンドファクトリー社製 スクリーンサイズ m :VV 3. 9 3Dシステム:XpanD社製 ブンブンは、『COLD WAR あの歌、2つの心』を観たので、スクリーン3に潜入したのですが、アップリンク吉祥寺とはまた違ったコンセプトの劇場でした。 試写室のような空間にズラリとレザーの座席が備え付けられていました。 課金する必要のない座席も、高級感溢れる座席だったのです。 しかもこれは序の口らしく夏に FERCO社製「Premium Verona Zero Wall with Wooden Outer」特注品、「OPUS GLIDE」特注品に変更されるとのこと。 がされているのですが、それと同じことを試みているのです。 実際に座ってみると、無課金通常座席であってもまるでゴッドファーザーのように座ることができます。 リクライニングを倒しても、後部座席の人の迷惑にならないよう十分な座席間隔が空けられているので、喧嘩にはなりにくい仕組みとなっています。 また、フード置き場も高級感溢れる木目のものとなっており、入場した瞬間から最高の映画体験を提供することに成功しています。 座った感じが、こちらです。 前の人が気になりません。 こんな空間で、耽美的な撮影と音楽に包まれた『COLD WAR あの歌、2つの心』は格別でした。 物語こそ、そこまで乗れないところがあったのですが、大スクリーン、ファーストクラスのような座席に腰掛け美しき世界を謁見する体験は底知れぬ感動を呼び覚ましました。 最近、映画館運がなく、米国iTunesやNetflixに逃げてばかりいたブンブンですが、映画館っていいもんですねーと思いました。 最後に キノフィルムズは、映画配給会社の中でも今最もギラギラしているものを感じます。 もちろん、配給権を購入したまま一向に捌ききれていない問題や、コンセッションがシンプルすぎて収益面で不安になってしまうところ、チケット購入ページのUIがイマイチだったりと課題はあるのですが、映画に対する姿勢はどこよりも熱い。 興味ある方は、是非立川へ行ってみてください。

次の

「キノシネマ 立川高島屋S.C.館」オープン 3スクリーン199席

立川 高島屋 映画

[広告] 87席のシアター1、シアター2と、25席のシアター3の3スクリーン構成で席数は計199席。 「特別席」で映画を楽しむことができるシアター3は、元々ペアシートとして販売しているものを1人掛けのシートとして使い、好みの位置に調整できる背角度(フットレスト連動)・ヘッドレスト、回転テーブルを付けた「プラチナ・プレミアムシート」(鑑賞料金に700円増し)12席と、回転テーブルが付いた「プレミアムシート」13席を備える(開業時は別シートでオープンし、今夏、FERCO社製シートへ変更予定)。 オープニング作品として6月28日から、「空母いぶき」「凪(なぎ)待ち」「COLD WAR あの歌、2つの心」「ウィーアーリトルゾンビーズ」「エリカ38」「プロメア」の上映を始めた。 6作品中、グループ会社のキノフィルムズ(港区)配給作品も3作あり、「キノフィルムズの作品を安定して提供できるので、幅広い年代の方に見ていただける映画を多く上映できると思う」と泉さん。 今後はミニシアター系作品を中心に、世界各国の作品やファミリー向け作品を幅広く上映していくという。 泉さんは「駅からも近い立川高島屋S. の中にあるという立地は強みだと思う。 近隣には商業施設も多く、買い物帰りに気軽に立ち寄っていただける。 地元の方はもちろん、多くの方に来館いただければ」と呼び掛ける。 上映スケジュールはホームページで確認できる。

次の

kino cinema 立川高島屋 S.C.館「ヤーディ」の上映時間(立川)

立川 高島屋 映画

[広告] 87席のシアター1、シアター2と、25席のシアター3の3スクリーン構成で席数は計199席。 「特別席」で映画を楽しむことができるシアター3は、元々ペアシートとして販売しているものを1人掛けのシートとして使い、好みの位置に調整できる背角度(フットレスト連動)・ヘッドレスト、回転テーブルを付けた「プラチナ・プレミアムシート」(鑑賞料金に700円増し)12席と、回転テーブルが付いた「プレミアムシート」13席を備える(開業時は別シートでオープンし、今夏、FERCO社製シートへ変更予定)。 オープニング作品として6月28日から、「空母いぶき」「凪(なぎ)待ち」「COLD WAR あの歌、2つの心」「ウィーアーリトルゾンビーズ」「エリカ38」「プロメア」の上映を始めた。 6作品中、グループ会社のキノフィルムズ(港区)配給作品も3作あり、「キノフィルムズの作品を安定して提供できるので、幅広い年代の方に見ていただける映画を多く上映できると思う」と泉さん。 今後はミニシアター系作品を中心に、世界各国の作品やファミリー向け作品を幅広く上映していくという。 泉さんは「駅からも近い立川高島屋S. の中にあるという立地は強みだと思う。 近隣には商業施設も多く、買い物帰りに気軽に立ち寄っていただける。 地元の方はもちろん、多くの方に来館いただければ」と呼び掛ける。 上映スケジュールはホームページで確認できる。

次の