黒 にんにく 副作用。 黒にんにくの副作用について|【絶対に知っておくべき副作用とは?】

黒にんにくの効果・効能や作り方|栄養成分はにんにくの〇倍!?

黒 にんにく 副作用

「黒にんにくって体に良さそう!」 黒にんにくは白いニンニクと違います。 なぜなら、普通のにんにくを熟成させて発酵させた色の黒いニンニクだからです。 見た目とは裏腹に体に良い黒にんにくですが、いったいどんな効果があるのでしょうか。 今回は、黒にんにくに期待できる5つの効果や副作用、食べ方について紹介します。 黒にんにくが黒い理由 黒にんにくは 白い生ニンニクを発酵して熟成することによって黒くなります。 色が黒い理由は、発酵する際におこる化学反応なのです。 通常、食品が発酵するためには酵母菌のような微生物が必要です。 しかし、ニンニクにはそんな微生物は存在していません。 では、なぜニンニクは発酵するのでしょうか。 実は、ニンニクには糖質とアミノ酸が含まれており、この2つがメイラード反応をおこして発酵をしているのです。 その結果、白い生ニンニクは発酵し、熟成され、色は黒って黒にんにくに生まれ変わるのです。 熟成された黒にんにくは抗酸化作用が高まります。 また、もともと ニンニクが持っているポリフェノールやアミノ酸(たんぱく質)の含有量が増加するほか「S-アリルシステイン」という有効成分も大幅に増加します。 これらの有効成分には様々な健康効果が期待できます。 まず、黒にんにくは 生活習慣病の予防になります。 また、 夏バテや疲労した体を回復するのに役立ちます。 いわゆる元気になる食材というわけです。 そんなニンニクですが、古来から健康促進として活用されてきました。 ニンニクの歴史はとても古く、紀元前4000年にも溯ります。 はじめて使われたのが古代エジプト時代で、ピラミッドをつくる際にも活力源として食べられていました。 ニンニクの効果はエジプトの医学書「Codex Ebers」(紀元前1550年)にも触れられており、「不思議な力を与える食べ物」として紹介されております。 昔から使われてきたニンニクですが。 2006年、弘前大学からこんな発表がありました。 「生ニンニクを発酵させてできあがった黒にんにくには、S-アリルシステインという機能成分が生成され、生ニンニクの約4倍も含まれている」 この研究結果は各メディアでも大きく取り上げられ、国内はもとより海外の学会においても、黒にんにくの成分について盛んに研究報告がなされています。 とくに、 黒にんにくに含まれている『S-アリルシステイン』の効果は、NK細胞を活性化するため、がん予防などに期待できます。 他にも、抗酸化力を高める効果や活性酸素を除去するはたらき、疲労回復、アンチエイジング、血液をサラサラにするといった様々な効果が期待できます。 以下から黒にんにくの効果を5つ紹介します。 1,生活習慣病の予防になる 人間の体には40歳を過ぎる頃から体内に活性酸素が蓄積してしまいます。 活性酸素が増えれば老化によるシミやシワ、白内障、関節炎、がん、糖尿病、動脈硬化、肝機能障害、アレルギー、メタボリックシンドローム(生活習慣病)の原因になります。 これらの解決してくれるのが 「 S-アリルシステイン」です。 S-アリルシステインには、老化や動脈硬化、生活習慣病などの原因となる活性酸素を除去する働きがあります。 また、 肝機能促進や抗がん作用などにも効果ががあることが研究によりわかっております。 さらに、S-アリルシステインの大きな特徴といえば即効性です。 S-アリルシステインは口から摂取すると約15分から30分程度の短時間で吸収するため、即効性も期待できると考えられています。 2,抗がん作用 もともと生ニンニクにも抗がん作用があることが分かっていますが、黒にんにくが持つ抗がん作用はさらに強力なものです。 というのも、黒にんにくになることで生成される S-アリルシステインがNK細胞を活性化させ、がん細胞の抑制に効果的であるからです。 黒にんにくのがんに対する研究報告は数多くなされています。 現在も引き続き研究が行われています。 3,血液がサラサラになる 黒にんにくには、研究により循環器病の予防や治療効果が期待出来ることが報告されています。 中でも特に注目を集めているのは、 コレステロールや血圧を低下させる作用です。 つまり、黒にんにくには血液をサラサラにしてくれる作用があるということです。 日本の3大死因である、がん・脳血管疾患・心臓病のうち、心臓病と脳血管疾患は循環器系の病気です。 これらは動脈硬化が原因で発症することが分かっています。 黒にんにくを食べることにより日頃から血液をサラサラにしておけば、いつまでも若々しく健康的な体を維持する事が可能です。 4,疲労回復・体力精力増強 黒にんにくは生ニンニクと比べて様々な成分が増加します。 その中にひとつが アルギニン です。 黒にんにくにはアルギニンが生ニンニクと比べて3倍も含まれています。 アルギニンとはアミノ酸の一種で、老化抑制、免疫力の向上、一酸化窒素生成などの効果があります。 そのため、 疲労回復や体力回復、精力の増強といった効果を期待することができます。 また、黒にんにくには血液循環を促進させる作用があります。 その為、体を温める効果が期待できます。 結果、 疲労回復や体力増強などにも効果があります。 5,アレルギー改善 アレルギーの反応は、免疫系の異常により起こるものです。 とくに体に外のない細菌やウイルスでも過剰に反応してしまうこともあります。 アレルギー反応で代表的なものといえば、花粉症やアトピー、喘息、食物アレルギー、金属アレルギーなどです。 近年では、アレルギー体質の方が増えており、3人に1人は何かしらのアレルギーがあるとも言われています。 アレルギーの原因や治療法が明確に解明されていません。 が、実際に黒にんにくを食べている方の中には 喘息やアトピー性皮膚炎、花粉症、アレルギー性鼻炎などを改善した、という報告がたくさんあります。 これは、黒にんにくに含まれる成分でレクチンという物質に、腸管免疫を活性化させる作用があるためです。 この影響で全身の免疫が正常に働き、アレルギーが改善するとされています。 SPONSORED LINK 黒にんにくの副作用は? ニンニクは自然食品ですけど副作用はあります。 通常の生ニンニクの場合は、ニンニクの成分であるアリシンの殺菌力によって腸内のビフィズス菌(善玉菌)などを殺してしまうといわれています。 その為、胃腸障害を起こすことがあるようです。 では、黒にんにくの副作用はどうでしょうか。 結論からいえば、 黒にんにくに副作用はありません。 なぜなら、黒にんにくは発酵することでアリシンという成分がなくなるからです。 ですので、食べ過ぎてしまっても胃腸障害になることはありません。 ですが、やはり何事も食べ過ぎは禁物です。 副作用や危険性がない黒にんにくでも、余分に食べ過ぎてしまうと胸焼けをおこすかもしれません。 なので、黒にんにくの摂取は決まった量で食べましょう。 なお、黒にんにくの1日の摂取量の目安は「1片〜2片くらい」です。 この食べ方を守って活用していきましょう。 どこで手に入れる? 黒にんにくを手に入れるには2つの方法があります。 自分で黒にんにくを作る 1つめの方法は、 自分で黒にんにくを作る方法です。 生のニンニクと炊飯器を用意し、2週間かけてニンニクの発酵と熟成を行います。 この期間は炊飯器がまったく使えないので、ご飯を炊く場合はもう1台の炊飯器を用意して炊くといいです。 ニンニクのニオイが家中に充満するので、炊飯器での熟成は外ですることをおすすめします。 黒にんにくを産地直送してもらう 2つめの方法は、 黒にんにくを産地直送してもらうことです。 そこで個人的におすすめなのが、 青森県産ニンニクを使用した黒にんにくです。 青森県産のニンニクは、国内ニンニク生産量を占めるほど超ニンニク生産地です。 青森県産ニンニクは、福地ホワイト六片種のみを使用しており、ニンニク玉が大きく、成分も豊富です。 また日本国内No. 1の生産地だからこそできる、品質管理は他の生産地に比べてもピカイチです。 そんなニンニクをじっくりと熟成し作られた黒にんにくが 「岡崎屋の純黒にんにく」です。 青森県産の黒にんにくは以下から確認できます。 その感想はというと、まず見た目はやはり黒い色したニンニクです。 ですが、 ニンニク特有の臭いはありません。 まったく臭くもなく、ニオイも気になりません。 鼻を近づけてみても嫌な感じはしませんね。 黒にんにく1片を手に取り、口にしてみました。 食感はというと、 プレーンのような感じで食べやすく美味しい。 通常のニンニクなら口の中で何らかの刺激はあるのですが、黒にんにくには口を刺すようなピリピリ感はありません。 とても食べやすい食品だと思います。 これなら色んな料理に合うと思います。 とはいえ、ニンニクの臭みを楽しむようなスタンダードなニンニク料理には合いませんね。 ですから、黒にんにくを料理に使う場合はスパイス的に使うのではなく、ただ健康の為の補助として備えておく方がいいでしょう。 黒にんにくを食べた効果は? 黒にんにくを食べた効果はというと、 翌朝の目覚めが軽い気がします。 ニンニクはもともとスタミナ食材ですので、食べるだけで元気になるのは知っていましたが、黒にんにくにも同様の効果はありそうです。 あと凄くいいと思ったのが、 ニンニクのニオイがまったくしません。 通常のニンニクを食べた翌日は、口がニンニク臭いはずですが、黒にんにくはもともとニオイはありませんし、食べても翌日にニンニクのニオイが残るってことはありませんね。 食べるだけで元気になるし、ニオイも気にならないし、黒にんにくはとても魅力的な食材です。 黒にんにくを食べるだけで元気になれたのは、 体の中で抗酸化作用が働いている証拠かも知れません。 つまり活性酸素を除去し、リフレッシュしているということでしょう。 黒にんにくを上手につかって、日々の健康維持に役立てるのは個人的におすすめですね。 なお、黒にんにくは自然食品の黒にんにくやサプリメントとしてたくさんあります。 ご自分に合うものを使うといいと思いますが、 完全無添加の黒にんにくなら、やはり自然の姿をしたものがいいでしょう。 例えば、以下の黒にんにくは、産地直送なのでおすすめですよ。

次の

黒にんにくに副作用はある?一日の適量は?食べる前の不安を解消!

黒 にんにく 副作用

黒にんにくとは? にんにくは食欲をそそる独特な香りが人々を魅了する、香味野菜の代表格です。 そしてにんにくは食材としてだけではなく、栄養素の豊富さとにんにく独自の成分が滋養に良いと、古い時代からスタミナをつける健康食としても親しまれています。 そのにんにくを高温、多湿でさらに熟成させてできたにんにくが黒にんにくです。 私たちが普段目にするにんにくは乳白色ですが、熟成させたにんにくは黒色を呈します。 熟成させた黒にんにくは色だけではなく、あのにんにく特有の強い臭いがなく、またドライフルーツのように甘いことが特徴です。 さらに黒にんにくには普通のにんにくには含まれない S-アリルシステインという成分が含まれ、このS-アリルシステインが様々な効果もたらしてくれるのです。 それでは、黒にんにくがどのような効果をもたらすのかご紹介していきましょう。 黒にんにくの成分 アミノ酸 イソロイシン・ロイシン・アルギニン・アスパラギン酸・グルタミン酸・メチオニン・スレオニン など18種 ミネラル ナトリウム・カルシウム・カリウム・マグネシウム・鉄・亜鉛 ビタミン類 ビタミンB1・ビタミンB6・ビタミンC など その他 s-アリルシステイン・ポリフェノールなど 黒にんにくには普通のにんにくと同じアミノ酸やミネラルを各種含んでしますが、その 含有量が通常よりも多くなります。 詳細: そして黒にんにくの特有成分である s-アリルシステインは、 認知症の予防やがんの予防に効果があると、現在様々な研究が行なわれてています。 黒にんにくの効果 では、黒にんにくにはどんな効果があるのでしょうか?• 免疫力の向上• 生活習慣病の予防• 肝機能の向上• 認知症の予防• 精力増強• 免疫力の向上 免疫とは私たちの体に備わっている防御機能のことで、その役割を担うのは白血球やリンパ球、T細胞などの免疫細胞です。 細菌やウィルスが体内に侵入してくると、それぞれの免疫細胞が連携しながら体の外へ排出してくれます。 黒ニンニンにはこれら免疫細胞の働きを活発にし、 免疫力を高める効果があります。 生活習慣病の予防 黒にんにくの最大の魅力は、 強い抗酸化作用です。 普通のニンニクも抗酸化作用がありますが、そのにんにくの力がさらにパワーアップさせたのが黒にんにくです。 そのため黒にんにくは 動脈硬化をはじめ、高血圧や心臓疾患、脳神経疾患の予防に高い効果があります。 またこの強い抗酸化作用は、 がんの予防にも効果があるとも示唆されています。 肝機能の向上 肝臓には糖や脂質の代謝や、アルコールをはじめとする有毒物質の解毒作用など、実に様々な機能を兼ね備えています。 そのため肝臓の機能が衰えると、だるさや倦怠感、慢性疲労を引き起こすほか、肥満など原因にもなってしまいます。 黒にんにくの特有成分である s-アリルシステインにはこれらの肝臓の機能を高める効果があるため、特に飲酒などによる肝臓のダメージが気になる方にはお勧めです。 認知症の予防 黒にんにくに含まれるs-アルリルシステインには、 脳の働きを活性化し、集中力や記憶力を高める働きがあると言われています。 その働きによって、黒にんにくは アルツハイマー病をはじめとする認知症の予防に効果が期待できます。 精力増強 にんにくは昔からその強壮、強精作用が知られており、疲れが溜まった時や夏バテの時などににんにくを使ったスタミナ料理は人気を博します。 黒にんにくは、そのスタミナパワーがさらにUPしているにんにくです。 黒にんにくは 通常のにんにくよりも抗酸化作用に優れるほか、 スタミナUPには欠かせないアミノ酸やミネラルを豊富に含んでいます。 EDの改善 黒にんにくには血流を良くする成分が豊富に含まれています。 特に ペニスの勃起に深い関係があるアルギニンは、通常のにんにくの3倍も含まれているほか、 セックスミネラルと呼ばれる亜鉛も多く含まれています。 そのため黒にんにくは EDの改善や 性欲の向上にも効果を発揮します。 黒にんにくの効果の科学的根拠 黒にんにくには研究や論文なども発表されています。 黒にんにくが免疫や認知能力に及ぼす効果 老化促進マウスに熟成にんにく(黒にんにく)を含有した飼料を与える実験において、免疫力の向上や認知能力の向上に一定の効果が見られた。 詳細: 黒にんにくによる肝機能保護作用 健康な人40人を対象に行なった黒にんにく含有サプリメントのプラセボ対象、二重盲検試験において、サプリメントを服用した群の方が肝機能マーカ値の改善が優位に見られた。 詳細: 黒にんにくの副作用 黒人にんにくは食品としても販売されており、基本的に副作用の心配はありません。 ただ過剰に摂取すると以下の副作用があらわれる可能性があるため注意しましょう。

次の

黒にんにくの効能効果と副作用~ガン・糖尿病・高血圧・肝機能・便秘に効く?

黒 にんにく 副作用

黒にんにく 黒にんにくとは 通常の「にんにく」を「高温・高湿」の状態で、「3~4週間程度」かけて「熟成」させたものが「黒にんにく」。 「にんにく」には「アミノ酸 たんぱく質 」と「糖質」が含まれていますが、これらの「成分」が「メイラード反応」を起こすことによって「発酵」をするのです。 このように「熟成」された「黒にんにく」における「アミノ酸 たんぱく質 」「ポリフェノール」の「含有量」は、もともとの「にんにく」よりも増量し、「ポリフェノール」に関して言えば、「5倍 日本食品分析センター調べ 」もの数値になります。 その他、「S-アリルシステイン」という大腸の殺菌作用やコレステロールの抑制に有効な「有効成分」も大幅にUP。 もちろん、「抗酸化作用」もグンと高まります。 特に「ナトリウム」「カリウム」などの「ミネラル」が非常に豊富であるため、「神経・筋肉機能を正常に保つ」「細胞内外のミネラルバランス維持」に大きな効果が期待できると言って良いでしょう。 【黒にんにくの栄養成分表 100gあたり 】 カロリー 174kcal 水分 53. 6g 糖質 32. 9g 脂質 0. 3g たんぱく質 8. 3g 食物繊維 3. 3g ビタミンB1 0. 02mg ナトリウム 45mg カリウム 1,162. 5mg 約 灰分 1. そのため、「苦い」「まずい」ということはなく、「甘酸っぱいドライフルーツ」のような食感を楽しむことができます。 黒にんにくの臭い 口臭・体臭は大丈夫? 通常の「にんにく」を食べた翌日は「口臭」「体臭」が気になるところですが、「黒にんにく」の場合は、そのような心配が一切必要ありません。 仮に、「わずかな臭い」を感じることがあったとしても、「20~30分」が経過すれば気にならない程に落ち着きますので、外出前でも安心してお召し上がりいただけます。 黒にんにくの効果・効能 癌予防・抗癌効果[肺がん・乳がん・末期がんなどへの働きは?] 「黒にんにく」に含まれる「S-アリルシステイン」には、身体に有害とされる「過剰な量の活性酸素除去」をして「体内免疫機能」である「NK ナチュラルキラー 細胞」を活性化させることで、「癌 がん 細胞抑制」としての効果があることが研究によって明らかになってきています。 さらに、「S-アリルシステイン」は、経口摂取後の「15~30分程度」の「短時間」での「即効性」が期待できるというのが、大きな特徴です。 「末期ガン」の状態で症状が回復するというところまで医学的な見解があるかは、現段階で不明ですが、「黒にんにく」の「乳がん」「肺がん」「胃がん」などの「癌 がん 患者」に対する研究は日進月歩で進んでいます。 ダイエット効果 「黒にんにく」には、「交感神経」を刺激する「アドレナリン」が豊富に含まれているため、「脂肪燃焼促進」「新陳代謝活性化」の作用を高めることへとつながり、「効率」の良い「ダイエット効果」を期待することができます。 動脈硬化・高血圧予防改善効果 「黒にんにく」には、「S-アリルシステイン」が豊富に含まれており、身体に有害とされる「過剰な量の活性酸素除去」をすることから、「動脈硬化・高血圧予防改善」への「効果効能」が期待できます。 血糖値上昇抑制・糖尿病予防改善 「黒にんにく」には、「S-アリルシステイン」「アミノ酸」「ポリフェノール 赤ワインの18倍 」などが豊富に含まれており、「強い抗酸化力」を発揮することから「代謝向上」へとつながるため、「血糖値上昇抑制」「糖尿病予防改善」への「効果効能」が期待できます。 美肌効果 「黒にんにく」には、「S-アリルシステイン」「ポリフェノール 赤ワインの18倍 」が豊富に含まれており、肌細胞に有害とされる「過剰な量の活性酸素除去」をすることから、「肌トラブル改善」「美肌」への「効果効能」を期待することができます。 更年期症状予防改善・女性ホルモンバランス調整 「黒にんにく」は、「更年期症状」における原因のひとつである「エストロゲン」を適切な状態に戻し、「ホルモン分泌」を「調整」してくれる作用があることから、「更年期症状」の「予防改善」への「効果効能」が期待できます。 腎臓病予防効果 「黒にんにく」には、「S-アリルシステイン」が豊富に含まれており、身体に有害とされる「過剰な量の活性酸素除去」をすることから、「悪玉コレステロールの酸化・動脈硬化予防」が期待できます。 これが、結果として「腎臓への負担を緩和する」という「効果」へとつながるのです。 白髪予防改善効果 「黒にんにく」には、「S-アリルシステイン」が豊富に含まれており、身体に有害とされる「過剰な量の活性酸素除去」をして「新陳代謝・免疫機能」を高めるため、「白髪予防改善」への「効果効能」が期待できます。 黒にんにくの効果的な食べ方 食べる量|1日の摂取量は?毎日がベスト? 「黒にんにく」は、「皮」をむいた「そのまま」の状態で、「1日1~2片 多くても4片 」を食べるのが効果的です。 毎日継続することで、「美容健康」への効果を実感することができるようになります。 食べる時間 タイミング |いつ食べる?寝る前が良い? 「黒にんにく」を「食べるタイミング・時間」として、近年では「体内免疫機能」である「NK ナチュラルキラー 細胞」が低下する「睡眠前」に摂取するのが良いという説 弘前大学医学部佐々木甚一元教授による 」がありますが、その都度「体調に合わせる」ということが最も効果的です。 以下にその例を記載しますので、ぜひ参考にしてみてください。 【黒にんにくを食べるベストタイミング】• ぜひ、実践してみてください。 【黒にんにくのコクが出る美味しい食べ方】• 「黒にんにく」を細かく刻んで「チャーハン」などにおける「炒め物」の「薬味」として加える• 「黒にんにく」を細かく刻んで「ハンバーグ」「餃子」の「具材」と混ぜ合わせる• 「黒にんにく」を細かく刻んで「刺身醤油」に加える 減塩醤油でもコクのある味わいに変化する 黒にんにくの副作用|注意すべき点 食べ過ぎで下痢や胃もたれになる?おならは? 通常の「にんにく」の場合は、「アリシン」という「殺菌成分」が「腸内」の「善玉菌」を消失させてしまうため、「胃腸障害」などの症状を引き起こすことが考えられますが、「発酵済み」の「黒にんにく」では「アリシン」がほとんどなくなっているので、仮に「食べ過ぎた」としても「副作用」が生じることはほぼありません。 ただし、どんなに安全な食品であったとしても、「食べ過ぎる」ことのないように注意しましょう。 参考: 食べてはいけない人 「黒にんにく」は「自然食品」であるため、基本的には「どのような方」でもお召し上がりいただけますが、唯一「胃腸の弱い」という方に関しては、「そのままの状態」で食べるということを控えていただきたいと思います。 その最大の理由としては、「にんにく」自体がもともと「香辛料」であるため、「胃腸」への「刺激」を与えてしまう恐れがあるからです。 もし、「どうしても摂取したい」という場合は、「美味しい食べ方」でもご紹介したように「細かく刻んで料理と混ぜ合わせる」というかたちで、「毎日少しずつ食べる」という方法をおすすめします。 不妊治療中・妊活中でも安心して食べられる 「黒にんにく」は「不妊治療中・妊活中」の方でも、安心して食べることができます。 「副作用」の心配もありませんので、毎日の「美容健康づくり」にお役立てください。 黒にんにくの保存方法[開封前・開封後の賞味期限は?] 基本的な保存方法 「開封前」の「黒にんにく」であれば、「冷暗所 直射日光のあたらない場所 」にて「 1年間」の「保存」が可能です。 「黒にんにく」そのものに関しては、こうして「保存」している間も「ゆっくりと熟成」が進んでいくため、その分「栄養成分」「甘み」はグンとパワーアップします。 尚、「皮つき」の状態の方が「長持ち」しますので、仮に「開封」をしたとしても、「残り」に関しては、「皮」を剥かず、そのままにしておくのが良いでしょう。 一方で、「長期化」されればされるほど、多少は「乾燥する」「固くなる」などのことは起こり得ますので、その点はご了承ください。 ただし、「味の質」が落ちることはありません。 その場合は、「黒にんにく」を「新聞紙で包む」「空き瓶に入れる」「紙袋に入れる」のいずれかの「方法」を用いるようにしてください。 ただし、「夏場」の「常温保存」は「腐る」恐れがあるため、「カビ」が生えないように「冷蔵庫」に入れるようにしましょう。 このように丁寧な形で梱包されていました。 生産者の気持ちが伝わってきます。 同封の内容としましては「黒にんにく」の他に、「生産者の松尾さんからのメッセージ」「お客様の声」「黒にんにくの説明の冊子」「定期購入のお知らせ」などが同封されています。 生産者の松尾さんがどんな思いでこの黒にんにくを作られているのかが書かれています。 メッセージを抜粋すると「余計なものは加えないこと」「毎日食べてほしいからおいしいこと」とあり、本当に良いものを食べて欲しいというメッセージが伝わってきます。 黒にんにくが合計で31個(1カ月分)入っております。 1つ1つはこのように、小さな包に入っております。 この形だと、大きな袋を開封しても、個別の黒にんにくは密閉されるのでいいですよね!賞味期限はおよそ、1年3カ月程度のようです。 実際に袋から出してみると、自然のものなので、発酵具合(黒さ)や大きさにはばらつきはありますが、スーパーなどでみるにんいくの1片よりははるかに大きいいです。 そして想像していたより黒いです。 臭いはかすかにしますが、想像よりはるかに、臭いが優しめです。 !ドライフルーツくらいの臭いです。 このくらい大きいにんいくは東京のスーパーではなかなか見ません。 にんいく1つではなく、1片です。 そして、皮を実際に剥いてみると中はさらに黒いです(笑)発酵しているのがよくわかります!臭いも皮を剥いてもほとんどしません。 普通のにんにくおり遥かに臭いが抑えられています。 実際に食べてみると、これがにんいく?というくらい甘いです!にんにくというよりプルーンのような感じです。 おかし感覚でたくさん食べてしいます。 皮はこのようにとても剥きやすかったです。 最初に述べた松尾農園のこだわりのとおり、「余計なものは一切はいっていません」しそれでなおかつ「とてもおいしい」です。 そして食べて数分後にこころなしか、体があったまってきたような感じがします。 松尾農園の黒にんにく、おすすめです。 口コミ・評判 同封のパンフレットにいくつかお客様の声が乗っていたので、抜粋させてもらいます。 以前は汗などかかなかったのですが、熟成発酵黒にんにくを食べ始めてから汗をかくようになりました。 体調がよくなっている証拠だと思います。 友だちにもプレゼントすると喜ばれます。 (主婦女性) まとめ ここまで、「黒にんにくの特徴・効果効能」「副作用の有無」「効果的な食べ方」「保存方法」などについてお伝えしてきましたが、いかがでしたか? 「黒にんにく」は、通常の「にんにく」と比較しても「アミノ酸 たんぱく質 」「ポリフェノール」などの「含有量」が非常に豊富であるとともに、「臭い」を気にすることなく、「ドライフルーツ」のように美味しく食べることができるのが大きな特徴です。 「ダイエット」「高血圧・糖尿病予防改善」「美肌」「白髪予防改善」への「効果効能」がある他、近年では「癌抑制効果」への研究が進むなど、ますます注目されている「自然健康食品」となっていますので、ぜひ、日々の「美容健康づくり」にお役立てになってみてください。

次の