ささくれ 理由。 ささくれ、さかむけはなぜ起こる?痛いささくれの原因と対策

指のささくれ(さかむけ)の原因は?親不孝と言われるのはなぜ?治し方は?

ささくれ 理由

空気の乾燥 空気の乾燥によって皮膚も乾燥してしまいやすくなります。 とくに冬場の乾燥した時期は皮膚も乾燥しやすくなりますので注意が必要です。 水分が少なくなった皮膚は表面がガチガチに硬くなってしまいます。 柔軟性がない状態なので皮膚表面が裂けたりめくれやすくなってしまうのです。• 水仕事 食器洗いや洗濯など、水やお湯にさらされることで手の乾燥もひどくなりがちです。 水分は蒸発するときにまわりの水分もいっしょに持っていくからです。 つまり手を濡らす機会が多いとそれだけ乾燥しやすくなるということです。 家事の水仕事が多いと、どうしてもささくれができやすくなります。 さらに食器洗いなどの洗剤によって皮膚の皮脂もなくなってしまいます。 皮脂が少ないと水分の乾燥が余計にひどくなりがちです。• 入浴などの刺激 お風呂での洗いすぎにより皮膚が乾燥してしまうことがあります。 洗浄のし過ぎは必要な皮脂も洗い流してしまい、乾燥が悪化してしまいます。 また、使っているシャンプーやリンスなどが合わないと皮膚が荒れてしまうこともあります。 外部刺激により表皮が荒れてしまい、ささくれが引き起こされることもあります。• ネイルケア ネイルケアによる甘皮の除去やリムーバーの使用も原因になることがあります。 とくにリムーバーにはアセトンという油脂を除去する成分が入っています。 指先から皮脂が奪われてしまいカサカサに乾燥してしまうので、気をつけたほうが良いですね。 甘皮は爪を保護する働きもあるので、過剰な甘皮処理は爪先を傷めます。 甘皮の処理をすると指先がきれいに見えるのですが、何ごともやり過ぎはいけませんね。• 食生活の乱れ 栄養不足や栄養の偏りもささくれの原因の一つです。 肌や粘膜、爪などの状態を健やかに保つためには、ビタミンやミネラル類が欠かせません。 必要な栄養素が足りていないと、お肌に悪影響が現れます。 外食やコンビニのお弁当など栄養バランスの偏った食生活を続けていませんか? 栄養状態の悪化により肌荒れしやすくなり、ささくれになることがあります。• 血行不良 とくに冬場になると冷え性のひとは血行が悪くなってしまいます。 血行が悪くて指先が冷えているので、皮膚の状態も悪くなってしまうのです。 そして血行が悪いということは、指先まで必要な栄養が行き届かないということにつながります。 ささくれができやすかったりなかなか治らないといった人は、思い当たることはあったでしょうか。 まずは生活を見直して、ささくれができる原因をみつけましょう。 たいていは原因がひとつではなく、いくつかが重なっているんじゃないかと思います。 ひとつづつ解決していきたいですね。 スポンサーリンク ささくれを悪化させない切り方は? ささくれができるのは指先なので、どうしても見えて気になってしまいます。 しかし、気になってもささくれを絶対に剥いてはいけません。 ささくれをめくった傷口から細菌が入り、腫れて炎症を起こしてしまうこともあります。 ささくれを悪化させないためには、きちんと切って処理したほうがいいでしょう。 ハサミや爪切り、甘皮処理などに用いられるキューティクルニッパーを使って根本部分から平らにカットしましょう。 眉毛カット用のハサミや赤ちゃん用の爪切りなどを使っても良いですね。 ささくれが深くなっている場合は、細菌が侵入しやすくなっています。 細菌によって悪化する可能性がありますので、道具は使う前にしっかり洗って消毒しておきましょう。 ささくれを切り終わったあとには皮膚のお手入れをしましょう。 しっかりと保湿をして保護すれば、自然と治ってくるはずです。 ハンドクリームを塗るのが一般的で、簡単ですね。 自分に合ったハンドケアクリームを探しておくといいでしょう。 ささくれの再発を防ぐために美容オイルを塗っておくのも良いですね。 乾燥している皮膚を柔らかくしてくれるものもあります。 もし根本に残ったささくれが気になるようなら、絆創膏を貼って見えないようにしてしまうのも一つの方法です。 もしくは液体絆創膏を使うのも便利ですね。 ささくれを放置しておくと引っ掛かりの原因となり、炎症などの悪化に繋がるかもしれません。 悪化させないようにきちんと処理してしまいましょう。 ささくれを予防する方法は? ささくれを予防するためには乾燥を防ぐことが大切です。 冬は空気が乾燥しやすいので、できるだけ湿度を保ちましょう。 加湿器を使ってもいいですし、部屋に濡れタオルなどを干しておいてもいいでしょう。 水仕事のときはゴム手袋をするなどして手が濡れないようにした方がいいでしょう。 水仕事や入浴のあとは、こまめにハンドクリームなどを塗って手肌を乾燥から守りましょう。 血行不良を改善するために、手や指をマッサージしてみましょう。 血液が促されて栄養が行き渡る手助けをしてくれます。 寝る前にハンドクリームを塗ったあとに手や指先をマッサージするといいですよ。 血行が良くなり皮膚の新陳代謝を活発にしてくれて効果的です。 ネイルケアをしたあとは、保湿をしっかりと行うようにしましょう。 リムーバーは爪以外の皮膚に付着しないようにしたり、過度な甘皮除去をしないよう気を付けましょう。 健康な爪や皮膚の元になるたんぱく質や、ビタミン、ミネラル類は肌の再生や修復に必要不可欠なものです。 野菜やくだものを意識して摂取するようにしましょう。 栄養バランスの良い食生活を心掛けることで、ささくれの多かった指先の健康を取り戻すサポートをしてくれます。 まとめ ささくれは日頃の生活習慣によってもできやすくなるのですね。 食生活を見直したり、ちょっとしたスキンケアをするだけで改善できることもありあす。 ささくれのできない健康な指先を手に入れて下さいね。

次の

ささくれが親不孝と言われる理由は?隠されたエピソードとは?

ささくれ 理由

できると面倒なささくれ! ささくれができると気になってしょうがなくなりませんか? ささくれは服に引っかかりやすくて、引っかかると痛い! 冬場セーターになんか引っかかると、ささくれ部分がめくれてひどくなることもありますよね。 女性の場合は、ストッキングに引っかかると伝線しちゃうし、髪にも引っかかったりしやすいでしょうし、いろいろ面倒なささくれです。 ささくれになると取らないと気が済まないのはなぜでしょう。 でも、無理やり取ると痛いし、血が出ることもある。 私は絆創膏がないといられなくなります。 ところで、ささくれってなんでできるのでしょうか? ささくれができる原因 ささくれになる原因として考えられるのは、水仕事などでの手の乾燥や炎症を起こしているとき、食生活の乱れ、体調不良、血行不良、除光液が原因になることもあります。 主婦の場合は、水仕事をすることも多いでしょうし、こどもがいたら手を洗う回数も増えますよね。 仕方ないと思うのですが。。。 私は手洗いを異常なくらいします。 妻には「アライグマによりも手を洗ってる」といわれています。 私がこんなに手を洗うようになったのは、子どもが生まれてからです。 それまでは普通だった思うのですが、子どもが生まれてからはミューズをガンガン使うようになりました。 妻はミューズを使うと手が荒れるというので、家族で私だけがミューズを使っているのですが、週に1個くらいのペースで使っています。 自慢じゃないですが、日本一ミューズを愛用していると自負しています!!! だから私の手はいつも乾燥状態で、特に冬場は指先がカサカサになり、しょっちゅうささくれになってしまいます。 いつもなんとかしたいと思っているのですが。。。 ささくれになってしまった場合の対策 ささくれになると、なんとか早く取っちゃいたくなりますが、無理に引っぱったりすると血が出たりして悪化します。 傷口ができるとバイ菌が入って炎症を起こす原因になるので、爪切りなどを使って切るようにしてください。 私のように歯で噛みちぎるのもよくないです。 ささくれになってしまった場合の対策は、手の乾燥を抑えることです。 手が乾燥しているとささくれになりやすいので、保湿効果のあるハンドクリームをぬったり、爪の生え際にキューティクルオイルをぬるようにするといいです。 それでは、年中ささくれになっている私のような人は、ささくれにならないようにするにはどうすればいいのでしょうか? ささくれにならないための対策 ささくれは手が乾燥したときになりやすいので、普段からハンドクリームをこまめにぬり、保湿するのが効果的です。 とはいっても、ハンドクリームをぬると手がべたつきますよね。 だから、なるべく効果が持続するハンドクリームがあればいいと思っていました。 最近私が使いはじめたハンドクリームは「ロコベースリペアクリーム」というもので、少し硬めのクリームなのですが、これは防腐剤無添加を実現するために水分量を極力減らしているためなのだそうです。 はじめて使ったときは、肌になじみにくいのではと思ったのですが、寝る前にぬるだけでうるおいが続き、水にも強く、長時間保湿効果が続くため、ささくれにもなりにくくなってきました。 また、ささくれが出ているときは、栄養が足りていない場合もあるので、食生活にも気をつかうようにして、バランスのよい食事をとるようにすることもささくれ対策には必要です。 普段から栄養をしっかり取るようにし、食事のバランスには気をつけ、適度な運動や睡眠もしっかりとるように気をつけましょう。 最後に 私がこどものころ、ささくれができると「親不孝」といわれましたが、最近ではあまり聞かなくなりましたね。 また、ささくれのことを「さかむけ」と呼ぶ地域もあります。 「ささくれ」と「さかむけ」は同じ意味なのですが、 「ささくれ」は東の方で、「さかむけ」は西の方でいうようです。 どっちにしてもできればもうなりたくないので、普段から気をつけるようにしましょうね。

次の

爪や皮膚のささくれができる原因とケア方法

ささくれ 理由

[目次]• 痛い指のささくれの原因とは ささくれは、主に以下のようなことが原因となって発生します。 水仕事など日常生活での手・肌の乾燥• 乾燥した空気• 洗剤を使用する水仕事• 手洗い• 入浴時のシャンプー など、日常生活では手肌のうるおいを奪う機会がたくさんあります。 水仕事の時はゴム手袋を使用したり、 こまめにハンドクリームを使用するなどして、 手肌を乾燥から守りましょう。 爪へのマニキュア・ジェルネイル• マニキュアやジェルネイルなどのリムーバー• ネイルケアの一環としての甘皮除去• アルコール消毒 などが原因となり、ささくれができることがあります。 リムーバーは爪以外の 皮膚に付着しないようにしたり、 過度な甘皮除去をしないように気をつけましょう。 食べ物の偏りによる栄養不足 皮膚の原料となる• タンパク質• 肌の状態を健康に保つビタミン類• ミネラル類 が不足すると、ささくれができやすくなってしまいます。 特に、ビタミン類としては、• 皮膚や粘膜を健康的に保つビタミンA、B2• 皮膚障害の予防に効くビタミンB6• 肌を美しく保つビタミンC• ビタミンAの吸収を助けるビタミンD• 傷の治癒に役立つビタミンE の不足が原因とされます。 血行不良・体調不良 上記以外にも、運動不足などによる 血行不良や、 体調不良も原因となりえます。 ささくれは体調不良のサインかも ささくれができたところで、ほとんど気にしないという方は多いのではないでしょうか。 しかし、「たかがささくれ」と軽く見てはいけません。 ささくれができたら、まずは上記を参考に、何が原因かを考えてみてください。 単なる乾燥であれば、 乾燥を防ぎ、保湿をすることで治ります。 しかし、ささくれは 栄養バランスが崩れていることや体調不良のサインの可能性があることも忘れないでおきましょう。 ささくれが悪化すると感染症になることもある ささくれは 悪化すると化膿したり、 感染症にかかってしまうことがあります。 具体的には、カンジダというカビに感染したり黄色ブドウ球菌・連鎖球菌などに感染すると「 カンジダ性爪周辺炎」や「 ひょうそ」といった症状が現れることもあります。 そのため、ささくれとはいえ症状が 悪化した場合は、すみやかに病院を受診して治療を行いましょう。 ハンドクリームを使ったケア方法についてはの記事を参考にしてみてください。

次の