ライン の 友達 追加 方法。 LINEで友達を「電話番号」で検索して追加する方法、検索できないときの原因と対処法も

LINE「友だちの自動追加」をしない、させない方法

ライン の 友達 追加 方法

ちなみに自分は上記機能を両方ともOFFにしている関係で、自動で友だち追加される事がないため、LINEで誰かと友だちになりたい場合は、今回紹介するいずれかのやり方で毎回、手動で友だち追加しています。 さてと、では本題に入りたいと思います。 LINEで手動で友だち追加する方法は下記のように全部で4つの方法があります。 どの方法を使うかは、自分の使い方やシチュエーションによるかと思います。 それでは早速、メニュー左から順に紹介していきたいと思います。 1 招待 『招待』は自分のスマホ・タブレットの連絡先(アドレス帳)に登録されている人にSMS(ショートメール)やメールを送って、メール本文内の友だち追加リンクをクリックしてもらう方法です。 直接会えない遠方の知人でも、友だち追加したい相手の電話番号かメールアドレスが分かっていれば、使えるので結構便利です。 「招待」をタップすると、SMS(ショートメール)かEmailを選択する画面になります。 どちらを選ぶかは相手の連絡先の電話orメールのどちらを知っているかによります。 友だち追加したい相手の電話番号だけ分かっている場合はSMSを、メールアドレスだけ分かっている場合はEmailを、電話番号もメールアドレスも分かっている場合はとちらでも良いです。 「Email」をタップすると下記のような招待画面(スマホの連絡先に登録されている名前とメールアドレスの一覧)が表示されるので、友だち追加したい相手の名前にある「招待」ボタンをタップします。 すると、相手の宛先メールアドレスと入力内容が入ったメールが開きますので、そのまま「送信」をタップします。 すると相手には上記のようなメールが届きます。 相手が既にLINEユーザなら、メール本文の下部にあるURLをタップしてもられば、相手にすぐに友達追加してもらう事ができます。 SMSは割愛しますが、Emailの場合と同様だと思います。 ハイ、多分。 2 QRコード 次はQRコードです。 これは相手に直接会った時に使います。 相手のスマホのラインのQRコードを画面に表示してもらって、それを自分のスマホのLINEのQRコードリーダーで読み取って、友だち追加する方法です。 もちろんQRコードを見せる側と読み取る側はどちらでも良いです。 今回は自分が読み取る側で、相手にはQRコードを表示してもらう前提で話を進めます。 まずQRコードをタップします。 すると、QRコードリーダーが開きます(左画面)。 また相手には相手自身のLINEのQRコードを表示してもらいます。 QRコードリーダー画面の右下にある「自分のQRコードを表示」をタップして、QRコードを表示してもらいます(右画面)。 あとは、相手のスマホのQRコードを、先ほど開いた自分のスマホのQRコードリーダーで読み取ればOKです。 相手のQRコードが正常に読み取れたら、その相手を友だちに追加する画面になるので、追加をタップすれば完了です。 自分的には、QRコードでの友だち追加は、基本的には友だち追加したい相手に直接会った際に使う事がほとんどですね。 うまくいけばお互いに友だち追加の画面になるので、追加を押せば完了です。 自分はやった事ないですが「ふるふる」を使えば、その場に居合わせた複数の人と一度に友だち追加が可能なようなので、みんなで友だちに追加するときは便利なのかもしれませんね。 ただお互いのスマホの位置情報サービスをONにしないといけなかったり、反応がイマイチでうまくいかない時があったので、自分はあまり使ってないですね。 直接相手に会って友だち追加する時は、QRコードを使う事のほうが多いです。 4 ID検索 自分のLINEのIDを口頭orメール等で相手に伝えて、そのIDを使って相手にID検索をしてもらい、相手に自分を友だち追加してもらう方法です。 もちろん逆のパターンで、相手にIDを教えてもらって、自分がID検索して相手を友だち追加するのもOKです。 ID検索で友だち追加をする場合は、ID検索される側のLINEの設定変更が事前に必要になります。 ちなみに、このIDは一度設定すると後から変更できないのであしからず。 あと、このID検索での友だち追加方法は、LINEの仕様的に「年齢認証 18才以上 が可能な3キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)だけが基本的に使える機能」で、いわゆる格安SIM(、など)では使えませんのであしからずで。 もし格安SIMでもLINEのID検索を使いたい場合は、こちらの別記事()が参考になるかと。 今回は相手に自分のIDを伝えて、相手にID検索してもらう前提でいきたいと思います。 まずは自分のLINEのID設定を上記のように事前にやっておきます。 その後は、相手に自分のIDを相手に口頭orメールで伝えます。 相手には友だち追加画面より「ID検索」をタップしてもらいます。 すると、ID検索のボックスが表示されるので、相手にはここに先ほど伝えた自分のIDを入力してもらい、「検索ボタン」をタップしてもらいます。 IDの打ち間違いがなく正しければ、相手のLINE上に自分が表示されるので、「友だち追加」をタップしてもらえばOKです。 繰り返しになりますが、相手にIDを教えてもらって、自分がID検索して友だち追加するのも可能です。 その場合は、相手のID設定を事前設定してもらっておく必要があります。

次の

LINE(ライン)友達追加の方法【完全版】 おすすめ順にご紹介

ライン の 友達 追加 方法

今回は「LINE ライン 」の友達追加の方法を、 使いやすい順に紹介していきます。 QRコードで確実に 一緒にいる相手を友達追加する場合、QRコードを使うのが間違いなく王道です。 便利さ、簡単さ、確実性、どれをとっても一番です。 外部のリーダーを使う必要もありませんし、 生成も読み取りも一瞬でできてしまいます。 ショップやレストランのアカウントを友達追加して お得情報をもらう、という場合もこの方法が一般的ですので、この際しっかりと覚えて使いこなせるようにしておきましょう。 たとえばコンパで誰かと意気投合し、今度2人で遊びに行こう、みたいな展開になった場合、あなたがQRコードを作成し、相手にそれを読み取ってもらって、まわりにそれと気づかれる前に友達になれてしまいます。 位置情報が・・、年齢認証が・・、ともたつくこともありません。 方法は下記の通りです。 まず QRコードを作成する手順ですが、1の 「友達」から右上の 「友達追加アイコン」をタップし、3の 「QRコード」から、遷移したページの右下の 「マイQRコード」を選ぶだけです。 5に表示されたシンボルがあなたのQRコードになります。 何が撮れるかはお楽しみです。 続いて QRコードを読み取る方法ですが、画像の2枚目までは作成と共通です。 3枚目、中央のファインダーに目当てのQRコードを映すと、4枚目の確認画面に遷移しますので、忘れずに 「追加」をタップしましょう。 また、 スマホの画面に表示されたQRコードをそのスマホのLINEアプリで読み取りたい場合は、QRコードそのもの、もしくはQRコードを含む画像を長押しして、表示されたメニューから 「LINEで開く」を選択してください。 友達追加の確認画面に遷移しますので、同じく 「追加」をタップして作業を完了させてください。 画像として保存したQRコードから友達追加の設定を行うには、上の画像の左から3番目、QRコードの読み取り画面で左下の 「ライブラリから読み込む」を選択し、「写真」の中からその写真を選びます。 やはり友達追加確認画面に遷移しますので、「追加」を選択します。 友達追加したい相手が近くにいない場合でも、QRコードを利用できます。 下の画像、自分のQRコードが表示された画面で、右上の1のボタンをタップし、表示されたメニューから 「共有」もしくは 「メールで送信」、を選択します。 共有であれば他のSNSや共有ファイル等を使って、メールであれば、相手を入力して送信するだけです。 メールの場合、LINEアプリのインストールの段階からスムーズに誘導してくれますので、この手の操作に不慣れな方でも友達追加までたどり着けると思います。 なお、何らかの原因でQRコードが拡散してしまうと厄介です。 今回の相手と友達追加が完了した段階で、ご自身の QRコードを更新しておくことをおすすめします。 コードが新しくなれば、古いコードは使えなくなります。 上の画像で3の 「QRコードを更新」を選択します。 続く画面で 「OK」をタップするだけです。 ふるふるでまとめて たとえばコンパで盛り上がり、今度みんなで遊びに行こう、みたいな展開になった場合、あなたが代表でQRコードを作成して・・という方法もありはありですが、何となく作業っぽくなって、場がしらけるおそれがあります。 そこでふるふるを使うと、友達追加が さらなる余興となって、一層盛り上がるわけです。 物理的にも各人の距離が縮まり、そのまま2次会へ、とテンションが上がるはずです。 1対1の場面でも、LINEでつながるという少々気恥ずかしい空気を、 「話のタネ」として打ち破ってくれるでしょう。 方法は下記の通りです。 まず、LINEの友達追加の画面で1の 「ふるふる」を選択します。 位置情報の共有をLINEに許可していない場合、ここでポップアップが表示されますので、 「設定」を選び、遷移した画面で 「常に許可」か 「このAppを使用中のみ許可」のどちらかを選択して、LINEの画面に戻ってふるふるしてください。 面倒なら画面をタッチするだけでも事足ります。 相手の情報が表示されたら 「追加」をタップします。 双方が「追加」することで初めて友達登録が完了となりますので注意してください。 実はこのふるふるの機能、GPSの位置情報を使ってざっくりとその辺にいる人のアカウント情報を取得しているものなので、離れた場所にいる 無関係な人の情報まで表示されてしまう場合があります。 隣の部屋でコンパをしているアカの他人の情報が紛れ込む可能性もあるのです。 大勢でふるふるする時など、知らない人のアカウントまで友達追加しないよう、どれが誰のアカウントか確かめてから追加するようにしましょう。 こちらで追加しただけでは、こちらの情報が先方に伝わることはありませんが、気持ちが悪いのは確かですので。 LINEの友達追加 その他の方法もどどっと解説 友達追加専用のURLを送る 【必要なもの】「 連絡先」の情報共有をLineに許可。 特にURLを送られた側は、それを タップするだけで友達追加画面に遷移しますので、相手が近くにおらず、かつiPhoneやスマホの操作に慣れていない場合は、この方法がベストかもしれません。 友達追加の画面で「招待」を選択し、ポップアップメニューで「 SMS」か「 Mail」を選択。 相手を選んで送信します。 電話番号で検索 【必要なもの】「 電話番号登録」「 年齢確認」「 18歳以上」 「電話番号登録」は、LINEアカウントの作成時にほとんどの方は済ませていると思います。 facebook経由でアカウントを作っている場合この方法は選べません。 友達追加の画面で右上の「検索」を選択し、「電話番号」にチェックを入れた状態で、相手の電話番号を入力、虫眼鏡をタップします。 友達追加の画面で右上の「検索」を選択し、「ID」にチェックを入れた状態で、相手のID番号を入力して検索します。 電話番号を知らない、あるいは相手が電話番号を登録していない場合に使える方法です。 ただし、相手が「IDによる友達追加」を許可していないと友達追加できません。 LINEグループのメンバーと個別に友達になる方法 同じLINEグループに属していても、全員と友達になっているとは限りません。 そのうちの 誰かと個別に友達になりたい場合の方法を説明します。 まず、グループのトークルームで、画面上部のグループ名をタップ、表示されたメンバーのアイコンをさらにタップすると、メンバー一覧が表示されます。 友達になりたい相手の名前をタップし、下部に表示されたメニューから「追加」を選びます。 これで、相手の「友達かも」の欄に自分の名前が表示されます。 あるいは、追加した友達にこちらから個別にメッセージを送ると、相手側にあなたの名前とアイコンが表示され、友達に追加するかの確認が行われます。 友達が追加をすると、お互いの友達追加が完了し、個別にメッセージをやり取りできるようになります。 友達Aと友達Bを友達にする 友達の友達は~というのもそのうち死語になりそうですが、LINEでつながっていないAさんとBさんが、どちらもあなたのLINE友達である場合、簡単に 両者をつなげることができます。 Aさんとのトーク画面で左下の 「+」ボタンをタップし、表示されたメニューから 「連絡先」を選択、「LINE友だちから選択」を選び、Bさんにチェックを入れ、右上の「OK」をタップするだけです。 Aさん側の画面にBさんの名前とアイコンが表示されますので、それをタップして友達追加。 あとはBさんがAさんを友達追加すれば完了です。 友だち自動追加をどうするか LINEには「友だち自動追加」という、便利というより 少々困った機能があります。 ほとんどのユーザーはアカウント作成時に電話番号で登録を行います。 するとLine側は、電話番号に紐付いた「連絡帳」に勝手にアクセスし 拒否もできます 、そこに載っているLINE利用者を片っ端から友達追加してしまうのです。 連絡帳に登録したすべての相手とLINEでつながりたいわけではないので、これはとても迷惑な話です。 すみやかに 解除の設定を行いましょう。 もちろん、すべての人と繋がりたい、という方はこの限りではありません。 方法は簡単です。 アプリ内の設定(左上の歯車マーク)から「友だち」を選び、「友だち自動追加」「友だちへの追加を許可」どちらもオフにするだけです。 友達への追加の方は、自分の電話番号を連絡帳に登録した人が、自動的に自分をLINEの友達として追加しないようにする措置です。 LINEでは、双方が友達追加して初めて個別のメッセージを送り合えるようになります。 相手が自分を自動的に友達追加しても、「友だちかも?」の欄に名前が表示されるだけで、害があるわけではありません。 とはいえ、やはり気持ち悪いのは確かなので、友達追加は上述のQRコードやふるふるで行うようにして、自動の方は解除しておくことをおすすめします。

次の

LINE「友だちの自動追加」をしない、させない方法

ライン の 友達 追加 方法

特に、親戚やリアルの友達だと電話番号検索から友達追加をします。 電話帳をLINEにアクセスを許可すると、電話帳の中にLINEを使ってる人がいると、そのまま追加できたりもします。 しかし、友達がLINEを設定してもこの段階でも引っかからないし、エラーか?おかしい!と思って電話番号を検索しても出てこない場合があります。 原因は、相手側が友達追加をオンに設定していないか、自分が友達追加の設定をオンにしていないかのどちらかです。 LINEは、自分で友達追加の設定をオンにしないと追加できないようになっています。 複数人からLINEで追加できてないと言われたら、疑うのはまず 友達追加の設定です。 実は、友達追加ができないと一瞬エラーだ!なんで友達追加できないのか?と思われますが、原因の多くが設定がされていないことです。 特にLINEの設定は、他のSNSアプリより複雑になっています。 もう少し設定部分をシンプルにするところも今後のLINEの課題でもないでしょうか。 友達追加をオンにすることで、まず電話帳に入ってるLINEユーザがあなたの電話番号を検索することができるようになります。 中には、友達追加をオンにしただけで、ID検索できてしまうと思っている方非常に多いです。 この混同が、友達を追加できない、挙句の果てにはエラーだとなってしまう原因です。 まず電話帳に入ってる身近な友達をLINEで追加するなら、友達追加をオンにしましょう。 iPhone、Android別に紹介していきます。 LINEの友達追加で次に利用が多いのは、LINEのID検索です。 LINEのIDはアカウントのログインするIDとはまた別です。 ここで言っているLINEのIDは、他のユーザからも検索ができるIDのことを指します。 つまり、電話帳に登録していないLINEユーザでも友達追加を可能にしてくれます。 多くのユーザがID検索を許可すると電話番号検索も許可されると混同します。 なぜ混同するのかは、ID検索と電話番号検索が同じページでできるからです。 しかし、 電話番号の追加の許可とLINEIDの許可する項目の設定は別にあることです。 電話番号の検索の許可は、設定から友達ですが、 IDの検索は設定からプライバシー管理となっています。 よく、電話帳に載っていない(電話番号を知らない)LINEユーザを追加するときに、友達追加を許可しているのに追加できない何かのエラーか?と悩まれる方非常に多いのです。 特にネットで友達になったときには、ID検索の許可をし忘れることが多いので注意が必要です。 突然ですが、お酒を買うときには年齢確認をされますよね?普段から買う方はああ、またかといったかんじになりますが、レジによっては、18歳以上ですとレジがいってくれるものもあります。 今までLINEでも誰でもID検索をできましたが、やはりLINEの未成年問題になっています。 お酒と同じようにLINEのID検索は18歳以上しか利用できない機能となっています。 LINEのID検索を利用するためには、誕生日の設定ではなく、キャリアで行うことになっています。 格安SIMでは年齢確認を行えないので注意してください。 自己申告一切お断りなので、自分の年齢を偽ることができません。 ドコモ、ソフトバンク、auで年齢確認を行うことになります。 例外的に格安SIMでもLINEモバイル、ワイモバイルなら年齢確認を行えます。 LINEが気軽に理由できるのは、 LINEの友達ID追加がQRコードでできます。 QRコードと言えば様々なところで使われてますよね。 iPhoneなら、カメラの標準アプリで様々な情報をQRコードで読み取ることができます。 Androidなら、QRコードリーダーのアプリを利用して情報を読み取ることができます。 また、QRコードはカメラを通して読み込むものですが、 LINEではQRコードが画像で送られてきても読み取れるようになっています。 オフ会で直接QRコードを読み込ませて友達追加ができますし、他のチャットアプリでQRコードを画像で送られてきても友達追加ができるのです。 友達追加のしやすさからいうと、LINEは非常に便利になりました。 よくIDで送られてきても、複雑なものなら入力ミスで検索してもエラーで出て結局は友達に出てこないんだけど?というやりとりもありました。 QRコードで追加できるようになったことで、入力ミスからの検索エラーの検出を大幅減。 しかし、場合によっては、QRコードでも友達追加ができないといったエラーもあります。 エラーかなと思ったら試す方法は2つです。 ふるふるでLINEIDが追加できない原因は、多くの場合、LINEに位置情報を許可していない場合がほとんどです。 LINEは位置情報のイメージなんてあまりないので、初期の段階でOFFに設定している人非常に多いです。 ふるふるは、位置情報を許可していないと使えません。 ふるふるは、相手と自分の位置情報を使用しているので、どちらかが位置情報をOFFにしていたら使えなくなります。 よく、ふるふるでやってみたけど、追加できないLINEのエラーだと思っている人が多いので、ふるふるのときには位置情報の許可をするようにしてください。 位置情報の許可方法は、iPhoneとAndroidの端末で設定方法が違ってきます。 iPhoneからだとLINEだけ位置情報を許可しないといったことができます。 気になる上限は、何十人でもなく何百人単位でもありません。 LINEは何も友達追加だけではなく、企業の情報収集のために、企業の公式アカウントを友達追加している人も多いことでしょう。 LINEスタンプの関係で次から次へと追加していくと、あっという間に50人くらいはいきます。 LINEの友達追加は、5000人が人数上限です。 5000人!? 驚きの数字ですが、それ以上は追加したくても追加できません。 もし、相手側に上限が超えている場合は、LINEの整理をする必要があります。 LINE友達追加は、企業の場合はほとんど期限付きの無料スタンプです。 追加できない場合は、スタンプの期限が切れている企業から追加を取り消しましょう。 LINEの友達が追加できない原因として、友達が追加できる上限に達している話をあまり聞いたことがありません。 ここまで来て具体的に原因がわからずエラーの場合は、LINEのアカウントをもう一度作り直すしか方法はありません。 通常なら、iPhoneまたはAndroid端末を再起動するだけでおおよその問題は解決します。 もし、なにをしても友達追加ができない場合は、LINEに一度問い合わせたのち、アカウントを作り直してくださいといわれたらそうするしかありません。 特にOSが古いバージョンを使っている人は、ある程度覚悟しておいたほうがいいでしょう。 LINEは、友達追加が簡単にできるコミュニケーションツールです。 もし、友達追加で何かしらのエラーがでたら、上記の紹介した方法をお試しください。 特に、ふるふるで友達追加をするときには、位置情報の許可を忘れずに行いましょう。 また、QRコードは差し出して読み込む以外にも他のツールに送って保存をしてライブラリから友達追加もできます。

次の