クラウド経費 ログイン。 マネーフォワード クラウド経費のレビュー - 便利だけど、スマホログインとOCR入力は改善してほしい

経費精算システム『マネーフォワード クラウド経費』と法人プリペイドカード『Bizプリカ』が連携|株式会社マネーフォワードのプレスリリース

クラウド経費 ログイン

『マネーフォワード クラウド経費』は、面倒な経費に関する作業を大幅に削減する、クラウド型経費精算システムです。 クレジットカードや交通系電子マネーなどの明細の自動取得に対応しており、経費申請の手入力作業を削減することができます。 また、電子帳簿保存法に対応しており、領収書を電子保管できるため、ペーパーレスでの経費精算が可能です。 『Bizプリカ』は、国内外の Mastercard加盟店(オンライン含む)で利用できるチャージ型の法人向けプリペイドカードサービスです。 従来のクレジットカードやデビットカードと異なり、与信や口座が不要なため、幅広い従業員が利用することができます。 このたび、『マネーフォワード クラウド経費』と『Bizプリカ』との連携により、従業員が『Bizプリカ』の利用明細が自動的に『マネーフォワード クラウド経費』に反映されるようになりました。 これにより、経費精算における手入力の手間を限りなくゼロに近づけることができます。 また、『Bizプリカ』を利用することで、従業員の経費の立替や小口現金の利用がなくなり、キャッシュレスで経費精算業務を行うことが可能になります。 しかし、課題として、従業員の立替における資金負担や経費精算をする際の項目の手入力作業、経理担当者の現金管理の負担などが挙げられます。 マネーフォワードとTOMOWEL Payは、これらの課題を解決し、従業員の経費精算における業務負荷を解消するため連携を開始しました。 なお今回のサービス連携は、『マネーフォワード クラウド経費』の利用明細自動取得機能『コーポレートカードコネクト』を通じて行います。 取り込んだ利用明細データを元に、経費の科目予測や仕訳が完了します。 「キャッシュレス」の観点から、業務効率化に貢献するだけでなく、資金移動に関するコスト、個別の振込手数料やATM引出手数料もかかりません。 新入社員からパート・アルバイト、外国人労働者まで幅広く持つことができ、経費精算から「働き方改革」を支援するサービスです。 中小企業の経営者や経理等のご担当者、確定申告の準備中の方から経費精算申請をするビジネスマンまで、経費精算に関わる全ての方にご利用いただけます。

次の

マネーフォワード クラウド経費のレビュー - 便利だけど、スマホログインとOCR入力は改善してほしい

クラウド経費 ログイン

Amazonの情報を掲載しています ScanSnapのセットアップ セットアップは下記の手順で進めていきます。 ScanSnap Cloudのダウンロード• ScanSnap Cloudに登録・ログイン ScanSnap Cloudをダウンロード 下記からアプリケーションをダウンロードします。 インストールの手順については省略します。 詳しくは公式サイトをご覧ください。 Windowsは作業が異なるかもしれません。 ScanSnap Cloudに登録・ログイン ScanSnap Cloudのインストールが完了したら、ScanSnap Cloudにアカウントを作成します。 「初めて利用する」からアカウントを作成します。 手順は省略しますが、画面に従って登録していけばOKです。 登録が完了したらログインします。 ScanSnap Cloudにスキャナを登録 ScanSnap Cloud>環境設定 をクリックします。 「スキャナ」を選択したら画面左下の「+」ボタンでスキャナを追加します。 画面に従って登録済ませると、このようにScanSnap Cloudの画面にスキャナが反映されます。 これでScanSnap Cloudにスキャナの登録が完了しました。 (2)マネーフォーワードクラウド会計とScanSnapを連携する この時点で、 には登録しておいていてください。 \今なら1ヶ月無料でお試しできます!/ マネーフォーワードクラウド会計にスキャナを登録する 続いて、ScanSnap ColudとMFクラウドの連携を行います。 「変更」をクリック。 ウインドウが小さくてちょっと入力しにくい…。 これでScanSnap Cloudとマネーフォーワードクラウド会計の連携が完了しました。 ここまでが事前準備です。 お疲れ様でした。 \今なら1ヶ月無料でお試しできます!/ (3)マネーフォーワードクラウド会計に領収書を取り込む それでは実際に領収書を取り込んで、仕訳入力する方法をご紹介します。 ざっくりと下記の手順で進めていきます。 ScanSnapで領収書のスキャン• MFクラウド側で取り込み• MFクラウドで仕訳入力 ScanSnapで領収書のスキャン 読み込みたい領収書をセットしてスキャンします。 スキャンはこれで完了。 今回はテストなので1枚ですが、複数枚スキャンすることも可能です。 マネーフォーワードクラウド会計側で取り込み スキャンした領収書をマネーフォーワードクラウド会計に取り込みます。 これでScanSnapでスキャンした領収書が、マネーフォーワードクラウド会計側に取り込まれました。 (4)取り込んだ領収書を見ながら会計に仕訳入力していく 取り込んだ領収書を元に仕訳していきます。 仕訳の入力が完了すると、仕訳に対して領収書が紐づきます。 そこで手入力をなくすためにのオペレーター入力機能を使います。 おおよそ 1営業日で明細登録が完了いたします。 入力のお手間を大幅に削減可能です。 オペレーター入力の場合は 手書きの領収書でも対応可能です。 簡単に言うと、 領収書をオペレーターの方が代わりに入力してくれるサービスです。 このサービスとScanSnapをうまく連携させます。 それでは手順をご紹介します! 事前準備(Mac) マネーフォーワードクラウド経費とScanSnapを連携させるためには、 MacにScanSnap、iOS端末にマネーフォーワードクラウド経費とをインストールする必要があります。 パソコンにScanSnapのダウンロード まずはScanSnapをダウンロードします。 ScanSnap Cloudではありませんのでご注意ください! インストールが完了したらScanSnapとパソコンをリンクさせます。 ScanSnapの設定 詳しい設定方法はこちらのマニュアルをご確認ください。 事前準備(iOS端末) iOS端末にマネーフォーワードクラウド経費をインストール MFクラウド経費(オペレーター入力)をするにはiOS端末にMFクラウド経費アプリを入れておく必要があります。 ダウンロードはこちらから(iOS) これで事前準備は完了です。 マネーフォーワードクラウド経費とScanSnapを無理やり連携する いよいよ、無理やり(笑)連携していきます。 手順は下記の通り。 領収書をスキャンする• MacからiOS端末にAirDropで画像を送る• マネーフォーワードクラウド経費(iOS端末)でオペレーター入力• オペレーターが入力したデータから仕訳登録を行う ちなみに、本来であればiOSアプリのマネーフォーワードクラウド経費を使えばScanSnapで取り込む必要がありません。 カメラで領収書を撮影するだけでオレペレーターが入力してくれます(1入力ごとに費用が発生します)。 それでは手順に入っていきます。 普通にスキャンしてMacに保存してください。 100枚以上の画像を送信したんですがめちゃ早かったです。 iOSの写真が表示されます。 先ほどAirDropで取り込んだ画像(領収書)を選択します。 問題なければ「データ送信」を選択します。 以上、これでオペレーターにデータが送信されました。 オペレーターの入力が完了すると登録されているメールアドレスに通知メールが届きます。 100枚単位でもだいたい1〜2営業日で入力されます。 早いですね。 オペレーターが入力したデータから仕訳登録を行う オペレーターの入力が完了したらブラウザからマネーフォーワードクラウド経費を開きましょう。 これで自動的にマネーフォーワードクラウド会計に仕訳が作成されます。 少し工程が多いものの、マネーフォーワードクラウド会計とScanSnap Cloudを連携して手入力するよりは、間違いなく時間が短縮されます。 (オペレーターが入力してくれてますからね) まとめ マネーフォーワードクラウド会計、クラウド経費、ScanSnapを使って効率良く領収書を仕訳する方法をご紹介しました。 マネーフォーワードクラウド会計の公式機能として、ScanSnapからオペレーター入力ができるようになることを願うばかりです! ちょっとした工夫で経理業務を効率化していきましょう!.

次の

経費精算システム『マネーフォワード クラウド経費』と法人プリペイドカード『Bizプリカ』が連携|株式会社マネーフォワードのプレスリリース

クラウド経費 ログイン

高い信頼性と安定したサービス提供を実現 「世界をより良く便利にする」を経営理念に、受託開発と自社アプリ開発・提供を展開するITベンチャー、Sola株式会社。 自社で開発している独自アプリは、開発者自身が感じた日常での不便などをきっかけにスタートし、自分たちが満足できるレベルになるまでこだわって開発しています。 安定して高いパフォーマンスを発揮していると実感、操作もシンプルでわかりやすいと評価しています。 また、OpenStackは運用が大変だということを聞いたことがありますが、「楽天クラウド Red Hat OpenStack Platform」はスムーズに運用できています。 「楽天クラウド Red Hat OpenStack Platform」は基礎スペックが高いので構築の際、スピードのためのチューニングも不要で「見えるコスト」だけでなく開発上での「見えないコスト」という面でも助かっていると評価をしています。 サーバメンテナンスもほぼなく保守工数が削減されている点、生産管理など重いシステムを動かしていても安定している点に加え、担当者がフェイストゥフェイスで真摯に柔軟に対応するという安心感も高く評価しています。 手厚いサポート、安定稼働が決め手です。 空と海のグローバルロジスティクス業務に関わるノウハウや長年の経験を強みとし、ソフトウエア開発の受託、ソフトウエアパッケージの開発、販売、コンサルティング等を行うドリームカーゴシステム株式会社。 その理由は、まずは営業のフットワークがよくサポートが手厚いこと。 自社のWebサーバとして「楽天クラウド」を導入したときからのつきあいで、クイックで柔軟に幅広く、対応していると満足しています。 「楽天クラウド」の安定稼働を評価、もし何かあっても、これまでの経験から真摯な対応をしていだけると期待しています。 「ロボット音声会話プラットフォームソフトウェア」を開発 日本の観光業を活性化し、人と人のコミュニケーションをさらに発展するための未来の技術「ロボット音声会話プラットフォームソフトウェア」を開発・提供しているプロアクシアコンサルティング株式会社。 「楽天クラウド」が他と大きく違う点のひとつは、楽天グループが旅行業をはじめ、様々なサービスのインフラをもっていること。 クラウドサービスを販売するだけではなく、広範囲な相談ができる点を評価しています。 日本の中小企業でのロボット活用の裾野を広めるため、ともに業界を発展させていくパートナーとして期待しています。 Industry Insights お客様のあらゆる課題を解決するヒントのご紹介•

次の