ハガキ の 切手 代。 郵便切手代は消費税の課税対象?非課税?

往復はがきは往信、返信ともに切手をはらなければ、送れないのでしょう...

ハガキ の 切手 代

切手の料金はサイズと重さによって決まる サイズ まず確認するのはサイズです。 郵便物の大きさの指標として「定形郵便物」と「定形外郵便物」があります。 この違いを見てみましょう。 定形郵便物:幅12cm、高さ23. 5cm、厚み1cmまで• 定形外郵便物:高さ60cmまで、幅・高さ・厚みの合計が90cmまで 84円切手と94円切手を使うのは定形郵便物です。 幅12cm、高さ23. 5cm、厚み1cmの大きさを越えると定形外郵便物となり84円切手、94円切手では送れなくなります。 具体的なサイズの指標は? サイズはわかった。 でも、幅12cm、高さ23. 5cm、厚み1cmって具体的にどんな大きさなの!って思います。 なので定形郵便物として送れる最大サイズを覚えておくと良いです。 定形郵便物で送れる最大サイズを一般的な封筒規格で言うと 長形3号です。 この封筒では A4 用紙を3つ折りして送れる大きさです。 重さ 84円切手と94円切手の使い道の違いは 重さです。 定形郵便物サイズ(幅12cm、高さ23. 5cm、厚み1cmまで)以内であればどんな大きさでも重さだけの違いです。 つまりいくらの切手を貼れば良いかといえば、重さを計って25g以内なら84円、26g以上50g以内なら94円です。 84円切手:25g以内• 94円切手:50g以内 距離 切手の料金に距離は関係ありません。 東京から神奈川へ送ろうが、北海道から沖縄まで送ろうが切手料金は全国一律です。 一般的な手紙を84円切手で送る場合なら、全国どこまででも84円で送れるという事です。 紙は何枚まで送れるのか 25g以内か、50g以内かで84円切手を使うか94円切手を使うか変わりますが、具体的に紙が何枚入るのか試してみましょう。 茶封筒と一般的な A4 コピー用紙で試してみました。 A4用紙を5枚入れた所で23gとなりました。 6枚入れると25gを越えてしまいます。 という事で84円で送れるのは A4 用紙5枚です。 A4用紙を11枚入れたら49gになりました。 ギリギリすぎるので94円で送れるのは10枚と見たほうが安全です。 ただ 上等な封筒や上等な紙を使うとより重くなってしまうので要注意。 ご家庭にはかりがある場合は計測してみてください。 郵便局では0. 1g単位のはかりで計測しています。 1g越えただけでもアウトなので料金不足で返送されてしまいます。 履歴書など大きい封筒を送るときの切手は?(定形外郵便) 長形3号よりも大きな封筒を送る場合は定形外郵便となり、84円切手・94円切手では送れません。 例えば履歴書など A4 サイズを送れる角2号封筒は当然定形外郵便です。 定型郵便物で送れる封筒:長形4号、長形40号、長形3号、角形8号• 定形外郵便物で送れる封筒:長形2号、長形1号、角形7号~0号 サイズ 定形外郵便の最大サイズは前述したように「高さ60cmまで、幅・高さ・厚みの合計が90cmまで」です。 封筒にこんな大きなサイズはありませんので、最大の封筒(角形0号:B4サイズ)でも送れるので全ての規格封筒に対応しています。 定形外郵便には最小サイズもあります。 はがきなら定形郵便物なのではないか?と。 ここで重要なのは、 はがきサイズでも50gを超えれば定形外郵便物なのです。 定形外郵便の最小サイズと最大サイズ以内であれば、料金が変わる基準は重さと厚みです。 重さ 定形外郵便物には料金体系が2つあります。 基準は厚みが3cm以内か、3cmを超える場合です。 3cmを超える場合は規格外料金となり割り増し料金になります。 重さは4kgまで対応可能ですが、封筒で4kgの物を送ることもないでしょう。 そんな重いものであればゆうパックの方が安い場合があります。 重量 規格内 規格外 厚み3cm超え 50gまで 120円 200円 51g~100gまで 140円 220円 101g~150gまで 210円 300円 151g~250gまで 250円 350円 251g~500gまで 390円 510円 501g~1kgまで 580円 710円 1001g~2kgまで 規格外 1,040円 2001g~4kgまで 規格外 1,350円 500gを超える場合、定形外郵便よりもレターパックを使った方が追跡もできますし安く済むので送るものに応じて比較してみてください。 ちなみに定形外郵便物でも特定記録というサービスを使って追跡機能を付ける事ができます。 ただしプラス160円かかります。 その為レターパックの方が圧倒的に安く済みます。

次の

郵便切手代は消費税の課税対象?非課税?

ハガキ の 切手 代

ハガキ切手代は2019年現在いくら? 郵便料金値上げ後の新料金について、調査してみました。 ハガキの料金*2019年10月現在• ハガキ切手代2019年値上げで切手やはがき交換はできる? 切手、はがき、レターパックは、郵便局の窓口で新料金のものに交換することも可能ですが、交換手数料が発生します。 切手・はがきは1枚5円、レターパックは1枚41円の交換手数料が発生します。 例えば、82円切手1枚を84円切手1枚に交換する場合、 新料額との差額2円(84円-82円)+所定の手数料(5円)=7円 負担が多くなって損してしまいます! 旧料金の切手・はがき・レターパックは、不足分の切手を追加で貼って郵送することができますので、追加で差額の切手分を貼って利用した方がよさそうですね。 また、旧料金の切手については、郵便局で切手で支払いが可能な郵便系サービス(ゆうパック、高額な定形外など)の料金の支払いに利用することができます。 その場合は郵便窓口で手続きが必要です。 ハガキ・切手代の値上げに世間の声は? ハガキや切手代が値上げされたことについて世間の声はどういったものがあるでしょうか。 調査してみました。 料金不足だと差出人に戻ってくるパターンと受取人に届いて不足額を払うパターンとあり、受取人が不足分を払うのも失礼にあたりますし、だからといって金額が金額だけに受取人が差出人に請求するのも大変ですよね。 新料金が浸透するまでは、ちょっとしたトラブルの原因になりそうです。 ファンレター返信用にファンシーな切手を用意しておいたのに、郵便料金値上げで人相の悪い禿げ頭のじいさんの一円切手を大量に横に貼り付けなければならない僕の憤りについて。 わざわざ切手買うのも郵便局に行くのも面倒でどうしようかと思っています。 煩わしいです。 どうしても切手を大量にはることになり、見栄えもあまりよくないですよね。 たかが数円、されど数円です。

次の

2019年10月から切手やハガキなどの郵便料金が値上げに│サプルム

ハガキ の 切手 代

懸賞等に確実に応募する方法&封書料金用切手が必要な懸賞応募はがき 懸賞等に確実に応募する方法&封書料金用切手が必要な懸賞応募はがき• 懸賞に応募する場合の葉書の送り方についての情報です。 購入した製品に付いているマークやシールを葉書に貼って送る購入者向けの懸賞は当たる確率の高いものや もらえる賞品の人気度の高いものが多かったり、ビール会社の懸賞では規定枚数のシールを集めると全員に 賞品がもらえる懸賞などがあります。 このような懸賞では確実に応募することがまず第一に必要です。 ここではその確実さを求める懸賞の具体的な内容についてお知らせします。 糊だけで貼ると途中で剥がれる場合があります。 水性ペンで書くとポスト等入れる場合に水分で濡れて字が読めなくなる場合があります。 ・自分の住所氏名等は間違えずに誰でも読めるように記載する 全く書いてない場合もありますので、はがきを使うのなら最初に書いておきましょう。 読めない字では賞品の発送にも支障を来します。 ・応募シール等貼る場合は、剥がれないように貼る シールの粘着力だけでは輸送中に剥がれる場合があります。 糊だけで付けると接着力が弱く、輸送中に剥がれる場合がありますので幅広透明テープで補強しましょう。 ・特定記録や簡易書留など確実に送ったことがわかる方法で送る 自分では送ったと思っていても実際には送っていなかったり、他人に頼んだけど送られていなかったり 輸送中のトラブルで正しく届かない場合や、配達後に有効とならない場合の回避が可能です。 その際、 郵便局で渡される受領証を大切に保管してください。 ・締切までに送る 消印有効や必着などは期限が大事です。 消印有効ならポストに入れずに窓口から出したり 必着なら速達を付加する等が確実です。 ・郵便番号119に送る場合は最大1週間程度かかります 郵便局の業務に支障をきたす大型懸賞等で急ぐ必要のない葉書や定形が多数出される場合は専用の郵便番号 である119から始まる番号が利用されています。 大型懸賞等の締切間際が重なる場合などでは投函後、1週間程度かかる 場合がありますので普通に出す場合はあらかじめ覚悟しておきましょう。 ・料金を間違えない 購入者向け懸賞だと料金不足でも受け取らない場合はほぼないとは思いますが、無効にしている場合はあります。 葉書だから63円とか、四角い紙だから63円だと思っていると料金不足になる危険性があります。 「官製はがき」とは郵便局が 国の機関であった郵政省時代に作られた葉書を示す用語ですが、古い葉書の利用を指定しているわけではないです。 以前の 用語をそのまま使っているだけですので、今現在コンビニや郵便局で販売している葉書を利用すれば問題ないはずです。 「かもメール」や「年賀はがき」も郵便局で販売している葉書ですので問題なく利用できます。 ただし年賀葉書は 12月以降に利用されると、年賀特別郵便扱いされて翌年1月1日以降に配達される可能性がありますので 利用は避けた方が良いです。 「官製はがき」または「郵便はがき」の利用を指定しているのはサイズや紙質が一定基準以上で均一のため大量の 応募葉書を機械処理したり溶解処理したりするのに都合が良いためです。 私製葉書と呼ばれる、任意の紙に切手を貼り 応募してもらう方式だと、薄い紙だったり大きいサイズだったりして料金不足になったりするなど、事務作業の増大で 効率が悪く懸賞企画会社には嫌われます。 指定を無視した場合は無効扱いにされる場合もあります。 その規定にあわない場合は定形郵便の条件を満たしていれば定形郵便、定形郵便の条件に合わない場合は定形外郵便になります。 ・はがきのサイズをオーバーしている場合(定形サイズ内なら定形郵便) ・形が長方形ではない場合(定形外郵便) ・重量が超過している場合 葉書2〜6g、定形50gまで などが不足になりやすいです。 ビールの6缶パックの包装紙を活用した葉書サイズの応募用紙の場合は、決められたサイズに切ることが大事です。 その紙にシールを貼って応募するタイプは重量が6.0gまでは葉書料金で送れますが、オーバーすれば封書用料金です。 シールを48枚や120枚貼る葉書サイズ台紙応募の場合は82円切手(定形料金:当時)を貼るように指示されています 規定のサイズで切らないと葉書扱いできないと記載されています 必要な金額が貼られていない場合は差出人に返送される場合と、受取人に料金不足として配達されます。 購入者向けの懸賞の場合は受取人が不足料金を支払って郵便物を受け取ります。

次の