アンデス メロン 由来。 アンデスメロン | メロン 品種の特徴 食べ方 選び方

アンデスメロンとマスクメロンの名前の由来と違い

アンデス メロン 由来

ちなみに、アンデスメロンはアールス・コサック・ハネデューなどのメロンを交配させたものなんだぜ。 他には どんな種類のメロンがあるのか、ここであわせてご紹介したい。 マスクメロン 言わずと知れた 高級メロン。 病気に耐性がないためアンデスメロンよりも栽培するのが難しく、手間暇がかかる分価格も高くなる。 果汁が多く、とても甘いのが特徴。 マスクメロンの名前の由来は、表面の網目から「マスク(mask)」を意味しているのではなく、食べごろになると発せられる 「ムスク(musk)」のようないい香りにちなんでつけられている。 ムスクは麝香(じゃこう)と呼ばれるもので、香水の原料に使われる。 香水のように強く良い香りを発するからマスクメロン(musk melon)なんて、とてもオシャレな名前である。 その名の由来に全く引けを取らない、人々から愛されるメロンだ! 関連雑学 クインシーメロン 果肉は赤で、ネット系のメロンである。 果肉が厚くきめ細かい、甘みの強さが特徴だ。 クインシーメロンの名前の由来は、果肉が赤いことから女王という意味をあらわす 「クイーン(queen)」と、健康の意味をあらわす 「ヘルシー(healthy)」からきている。 こちらは、マスクメロンと比べ比較的手ごろな値段で購入することもできる。 ハネジューメロン ハネジューメロンはアメリカ産やメキシコ産のものが多い。 上記2つと異なり、ネット系のメロンではなく表面はつるっとしている。 果肉は白っぽい緑で、 甘さもある。 安価で購入できるが、国産に比べると味の良さは劣ってしまうかもしれない。 ハネジューの名前の由来は 「ハチミツ(honey)」と 「露(dew)」からきており、ハチミツのように甘いメロンという意味でつけられている。

次の

アンデスメロン:旬の果物百科

アンデス メロン 由来

概要 [ ] にが開発した品種であり、緑肉ネット系の品種。 「コサック」は1971年に(財)日本園芸生産研究所で育成された品種で、「リオゴールド」はアメリカ系の露地メロンとされる。 もう片方の親はで知られるイギリス系温室メロンの「アールス・フェボリット」、冬メロンに属するノーネット露地メロン「」である。 「ハネデュー」はアメリカ・メキシコで露地大規模栽培されている。 日本ではほぼ一年中入手可能な安価なメロンである。 名前の由来 [ ] とは、全く関係が無い。 メロンの大敵の耐病性・抵抗性品種で、栽培しやすいことから、「作って安心」「売って安心」「買って安心」より「安心ですメロン」というネーミングで売り出す予定であった。 しかし、名前にセンスがないとのことから、略して「アンデスメロン」となった。 特徴 [ ] 上記の通りと同じく、果皮表面には網目(ネット)を生じ、果肉は黄緑色である。 アールスメロンに似た外観・味を持ちながら価格が安いことから、人気の高い品種となっている。 アールスよりネットの盛り上がりに乏しく細いのが特徴。 主な産地 [ ] 北海道より九州地方まで幅広く生産される。 生産・出荷のシェアは、が高い。 他には、、などである。 キャンペーン [ ] 2009年より毎年5月頃~8月末にかけて、熊本経済連、JA全農茨城、JA全農山形が協賛してアンデスメロンキャンペーンを展開している。 実施年 キャンペーンタイトル イメージキャラクター 第1回(2009年) おいしいメロンはアンデスメロンキャンペーン なし 第2回(2010年) 安心のいちばん アンデスメロンキャンペーン 第3回(2011年) 安心のいちばん アンデスメロンキャンペーン & 第4回(2012年) アンデスメロン35周年キャンペーン 第5回(2013年) 三大産地からお届け!アンデスメロンキャンペーン (&&&) 第6回(2014年) 三大産地からお届け!アンデスメロンキャンペーン 第7回(2015年) 三大産地からお届け!アンデスメロンキャンペーン 第8回(2016年) 三大産地よりサンキューキャンペーン 第9回(2017年) アンデスメロン40周年 3大産地よりメモリアルキャンペーン 参考文献 [ ].

次の

アンデスメロンの由来と特徴

アンデス メロン 由来

概要 [ ] にが開発した品種であり、緑肉ネット系の品種。 「コサック」は1971年に(財)日本園芸生産研究所で育成された品種で、「リオゴールド」はアメリカ系の露地メロンとされる。 もう片方の親はで知られるイギリス系温室メロンの「アールス・フェボリット」、冬メロンに属するノーネット露地メロン「」である。 「ハネデュー」はアメリカ・メキシコで露地大規模栽培されている。 日本ではほぼ一年中入手可能な安価なメロンである。 名前の由来 [ ] とは、全く関係が無い。 メロンの大敵の耐病性・抵抗性品種で、栽培しやすいことから、「作って安心」「売って安心」「買って安心」より「安心ですメロン」というネーミングで売り出す予定であった。 しかし、名前にセンスがないとのことから、略して「アンデスメロン」となった。 特徴 [ ] 上記の通りと同じく、果皮表面には網目(ネット)を生じ、果肉は黄緑色である。 アールスメロンに似た外観・味を持ちながら価格が安いことから、人気の高い品種となっている。 アールスよりネットの盛り上がりに乏しく細いのが特徴。 主な産地 [ ] 北海道より九州地方まで幅広く生産される。 生産・出荷のシェアは、が高い。 他には、、などである。 キャンペーン [ ] 2009年より毎年5月頃~8月末にかけて、熊本経済連、JA全農茨城、JA全農山形が協賛してアンデスメロンキャンペーンを展開している。 実施年 キャンペーンタイトル イメージキャラクター 第1回(2009年) おいしいメロンはアンデスメロンキャンペーン なし 第2回(2010年) 安心のいちばん アンデスメロンキャンペーン 第3回(2011年) 安心のいちばん アンデスメロンキャンペーン & 第4回(2012年) アンデスメロン35周年キャンペーン 第5回(2013年) 三大産地からお届け!アンデスメロンキャンペーン (&&&) 第6回(2014年) 三大産地からお届け!アンデスメロンキャンペーン 第7回(2015年) 三大産地からお届け!アンデスメロンキャンペーン 第8回(2016年) 三大産地よりサンキューキャンペーン 第9回(2017年) アンデスメロン40周年 3大産地よりメモリアルキャンペーン 参考文献 [ ].

次の