漫画バンク週間少年ジャンプ。 ジャンプ+連載作品

週刊少年ジャンプバックナンバー無料公開はいつまで?読む方法が気になる!

漫画バンク週間少年ジャンプ

『ハイキュー!! 』が表紙を飾った『週刊少年ジャンプ』32号 (C)週刊少年ジャンプ2020年32号/集英社 人気バレーボール漫画『ハイキュー!! 』が、20日発売の連載誌『週刊少年ジャンプ』(集英社)33号で完結(第402話)することが、発表された。 以前からクライマックスの告知はされていたが「次号、ついに最終回!! 」とお知らせされ、約8年半の歴史に幕を下ろす。 20日発売号で新連載の告知がない場合、スポーツ漫画が『ジャンプ』から消えることになり、ネット上では「ジャンプからスポーツ漫画が消える」「ジャンプからスポーツ物がなくなるね」「ジャンプ、スポーツ漫画0になるのか…」など悲しむ声が出ている。 『ジャンプ』では、『キャプテン翼』(サッカー)、『スラムダンク』(バスケ)、『テニスの王子様』(テニス)、『アイシールド21』(アメフト)など数多くのスポーツ漫画を連載してきた実績がある。 サッカー選手の中田英寿、川口能活、フェルナンド・トーレス、アレッサンドロ・デル・ピエロなどは『キャプテン翼』の漫画やアニメが、サッカー人生に影響を与えたことや思い出をインタビューなどで語っている。 『スラムダンク』も、手に汗握る試合の描写やバスケに青春を懸ける登場人物、主人公・桜木花道が試合の中で才能を急速に開花させていく姿などが、読者の共感を呼び、その影響からバスケを始める少年少女が続出し社会現象になったと言われている。 漫画で取り上げられたスポーツが世に大きな影響を与えることは少なくない。 バレーボールを題材にした『ハイキュー!! 』も全日本バレーボール高等学校選手権大会、天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会のポスターに採用されるなど、公的な意味でも支持を受けている。 今回の完結にネット上では「常に上を向くスポーツを教えてくれてありがとう」「ほぼ誇張なしの、そのまんまのバレーボールがそこにあったと思う。 毎週楽しく読んでました」「僕が高校でバレーを始めた時だから、あれから8年半も経ったのか。 バレーの楽しさを教えてくれたのは『ハイキュー!! 』です」と、バレーボールという競技に出会わせてくれたことに感謝の声があがった。 しかし『ハイキュー!! スポーツ漫画を必ず掲載しなくてはいけない理由はないが、これに対してネット上では「もうスポーツ漫画がないのか…」「ジャンプのスポーツ漫画が全滅」「ジャンプのスポーツ漫画ついに途切れちゃうかー」などの声が出ている。 』(12年~20年).

次の

上木敬(木下敬次) > 「週刊少年ジャンプ」漫画家経歴辞典: 朴念仁と居候

漫画バンク週間少年ジャンプ

どうも、ハロゲンです! 僕は、毎週ジャンプを買って読んでいるのですが よくよく考えたら週刊少年ジャンプの販売戦略がすごいなって思ったので紹介したいと思います。 そもそも週刊少年ジャンプを知らない人がいるかもしれないので 説明すると 集英社が毎週月曜日に発行しているいくつもの漫画が掲載されている漫画雑誌です。 値段は250とお手軽です。 だから、いち早く最新話を読みたい人、色んな漫画を読みたい人は買います。 でジャンプの中にはまだ単行本が発売されていない漫画の連載が始まることがあるのですが、 もしジャンプがなくて 急に単行本として発売されたとしても 内容が面白いのかは読んでみないと 全く分かりませんよね。 だから、この場合いくらタイトルが面白そうでも 買ってつまらなくてお金を無駄にしたくないので 買わないと思います。 これは心理学でいうと 「恐怖から逃れたい」という人間の第1欲求によるものです。 もし買って面白かったとしても そもそも買った人が全員口コミを起こすわけではないので あまり拡散されません。 で、そこでジャンプの出番です。 ジャンプって毎週読んでいるリピーターがかなりの数います。 ちなみに2017年の10~12月の1週あたりの発行部数は181万部で 全盛期は653万部あったらしいです。 少年サンデーは83万部とジャンプは圧倒的な発行部数です。 まあこれだけの数の読んでいる人が居るので 口コミを起こす割合が低いとは言え かなりの拡散力になりますよね。 そしてジャンプで面白い漫画が連載されたら 一気に拡散されます。 それに加えてその漫画の一定数のファンが生まれます。 それにジャンプって保存するのも大変なので捨ててしまうので、 読みたいときに自分の好きな漫画が読めないんです。 もし保存してたとしても、1つの漫画を読むとなると 1話ごとに次の週のジャンプを出して、ページをめくって探して かなりめんどくさいです。 だから、ファンになった人は何回も読みたいので ジャンプを買っていてストーリを知っていたとしても 単行本を買ってしまうんです。 この流れになるだけで出版社は かなりの売り上げになります。 多少の人気になれば フィギアとかを販売すれば ファンは買いますし さらにアニメ化 さらに映画化 と繋がっていきますよね。 映画とかアニメの場合は漫画が続く限り何回もやることが出来ます。 ワンピースはアニメでやった話を映画バージョンでやったりしていますよね。 ファンは同じ話でも映画でも見に行きますし 映画で新たにファンになる人が出てきます。 その新たなファンも漫画を買いまた映画をやるなら見に行きます。 この流れになったら売り上げは増えていく一方ですよね。 でここであなたに気づいてもらいたいのは ジャンプをお金を払って買ってもらっているだけなのに 勝手に漫画の口コミが広がってこの流れになっていることです。 出版社からしたら週刊でジャンプを発行して 単行本を出版したら勝手に売れていく状況です。 それに漫画ということもありその漫画が終わるまで 読者は全巻揃えたいと思うので一定数の売り上げは、確保できます。 でこの流れを作っているのがジャンプなわけです。 250円でこのような大きな広がりになるって凄いですよね。 実際、ジャンプは 「単行本を読んでいる人より早く次の話を知れる」 「たくさんの漫画の1話分を提供」 を提供しているだけなんです。 でもこれが実は理にかなっていて 心理学で人間の8つの第1欲求の一つ 「他人よりまさりたい」 という欲求を満たしているわけなんです。 実際ネットビジネスでもこれらの流れは同じで ファンを作れば知らないところで口コミが広がり そしてリピータも増えていきます。 こうなると集客もいらなくなり 商品を出せば売れていく状況になって 収益が増えていくんです。 ジャンプはこれの強化版みたいなものです。 で話が逸れましたが これらの流れの話は他の週間漫画雑誌にも言えことです。 でも、圧倒的にジャンプが発行部数が異常だったのと 僕が毎週読んでいるのでジャンプを例えに話してみました。 今後はジャンプがなぜ圧倒的な発行部数を誇っているのかについても 興味がわいたのでリサーチしていきたいと思います。

次の

ジャンプBOOKストア!

漫画バンク週間少年ジャンプ

幼い頃から一流の漫画家になりたいと思っていた私(佐藤)は、思い切ってジャンプに持ちこみをしてみた。 集英社の「週刊少年ジャンプ」である。 持ちこみのための手続きは簡単だ。 電話をして、訪問希望日を伝えるだけ。 人生ではじめてマンガを描き、 受付には訪問者用の用紙が備えられており、そこに用件と担当者の名前を記入する。 それを受付の女性に手渡してしばらく待っていると呼び出され、接客用のスペースへと案内された。 当初の予定時刻が13時であった。 しかし5分経っても担当者があらわれない。 10分経ってもあらわれない。 まあ、昼時ということもあって、食事に出かけているのかもしれない。 そうでなくても、 時間を割いてくれるだけでもスゴイことなのだ。 ありがたやありがたや。 そうして、30分が過ぎようとしていた頃に「こんにちは~」と言いつつ若い年齢の編集者があらわれた。 さつそく原稿を見てもらうことに。 編集者はじっくり見るというよりも、さらさらとページを確認する程度の感覚で、アッという間に最後まで目を通した。 2分あったかなかったか。 そして次のように話した。 「ちょっとこれだと画のレベルが低すぎるのと内容的にもまったくひねりがないので、キツイですね。 賞に出せるようなレベルにもないですし……。 もう少し意識を高く持って描いてきて頂かないと、こちらとしても何も言いようがないようなレベルなので……。 この作品に関してはまったくダメですね」 40分近く待ったが、わずか10分で終了。 そのまま原稿を持ち帰ることとなった。 私は 「意識を高く持って描いて頂かないと」と言われた意味がよくわからなかった。 とにかく、はじめての持ちこみ体験は終了した。 もう漫画家になる道は途絶えたのだろうか。 漫画を描いたのは、記事にするためではない。 真面目に考えて描いた漫画だが、ボツったので公開することにした。 それが漫画に対する供養のような気がしたから。 このページに、『週刊少年ジャンプ』に持ち込んだ漫画を全ページ公開したいと思う。 そしてTwitterでもFacebookでもいいので感想を聞かせて欲しい。 漫画家:.

次の