女子 バレー セッター 佐藤。 ベストセッター賞とは?ベストセッター基準と2019は佐藤が1位に

ベストセッター賞とは?ベストセッター基準と2019は佐藤が1位に

女子 バレー セッター 佐藤

バレーボール用語は変わりますよね。 サーブレーブとは今は居ませんが、サーブレシーブと言ったからて素人とか未経験しゃとかは判断出来ませんよ。 昔はスパイクを、キルと言ってました。 時代と共に変わりますし、リベロなどは昔は無かったポジションです。 ドリブルもダブルコンタクト言葉は違うが同じです。 トスフェイントもパスアタックとか経験者でも微妙な違いは判らなかったり間違う事だってまあります。 パンケーキだって昔は、技は知ってましたが、パンケーキて呼ばれるようになった事は競技を辞めてから知りました。 後はセッターが、どうのこうのと言う意見が多いですが、幾らセッターが良くてもレシーブしたボールがセッターに返らなければ、セッターが良くても宝の持ち腐れです。 最終的に相手コートにボールを返すアタッカーが決めれば問題はないんですが日本のアタッカー陣が非力過ぎるから、サーブレシーブをセッターにAパスを返してセッターが相手のブロックに読まれないようなトスを上げてアタッカーの負担を減らしてスパイクさせない得点にならないから、セッター論で色々、話題になりますが、高いトスでも低いトスでも、ネットから離れたトスでも決められるアタッカーが居れば、セッターやレシーバーに頼らなくて二段トスでもバシバシ決めてくれるアタッカーが日本に居れば、セッターに頼る必要も減ります。 はい、宮下のディグについては私も全く同じ意見です。 私に言わせれば宮下は単に反射神経が良いだけで、周囲の守備位置を把握したスマートな守備はできていないと思います。 特にフロントゾーンのフェイントやプッシュを拾う際は他の選手に任せれば良いボールまで突っ込んで拾っているため周囲がバタつきますね。 さらに言うと、宮下のフライングレシーブはボールに触る位置が高すぎ 飛び込むのが早すぎ。 もう少し足を使って移動して、ボールが落ちてくるのを待つべき で、セカンドボールまでの時間的余裕が小さくなっています。 また、あのフライングレシーブフォームでは本人もよく腰を打ってしまうので骨盤周りによく内出血を作っているのではないかと思いますね。 フライングレシーブが下手な選手にありがちです。 それと単純に「こけ過ぎ」ですね。 竹下や晩年の佐野がそうでしたが、ディグはできるだけ体勢を崩さずに膝で耐えた方が上がるボールの軌道が安定します。 打球の勢いを殺すためにわざと膝や肘を床についたり体勢を崩していなす技術もありますが、宮下の場合は単純に「ボールを待てずに」飛び込んでいるだけですね。 その証拠に、上がったボールが相手コートや自分の後ろ側に飛んでしまうことが多く、「軌道が汚い」です。 ディグのフォームも「汚い」です。 宮下のトスだけでなくディグの精度やディフェンスの際の視野の広さ等を矢鱈めったらに称賛する方がいますが、正直何を見てそう思っているのだろうと心底疑問に思います。 もちろん、冒頭に述べたとおり反射神経そのものは抜群に良いため、軌道に拘らないのであればよくディグしているな、とは思いますがコントロールは利いていないですね。 こちらこそありがとうございます。 私もまた自作自演だと言われるのではと思いながら、どうしてもカリオストロさんの意見が分からずについ横やりしてしまいました。 せっかくですのでminimalistさんにお聞きしたいのですが、先程の投稿でもふれている宮下の守備についてどのように思っていますか? 私はフェイントボールやブロッカーがワンタッチしたとき、宮下が自分がいかなくてはいけないボール、他の選手に任せたほうがいいボールの判断がつかずに できずに? 全て自分で拾おうとするため、味方選手との接触も少なくなく、接触がなかったとしても他の選手の位置取りの邪魔をしていることが多いように見えます。 本当に理解できますか? 「セットアップ」を主語にしてその内容を説明するのに、述語で再度「セットアップ」を使用しています。 これでは日本語として間違っていますし意味不明です。 こう言うとまた自作自演だと邪推されるでしょうか。 笑 私はセッター経験者さんの投稿を何度読み返しても、全然理解することができませんでした。 私はセットアップ=セッターが定位置からファーストポールの下へ移動してトスを上げるまでの行為を意味すると教わり、またそれについておかしいと言われることなくバレーをしてきました。 これについて、セッター経験者さんが執拗に「学会における定義付けと異なるからminimalistはバレー経験者ではない」というのが全く理解できないのです。 そもそもセッター経験者さんの日本語運用力が低すぎて、未だに学会での定義と私の定義がどう違うのかいまいち理解できません。 また、学会とはいつどこで開かれたどの学会で、実際に業界でその用語の定義がどの程度浸透しているのかを示すソースも提示されていません。 さらに、仮に私が学会の定義とは異なる定義でバレー用語を使っていたとして、即ちバレー経験なしと結論付ける思考が全く理解できません。 加えて、これはド素人さんも明確に仰っていますが、「宮下に無駄な動きがある」という私の主張に反論するためにわざわざ私が未経験者だということを主張する点が意味不明です。 論理的関連性がありません。 むしろ、私にはセッター経験者さんがこの論点について正面から反論できないために、無理やり私のバレー経験に論点をずらそうとしているようにしか見えません。 しかも、これは私自身にしか分からないことなのでしょうが、私は正真正銘バレー経験者なので失笑を禁じ得ません。 よくもまぁそこまで誤った認識に基づき他者を攻撃できますね。 しかも私だけでなく、みんなが無視する中で「反応しろ」としつこいセッター経験者さんに対して好意で冷静なコメントをくれたド素人さんにまで攻撃的な対応をなさるとは、、 セッター経験者さん、失礼ですがどういう教育を受けておいでですか? バレー経験どうこう言う前に社会人としての常識を身に付けられるべきだと思います。 投稿者: ド素人 投稿日:2020年 6月26日 金 18時16分31秒 えっと、疑いもせずに飲み込めるならと仰っていますが、私は貴方の意見とminimalistさんの意見を比べたらminimalistさんのほうが分かりやすいと言いました。 何故なら貴方にコート上におけるプレーでの説明がないからです。 疑いもせずに飲み込んでるわけではなく、根拠をあげて説明しているほうとただあげあしをとろうとしているだけの方では説得力が違うということです。 もう1度言いますが、私はminimalistさんが未経験者であろうとなかろうとどうでもいいです。 カリオストロさんがコート上におけるプレーで、宮下のボール落下位置に入るのが速いということを説明されれば、minimalistさんが未経験者だったなんてことより遥かに宮下の見る目が変わりますよ。 投稿者: ド素人 投稿日:2020年 6月26日 金 17時53分37秒 私はminimalistさんが未経験者であろうとなかろうとどうでもいいです。 minimalistさんが未経験者だからといって宮下が上手くなるわけでも下手になるわけでもないので。 ただ現状、貴方の宮下がボール落下位置に入るのが速いという意見より、minimalistさんの宮下はボール落下位置に入るのが遅いという意見のほうがしっかり根拠を示した上で説明されているため分かりやすいということです。 貴方も宮下がボール落下位置に入るのが速いというのを証明したいなら、コート上におけるプレーのなかから説明されてはいかがでしょう? というか、minimalistさんが未経験者だったとしたらなんだというのでしょう?それで宮下のプレーの何が証明されるのでしょう? カリオストロさんのやっていることはminimalistさんを陥れようとしているだけにしか見えません。

次の

大学バレー

女子 バレー セッター 佐藤

バレーボール用語は変わりますよね。 サーブレーブとは今は居ませんが、サーブレシーブと言ったからて素人とか未経験しゃとかは判断出来ませんよ。 昔はスパイクを、キルと言ってました。 時代と共に変わりますし、リベロなどは昔は無かったポジションです。 ドリブルもダブルコンタクト言葉は違うが同じです。 トスフェイントもパスアタックとか経験者でも微妙な違いは判らなかったり間違う事だってまあります。 パンケーキだって昔は、技は知ってましたが、パンケーキて呼ばれるようになった事は競技を辞めてから知りました。 後はセッターが、どうのこうのと言う意見が多いですが、幾らセッターが良くてもレシーブしたボールがセッターに返らなければ、セッターが良くても宝の持ち腐れです。 最終的に相手コートにボールを返すアタッカーが決めれば問題はないんですが日本のアタッカー陣が非力過ぎるから、サーブレシーブをセッターにAパスを返してセッターが相手のブロックに読まれないようなトスを上げてアタッカーの負担を減らしてスパイクさせない得点にならないから、セッター論で色々、話題になりますが、高いトスでも低いトスでも、ネットから離れたトスでも決められるアタッカーが居れば、セッターやレシーバーに頼らなくて二段トスでもバシバシ決めてくれるアタッカーが日本に居れば、セッターに頼る必要も減ります。 はい、宮下のディグについては私も全く同じ意見です。 私に言わせれば宮下は単に反射神経が良いだけで、周囲の守備位置を把握したスマートな守備はできていないと思います。 特にフロントゾーンのフェイントやプッシュを拾う際は他の選手に任せれば良いボールまで突っ込んで拾っているため周囲がバタつきますね。 さらに言うと、宮下のフライングレシーブはボールに触る位置が高すぎ 飛び込むのが早すぎ。 もう少し足を使って移動して、ボールが落ちてくるのを待つべき で、セカンドボールまでの時間的余裕が小さくなっています。 また、あのフライングレシーブフォームでは本人もよく腰を打ってしまうので骨盤周りによく内出血を作っているのではないかと思いますね。 フライングレシーブが下手な選手にありがちです。 それと単純に「こけ過ぎ」ですね。 竹下や晩年の佐野がそうでしたが、ディグはできるだけ体勢を崩さずに膝で耐えた方が上がるボールの軌道が安定します。 打球の勢いを殺すためにわざと膝や肘を床についたり体勢を崩していなす技術もありますが、宮下の場合は単純に「ボールを待てずに」飛び込んでいるだけですね。 その証拠に、上がったボールが相手コートや自分の後ろ側に飛んでしまうことが多く、「軌道が汚い」です。 ディグのフォームも「汚い」です。 宮下のトスだけでなくディグの精度やディフェンスの際の視野の広さ等を矢鱈めったらに称賛する方がいますが、正直何を見てそう思っているのだろうと心底疑問に思います。 もちろん、冒頭に述べたとおり反射神経そのものは抜群に良いため、軌道に拘らないのであればよくディグしているな、とは思いますがコントロールは利いていないですね。 こちらこそありがとうございます。 私もまた自作自演だと言われるのではと思いながら、どうしてもカリオストロさんの意見が分からずについ横やりしてしまいました。 せっかくですのでminimalistさんにお聞きしたいのですが、先程の投稿でもふれている宮下の守備についてどのように思っていますか? 私はフェイントボールやブロッカーがワンタッチしたとき、宮下が自分がいかなくてはいけないボール、他の選手に任せたほうがいいボールの判断がつかずに できずに? 全て自分で拾おうとするため、味方選手との接触も少なくなく、接触がなかったとしても他の選手の位置取りの邪魔をしていることが多いように見えます。 本当に理解できますか? 「セットアップ」を主語にしてその内容を説明するのに、述語で再度「セットアップ」を使用しています。 これでは日本語として間違っていますし意味不明です。 こう言うとまた自作自演だと邪推されるでしょうか。 笑 私はセッター経験者さんの投稿を何度読み返しても、全然理解することができませんでした。 私はセットアップ=セッターが定位置からファーストポールの下へ移動してトスを上げるまでの行為を意味すると教わり、またそれについておかしいと言われることなくバレーをしてきました。 これについて、セッター経験者さんが執拗に「学会における定義付けと異なるからminimalistはバレー経験者ではない」というのが全く理解できないのです。 そもそもセッター経験者さんの日本語運用力が低すぎて、未だに学会での定義と私の定義がどう違うのかいまいち理解できません。 また、学会とはいつどこで開かれたどの学会で、実際に業界でその用語の定義がどの程度浸透しているのかを示すソースも提示されていません。 さらに、仮に私が学会の定義とは異なる定義でバレー用語を使っていたとして、即ちバレー経験なしと結論付ける思考が全く理解できません。 加えて、これはド素人さんも明確に仰っていますが、「宮下に無駄な動きがある」という私の主張に反論するためにわざわざ私が未経験者だということを主張する点が意味不明です。 論理的関連性がありません。 むしろ、私にはセッター経験者さんがこの論点について正面から反論できないために、無理やり私のバレー経験に論点をずらそうとしているようにしか見えません。 しかも、これは私自身にしか分からないことなのでしょうが、私は正真正銘バレー経験者なので失笑を禁じ得ません。 よくもまぁそこまで誤った認識に基づき他者を攻撃できますね。 しかも私だけでなく、みんなが無視する中で「反応しろ」としつこいセッター経験者さんに対して好意で冷静なコメントをくれたド素人さんにまで攻撃的な対応をなさるとは、、 セッター経験者さん、失礼ですがどういう教育を受けておいでですか? バレー経験どうこう言う前に社会人としての常識を身に付けられるべきだと思います。 投稿者: ド素人 投稿日:2020年 6月26日 金 18時16分31秒 えっと、疑いもせずに飲み込めるならと仰っていますが、私は貴方の意見とminimalistさんの意見を比べたらminimalistさんのほうが分かりやすいと言いました。 何故なら貴方にコート上におけるプレーでの説明がないからです。 疑いもせずに飲み込んでるわけではなく、根拠をあげて説明しているほうとただあげあしをとろうとしているだけの方では説得力が違うということです。 もう1度言いますが、私はminimalistさんが未経験者であろうとなかろうとどうでもいいです。 カリオストロさんがコート上におけるプレーで、宮下のボール落下位置に入るのが速いということを説明されれば、minimalistさんが未経験者だったなんてことより遥かに宮下の見る目が変わりますよ。 投稿者: ド素人 投稿日:2020年 6月26日 金 17時53分37秒 私はminimalistさんが未経験者であろうとなかろうとどうでもいいです。 minimalistさんが未経験者だからといって宮下が上手くなるわけでも下手になるわけでもないので。 ただ現状、貴方の宮下がボール落下位置に入るのが速いという意見より、minimalistさんの宮下はボール落下位置に入るのが遅いという意見のほうがしっかり根拠を示した上で説明されているため分かりやすいということです。 貴方も宮下がボール落下位置に入るのが速いというのを証明したいなら、コート上におけるプレーのなかから説明されてはいかがでしょう? というか、minimalistさんが未経験者だったとしたらなんだというのでしょう?それで宮下のプレーの何が証明されるのでしょう? カリオストロさんのやっていることはminimalistさんを陥れようとしているだけにしか見えません。

次の

バレー女子のセッター争いに進展?W杯に選ばれた宮下遥、佐藤美弥。

女子 バレー セッター 佐藤

目 次• 世界の強豪に勝つには、正確なサーブカットから始まる多彩な攻撃が絶対条件です。 アタッカー陣の身長が180cmと、世界に比べて10cmくらい低いことを考えると、『トスワークでいかに相手ブロックを外せるか』が重要ですよね。 つまりセッターというポジションが鍵になるんですね。 全日本女子バレーの中田久美監督により招集されメンバーの中で、ほぼ正セッターとして起用されているのが 佐藤美弥選手です。 今回は佐藤美弥選手にスポットを当ててみました。 本人のプロフィールや、出身高校や中学はどこ? 検索すると怪我や引退、はたまた結婚?というワードも出てきます。 注目すべきは 175センチという高い身長です。 セッターはアタックを打たないため、身長がそれほど高くない人が指名されることが多いです。 ちなみに偉大なセッターで有名な 竹下佳江さんの身長は159センチでした。 しかし身長が低いとブロックも低くなるため、相手の攻撃を決めやすくさせてしまうデメリットがありました。 それに対して佐藤美弥選手は175センチなので、空中でのトスアップや高いブロックも期待できます。 よほどハマったのか秋田市内の土崎中学校でもバレーを続け、 高校は秋田県内の名門・ 聖霊女子短期大学付属高校に進学します。 同期には後に全日本で活躍する 江畑幸子選手も在籍しており、 2人の活躍で春高バレーやインターハイに出場しています。 高校卒業後は 嘉悦大学に進学し、全日本代表メンバーに初めて選出されます。 そして大学卒業後は現在の所属先にある 日立リヴァーレに入団するんですね。 長年にわたり 竹下佳江さんがセッターとしてチームを引っ張っていた印象が強いですが 2013年に現役引退 、後任は色々と交代交代で、現在は空位となっている印象です。 東京オリンピックに向けては、佐藤美弥選手と 選手が正セッターとして期待されています。 宮下遥選手の身長は177cmあるので、佐藤美弥選手同様、竹下さんが活躍していた頃に比べてブロック負けしにくくなりましたね。 とはいえ、セッターの最大の仕事はアタッカー陣へのトスアップ。 まして、中田久美監督は元セッターであるため、セッターというポジションに強いこだわりがあると思います。 竹下さんが現役時代は、荒木絵里香選手や吉原知子さん、杉山祥子さんのミドルブロッカー陣の速攻やブロード攻撃が多かった印象があります。 また、私の大好物であるパイプ攻撃。 さんのバックアタックも、どんな場面でも使ってきていて、まさに全方位から攻撃していた印象があります。 そんな多彩な攻撃でないと、身長が低いという日本のハンデを上回って、世界と戦えないですよね。 ちなみに中田久美監督は176cmあるので、全日本女子セッターでは意外と高身長側の選手だったんですね。 また、近年活躍している富永こよみ選手も175cmあるので、全日本女子のセッターも大型化してきたのではないでしょうか? 竹下選手が小柄すぎたのかもですけど。 競争することで全日本女子が強くなるならば、大変良いことです。 佐藤美弥選手のトスワークは? 佐藤美弥選手のトスワークは、世界相手にどのように通じているのでしょうか? 個人的には、 余裕がある時とない時の差が激しいなという印象です。 先程も述べた通り、全日本女子バレーの攻撃が通じるのは絶対的エースではなく、多彩な攻撃方法からの選択です。 少年ジャンプで掲載している漫画「ハイキュー!! 」の烏野チームのような同時攻撃【多人数の一斉攻撃】で、相手ブロックの的を絞らせないことが重要だと思います。 ちなみにハイキュー!! ただ、ラリーが続いたり、返球が大きくずれる、高さがないカットだと『レフト』に非常に偏っているな、という印象が強いです。 この時、レフトへのトスも余裕がないことが多いので万全の状態ではないトス・アタックで、世界のブロックにドシャットを食らうのが世界戦(ワールドカップ・世界選手権・グラチャン・五輪)のど定番となってしまっています。 ちょっとレフトのアタッカー陣が気の毒になるくらい、ほぼレフトに上がってきます。 (そこを打ち切ってこそエースでしょうけど) まぁ、そうせざるを得ないのはラリー中にミドルブロッカーに攻撃意思が少ないからかなーとおも思いますが。 なので、そういった面も含めて視野をもっと広く持ってくれると、ハマった時には対ブロックが1枚になることが多く、アタッカー陣が気持ちよくスパイクを決めている印象です。 (アタッカー陣も指先とか脇とか、ブロックアウト狙いなさいよとも思いますけどね。 ) 怪我で引退の噂があった? 2017年のグラチャンバレーでは、前述の富永こよみ選手と一緒に全日本デビューし、多彩なトスワークで活躍しました。 ところが翌年の2018世界選手権は出場していません。 何かあったのか? と思って調べてみたところ、2018年5月に行われたネーションズリーグも欠場しており、その理由は右肩の脱臼だったそうです。 Vリーグでは肩にテーピングを巻いて出場していたようですが、全日本女子バレーしか視聴しない人などは、佐藤美弥選手が出場していないと「怪我」「引退」という検索をしてしまい、結果としてそんな噂がたったのかもしれませんね。 同様の感じで、「結婚」についても情報は出回っていないようです。 Sponsored Links かわいい画像を集めてみました 今まで硬い話題でしたが、ここでやんわり私服姿を 含めてかわいい画像を紹介します。 次に私服ではないんですがジャージ姿です。 相当気が強いんでしょうか? 確かに気が強くなければ世界で戦えませんよね。 そして最後は制服姿です。 naver. 結論を言うと、どの服装でもかわいいことには変わりありません。 まとめ 佐藤美弥選手は聖霊女子短期大学付属高校と嘉悦大学を 卒業して日立リヴァーレで活躍している選手だということがわかりました。 また私服姿もかわいくて、私は心をがっちりつかまれてしまいました。 現在開催されているグラチャンバレーは、世界の各大陸のチャンピオンが集まっているレベルが高い大会です。 この大会で全日本女子が結果を出すためには、 佐藤美弥選手のトスが重要です。 プレッシャーに負けず、活躍してくれることを期待しましょう。

次の