夕方 息苦しい。 喉が詰まる感じで息苦しい場合は、甲状腺の病気?治し方にはある特徴が・・・

「息苦しい」の原因は?|考えられる病気と対処法

夕方 息苦しい

夕方になると吐き気がして困っていますか?• 気持ちが悪くなって勉強どころじゃない• 仕事の後、帰宅中に気持ちが悪くなることが多い• 安静にしてしばらく様子をみるけど、なかなか良くならない• この症状はなんなのか知りたい• この症状の原因がわからなくて不安、原因を知りたい• どんな病気が考えられるのか知りたい• 精神的、心的な影響も考えられるのか? ちょっと胃の調子が悪いからという原因なら比較的安全ですけど、 吐き気の他に、嘔吐、頭痛、めまい、腹痛、発熱など他の症状があらわれる場合は注意が必要です。 ここで念のため、吐き気の裏にどのような病気が隠れている可能性があるのかを確認しておきましょう。 吐き気の他にこんな症状があるときは要注意! 吐き気の原因の多くは、胃から分泌される胃酸が過剰に分泌されることといわれています。 なので、胃酸分泌抑制薬などを服用すると、比較的すぐに体が楽になるようです。 ただし、吐き気の他に次のような症状も伴う場合は、比較的重大な病気にかかっている可能性がありますから、すぐに病院を受診するなど適切な対応が必要になります。 では次に、このような症状がある場合は、こんな病気の可能性があるということをあげてみます。 他にどのような原因が考えられるか? では次に、病院で検査した結果、特に重大な病気は見つからなかったとき、夕方になると吐き気がすることが多い場合、どのような原因が考えられるかあげてみます。 病院で検査しても病気が特定できないときは、自律神経のはたらきが乱れていることが考えられます。 自律神経は交感神経と副交感神経に分けられていて、朝から昼間ぐらいの時間帯は、主に交感神経がはたらいていて活動的になり、夕方から夜ぐらいの時間帯は、主に副交感神経がはたらき、体は休んだり回復したりしているといわれています。 この副交感神経のはたらきとして、血管が広がる、胃腸の働きが活発になることがあげられます。 夕方から夜になってくると、主に副交感神経がはたらくようになり、血管が広がってきたり、胃腸の働きが活発になってきます。 夕方になると吐き気をもよおすことが多い人は、この自律神経のはたらきが異常になっていることが考えられます。 特に、副交感神経がはたらきすぎてしまい、血管が広がりすぎたり、胃酸が分泌されすぎるなど胃腸のはたらきが活発になりすぎていることが原因のひとつと考えられます。 なので、自律神経の乱れを整える対策をとると、夕方の吐き気がなくなってくるかもしれません。 副交感神経がはたらきすぎていとしたら、運動習慣を身につけるなどして交感神経が自然にはたらくようにしてあげるといいと思います。 それから、夕方になると吐き気がする原因のひとつとして姿勢の悪さがあげられます。 特にデスクワークが多く椅子に長時間座って仕事をしている場合、吐き気を感じることが多いかもしれません。 なぜなら、椅子の座り方が悪いと吐き気が生じる場合が多いからです。 悪い座り方とは、骨盤が体の後ろ側に倒れていて、背中が丸くなり、肩甲骨が広がって、頭が体の前側にでているような姿勢です。 このような姿勢を長くとっていると、内臓が圧迫されるためか、吐き気をもよおす神経を刺激してしまうためか、正確にはわかりませんが、吐き気を感じることが多くなります。 逆に、骨盤を立てて、背骨をまっすぐにして、肩甲骨を背骨側に寄せて、やや胸を張り、耳と肩のラインが一緒になるような位置に頭をもっていくような姿勢をとるようにすると、ちょっとした吐き気は解消されることが多いです。 以上、今回は夕方になると吐き気がするとき注意したいことなどをお伝えしました。 最後までごらんになっていただき、ありがとうございました。

次の

「息苦しい」の原因は?|考えられる病気と対処法

夕方 息苦しい

自律神経の乱れ 更年期は、 自律神経が乱れやすいために、息苦しさを感じることが多くなります。 私たちは無意識に呼吸をして、心臓を動かしていますよね。 これらは全て、 自律神経がコントロールしてくれています。 呼吸を整えてくれている自律神経が乱れてしまうと、息が苦しくなったり、胸が苦しくなったりするのです。 更年期は、特に自律神経が乱れやすい時期です。 というのも、更年期に入ると女性ホルモンが十分に分泌できなくなり、自律神経を調節している脳の視床下部(ししょうかぶ)という部分が混乱してしまうため。 「ホットフラッシュ」「めまい」「疲れがとれない」などの更年期症状も、加齢によって女性ホルモンが減少し、自律神経が乱れてしまうためにおきてしまうものなのです。 「息苦しい」と感じる程度や頻度によって異なりますが、更年期に「息苦しい」と感じる原因は、そのほとんどが 自律神経の乱れからきていると考えられます。 ストレスによる筋肉の緊張 ストレスを感じることで、息苦しさを引き起こしていることもあります。 私たちがストレスを感じたり緊張することがあると、 「交感神経」という神経が活発になります。 交感神経が活発になると、 心臓や肺まわりの筋肉がかたくなり、呼吸が浅くなります。 呼吸が浅くなると、どうしても息苦しさを感じやすくなってしまいます。 更年期は、 ストレスを感じやすい時期です。 更年期障害による心身の不調や、環境の変化、家庭や子育て、仕事に家計のことなど、考えねばならないことが多くありますよね。 そういったストレスを日々感じていることで、どんどん息苦しくなってしまっている可能性もあります。 更年期の息苦しさを解消する方法 息苦しさを解消するためには、とにかく ストレスをためず、 リラックスすることが重要です。 リラックスする 更年期の息苦しさを改善できるもっとも簡単な方法は、 リラックスをすることです。 「息苦しさの原因」でもお伝えしたように、私たちはストレスを感じたり、緊張したり、嫌だなと思うことが多ければ多いほど、息苦しさは悪化してしまいます。 ですので、 緊張や不安からできるだけ離れて、ゆっくりリラックスをしてください。 あなたが「癒されるな」「楽しいな」と思えることは何でしょうか?散歩をする、友達をお話しをする、お花を見る・・・どんな小さなことでもかまいません。 ホッと安心できるようなことに積極的に触れることで、息苦しさは改善されますよ。 腹式呼吸をする 「リラックスをする方法」の中でも特に簡単にできて、効果的なのが、 腹式呼吸をすることです。 既にご存知かと思いますが、腹式呼吸とは、胸ではなく お腹を使った呼吸法のこと。 腹式呼吸は、呼吸をするだけで副交感神経という神経が優位になり、 体も心もリラックスした状態になれることが分かっています。 (参考:腹式呼吸が自律神経機能に与える影響 坂木加壽美) 「お腹で息をする」と考えるとつい難しくとらえてしまいがちですが、一度ベッドや床で仰向けになって呼吸をしてみてください。 お腹にたまった息を全部吐き出しながらお腹をへこましたあとに、ゆっくりたくさんの息を吸いながらお腹をふくらませると、 自然に、苦しくなくお腹が膨らみませんか?これが、腹式呼吸ができている証拠です。 「立ったまま腹式呼吸をする」というのは実は簡単ではなく、自分でできていると思っても、できていないことが多くあります。 ですので、「ちょっとリラックスしたいな」と思ったときは、仰向けになって、呼吸をするようにしてくださいね。 呼吸を意識する 私たちが生活しているうちに、特に息苦しくなるシーンがあります。 それは、 歩いているとき、お風呂に入っているとき、前かがみになったときです。 これらの動作をするときは、意識をして深く呼吸をするようにしましょう。 歩くときは、どうしても肺に負担をかけやすくなり、息苦しさを感じることが多くなります。 荷物はできる限り減らして、軽くするようにしましょう。 また、両手が空いている方が息をしやすいので、外出先で息苦しさを感じやすい人は、リュックの使用がおすすめです。 お風呂に入っているときは、体が温まって血流がよくなるので、必要な酸素の量が増え、息苦しくなりがち。 意識して息を吸う、吐くようにすることで、息苦しさは感じにくくなりますよ。 前かがみになったときは、肺が圧迫されるため、息苦しく、また胸も苦しく感じやすくなります。 できるだけ前かがみにならないようにするか、上半身はおこした状態で、ひざを曲げて物を持ち上げるようにすると、楽にできますよ。 ぜひ試してみてくださいね。 病気が原因で息苦しくなることもある? COPD(慢性閉塞性肺疾患) あまりに息苦しさがひどい場合、 COPD(慢性閉塞性肺疾患)という病気の可能性もあります。 COPDとは、何らかの原因で気管支や肺胞が傷付けられるために、せき・たん・息切れなどがおき、肺の機能が低下する病気のことです。 COPDは たばこ病とも呼ばれており、喫煙者の5人に1人は罹患していると言われています。 症状が悪化すると自分の肺を使って呼吸をすることができなくなる恐ろしい病気です。 しかし、COPDだと診断されずに生活している「隠れたCOPD患者」は日本に 約700万人もいると言われています。 (参考:肺と呼吸に不安があるときに読む本 寺本著) パニック障害 急に激しい不安感に襲われて、呼吸困難、胸の痛み、動悸、吐き気、めまいなどを数分間ひきおこす場合、 パニック障害の可能性もあります。 今までパニック障害をおこしたことがなかったのに、更年期に入ったとたんに症状をおこす人も多くいらっしゃいます。 また、息苦しさや動悸などは発作のように何度も繰り返しおきることが多いため、パニック発作や不安発作などとも呼ばれています。 「息苦しくなって立っていられなくなる」「めまいや呼吸困難などの症状も強く出る」という場合、心療内科や精神科での診察を強くおすすめいたします。 うつ病 息苦しさだけでなく、「気分が落ち込む」「不安感がおさまらない」などの心の不調もある場合は、 うつ病の可能性もあります。 うつ病は「単なる心の不調」が原因ではなく、 脳の物質が正しく働かなくなることが原因なので、お薬による治療が必要です。

次の

胸が苦しいのはストレスのせい?気になる3つの病気

夕方 息苦しい

20代において胸痛?を示す病気は限られています。 (一般的にはです。 )まして医師の診察が得られていて心臓に問題がない?という場合はまず考えられる事は食道の異常です。 これには2つあります。 一つ目は食道胃接合部に傷が出来てしまっている場合。 激しい嘔吐などのさいに一部が切れてしまうことがあります。 そしてその接合部の傷が原因で痛みや圧迫感を感じます。 この場合は時として大出血することもありますから、治療が必要です。 次も食道ですが、この場合は特に見た目には食道には異常がありません。 この場合の原因は食道の逆蠕動(極端な言い方をすると食道の動きが逆になる)が原因です。 食道は普通、胃に向かって下へ下へという動きをします。 それがストレスや不安感などで上への動きが部分的に起こるだけで、まるでぐうっと喉が押し広げられる様な圧迫感のような症状がでます。 夕方というのは、一日が終わって、少し気が抜ける時間帯ですしこの様なとき出やすいと思います。 私は医者ですが、やはり20代~30代にあなたと同じ様な症状で、色々と検査を受けました。 結果は正常でした。 この場合、本人にとってはとても不快ですが、治療の必要はありません。 私は空腹時に多かったので、その際牛乳を飲んでました。 物を入れることで、動きが正常になり症状が少し和らぎます。 最期は胃です。 胃もしくは十二指腸の異常(胃炎、潰瘍)でもあなたの様な症状を起こすことがあります。 なにも鳩尾の突き刺すような痛みだけとは限りません。 胃の検査は受けられましたか?普通は20代ではあまり検査は受けられるかたは少ないと思います。 ただタール便(まさに墨汁のような便)が出たときには、直ぐに検査を受けましょう。 食道、胃、十二指腸 からの出血の証拠です。 細かい点での確認が出来ないためはっきりと断言はできませんが、今のところ 食道の動きの異常が疑わしいかと思います。 noname 351 ご回答ありがとうございました。 詳しい症状を書きます。 症状 ・胸部から喉のあたりにかけての圧迫感 ・ なんとなく息苦しく、気持ち悪い感じ(吐きそうまでいかない) ・熱なし、脈正常 ・食事など、特に冷たいものや熱いものを飲み込むときに痛い気がする ・ たまにたんが出る(少し風邪気味のようなので胸部の症状と関係があるかわからない) 2. 症状が出る時間帯 最初は夕方だけだと思ったが、昼夜関係ないようで、1日に数回、 最近はひどくなってきた 3. 症状が少し和らぐ時 ・睡眠をとった後 ・食事をしてしばらくした後 ・体が温まったとき 以上です。 そろそろ病院に行こうと思っていますが、何科にかかればよいのでしょうか? かかりつけの病院があるのですが、そこは内科、循環器科です。 そこではだめでしょうか? あと、今すぐにできる応急処置法みたいなもの(気をつければ少しましになることこと) などがあったら教えてください。 今すぐにでも病院にいきたいのですが、生後6ヶ月の子供がいて、預けられる人がいないので、すぐには行けません。 いつも夕方に起こるとしたら、やはり消化器疾患を考えるべきでしょう。 空腹時に症状が出やすいからです。 かつて「夕方になると胸が痛くなる」という訴えできた患者さんがいましたが、この方は胃潰瘍でした。 時間的経過がわかりませんから何とも言えませんが、夕食をとると症状が改善するとか、そのときに飲み物でもなんでもいいですから口にすると症状が改善するとかはありませんか?もしもそうだったら、ほぼ確実に消化器疾患ですから循環器ではなく消化器科を受診された方がいいかと思います。 ただ、呼吸器系、循環器系の疾患を否定するわけではありません、情報が少なすぎます。 調子が悪くなってどれくらい持続するのか、どんな時に症状が改善するのか(夕方に悪くなるってことはどこかで症状が改善してるんですよね)、夕方に何か周囲の環境が変わるとか(場所を移動したり、その時間帯から何か薬品を使ったり..)いったあたりはどうなんでしょう?そういったことがわかればもっと絞り込んだ回答ができますが.. noname 351 ご回答ありがとうございました。 詳しい症状を書きます。 症状 ・胸部から喉のあたりにかけての圧迫感 ・ なんとなく息苦しく、気持ち悪い感じ(吐きそうまでいかない) ・熱なし、脈正常 ・食事など、特に冷たいものや熱いものを飲み込むときに痛い気がする ・ たまにたんが出る(少し風邪気味のようなので胸部の症状と関係があるかわからない) 2. 症状が出る時間帯 最初は夕方だけだと思ったが、昼夜関係ないようで、1日に数回、 最近はひどくなってきた 3. 症状が少し和らぐ時 ・睡眠をとった後 ・食事をしてしばらくした後 ・体が温まったとき 以上です。 そろそろ病院に行こうと思っていますが、何科にかかればよいのでしょうか? かかりつけの病院があるのですが、そこは内科、循環器科です。 そこではだめでしょうか? 胸の当たり~喉にかけて苦しい様な痛いような症状を起こす物として、1)心臓疾患、2)食道疾患、3)自律神経失調症があります。 あなたが何歳かは分かりませんが、一般的に、20~30代の心疾患(心筋梗塞、狭心症)は希です。 しかしとりあえずは否定しなくてはならない病気です。 もっとも痛みを感じる時間帯は明け方と言われています。 とはいえやはり医療機関で検査を受け、否定してもらった方が良いでしょう。 2)の食道疾患の痛みには2種類あります。 まず一つ目は食道炎を起こしている場合、一番多いのは鳩尾からやや上の痛みが多い様です。 しかし痛みによって食道の動きに異常をきたすと上に上がって来るような喉に痛みを感じることもあります。 もう一つは3)の自律神経失調症と関係があります。 普通は食道の動きは上から下への一方通行なのですが、自律神経のコントロールが乱れて上への動きが伝わってしまう事があります。 その伝わりは暫く胸の圧迫感を持続させます。 喉がぐうっと押し広げられるような痛みです。 痛みのおこる時間はそれぞれその人によつて違います。 自律神経失調が起こる原因はストレス、悩み、環境の変化、不安など様々です。 また症状もこれだけではなく様々な症状がでます。 先ほど言ったように、自律神経失調症は除外診断です。 つまり胸痛ならば、心臓疾患、食道、胃、肺などの病気が否定されてはじめて診断されます。 このことだけはくれぐれもお忘れのないように。

次の