荒野行動タイマンする方法。 【荒野行動】夢幻式タイマンを作った男が最強の挑戦

【荒野行動】ルーム作り方や観戦方法を解説!|ゲームエイト

荒野行動タイマンする方法

おすすめの記事 荒野行動の勝敗の条件やルール 最後の1人になれば勝利 荒野行動の勝敗は単純で、最後の1人(チーム)になれば勝利です。 単純と言っても100人のプレイヤーの頂点に立たなければならないため容易ではありません。 また、荒野行動には300人で戦闘を行うのモードや、一定のポイントを早く獲得したプレイヤーが勝利するレジャーもあります。 武器や装備は現地調達 荒野行動では武器や装備などの調達は現地で行います。 現地に降り立った際、素手でも戦うことはできますが、素手では超近距離しか対応できないため、勝ち残るには装備を充実させる必要があります。 毒ガスエリアにいるとダメージを受ける 荒野行動には特定エリア内にいるとダメージを受ける「毒ガスエリア」が設定されています。 毒ガスエリアはランダムで決定され、毒ガスエリア内にいるとダメージを食らってしまうため、毒ガスエリアから逃げながら戦闘を行う必要があります。 安全エリアで生き残ろう 荒野行動で生き残るには、毒ガスエリア以外の安全エリアで行動することが求められます。 しかし、安全エリアは時間と共に縮小していくので注意しましょう。 危険区域に注意! 荒野行動にはマップ上に突如出現する危険区域というものがあります。 危険区域の出現場所はランダムで、危険区域にいると空爆を受けてしまい死んでしまう恐れがあります。 そのため、自分がいる場所が危険区域に設定された場合、建物に身を隠すか速やかに危険区域から脱出しましょう。 戦闘を行う前にやっておく(知っておく)こと 設定を変更しよう 荒野行動で本格的な戦闘を行う前に、操作設定で一度自分に合った設定にしておくのがおすすめです。 荒野行動では扱うボタンが多いため、ボタンの位置を自分好みに変更しておくだけでプレイの快適さが大きく変わります。 ボタンの配置は、操作設定の「基礎設定」より変えることができます。 以下の記事で 初心者でも扱いやすいおすすめの設定を紹介しているので、「設定に迷っている」という方はぜひ参考にしてみてください。 操作設定の自動取得をOFFにしておく 操作設定には自動取得というものがあります。 自動取得をONにしておくと、武器や装備の上を通った時だけで、戦闘中でも拾ってしまうので、なるべくOFFにすることをおすすめします。 武器の種類と特徴を把握しよう 戦闘を始める前に、ある程度武器の種類や特徴を把握しておくのをおすすめします。 武器には得意距離があり、どの武器種が近距離用の武器か、遠距離用の武器か把握しておくだけでも違います。 初心者から上級者まで愛用者が多い武器種です。 【得意距離】近距離 ショットガン 散弾銃 は一発の威力が高い分、射程が短い武器です。 そのため、建物内など近距離で力を発揮する武器です。 【得意距離】近距離 サブマシンガン 短機関銃 は威力が低い代わりに連射速度が早い武器です。 ショットガン同様、近距離で活躍する銃です。 【得意距離】遠距離 スナイパーライフル 狙撃銃 は射程が長く、一発の威力が高い武器です。 遠距離戦では無類の強さを発揮しますが、連射性能とリロード性能が低い武器です。 【得意距離】近距離 サブ武器は近距離戦闘のサポート武器です。 メイン武器の弾切れの際などに使いましょう。 射撃の種類に注意! 銃には射撃ボタンを押し続けると連続で弾を発射できる「連続射撃 フルオート 」と、弾を連射できない「単発射撃」があります。 連続射撃の銃は「アサルトライフル 小銃 」と「サブマシンガン 短機関銃 」で、単発射撃の銃は「スナイパーライフル 狙撃銃 」と「ショットガン 散弾銃 」になります。 基本的に連続射撃ができる銃は、一発の威力が低く、単発射撃の銃は一発の威力が高いです。 射撃場で操作に慣れる 通常バトルを行う前に、で操作に慣れた後でバトルを行うのがおすすめです。 射撃場では、銃の試し打ちやアタッチメントの試用など試すことができます。 死亡と気絶の違いに注意! シングル(ソロ) マルチ 蘇生不可 蘇生可能 味方がいない 味方がいる 荒野行動の協力プレイ(デュオ〜クインテッド)では、死亡状態の他に気絶状態が追加されます。 味方が生き残っている場合は HPが0になっても気絶状態になり、味方から蘇生してもらうことが可能です。 協力プレイを行う際は、敵を倒した際には死亡させるまで銃を撃ちましょう。 降下の方法と着地のコツ 降下地点を決めよう ヘリから降りる前、降下地点をあらかじめ決めておきましょう。 降下地点はマップを開き、ピン止めすることで目的地までの距離を測れます。 街や建物が多い場所ほど武器やアイテムを見つけることができますが、その分敵も多く降り立つ可能性が高いです。 そのため、 初心者のうちは建物が少ない場所で装備を整えるのがおすすめになっています。 「出る」ボタンタップで降下 ヘリから降りたい時は、「出る」ボタンをタップすることで降下できます。 目的地付近で降下を開始しましょう。 スティック状態で落下速度を変更 降下中の落下速度は、移動スティックで変更することができます。 スティックを上に倒すと落下速度は速くなり、下に倒すと落下速度は遅くなります。 早く落下できれば先に武器を入手することができ、敵との打ち合いで有利な状況を作り出すことができます。 建物の近くに着地 降下する際は建物の近くに着地しましょう。 建物の近くに着地することで、建物内にある武器やアイテムを素早く入手することができます。 より遠くに移動するには? 遠くに移動したい場合は、ヘリから降りた後に 方向キーを前方に倒し、視点を上に向けましょう。 この操作を行うことでより遠くの街に移動することが可能です。 物資(武器・装備)の集め方 まずは武器を集める フィールドに降り立ったら第一優先で武器を集めましょう。 降り立った直後は素手でしか攻撃できず、超近距離でしか攻撃することができません。 そのため、最低でも武器を1つ、いち早く装備しましょう。 中〜遠距離ではアサルトライフルなどに太刀打ちできないため、建物内など近距離で戦闘を行う場合に使いましょう。 どちらの武器種も連射性能が低いため、初心者には扱いが難しいです。 扱うのが難しい武器ですが、特にスナイパーライフルは上手く使えるようになると非常に強力なため、操作に慣れてきたら練習しておくのが良いでしょう。 回復アイテムを集めよう 荒野行動ではアイテム以外の回復手段がないため、回復アイテムを入手するのも生き残る上で必要です。 特に医療箱は非常に優秀な回復アイテムなため、見つけたら必ず拾っておきましょう。 倒した敵が強力な装備を所持している場合もあるため、敵を倒したら所持品を確認してみましょう。 補給品(支援物資)からアイテム回収 荒野行動は一定時間ごとにヘリコプターでランダムな位置に補給品(支援物資)が運ばれてきます。 補給品からは「ヘルメットLv3」や「防弾着Lv3」などの強力な装備を入手することが可能です。 補給品からは非常に強力な装備を入手できますが、その分敵に見つかりやすく、敵と戦闘になる可能性が上がるため注意しましょう。 移動時の注意点と敵の見つけ方 走り(ダッシュ)を覚えよう 荒野行動での移動手段は、徒歩での移動がメインになります。 走り方を覚えておけば、速く移動することができるため必ず覚えておきましょう。 マップ上にある乗り物は乗ることが可能で、徒歩よりも速く移動することが可能です。 そのため、遠くに移動したい場合や、安全区域の外にいる場合などの緊急時には車を利用して移動するのが良いでしょう。 移動時には音が出るので注意 徒歩や車の移動時には音が出ます。 近くの音はミニマップに表示され、敵に見つかる可能性があります。 移動時には周りに最新の注意を払いましょう。 また、音は周りの敵を見つける際にもヒントになるため、ミニマップは常に見ておくようにしましょう。 ミニマップの表示 足音 車音 銃声 被弾時に敵を見つける 荒野行動では、被弾時に赤くマークが表示されます。 赤いマークの向きは敵の方向を示すため、敵のおおよその位置を把握することが可能です。 撃ち方とエイムのコツ ADS撃ち ADS(Aim Down Sight)撃ちとは、 サイトやスコープを覗きながら撃つ方法です。 主に中〜遠距離の敵を狙撃する時に使われるもので、瞬殺モードを駆使したテクニックや、ドラッグショット・クイックショットといったテクニックもあります。 詳しい内容は下記リンクを参考にしてみてください。 腰だめ撃ち 腰だめ撃ちとは、サイトやスコープを覗かずに撃つ方法です。 腰だめ撃ちは命中精度が落ちるため、主に近距離にいる敵と戦う際に使用します。 タップ撃ち・指切り撃ち タップ撃ち・指切り撃ちとは、射撃ボタンを短くタップしながら撃つ方法です。 反動を抑えられる撃ち方なため、反動が大きい武器ほど有用性があります。 タップ撃ち・指切り撃ちのメリット ・反動を抑えられる ・遠距離の相手を狙いやすい タップ撃ち・指切り撃ちのデメリット ・相手をしっかりと狙う必要がある その他のやりこみ要素 任務(ミッション)を達成する 荒野行動には、日常任務というミッションがあります。 ミッションクリアで活躍度を集めることができ、 ミッションで集めた活躍度に応じて報酬(銀貨や経験値など)を獲得できます。 また、日常任務は毎日リセットされるため、できる限り毎日挑戦しましょう。 プレイヤーレベルを上げる プレイヤーレベルは、ミッションの達成報酬や演習後に獲得できる経験値で上げることができます。 プレイヤーレベルが上がるとダイヤを貰うことができ、レベルが5つ上がるたびにスキンも獲得可能です。 成就を達成する 成就とは、戦場でのミッションやクエストのことです。 成就を達成することで、スキンなど様々な報酬を獲得することができます。 成就には非常に難しい条件もあるので、クリアできる成就から進めていきましょう。 以下に成就をクリアするコツをまとめているので、合わせて参考にしてください。 キルレを上げる 荒野行動の操作にある程度慣れてきたら、自分のキルレを上げるのをおすすめします。 キルレの確認はプロフィールの戦績から確認することができ、撃破回数や戦闘回数なども知ることができます。 関連情報 始める前に確認! ゲームシステム 戦闘に役立つ知識 おすすめ武器と設定紹介! アイテム - おすすめ情報 引継ぎ・システム 掲示板• 最新情報 最新イベント情報• ガチャシミュレーター• 最新スキン情報• 大会情報• ランキング• レジャー攻略• お役立ち情報 始める前に確認!• ゲームシステム• 初心者向け・基本操作• アイテム関連• 引き継ぎ・システム• アタッチメント• スキン• マップ•

次の

【荒野行動】夢幻式タイマンを作った男が最強の挑戦

荒野行動タイマンする方法

銃の撃ち方の基本用語 エイム(照準合わせ) エイムとは、敵に照準を合わせることです。 エイムアシスト エイムアシストとは、敵の近くにエイムをもっていくと半自動で胴体に照準をあわせてくれる補助機能です。 荒野行動をはじめたばかりの初心者には、オススメの機能です。 ただし、補助の精度はそれほど高くなく、ヘッドショット(2. 5倍ダメージの頭部を狙ったショット)を狙いづらくなるため、慣れたらOFFにするのがオススメです。 リコイル(反動)コントロール 「リコイル」とは、連射したときに、上方向に銃弾がブレていくことです。 右の「射撃ボタン」を押しっぱなしで連射中に下方向に動かすと、反動を制御しズレを少なくできます。 ゲーム内のプレイヤーの背後が見れる視点のことを言います。 画面下の銃マークの左側で射撃モードの切り替えができます。 射撃モード切替:画面下の銃マークの左側をタップ 単発撃ち(セミオート) 「単発撃ち」とは、一発づつの射撃方法です。 荒野行動に登場する全て銃でも「単発撃ち」が可能です。 連射(フルオート) 「連射(フルオート)」とは、射撃ボタンを押している間、弾倉の銃弾が無くなるまで打ち続ける射撃方法です。 銃の最大火力を発揮でき、近距離の敵との戦闘で使います。 「小銃(アサルトライフル)」と「サブマシンガン」が対応しています。 三連(3点バースト) 三連とは3発をまとめて撃つ方法です。 攻撃力が高く近距離の敵を射撃するのにオススメです。 アサルトライフル(小銃)の「 M16A4」と「 81式小銃」が「三連(3点バースト)」射撃に対応しています。 関連: 銃の撃ち方の種類「腰だめ撃ち」と「ADS撃ち」 荒野行動の銃の撃ち方は、大きくわけて「腰撃ち」「ADS撃ち」2通りがあります。 近距離は「腰ため撃ち」 「腰ため撃ち」とは、サイトやスコープを覗かずに撃つ射撃方法です。 ADS撃ちと比較すると、弾がバラつきます。 近距離の戦闘では基本的に「腰ため撃ち」を使います。 画面右側で敵にエイムを合わせる• 「右の射撃ボタン」を押しっぱなしで連射 中距離・長距離、ADS(サイト・スコープ)撃ち 「ADS」撃ちとは、サイト・スコープを覗き込んで撃つ方法です。 「腰ため撃ち」と比べると集弾性が高いのが特徴です。 サブマシンガン、アサルトライフル・スナイパーライフルで中距離・遠距離の敵と戦う時に使います。 敵にエイムを合わせる• スコープを覗く• 左側の移動ボタンで微調整• 遮蔽物に隠れつ敵を射撃するときに使うテクニックです。 敵から見える身体の面積が少ないため、被弾しずらくダメージを受けにくいというメリットがあります。 「腰ため撃ち」「ADS(スコープ)撃ち」のどちらでも「リーン撃ち」ができます。 銃の撃ち方の基本操作(距離別) 近距離の撃ち方 小銃を使い腰だめ撃ちで連射• 画面右側でエイムを合わせる• アサルトライフル(小銃)• 通常では単発撃ちの銃、射撃モード「3連バースト」をフルオート(連射)のような使い方ができます、• ショットガン「SK12」• アサルトライフル「 M16」「81式」の三連バースト• 射撃の反動で跳ね上がった後、元の照準に戻ってくるタイミングで射撃します。 オススメの武器• アサルトライフル全種 撃ち方の操作方法(敵に居場所がバレていない場合)• 画面右側で敵にエイムを合わせる• スコープを覗く• 左スティックで動きつつ、画面右側で敵にエイムを合わせる• スコープを覗く• 「左射撃ボタン」もしくは「右射撃ボタン」で撃つ。 撃ち方の操作方法(敵に居場所がバレていない場合)• 画面右側で敵にエイムを合わせる• スコープを覗く• 左スティックで動きつつ、画面右側で敵にエイムを合わせる• スコープを覗く• 「左射撃ボタン」もしくは「右射撃ボタン」で撃つ。 アサルトライフル(小銃)• 初心者のうちは、ONにしてもいいのですが、慣れたきたらOFFがおすすめです。 エイムアシスト「ON」の場合、ヘッドショット(ダメージの大きい頭部を狙った射撃)を狙っても、自動で身体にズレてしまいます。 3Dタッチ機能をONにすると、画面を強く押すことで射撃できます。 敵にエイムを合わせる• 射撃する という操作がスムーズに素早くできます。 感度を「大」で素早く操作 感度とは、指の操作に対してのゲーム上の視点・エイムの動きの大小です。 感度を「大」を元にカスタマイズすることをオススメします。 遠くのものの描写の設定です。 高くするほど、遠くの敵が見えるように見つけやすくなります。 ドローディスタンスは「最高」に設定することをオススメします。 射撃ボタンを大きくして押しやすく スマホには、物理的なボタンがありません。 銃の撃ち方のテクニック ヘッドショットを狙う ヘッドショットとは、敵の頭部を狙う射撃のことです。 胴体に当てるよりも、2. 5倍の大きなダメージを与えることができます。 スナイパーライフルの「」や「」なら、最も防御力の高いLv3ヘルメットを装備している敵も一撃で倒すことができます。 ヘッドショットを狙うには、「エイムアシスト」は、「OFF」にしておきましょう。 エイムアシストがONになっている場合、頭部に標準を合わせても自動で身体に照準が移動してしまいます。 関連記事: 遮蔽物から撃ちながら出ていく 敵の位置を把握している状況の場合、「連射しながら出て行く」ことで撃ち勝つ確率があがります。 「身体を出してから撃つ」のではなく、「撃ち始めてから出ていく」がポイントです。 遮蔽物の右側から出ていく 基本的に遮蔽物の右側から出ていくのがオススメです。 右側から出る場合:身体を半分出したところで銃が撃てる• 左側から出る場合:身体を出しきらないと銃が撃てない 中距離・遠距離は「タップ撃ち」 中距離・遠距離での戦闘は「タップ撃ち」がおすすめです。 フルオートでは、反動で上にそれていき、上手く当てることができません。 敵のリロードタイミングを狙う 敵が打ち切った後のリロードの時間は、反撃の絶好のチャンスです。 撃ち合いの小技 伏せる 敵と遭遇したときに突然伏せるという戦法です。 相手のエイムを外すという効果があります。 ジャンプ ジャンプしながらも射撃ができます。 立ち回り 安全エリアの内側で戦う 安全エリアの外側にいる敵は、縮小が始まればいずれ、内側に入ってこなければいけません。 基本的にエリアの内側から迎え撃つ側が有利に戦うことができます。 建物を使う 基本的には、屋内にいる側の方が有利です。 木や岩では、別方向からも狙わる可能性があります。 高い場所を確保 基本的に低い高い場所よりも高い場所にいる方が側が相手の位置を把握しやすく有利に戦うことができます。 周辺に遮蔽物がない場所や、安全エリアの外側にいる時など、不利な状況で敵を見つけた場合、身を隠しつつ強いポジションを獲得することを有線します。 銃声で敵の銃の種類を判断 銃声で敵がどんな種類を判断します。 ショットガン:距離をとって応戦する• ハンドガン:攻める• スナイパーライフル:ヘッドショットが当たらないよう動きを止めない パラシュート効果直後の序盤では、敵も武器がそろっていない場合が多く、自分が強い武器(小銃)を手にしている場合、積極敵に攻めます。 大きなダメージを与えたら間をつめる 敵に大きなダメージを与えたら、基本的には間をつめていきます。 撃ち合いになっても、残りHPの差で勝てる確率は上がります。 時間が相手しまうと回復されるスキを与えてしまいます。 先に敵に見つけられた撃たてしまった場合 赤い銃マークで撃たれた方向を確認する 画面と、プ画面右上の地図に表示される「赤い銃マーク」でどの方向から撃たれているのか把握できます。 銃弾の当たらない遮蔽物に隠れるか、すぐさま撃たれた方向を向いて反撃します。 不規則に動いて逃げる 不規則に動き回っていると、敵はエイムを合わせづらく被弾しにくくなります。 棒立ちで止まった状態がもっとも危険です。 荒野行動 撃つ練習 射撃場で練習 荒野行動では、「射撃場」で様々な種類の銃を試すことができます。 フラッシュ激闘モード 「フラッシュ激闘モード」とは、• 参加人数は30人• 戦闘データは個人データに影響がない• 開始直後に小さい範囲の安全エリアが決定 というモードです。 敵との遭遇率が高いので、撃ち合いの練習にはうってつけです。 荒野行動 攻略記事一覧 カテゴリー•

次の

【荒野行動】久しくデパマン。付近のキッズをなぎ倒す

荒野行動タイマンする方法

荒野行動をこれから始める初心者の方向けに 基本の遊び方や上手くなるためのコツなどを解説しています! 現在も、荒野行動ユーザーが続出している中、その分ライトユーザーが増えて更に盛り上がっております。 しかし、友達に誘われて初めてプレイする方も沢山居ておりますが、中々荒野行動という ゲームに慣れないという方もいると思います。 荒野行動は100人のバトルロイヤルゲームとなっておりますので、 様々な戦略等が重要でチームとの連携も必要となるゲームとなります。 その中でも操作がわからない方や、遊び方やルールが実際あまりわからない方、敵が強くて中々上手くならない方等と困っている方がいると思います…。 特に荒野行動の場合最初のチュートリアルがそこまで即実戦で勝てるというものではないためまずはゲームになれていく必要があります。 特に始めたばかりですと「荒野行動 勝てない」というイメージがついてしまい、荒野行動が面白くなるまでに挫折しがちです。 今回は荒野行動をインストールしたばかりでまず始めにすべき練習方法についてご紹介していきます。 射撃場で練習をつんでいこう! まず 一番最初に行うべきはレジャーを開き、射撃場に入ることです。 ここではプレイヤー間のダメージが0となっていて赤文字で動いているAIボットを撃って攻撃することが出来ます。 初期状態ですと銃を装備していないため周囲に落ちている好きな銃を拾って射撃をし、AIボットを倒しましょう。 ここで各銃の大まかな性能(ダメージや連射速度、どれくらいで敵が倒せるのか)を大まかに覚えることが大切です。 荒野行動初心者の方ですとMP5や95式といった反動が少なく、クセのない銃がおすすめですのでまずはその銃でAIボットを倒して練習終了です。 シングルプレイ実践を積もう BOT撃ちに慣れてきたらいよいよ実戦です。 ここで注意点になりますが荒野行動ではデフォルト設定でスクワッド(4人1チーム)モードでマッチがスタートしてしまいます。 慣れていないとチームメンバーに迷惑がかかるほか、向こうもチームですので2VS1などただでさえ経験が薄いのでスクワッドは練習には不向きです。 ホーム画面のスクワッドというところをタップしてシングルに切り替えて実戦経験を積むようにしましょう。 実戦経験では練習場のように好きな武器を選り好み出来ない状況からスタートしますのでそこから自分の好きな武器を集めて戦える形を作るのがポイントです。 撃ち合いがなく、暇だなと感じたならば激戦区の人気降下地点に降りてみて撃ち合い練習もしてみましょう。 どこに降りたらいいのか分からない、降りた直後で装備もないのに一瞬でやられてしまったということが多いです。 荒野行動には人が集まりやすい人気降下地点と人が集まらない不人気降下地点が比較的ハッキリしています。 最初の内は不人気なところに降下し、武器をしっかりと集めたたける状態をすばやく整えて他のプレイヤーとの撃ち合いへと発展させることが大切です。 チェックポイント 荒野行動は戦える形さえできていれば練習場のように上手くいけばめちゃめちゃ上手い人も倒せてしまうことも十分ありえます ですのでまずは射撃をしっかり覚え、その後は素早く戦えるよう準備することが大切ですのでそこからステップアップしていきましょう。 やられても敗因を学習してめげないことが大切です。 荒野行動 初心者の序盤の立ち回りのコツ 初心者の方で「上手くなりたい」というときは 次の6つのコツを必ず押さえましょう! 1, 敵を先に見つける 2, 戦うタイミングを見極める 3, 武器やアイテムの効果を把握する 4, 撃ち合いになる形を作る 5, 敵の痕跡に要注意 6, 安全地帯へは最短距離で! 敵を先に見つける 荒野行動では戦うときも逃げる時も隠れる時もまずは敵の姿を相手よりも先に見つけること(策敵)が重要になります 移動する時や物影に隠れているときは周囲をよく見渡し、木や岩の影、建物の窓、などに敵がいないかどうかをよく確認しましょう また、近くで敵のや車の音が聞こえるとミニマップに音がした方向が表示されます 目だけでなく、音にも注意して敵を見つけ、先制攻撃を仕掛けましょう! 戦うタイミングを見極める 荒野行動では相手と戦うときのタイミングが非常に重要になります たとえば拳銃やサブマシンガンなどの性能の低めな武器しかないときや敵が2人以上いるとき、 逆にや強力なを持って、相手に気付かれないように近づけばゆっくりとを狙って確実に倒すことも可能です 荒野行動は生き残るのが目的であって敵を倒すことは必須ではありません なので特に初心者の方の場合は少しでも不利だったり、勝てなさそうだと思ったら無闇に戦わずにやり過ごすのも手です! 武器やアイテムの効果を把握する 荒野行動には様々な武器やアイテムがあり、種類によって違う性能や効果を持っています 特に銃は武器種による違いだけでなく、同じ武器種によっても撃った時の反動やダメージなどの性能が違ってきます そのためさまざまな武器の中から自分に合うものを探し、状況に応じて使い分けることが上級者への道になります! 撃ち合いになる形を作る 荒野行動でありがちなのは 移動中などに敵に足音を聞かれてしまい一方的に撃たれて死んでしまうことです。 そのため上手くなるには負けてしまっても お互いに敵の位置が分かっているという撃ち合いの形を作り、駆け引きの場数を踏むことが重要です。 駆け引きが成立しやすくするにはこちらが隠れられる木の陰などの遮蔽物に隠れつつ、こちらが先に 敵を見つけ撃ち合いをしていくのがおすすめになります。 序盤に武器を手に入れたら人の多そうなポイントまで近づき、木や岩の影に隠れて敵を索敵してみましょう。 自分の中で人気のない降下ポイントから人気のあるポイントまで移動するテンプレを作っておくとより戦いやすくなるためおすすめです。 敵の痕跡に要注意 降下する場所はなるべく人気がなくかつ最低限戦える銃器が落ちているちょっと町外れの位置に降下ポイントを選びましょう。 それでもドアが開いているなどの場合敵がすでに近くいることとなり拾いたい アイテムが落ちている確率は低いです。 それどころか 足跡音を聞き敵が潜んでいる可能性まであるため自分が開けた覚えのないドアが空いている場合は避けるようにして周囲を警戒すると良いでしょう。 待ち伏せされている時点でこちらがかなり不利になりますし、敵はこちらが来る方向が分かっているので戦うのは危険です。 安全地帯へは最短距離で! 大きな道路などは車を見つけやすく最短距離で安全地帯に行けるなどのメリットはありますが 遮蔽物がないため狙撃されやすく、また乗り物キルもされてしまいます。 ですので道路を横切るように意識し、 横切る際はなるべくダッシュで素早く渡るように意識することが大切です。 また 安全地帯が小さくなった後も安易に屋内で待つことや市内にいくよりも安全地帯ふぁ小さくなる前にあらかじめ物資を集めておき、市内での戦闘を極力避けることが大切です。 市内では撃たれた際に2階から撃たれたのか、部屋の中から撃たれたのかなど敵の潜伏場所の特定が非常にしにくく、 敵を探している間にキルされてしまいます。 特に 大きなマンションでは撃たれた際に1階ずつ索敵しきれず、 上から射撃だと遮蔽物の上から撃たれてしまうのでマンションには初心者のうちは近づかない方が良いでしょう。

次の