コロリ 江戸 時代。 御役三病とコロリ

江戸時代のちょっとびっくりな文化や生活

コロリ 江戸 時代

「流行病妙薬奇験」 日本における疫病の最初の記録は、「続日本書紀」の天平7年(735年)の天然痘が最初とのことです。 以降、幾度となく、人々を苦しめてきましたが、江戸時代になると、商人や武士の行き来が活発になったため、その被害の範囲や規模は、非常に大きなものとなっていきました。 そのころ、人々を苦しめた疫病は、主に「天然痘」「はしか」「水疱瘡」の3つで、特に天然痘は、毎年のように流行し、人々の命を奪ってきました。 また、幕末近くになると、西洋との接触も活発になってきたため、「コロリ(コレラ)」が猛威を振るった年が3回ほど発生しております。 今回は、江戸時代の人々が、どのようにして、こうした流行病と闘ってきたかに焦点をあてていきたいと思います。 天然痘は、感染すると、発熱や頭痛、嘔吐などの症状とともに全身に発疹が現れます。 仮に死に至らなくても、失明したり、痘痕が残ったりして人々を苦しめました。 中国の医学書でそれを知った緒方春朔(おがた しゅんさく)という医者は、寛政8年(1896年)、患者のかさぶたの粉末を鼻から吸引させる方法を発案しました。 そして、千人以上の子供たちに施し全て成功させたと言われております。 しかし、幕府の漢方医による批判で、結局は、浸透しませんでした。 一方、日本で牛痘法(ぎゅうとうほう)が広まったのは、あのシーボルトによる実演に端を発すると言われています。 それを聞き及んだ、佐賀藩医の楢林宋建(ならばやし そうけん)が、藩主に進言し、牛痘を取り寄せました。 そして、嘉永2年(1849年)に実子に行い、成功させたと伝えられています。 その後、緒方洪庵の協力も得て、全国に広まっていきますが、ここでも江戸の漢方医の妨害にあったようです。 しかし、その効果が、そんな妨害を跳ね除け、安政5年(1858年)に神田お玉が池に「種痘所」を設立し、その2年後には幕府の直営施設となり、どんどんと広めていったとのことです。 人類が地球上から撲滅出来た唯一の感染症です。 従って、日本でも、1976年以降、ワクチン予防としての種痘も行われなくなっています。 ちなみに私は、1961年生まれなので、小学生の頃に種痘を受けた後が左肩に残っています。 日本でも、文政5年(1822年)、中国(清、しん)経由で九州に上陸し、西日本は甚大な被害を被ったと言われています。 二回目の流行は、安政5年 1858年 6月のことです。 長崎に入港したペリー艦隊のミシシッピー号から伝染したコレラが、大阪、京都、尾張などを経て、7月末には江戸へも蔓延し、9月までに全国で5万人以上が病死したと言われております。 その後、死者は増え続け、江戸の死者は、最終的には10万人とも30万人とも伝えられています。 コレラは、感染すると急激な下痢に襲われ、脱水症状がつづいて意識不明となり、数時間で死亡する伝染病で、江戸の人々はあまりに早く絶命することから「コロリ」と呼び始めました。 ちなみに「東海道五拾参次」や「名所江戸百景」で著名な浮世絵師の広重もこの時の「コロリ」でなくなっています。 三回目は、文久2年(1862年)で、江戸時代の流行では最も多くの犠牲者を出したと言われています。

次の

【画像あり】江戸時代に大流行した感染症。人々は疱瘡やコレラにどう立ち向かった?|江戸ガイド

コロリ 江戸 時代

もくじ• 江戸時代の文化の特徴 江戸時代の文化は、• 江戸時代中期に上方中心で起こった 元禄文化• 江戸時代後期に江戸中心で起こった 化政文化 に大きく別れます。 そんな元禄文化や化政文化なんですが、この二つの文化はこれまでの貴族や武士の間での文化とは違い、 町人による文化だったことにあります。 例えば室町時代に能や茶道などが生まれましたが、能の創始者と言われている世阿弥は足利義満の庇護を受けており、茶道を大成した千利休は織田信長や豊臣秀吉から信頼を得ていました。 その一方で 元禄文化や化政文化は上のように権力者から保護される文化ではなく、逆に幕府から規制を受けるようなものでした。 このように大衆向けであったことが江戸時代の文化の特徴であったのでしょうね。 学問 江戸時代では徳川家綱の代から武士でも学問を習うことが奨励されていくようになりました。 もう戦も無くなった江戸時代。 武士でも色々な政治に関係することや、算数ができないとなれば話になりません。 その中でも特に重宝されたのが 朱子学。 朱子学は儒教の考え方の一つで、礼節を重んじたり、上下関係の忠孝などの考え方の大切さを説いている内容でした。 そのため、幕藩体制や士農工商などを敷いている幕府にとったら好都合だったのです。 さらに、江戸時代中期になり、徳川吉宗がキリスト教に関係する本以外であればオランダから輸入しても良いという御触れが出されるとオランダの学問、 蘭学が発展。 解体新書を翻訳した杉田玄白や蛮社の獄で迫害された高野長英や渡辺崋山などの蘭学者も活躍していくことになるのでした。 また、その一方で日本古来の学問や文化を研究する 国学も発展し、 本居宣長などの国学者も生まれたのです。 ちなみに、農民の方はというと農村でも 寺子屋という寺や浪人などが子供達に読み書きやそろばんなどを習わせる今の学校みたいなものが発展しました。 そのため、江戸時代であっても 識字率が8割を超えていたそうです。 俳句 室町時代に入るとこれまでは貴族たちが様々な感情を表現してきた短歌を庶民や武士などでもやって行こうとして 連歌というものがはやるようになりました。 連歌というのは短歌の五七五七七のリズムを五七五と七七で分けてそれぞれを交互で読んでいくものでした。 それが時代が下ると前の句に合わせて歌を100句読む 百韻というものが発達。 武将の間でも流行して真田信繁や黒田官兵衛などがはまったそうです。 それが江戸時代に入ると「そもそも最初の五七五だけでいいんじゃね?」と考える人が出てくるようになり、『奥の細道』などで有名な 松尾芭蕉などがこの 俳句というものを確立しました。 江戸時代後期になると 小林一茶や 与謝蕪村などが築き上げていき、明治時代へと至っていくのです。 ちなみに、俳句と呼ぶようになるのは明治時代で江戸時代では俳諧と呼ばれていました。 俳句と呼ばれるようになったきっかけは『柿食えば 鐘が鳴るなり 法隆寺』でおなじみの正岡子規によるものなんです。 絵画 近松 門左衛門 江戸時代では上方と江戸を中心に演劇も大流行しました。 その江戸時代の演劇の二大巨頭が 人形浄瑠璃と 歌舞伎でした。 人形浄瑠璃は上方で生まれた人形劇で劇作家の 近松門左衛門や 竹本義太夫を中心に人形劇と浄瑠璃という三味線による語り物 この場合だと義太夫節 を合わせて成立した演劇です。 ちなみに、人形浄瑠璃は上方のみで発展しましたが、やがて 平賀源内が江戸でも広めました。 歌舞伎は江戸を中心に 出雲阿国が創始したかぶき踊りが由来となって誕生したもので、色々騒動があって最終的に男子のみがいろんな役を演じるシステムとなりました。 化政文化が最盛期を迎えると色々な新しいシステムが取り入れられていき、今の歌舞伎につながる演目も誕生しました。 徳川綱吉 江戸時代では本当に戦がなく、島原の乱を境にピシャリと無くなりました。 そこから時代は江戸幕府を中心とした体制に変わっていくことになるのですが、幕府は元々は権力による支配を目指す武断政治を目指していました。 しかし、慶安の変において浪人たちがクーデターを起こそうとすると幕府は打って変わって 文治政治に転換するようになりました。 特に第5代将軍 徳川綱吉は学問を強く推奨していたそうです。 綱吉は生類憐みの令でも有名ですね。 そして時代は下り、徳川吉宗の時代に入ると幕府の財政が緊迫するようになり、 享保の改革を実行。 江戸時代後期になると災害などで幕府の財政がかなりヤバイ状態となり、• 田沼意次による改革• 寛政の改革• 天保の改革 などのように度々改革を行うようになります。 しかし、幕府の財政は改善せず、さらに追い討ちをかけるように1853年に ペリーが来航。 最終的に日本は開国することになり、幕府は長州藩や薩摩藩によって滅亡することになりました。 年表 1603年 江戸幕府成立 1615年 大坂の陣 豊臣家滅亡 武家諸法度制定 1637年 島原の乱 1638年 鎖国体制確立 1657年 明暦の大火 江戸のほとんどが燃える 1687年 生類憐みの令発令 1702年 赤穂事件 1716年 享保の改革開始 1787年 寛政の改革開始 1792年 ラクスマン来航 1804年 レザノフ来航 1828年 シーボルト事件 1837年 大塩平八郎の乱 1839年 天保の改革開始 1853年 ペリー来航 1858年 日米修好通商条約締結 1859年 桜田門外の変 1864年 蛤御門の変 1867年 大政奉還 王政復古の大号令 江戸時代の生活 東海道五十三次 江戸時代の生活は農民は年貢を納めるためにギリギリの生活をしていたと思うかもしれませんが、実際は 贅沢をしなければ普通に暮らせていたそうです。 江戸時代後期になると 唐箕や 備中くわのように農具が一気に改良されて生産効率がグーンと上がり、さらには三草という紅花・藍・麻を一緒に育てるようになり、それを売って生活の足しにしたりもしていたそうですよ。 一方の江戸時代の町人は 長屋という今の集合住宅みたいな住宅で暮らしていました。 長屋の家賃は今と比べると格段に安く、働いていたら何も困ることがなく生活を送ることができました。 さらに この時代は使えるものはできるだけ使えるという信念を持っていました。 なので、• 何か一部が破損したらそれを修理してくれる業者に出して修復する• 紙であれば古紙を集めて再生紙として使い、最終的にはトイレットペーパーとして処理する ということが当たり前だったとか。 そのため、この時代の江戸はとても綺麗であり、幕末の時に欧米の人がやってくると大変驚いたそうです。 食事 江戸時代の食事についてですが、 農民などは白米はほとんど食べることができず、様々な雑穀を混ぜたご飯を主食として食べていたそうです。 その一方で江戸では白米を食べることができたそうです。 しかし、白米を食べられたからといって幸せと言えるのかは微妙なところでした。 というのも、白米を食べすぎると栄養の偏りから脚気という病気にかかっていたそうです。 そのため、 脚気のことを当時は江戸わずらいと呼んだほどだそうで、当時江戸で脚気に悩まされていた人が多かったことが伺えます。 また、江戸では町人向けのグルメも発達し、立ち食いそばや寿司や天ぷらなどが町人の間で親しまれていたそうです。 平均寿命 江戸時代の平均寿命は40歳程度だったと言われています。 「そんなに早く亡くなっちゃうの!?」と思うかもしれませんが、実はこれにはとあるからくりが存在していたからなんです。 実は江戸時代の頃は20歳までで死んでしまうことは当たり前。 例として江戸幕府12代将軍徳川家慶の子どもは男女合わせて27人いたそうですが、無事成人となったのは13代将軍徳川家定のみ。 これが表しているように 当時は乳児死亡率が高く、それが影響して江戸時代の平均寿命がガクッと下がっているというわけなんです。 驚くべき避妊術とは? さて、ここまでは真面目な話でしたが、いっぺんハメを外してみますか。 色々な庶民向けの文化が発展した江戸時代。 その一方で この時代は性に関することが色々ゆるゆるの時代でもあったのです。 例えば江戸時代は• 混浴が許可された• 葛飾北斎や伊藤若冲といった有名な浮世絵師がこぞって春画 要するにエロい絵 を書いていた• 性に関する法律がそもそもなかった など色々ゆるゆるな形だったのでした。 そのため明治時代に入って外国人がやってくると人身売買だと猛烈に批判されたそうです。 その中でも特に凄いのが 遊郭。 遊郭というのは幕府や藩に公認を得た遊女街のことを指すのですが、男が8割を占めていた江戸ではこれが大盛況。 特に今の台東区にあった吉原遊郭は日本最大級の規模であり、その中でも一番上に君臨している太夫や花魁という女性は江戸の男性の憧れの的になり、今で言うところのブロマイドなどが作られたりするほどだったそうです。 ちなみに、 その花魁と出会うには色々なしきたりがある他、総額で500万ほどかかったため、城を傾きかねないということから『傾城』と呼ばれていたんだとか。 さて、そうなると女性からしたら避妊というのが非常に大切なものになってきます。 しかし、現在使われている避妊具は大体20世紀に入ってようやく実用化されたものばかり。 江戸時代では事後に水銀を飲んだり、和紙などで拭くのがスタンダードだったそうですがその効果のほどは怪しいもの。 ちなみに、江戸時代には今で言うところピルみたいな薬は存在していました。 このピルみたいな薬を販売していたのがかの有名な 式亭三馬。 式亭三馬は浮世風呂などの有名な本を残している傍ら、薬屋を営んでおりその薬の一つに天女丸と言う薬があったそうです。 それではまとめに入りましょう! まとめ まとめです!• 江戸時代にはこれまでの様な有力者を中心とした文化ではなく、元禄文化や化政文化など浮世絵や俳諧など庶民向けの文化が発達した。 江戸時代には文治政治という政治方式がとられ、幕末を除いて安定した時代であった• 江戸時代の生活は生活環境がだいぶ改善され贅沢をしなければ普通に暮らせていたが、乳児死亡率が高く平均寿命は低かった• 江戸時代では遊郭が大変にぎわっておりながら避妊具かあまりなくながら避妊の技術は高くなかった 最後になりましたが、江戸時代というのは本当に戦争や内乱が幕末の時代を除いてほとんどありませんでした。 江戸時代がこんなに平和だったのはやはり人々の生活にゆとりがでたからなのでしょうね。

次の

江戸時代に流行したコレラって、当時は正確な治療方法がないのに、なぜ流行...

コロリ 江戸 時代

現在、中国に端を発し、世界中で感染が拡大しているコロナウイルス。 今私たちにできる事は、不要不急の外出を控え、SNS上でまことしやかに拡散されているデマに流されず、正しい情報を知って、1人1人が冷静に身を守る行動する事です。 先の見えない状況に、誰しもが不安を抱くのは当然の事ですが、そういう時こそパニックを起こさず現状を見つめる事が最も大切だと言われています。 さて、江戸時代にはコロナならぬ「コロリ」と呼ばれる疫病が大流行したのはご存知でしょうか。 今回は、知る事で現代にも役に立つかもしれない江戸時代の「コロリ」の流行についてご紹介します。 コロナならぬコロリとは 「コロリ」とは、コレラ病の事であり、激しい嘔吐下痢を引き起こし、極度の脱水症状によって死に至るケースのある伝染病です。 発症から「コロリ」と亡くなってしまうために「コロリ」と呼ばれるようになったという説もあります。 日本で初めてコレラが発生したのは、最初の世界的大流行が日本に及んだ1822年(文政5年)のこと。 朝鮮半島または琉球からの感染ルートで、九州から流行が始まりました。 その後数年間は収まったものの、1858年(安政5年)から3年にわたり再び大流行となりました。 コレラのせいでニホンオオカミ絶滅? 当時は医療機関も発達しておらず、医療の知識も乏しかったため、江戸だけで10~30万人の死者が出たという文献も残っています(諸説あり)。

次の