モンハン アイス ボーン ストーリー。 【モンハンワールド:アイスボーン】ストーリー攻略チャート【マスターランク対応】

モンハンワールド2chまとめ速報

モンハン アイス ボーン ストーリー

1 調査班リーダーと話す 【 ポイント】 目標が「古代樹の森で古龍の痕跡を探す」に変化する。 痕跡を集めるとのクエストが発生する。 2 ソードマスターと話す 【 ポイント】 目標が「大蟻塚の荒地で古龍の痕跡を探すに変化する。 痕跡を集めるとのクエストが発生する。 3 3期団の期団長 研究基地 と話す 【 ポイント】 目標が「瘴気の谷で古龍の痕跡を探すに変化する。 痕跡を集めるとのクエストが発生する。 エリア3でイベント。 エリア13でイベント。 エリア16でイベント。 任務クエストに「」が追加。 この時に足を攻撃し部位破壊すると氷属性やられの攻撃が大幅に減少する 3 探索を終了し。 受付嬢と合流 【 ポイント】 フィールドマップから拠点を選択するか、キャンプに戻って受付嬢に話しかけると探索を終了できる。

次の

【MHWアイスボーン】ストーリー最速攻略チャート|マスターランク【モンハンワールド】|GAMY

モンハン アイス ボーン ストーリー

装備強化上限MAX• 武器のカスタム強化• マスターランク上限解放• 導きの地の探索 モンハンでストーリークリア後にやる事と言えば、ひたすら 素材集めと武器・防具の制作・装飾品ガチャみたいな所がありますが、その為の周辺情報という感じで解説していこうと思います。 まず、防具を最大限まで強化するための上限が解放されるのと カスタム強化も解放されます。 防具を強化する為の鎧玉はかなり消費するので、バウンティ報告・蒸気機関管理所等も活用しながら こまめに集めておくといざという時に足りないという事が起こりにくいのでおすすめです。 マスターランクの上限解放に関しては「49・69・99」で特殊なクエストを受けられて、クエストをクリアするとマスターランクと後で解説する 「地帯レベル」の上限も解放されていきます。 導きの地はストーリークリア後に行けるようになるマップで、今までのマップの地形を混ぜたような感じになっています。 出てくるモンスターも多種多様で、MHW初モンスターも出現します。 関連記事「」• 採集レベル• 地帯レベル 大きく分けると この2つが重要で、各レベルが上がると特殊なモンスターが出現する様になったり、特殊な採集アイテムが手に入ったりするようになります。 どちらも地図で確認できます。 採集レベルについて まず採集レベルに関しては、導きの地の各エリアで 採集(鉱石・骨塚)を行う事で上がります。 特に赤になると巨大鉱石・巨大骨塚が発生する様になってマップ上に「発生!」というアナウンスも入ります。 採集レベルはこの赤のレベルを過ぎるとまた最初の白の状態に戻る感じでループしていきます。 地帯レベルについて 地帯レベルについては、各エリアに対応する モンスターの痕跡集め・部位破壊・討伐や採集等を行う事で増加していきます。 逆に他エリアに対応するモンスターを倒したりすると下がります。 マルチでプレイしていると、他の人が狩ったり・他の人の導きの地で狩ったりしても自分の地帯レベルに反映されるので、特定のエリアだけレベルを上げたいという場合には注意しましょう。 この地帯レベルが上がっていくと、新しいモンスターが出現したり、出現モンスターの種類がかわったりするので、なるべく早く上げられる様に 痕跡を素早く集めていくのがいいと思います。 ちなみに初期状態では地帯レベル「4」がMAXですが、マスターランクの上限解放クエストをクリアするごとに 地帯レベルの上限も解放されて、最高で地帯レベル「7」まで上げる事ができます。 地帯レベルが上がると 新しいモンスターが出る様になるので、ランク上げも重要ですね。 新モンスターは現在「 ジンオウガ・イャンガルルガ・色々な亜種」等が新しく出現しています。 ・おびき出し:特殊痕跡を入手した後に、部位破壊・討伐等で解析を進めると特定モンスターを呼べる 導きの地には「特殊痕跡」が落ちている場合と、モンスターの剥ぎ取りで「特殊痕跡」を入手することができる場合があります。 この 特殊痕跡を入手すると画面右上に進捗が表示されます。 この特殊痕跡は各対象のモンスターを 部位破壊・討伐すると解析が進められます。 このモンスターの解析が一定数進むと「 おびき出し」をする事が可能です。 狙い撃ちで特定のモンスターを出現させられますが、解析は消費してしまうのでまた最初から集め直しになります。 ちなみにおびき出しはキャンプの「相棒!」の人に話しかければできます。 種類が増えたので更に闇ガチャ感が強くなりましたね…! まとめ:アイスボーンクリア後にやる事・やり込み要素|導きの地 今回はアイスボーンのクリア後にやる事という事で 主に「導きの地」を解説してきました。 今までの作品の様に、とりあえずクエストをクリアしていけば新しいモンスターが出てくるという感じではないので、正直な感想で言えば、 少し痕跡集めなどがダルイ感じはしていますね。 まだ発売して2日しか経っていないので、これから ドンドン効率的に進められるように改善していければと思います。 下記記事で解説していますが、レアな素材と交換できるアイテムが手に入る「蒸気機関管理所」も上手くクエストの合間に使っていけると効率よく素材を集められますよ。 関連記事「」 関連記事「」.

次の

【MHWアイスボーン】任務クエストの攻略一覧【モンハンワールド】|ゲームエイト

モンハン アイス ボーン ストーリー

さて、別の記事でも書いていました通り「意図しないネタバレの発生」を防ぐためまともに更新していなかった当サイトですが、間もなく発売から一ヶ月ということで更新を再開していきたいと思います。 アイスボーンの内容に深く切り込んだ一発目の記事という事ですが、 今回は「モンスターハンターワールド:アイスボーン」のストーリーについて感想というか愚痴的なものを書いちゃおうかなと 笑。 ストーリーへの愚痴 今回よりさらに深掘りしていずれちゃんとした記事を書こうと思っているので、ここでは不満を垂れ流すだけです。 ご了承ください。 設定の甘さ、展開の雑さ、言葉選びの下手さなど、中々ヒドイですね。 そこまで有名でもないソシャゲのシナリオライターさんとかのほうがいいもの作ると思います。 じゅうぶん軌道修正ができたはずのアイスボーンでこれは完全に「やらかし」だと思いますし、正直今後はストーリーは期待するだけ無駄かなって思ってます。 少なくともシナリオライター変えないとMHW2でも同じクオリティのものが出てくるってことですよね。 こんなんならストーリー無い方マシってもんです。 一応補足しておきますが、 ワールドに登場するキャラクター達はやり方次第でいくらでも魅力的になるのはわかっています。 デザインもいいし声優さんたちも素敵です。 ただ、 設定も描写もスッカスカなのにイチイチ雰囲気だけそれっぽい言葉ばかり吐いてるけど中身なんにも無いし、 大団長だのフィールドマスターだのとピンとこないけどそれっぽい肩書きつけてる割に戦闘になると一切頭下げるわけでもなく冷やかしながら居なくなるし、 終盤も一緒についていく・ついていかないだの身内ノリで盛り上がってるけど、「そもそもあんたら結局誰で・具体的に何してる人で・どういう過去があって・どんな実力と努力と苦労があって新大陸にきて・今どういう葛藤があって迷ってる」とかプレイヤーはキャラに感情移入できるほど知らないし、 ストーリー展開がプレイヤーキャラ中心じゃなくていいけど、 せめて感情やノリくらいプレイヤーに共有させてくれないと。 勝手に盛り上がったり勝手に納得したり、プレイヤーの感覚とずれた部分で話進めすぎて「何見せられてんの?」って感じです。 中身や裏打ちのないセリフを雰囲気だけで押し通せると思ってるシナリオライターの姿勢も正直嫌です。 さすがにFF13の「光速の異名を持ち重力を自在に操る高貴なる女性騎士こと地方警備員のエクレアがパルスのファルシのルシがコクーンでパージで果てしない一本道の末に結婚おめでとう」よりはまだだいぶマシですが、 シナリオライターの頭の中だけで盛り上がってるけど全然伝わってないという意味では近年のFFと一緒に思えます。 早いうちに担当を変えるか開発内部でガッツリ言ってくれないと、シリーズが進んだ時にエスカレートして似たようなことになる気がして不安です。 ちなみに批判してるけど筆者はFF13は当時やり込みボスまで全て撃破済み。 そのクエスト内のちょっとした会話イベントで、 どちらかというとそれまで独特のイントネーションやちょっと煽りっぽい喋りで嫌われ傾向にあった植生の所長などの過去が掘り下げられ、一気にキャラクターとしての魅力を増したことがありプレイヤーからも評価も高いクエストでした。 操作キャラが喋るかどうかの違いなどもあるのであそこまで上手くやれとは言いませんが、 もうちょっとコラボ会社からしっかり学び取って欲しかったと思います。 1クエスト内の会話でも上手く作ればああなるのに、ムービーも豊富で何倍も出番のある1期団の人たちの魅力はいまいち伝わりません。 次回作ではシナリオライターは変更希望です 前作ワールドの時点で変なセリフを言わせまくったり、展開が雑だったり、受付嬢が嫌われたりとヒドイ出来でしたが、まだ「まともなストーリーは初挑戦」ということだったのでしょうがないかなぁという思いもありました。 しかし 今回は前回の反省も踏まえたうえで出してきた2作目ですのでもう話が違います。 画質も荒くテキストとモンハン語で進んだ過去作のストーリーとは注目度も重要性もプレイヤーの意識も全く違うので、シナリオライターの方に求められる能力も今までとは別物だと思います どっちが上とかではなく。 ストーリーは明らかにゲーム全体の評価の足を引っ張っている部分の1つなので、本当に力を入れて作っていくのなら次回からはお願いだからシナリオライターを変えて欲しいと思ってしまった、そんなストーリーでした。 むしろいい人達なのもわかります。 受付嬢も今回は嫌われないように気を付けて扱っているのがわかりますね 笑。 だからこそ 「この素材があればもっともっといい話が作れたはず」と残念な気持ちにもなります。 今回は触れませんがセリエナ防衛線もひどいですしねw 冒頭でも書きましたがあくまで個人の感想ですし、捉え方は人それぞれです。 期待しすぎた自分も悪いのかもしれませんが、まだモンハンで素晴らしいストーリーを見ることを諦めきれないのも事実です。 次回作ではやっぱりいいものを作って自分を含め世界中のプレイヤーを驚かせて欲しいとも思っています。 手のひらを反す準備はできていますので、次回作のストーリーでは頑張ってください。 半分くらい期待してます。 Potonoi.

次の