フィリピン ロックダウン。 ロックダウン中のセブ島をレポート。都市封鎖の現状を徒歩で見てきた。

フィリピン、セブの現状をインタビュー!ロックダウン中の日常編

フィリピン ロックダウン

「この3日間家から出ていません。 引きこもりの状態が続いています。 みんな基本、ずっと家にいるだけ。 本当に何もできないです。 友達の家に行くことすらできない」 LINE通話でこう語るのは、の首都マニラに住む日本人女性、ミサキさん(24歳、仮名)。 新型コロナウイルスの世界的な拡大で、マニラが3月半ばに封鎖()された2週間後のことだ。 ミサキさんから送ってもらった街の写真を見ると、幹線道路にはジプニー(乗り合いタクシー)やバスがまったく走っておらず、道行く人々の姿が消えたゴーストタウンと化していた。 「こんなマニラの風景は二度と見られないと思います」(ミサキさん) 人通りや車の往来がなくなり、静まり返ったマニラ首都圏の幹線道路 強権体制のドゥテルテ政権が打ち出したウイルス対策 封鎖にともない、飲食店やホテル、娯楽施設は次々と営業を停止し、公共交通機関も止まってしまった。 各自治体は午後8時から午前5時までの夜間外出禁止令を出した。 1970年代のマルコス独裁政権の戒厳令下でも、夜間外出禁止は午前0時から翌朝までだった。 当時を上回る厳しい措置だ。 アジアで首都圏を封鎖したのは、フィリピンが初めてだろう。 「麻薬撲滅戦争」にみられる強権体制のドゥテルテ政権が打ち出したウイルス封じ込め政策が徹底され、日を追うごとに規制が強まり、人々はがんじがらめの生活を送っている。 そんなマニラの現状を知って驚いたのは、私が日々、目の当たりにしている東京の日常風景とはあまりにも対照的だからだ。 街に出れば大半の人々はマスクをしているものの、外出は自由で、電車やバスも通常ダイヤで運行している。 フィリピンの感染者数は3月30日午後4時時点で1546人、死者は78人で、同日正午に日本の厚労省が発表した感染者数1866人、死者54人と大差はない。 国民は黙って封じ込め作戦に従っている フィリピンと日本は同じ島国で、人口も同規模。 その両国の感染状況が似ているにもかかわらず、コロナ封じ込めに向けたフィリピンの本気度が日本に比べて段違いに伝わってきた。 しかも封鎖はマニラだけにとどまらず、第2の都市があるセブ島にも波及している。 日本は3月25日になってようやく、小池百合子東京都知事が週末の外出自粛要請を発表したばかりだ。 マニラ郊外で年金暮らしを続ける日本人男性(71歳)は、日本とフィリピンを比較しながらこう語った。 「ドゥテルテ大統領は徹底して封じ込め作戦をやっているし、国民もそれに黙って従っている。 安倍首相のように、記者会見でさっさと帰るようなことはありません。 こういう非常事態に、各国の元首がしっかりした人物かどうかが分かりますね」 フィリピンに暮らす日本人たちの声を拾い集めてみると、日本政府の危機意識の低さ、後手に回っている対応への批判が少なくなかった。 「日本は普通に人々が歩いている」 マニラ首都圏の封鎖にともない、住民がコンドミニアム(日本のマンションのような建物)や自宅から出る際、外出許可証の携行が義務付けられるようになった。 発行されるのは1家族につき1枚に限定されているため、家族でどこかへ出掛けることはできない。 街の飲食店は店内での飲食が禁じられ、テイクアウトのみ。 自治体によっては飲酒も規制されている。 娯楽施設も閉まっているため、在留邦人たちが足を運ぶ先はスーパーぐらいだという。 ミサキさんが買い出しの状況を説明する。 「食材の買い出しは1週間に1回程度で、基本自炊です。 スーパーに入るのにも、1メートルの間隔を空けて並び、人数制限もありますので、1時間以上も待たされます」 食事は飲食店でのテイクアウトに加え、デリバリーサービスも利用できる。 後者の場合、部屋までは届けてくれないため、コンドミニアムの入口まで取りに行かなければならない。 「封鎖以降は部屋の中でユーチューブを見たり、本を読んだり、映画を観たりするぐらいですね。 みんながネットを使うからか、通信速度が遅いです。 ケーキを作ったりして、おかげで自炊力が上がりました(笑)」 そんなミサキさんにとって最大の悩みは、収入が途絶えてしまったことだ。 1年前からマニラの旅行代理店で働いてきたが、コロナの影響が観光業界を直撃し、仕事が減ってとうとう3カ月間の休暇を言い渡された。 「日本で仕事を探すか、フィリピンに留まって頑張るか。 ただ、貯金もそんなにありませんので、生活コストの高い日本に帰っても……。 日本の人々は普通に歩いているし、マニラのほうが対策は万全なので感染の心配もなさそう」 街では軍服姿の兵士が目を光らせている 街を見渡せば、至る所に検問所が設置され、軍服姿の兵士が目を光らせている。 マニラの幹線道路は深刻な渋滞がまるで嘘だったかのように、静まり返っている。 そんな光景が日常となった今、マニラの在留邦人から見える日本の対応には、やはり不安感が拭えなかった。 フィリピンの在留邦人は、直近の2018年10月現在、約1万6900人に上る。 内訳は、大使館などの政府機関職員、日系企業の駐在員、現地採用、留学生、起業家、退職者などに大別される。 上記のミサキさんは現地法人に採用されて働いており、駐在員や政府機関の職員とは異なり、日本から派遣されているわけではない。 このため、今回のような非常事態が発生しても、帰国を促されることはない。 これに対して駐在員の場合は、マニラ封鎖前に本社から指示があり、日本へ帰国した家族も少なくない。 また、セブ島で語学留学中だった学生たち約1400人は、比政府による休校指示を受け、今月末までに臨時便で集団帰国した。 オンラインゲームやダンスをしながら 「私は息子の教育のことを考えて残ることにしました」 そう話すのは、マニラの商業都市、マカティ市に住む丸橋典子さん(48歳)。 息子は高校3年生で、インターナショナルスクールに通っている。 大学入学の準備があるため、日本に帰国して再入国できなくなる可能性を考え、フィリピンにとどまることを決めたという。 駐在員の夫は建築関係の日系企業に勤めている。 しかし、製造業を中心に多くの日系企業が操業を中止したように、建設現場も稼働していないため、夫はパソコンを使った在宅勤務にシフトしている。 丸橋さん自身は、テニスや合唱クラブなどに所属し、ほぼ毎日出掛けていたが、マニラ封鎖以降は自宅で過ごす時間が増え、オンラインゲームや「ズンバ」と呼ばれるダンスエクササイズなどをしながら過ごしている。 そんな丸橋さん一家は、運転手付きの車を保有しているため、公共交通機関の停止による影響はほとんど受けていない。 それどころか、ジプニーの排気ガスがなくなって空気がきれいになり、夜空には星が輝いていると驚く。 食材の買い出しは、住んでいるコンドミニアムから徒歩圏内のショッピングモールで済ませており、「最低限生きていく分には特に不便を感じていない」という。 フィリピンに残った日本人同士による情報交換も活発に行われ、そのLINEグループには400人以上が参加している。 「デリバリーをやっている飲食店や子供のミルクが売っている店などの情報を共有しています。 大統領の会見など政府発表のタガログ語が分からない場合は、できる方が内容を訳してくれます。 みんなで助け合っています」 もし自分や家族が感染したら…… だが、万一のことを考えるとおちおち過ごしてもいられない。 マニラ首都圏でコロナ感染者の治療に当たってきた複数の病院が、病室や医療スタッフの不足から、新規の入院患者を受け入れることができなくなった。 医師も9人がコロナ感染で死亡している。 これ以上拡大すれば、医療崩壊につながりかねないと、丸橋さんは不安をのぞかせている。 「もし自分や家族が感染したら、フィリピンの病院は日本よりも患者を受け入れてもらえなそう。 イタリアみたいな医療崩壊は懸念事項です」 このまま封鎖が続けば、収入が途絶えた運転手や飲食店の従業員など庶民の我慢もいつまで持つか分からない。 生活が困難になれば、暴徒化の危険性もあるだろう。 丸橋さんが言葉を継いだ。 「今のような締め付けが続けば、治安の悪化を招く可能性があります。 庶民が暴徒化すれば、日本人はお金を持っているとして襲われるかもしれない」 マニラ封鎖はどこまで実効性をともなっているのか、今のところは未知数だ。 期限は4月14日。 ドゥテルテ政権の徹底ぶりとは裏腹に、今も尚、刻一刻と感染者は増え続けている。 (水谷 竹秀) 外部サイト.

次の

フィリピン、セブの現状をインタビュー!ロックダウン中の日常編

フィリピン ロックダウン

フィリピンのコロナウィルス感染者統計 4月24日現在 フィリピンの感染者数合計は 6,981名。 その内死亡者数は462名。 感染からの回復者は722名。 世界規模の国別感染者数ランキングでは42位。 感染者が最も多い地域はマニラ北部ケソン市で約1,100名。 全体の7分の1を占めます。 延長にふくまれるセブは300人台と意外と少ないです。 ちなみに4月24日時点で日本は世界ランキング24位。 日本の感染者数は13,080名(その内死亡者数は381名)。 過去1週間のフィリピン感染者統計 こちらは過去1週間の間に確認されたフィリピンでのコロナウィルス感染者数です。 4月17日218名 4月18日209名 4月19日172名 4月20日200名 4月21日140名 4月22日111名 4月23日271名 ロックダウンの内容• 外国人を含む住民の外出禁止• バス、タクシー、電車など公共移動機関の運航停止• 食料、医療、日常生活用品に限り時間短縮営業が許可• それ以外の営利会社やお店は閉鎖• 一世帯に1枚発行されるパスを持ったもののみ短時間の外出が許される この1週間に起きた事件 ドゥテルテ大統領が戒厳令布告をほのめかす。 ケソン市の検閲所で尋問を受けた退役軍人が抵抗をしたため警察に射殺される。 マニラの病院で集団感染。 バギオのフィリピン留学生たち(日本人を含む)が許可なしに学校から外にでて散歩していたところ地方警察官にみつかり補導、連行。 その後釈放。 マニラのトンドで非合法に闘鶏ギャンブルを主催した関係者たちが逮捕される。

次の

バナナは5月に消える? フィリピン都市封鎖でアジア流通量の90%が消失へ=浜田和幸

フィリピン ロックダウン

「この3日間家から出ていません。 引きこもりの状態が続いています。 みんな基本、ずっと家にいるだけ。 本当に何もできないです。 友達の家に行くことすらできない」 LINE通話でこう語るのは、の首都マニラに住む日本人女性、ミサキさん(24歳、仮名)。 新型コロナウイルスの世界的な拡大で、マニラが3月半ばに封鎖()された2週間後のことだ。 ミサキさんから送ってもらった街の写真を見ると、幹線道路にはジプニー(乗り合いタクシー)やバスがまったく走っておらず、道行く人々の姿が消えたゴーストタウンと化していた。 「こんなマニラの風景は二度と見られないと思います」(ミサキさん) 人通りや車の往来がなくなり、静まり返ったマニラ首都圏の幹線道路 強権体制のドゥテルテ政権が打ち出したウイルス対策 封鎖にともない、飲食店やホテル、娯楽施設は次々と営業を停止し、公共交通機関も止まってしまった。 各自治体は午後8時から午前5時までの夜間外出禁止令を出した。 1970年代のマルコス独裁政権の戒厳令下でも、夜間外出禁止は午前0時から翌朝までだった。 当時を上回る厳しい措置だ。 アジアで首都圏を封鎖したのは、フィリピンが初めてだろう。 「麻薬撲滅戦争」にみられる強権体制のドゥテルテ政権が打ち出したウイルス封じ込め政策が徹底され、日を追うごとに規制が強まり、人々はがんじがらめの生活を送っている。 そんなマニラの現状を知って驚いたのは、私が日々、目の当たりにしている東京の日常風景とはあまりにも対照的だからだ。 街に出れば大半の人々はマスクをしているものの、外出は自由で、電車やバスも通常ダイヤで運行している。 フィリピンの感染者数は3月30日午後4時時点で1546人、死者は78人で、同日正午に日本の厚労省が発表した感染者数1866人、死者54人と大差はない。 国民は黙って封じ込め作戦に従っている フィリピンと日本は同じ島国で、人口も同規模。 その両国の感染状況が似ているにもかかわらず、コロナ封じ込めに向けたフィリピンの本気度が日本に比べて段違いに伝わってきた。 しかも封鎖はマニラだけにとどまらず、第2の都市があるセブ島にも波及している。 日本は3月25日になってようやく、小池百合子東京都知事が週末の外出自粛要請を発表したばかりだ。 マニラ郊外で年金暮らしを続ける日本人男性(71歳)は、日本とフィリピンを比較しながらこう語った。 「ドゥテルテ大統領は徹底して封じ込め作戦をやっているし、国民もそれに黙って従っている。 安倍首相のように、記者会見でさっさと帰るようなことはありません。 こういう非常事態に、各国の元首がしっかりした人物かどうかが分かりますね」 フィリピンに暮らす日本人たちの声を拾い集めてみると、日本政府の危機意識の低さ、後手に回っている対応への批判が少なくなかった。 「日本は普通に人々が歩いている」 マニラ首都圏の封鎖にともない、住民がコンドミニアム(日本のマンションのような建物)や自宅から出る際、外出許可証の携行が義務付けられるようになった。 発行されるのは1家族につき1枚に限定されているため、家族でどこかへ出掛けることはできない。 街の飲食店は店内での飲食が禁じられ、テイクアウトのみ。 自治体によっては飲酒も規制されている。 娯楽施設も閉まっているため、在留邦人たちが足を運ぶ先はスーパーぐらいだという。 ミサキさんが買い出しの状況を説明する。 「食材の買い出しは1週間に1回程度で、基本自炊です。 スーパーに入るのにも、1メートルの間隔を空けて並び、人数制限もありますので、1時間以上も待たされます」 食事は飲食店でのテイクアウトに加え、デリバリーサービスも利用できる。 後者の場合、部屋までは届けてくれないため、コンドミニアムの入口まで取りに行かなければならない。 「封鎖以降は部屋の中でユーチューブを見たり、本を読んだり、映画を観たりするぐらいですね。 みんながネットを使うからか、通信速度が遅いです。 ケーキを作ったりして、おかげで自炊力が上がりました(笑)」 そんなミサキさんにとって最大の悩みは、収入が途絶えてしまったことだ。 1年前からマニラの旅行代理店で働いてきたが、コロナの影響が観光業界を直撃し、仕事が減ってとうとう3カ月間の休暇を言い渡された。 「日本で仕事を探すか、フィリピンに留まって頑張るか。 ただ、貯金もそんなにありませんので、生活コストの高い日本に帰っても……。 日本の人々は普通に歩いているし、マニラのほうが対策は万全なので感染の心配もなさそう」 街では軍服姿の兵士が目を光らせている 街を見渡せば、至る所に検問所が設置され、軍服姿の兵士が目を光らせている。 マニラの幹線道路は深刻な渋滞がまるで嘘だったかのように、静まり返っている。 そんな光景が日常となった今、マニラの在留邦人から見える日本の対応には、やはり不安感が拭えなかった。 フィリピンの在留邦人は、直近の2018年10月現在、約1万6900人に上る。 内訳は、大使館などの政府機関職員、日系企業の駐在員、現地採用、留学生、起業家、退職者などに大別される。 上記のミサキさんは現地法人に採用されて働いており、駐在員や政府機関の職員とは異なり、日本から派遣されているわけではない。 このため、今回のような非常事態が発生しても、帰国を促されることはない。 これに対して駐在員の場合は、マニラ封鎖前に本社から指示があり、日本へ帰国した家族も少なくない。 また、セブ島で語学留学中だった学生たち約1400人は、比政府による休校指示を受け、今月末までに臨時便で集団帰国した。 オンラインゲームやダンスをしながら 「私は息子の教育のことを考えて残ることにしました」 そう話すのは、マニラの商業都市、マカティ市に住む丸橋典子さん(48歳)。 息子は高校3年生で、インターナショナルスクールに通っている。 大学入学の準備があるため、日本に帰国して再入国できなくなる可能性を考え、フィリピンにとどまることを決めたという。 駐在員の夫は建築関係の日系企業に勤めている。 しかし、製造業を中心に多くの日系企業が操業を中止したように、建設現場も稼働していないため、夫はパソコンを使った在宅勤務にシフトしている。 丸橋さん自身は、テニスや合唱クラブなどに所属し、ほぼ毎日出掛けていたが、マニラ封鎖以降は自宅で過ごす時間が増え、オンラインゲームや「ズンバ」と呼ばれるダンスエクササイズなどをしながら過ごしている。 そんな丸橋さん一家は、運転手付きの車を保有しているため、公共交通機関の停止による影響はほとんど受けていない。 それどころか、ジプニーの排気ガスがなくなって空気がきれいになり、夜空には星が輝いていると驚く。 食材の買い出しは、住んでいるコンドミニアムから徒歩圏内のショッピングモールで済ませており、「最低限生きていく分には特に不便を感じていない」という。 フィリピンに残った日本人同士による情報交換も活発に行われ、そのLINEグループには400人以上が参加している。 「デリバリーをやっている飲食店や子供のミルクが売っている店などの情報を共有しています。 大統領の会見など政府発表のタガログ語が分からない場合は、できる方が内容を訳してくれます。 みんなで助け合っています」 もし自分や家族が感染したら…… だが、万一のことを考えるとおちおち過ごしてもいられない。 マニラ首都圏でコロナ感染者の治療に当たってきた複数の病院が、病室や医療スタッフの不足から、新規の入院患者を受け入れることができなくなった。 医師も9人がコロナ感染で死亡している。 これ以上拡大すれば、医療崩壊につながりかねないと、丸橋さんは不安をのぞかせている。 「もし自分や家族が感染したら、フィリピンの病院は日本よりも患者を受け入れてもらえなそう。 イタリアみたいな医療崩壊は懸念事項です」 このまま封鎖が続けば、収入が途絶えた運転手や飲食店の従業員など庶民の我慢もいつまで持つか分からない。 生活が困難になれば、暴徒化の危険性もあるだろう。 丸橋さんが言葉を継いだ。 「今のような締め付けが続けば、治安の悪化を招く可能性があります。 庶民が暴徒化すれば、日本人はお金を持っているとして襲われるかもしれない」 マニラ封鎖はどこまで実効性をともなっているのか、今のところは未知数だ。 期限は4月14日。 ドゥテルテ政権の徹底ぶりとは裏腹に、今も尚、刻一刻と感染者は増え続けている。 (水谷 竹秀) 外部サイト.

次の