そうろう防止 フェミニーナ。 リドスプレーフェミニーナ軟膏そうろう

早漏で悩んでいます。ドラッグストア等においてある市販の薬で早漏...

そうろう防止 フェミニーナ

射精を我慢するとは? 射精を我慢する必要性とは、何でしょうか? セックスを、もっと楽しみたいから。 早漏(そうろう)早漏では、男性として情けないから。 膣へのペニスの挿入時間を長くして、女性をセックスで満足させたい。 以上のような理由もあるでしょう。 しかし、射精を我慢する最大の理由は、セックス相手の女性をペニスで中イキ、連続イキさせる事です。 この記事では、もう少し長持ちできれば女性を中イキさせられる男性はもちろん、3秒で射精してしまうような早漏男性でも、射精を我慢できる方法について書きました。 この記事を最後で熟読し実践していただければ、あなたが射精を我慢して、女性をペニスで中イキ、連続イキさせられるようになる事をお約束します。 「Human Sexual Inadequacy」マスター&ジョンソン著• 「キンゼイリポート翻訳版」1991年版• 「How To Overcome Premature Ejaculation」Helen Singer Kaplan 著• 「悩み多きペニスの生涯と仕事」ボー コールサート 著• 「泌尿器外科」2013年9月号• 倖田健(著)• 石井タカシ(監修)• 石井哲平(監修)• 田渕正浩(監修)• 「脳から治すFR法」村上宗嗣(著)• (株)刺激LIFE(監修)• 一条真斗(監修) 早漏のメカニズム 射精を我慢するための第一歩は、早漏の原因と射精のプロセスを理解し、どのプロセスで、射精を我慢する事が出来るのかを把握する事です。 男性の射精プロセスには、以下3段階です。 ペニスが勃起する[興奮期]• カウパー液(我慢汁)が出て、射精感が盛り上がっていく[エミッション期]• 射精する[イジャキュレーション期] 興奮期 1.知覚への性的刺激 2.触覚への性的刺激 エミッション(emission)期 3.睾丸の上昇 4.精子の精管膨大部へ移動 5.前立腺液の分泌 イジャキュレーション(ejaculation)期 6.射精 男性は性的刺激を受けると、自立神経は副交感神経優位から交感神経優位となります。 この時、射精コントロールができる男性は、交感神経祐にはなりません。 それに対して、心理的原因の早漏男性は、一気に交感神経優位になってしまいます。 そして、興奮期からエミッション期へプロセスが進み、イジャキュレーション期、すなわち射精をします。 そこで、プロセスの進み方を遅くする、もしくはプロセスをエミッション期で止めて、先に進まないようにして、射精を我慢します。 早漏の原因と射精のメカニズムの詳細は、以下をご覧ください。 射精を我慢する方法 射精を我慢する方法には、以下8つです。 それぞれ説明します。 セックス前に射精しておく 射精を我慢するために、セックス前に射精してしまいます。 そうすれば、 本番のセックスで、射精を我慢する事が可能です。 また、セックス前に射精をしておくことで、一度賢者モードになります 賢者モードを経てのセックスは、興奮を抑える事が出来ます。 特に心理的早漏の場合は、さらに射精を我慢して、挿入時間を長くする事が可能になります。 あなたは、 AV男優は、ほとんどが早漏だとご存知でしょうか? AV女優をペニスでイカせまくるAV男優ですから、遅漏ではないかと考えるものですが、遅漏ではAV男優は務まりません。 なぜなら、AV男優は監督の指示に合わせて、射精しなくてはならないからです。 遅漏では、監督の指示に合わせて射精するのが困難になります。 多くのAV男優は、射精コントロールするテクニックを身に付けていますが、時には射精が我慢できなくなる場合があります。 そのような場合は、射精するシーンを撮影してしまい、後で編集をします。 また、前述したように賢者モードになりまので、AV女優をピストン運動でじっくりと攻めるシーンを撮影できるのです。 射精後に、直ぐに勃起する方法 セックス前に射精しておく方法の問題点は、ペニスが勃起しなくなる事です。 精力には個々人に差があり、2回もセックスできないという男性もいるでしょう。 その場合は、2回、3回と勃起できる精力を身に付けてください。 簡単な方法は、ED治療薬を使う事です。 ED治療薬は危険だという意見ありますが、昨今では、が、注目を集めています。 しかしながら、バイアグラやシアリス等は、一錠2,000円と高額ですので、簡単にお勧めできません。 そこで、シアリスのコピー薬品で評価の高い、メガリス私が試してみましたので、興味がありましたら、レビューをご覧ください。 早漏を我慢するのに、薬を使いたくない方には、がお勧めです。 亀頭や竿などペニスの性感帯を鍛える 射精にまで至る性感帯は、ペニスに集中しています。 ほとんどの男性が、ペニスの亀頭が性感帯ですが、 竿が最強の性感帯の男性もいます。 これらの射精に至る、ペニスの性感帯を鍛えておければ、射精を我慢できるようになります。 ペニスの性感帯を鍛える一般的な方法は、オナニーで鍛える事です。 お勧めは、 亀頭オナニーです。 亀頭に包皮を被せたままオナニーをする、いわゆる 皮オナニーをやっていると、亀頭が鍛えられません。 そこで、オナニーは必ず、亀頭オナニーでやるようにします。 亀頭オナニーとは、亀頭の皮を剥いて、 亀頭の皮膚を直接刺激するオナニーです。 遅漏が酷くなると、膣内での射精が出来なくなる無漏です。 射精障害になり、子作りに支障を来しますので、充分に注意してください。 亀頭オナニーの正しいやり方を身に付けてください。 また、包茎男性の場合は、包茎を治療する事をお勧めします。 常に、亀頭を剥き出しの状態にしておけば、亀頭の性感帯が鍛えられるためです。 なお、真正包茎も仮性包茎も、自分で治療する事ができます。 手術は必要ありません。 興奮しすぎないようにする。 射精が我慢できない男性の特徴の一つに、 セックスになると興奮状態になると言う事があります。 セックスが始まると、極度の興奮状態で、フェラをされると射精が我慢できない、また、膣にペニスを入れると、射精を我慢できないのです。 このような興奮しすぎてしまう男性は、 愛撫に時間をかける事をお勧めします。 愛撫に時間をかけると、裸の女体やセックスの雰囲気に慣れる事ができます。 裸の女体やセックスの雰囲気に慣れる事で、興奮を少なくする事が可能です。 また、AVを鑑賞するようにして、セックスの興奮を少なくする事が可能です。 ただし、こう言った事をやり過ぎるとセックスで興奮できなくなり、EDになってしまう場合もあるので注意が必要です。 例えば、ペニスを膣に挿入後、ペニスを動かさない様にして、手や口を使って女性を愛撫します。 正常位なら、ペニスを膣に入れたまま、キスをする、耳や胸や脇の下を愛撫する等事ができますし、対面座位ならクリトリスを愛撫する事が可能です。 ピストン運動や円運動など、ペニスを動かさない事で、射精を我慢する事が可能ですし、愛撫に時間をかける事で、女体に慣れて興奮を鎮める事ができます。 何よりも、 女性のセックスへの満足度を高める事ができます。 射精を我慢できる体位 ペニスを膣へ挿入する体位によっては、射精を我慢しやすくなります。 射精を我慢しやすい体位は、以下の3つです。 後側位• 対面座位• 女性上位の正常位 後側位 後側位は、ペニスが膣に深く入れづらいですし、激しいピストン運動をやりづらいのです。 そのため、 ペニスへの刺激を少なくできるので、射精を我慢する事ができます。 また、男性と女性が密着する事で、男性の視界には女性の後頭部や横顔だけが入るようになります。 そのため、視覚からの性的刺激も少なくなり、射精を我慢できるようになります。 対面座位 対面座位は、男性が腰を使いづらいので、 ペニスへの刺激を少なくする事ができますので、射精を我慢する事ができずます。 ただし、後側位も対面座位も、工夫によってはペニスが深く入りますし、激しいピストン運動が可能ですので、注意が必要です。 また、対面座位も男性と女性が密着する事で、男性の視覚に女性の顔だけが入るようになりますので、視覚への性的刺激を少なく出来る体位です。 女性上位の正常位 女性上位の正常位は男性が仰向けになります。 男性が仰向けになると、自律神経が副交感神経優位となり、射精を我慢しやすくなります。 女性上位の正常位も、男性と女性が密着する事で、男性の視覚に女性の顔だけが入るようになりますので、視覚への性的刺激を少なく出来る体位です。 副交感神経優位にする 自律神経が、副交感神経優位の時にペニスは勃起します。 自律神経が交感神経優位の時に、射精します。 そこて、自律神経を副交感神経優位にしておけば、射精を我慢する事が出来ます。 そこで、呼吸をゆっくりと長く、 腹式呼吸を行うと自律神経を副交感神経優位にする事ができます。 腹式呼吸とは、肺ではなく 横隔膜を中心とした呼吸法です。 やり方は、おヘソの下あたりを膨らませたり萎ませたりします。 息を吸う時に膨らませて、息を吐くときに萎ませます。 この時、息を吸う時、息を吐く時に出来るだけ長い時間をかけるようにしましょう。 しか、ペニスを膣に入れてピストン運動しながら、腹式呼吸をやるのは難しいので、ピストン運動のリズムに合わせて、 吸う、吸う、吸う、吸う、吸う、吸う 吐く、吐く、吐く、吐く、吐く、吐く、 と、細かく吸い細かく吐くようにすると、長い時間をかけて腹式呼吸が出来ます。 また、吸う時や吐く時の空気の量を少なくすると、やりやすくなるでしょう。 自立神経を副交感神経優位にするための方法として、ツボを押す方法もあります。 お勧めは、セックス中にも押しやすい、手のツボの心包区と指間穴です。 心包区は、手の平にあります。 セックス中に興奮してきたら、こちらのツボを指先で押してください。 また、指間穴は、手の甲側の指の間にあります。 こちらも、興奮してきたら指先で押してください。 早漏を我慢するPC筋を鍛える。 PC筋とは、射精する精子止める筋肉です。 これは、尿を止める筋肉と同じ筋肉です。 PC筋を鍛える事により、尿と同様に早漏を我慢する事が可能です。 ただし、PC筋を鍛えても、早漏そのものが治療された訳ではありません。 早漏を克服して、射精コントロールを身に付けるためには、PC筋肉を鍛えるだけでは不十分です。 PC筋はあくまでも、射精する直前で何秒間か我慢するための筋肉です。 すなわち、セックス相手の女性の様子を見て、セックス相手の女性がイクタイミングで一緒に射精する、もくしは、女性の口の中で射精する等、 ベストタイミングで射精するための早漏を我慢する方法と考えてください。 PC筋を鍛えるのには、尿を我慢する、もしくは大便を我慢するように、お尻の穴と睾丸の間辺りに力を入れます。 リズミカルに、ぎゅぎゅぎゅと力を入れたり、ぎゅーっと力を入れて、10秒キープ等、通常の筋トレのようにPC筋を鍛えます。 なお、PC筋を鍛える事により、勃起力向上も期待できます。 勃起力が向上し、がちがちに硬く勃起すると、早漏防止の効果があります。 PC筋トレーニングの詳細は、こちらをご覧ください。 スクイーズ法 スクイーズ法は、早漏トレーニングと呼ばれる事が多いですが、正しくは法(method)ではなく技術(technique)です。 スクィーズテクニック(Squeeze technique)が正しい呼び方です。 射精を止めるためのテクニックとして、セックスセラピストのウィリアム・マスターズ(William Masters)と、バージニア・ジョンソン(Virginia Johnson)の二人が、1970年代に開発しました。 スクイーズテクニックは、射精しそうになった時に、ペニスの射精が止まる場所(ツボ)を指で圧搾(Squeeze)して、射精を止めます。 詳細は以下をご覧ください。 裏技を使えば射精を我慢する必要なし 薬やサプリメント、早漏防止コンドームなら、亀頭の神経を麻痺させたり、脳内の快楽物質を出なくしたりするので、 体の反応としての早漏を防止できますので、射精を我慢する必要はありません。 早漏を防止する塗り薬は、ペニスの性感帯に塗ります。 多くの場合は、亀頭ですが竿が感じる男性は、竿に塗ります。 また、早漏防止コンドームは、極厚で感じづらくしてある、もしくは、コンドーム内に早漏を防止する塗り薬が仕込まれています。 この早漏を防止する塗り薬は、主に リドカインや塩酸ジブカイン等の局所麻酔成分です。 局所麻酔成分を亀頭や竿などの射精に至る性感帯に塗る事で、性感帯の神経を麻痺させます。 そのため、塗ってから15分程の時間をおいて、神経を麻痺させる必要があります。 神経が麻痺しているので、フェラをされてもあまり感じなくなります。 膣にペニスを入れても、あまり感じません。 そのため、快感は落ちますが早漏を我慢する事なく、防止する事ができます。 フェミニーナ軟膏を亀頭や竿のペニスの性感帯に塗ると、早漏を防止できるメカニズムも同様です。 痒み止めのフェミニーナ軟膏には、局所麻酔成分のリドカインが含まれているためです。 早漏防止する塗り薬の注意点は、 神経が麻痺してから必ず石鹸で洗い流してください。 麻痺した神経が元に戻るのに、30分以上を要しますので、洗い流しても問題ありません。 洗い流さない場合、女性がフェラした時に変な味がしますし、 女性の口が麻痺してしまいます。 コンドームを使わずに、膣にペニスを入れた場合は、 膣の神経も麻痺してしまいます。 早漏を防止する飲み薬は、 プリリジーです。 プリリジーは、内服タイプの早漏治療薬です。 世界で初めての早漏を治療する内服薬です。 射精を調整する脳内ホルモンである、セロトニンが不十分なのが早漏原因の一つです。 プリリジーの主成分であるダポキセチンは、脳内セロトニンが再取り込み阻害薬(SSRI)の一種です。 セロトニンが、神経細胞に再吸収され量が低下することを防ぐ作用があります。 経済的な面から考えれば、 圧倒的にコストの安い早漏治療薬「ポゼット」です。 「ポゼット」は、薬効成分「ダポキセチン」を含有する「プリリジー」のジェネリック医薬品です。 個人輸入のジェネリック医薬品ですので、あくまでも個人責任でお試しください。 射精を我慢するのではなく、早漏を治す 早漏を治してしまえば、我慢する必要はありません。 早漏は原因に合った早漏トレーニングを行えば、早漏は確実に最短で治ります。 もしもあなたが、早漏を根本的に治して、女性をペニスで中イキ、連続イキさせたり、フェラをたっぷり楽しんだりしたいのなら、以下をご覧ください。 まとめ 早漏を我慢するコツには、心理的なテクニック、トレーニング、薬などがある。 コツさえ掴めば、早漏を我慢する事は可能である。 しかし、女性を中イキ、連続イキさせて、セックスで大満足させるために、早漏を根本的に治療する必要がある。 人気ブログランキングへ、ご協力をお願いします。 お気楽にこちらをクリックしてください。

次の

【早漏改善の全知識】早漏の原因と6つの治し方・6つの対策を徹底解説!

そうろう防止 フェミニーナ

フェミニーナ軟膏について 早漏対策グッズで思い浮かべるのは「クリーム・ジェル・スプレー」などのペニスに直接塗るグッズではないでしょうか。 これらは共通して 「ペニスの感覚を麻痺させる効果」があります。 しかし価格が高いのがネックですよね。 高い理由は「男性ホルモン」の成分も入っているからなんです。 男性ホルモンを外部から摂取すると、体内の自己生成が少なくなる恐れもありますので、極力避けたいところですよね。 そこで代用品になるのが「フェミニーナ軟膏」なんですね。 フェミニーナ軟膏は女性のデリケートゾーンのトラブル解消の塗り薬です。 痒みを抑える• 炎症やかぶれを鎮める• 雑菌の発生を抑制する• 低刺激(ほぼなし)• 非ステロイド剤 という特徴があります。 何よりも小林製薬が出している女性器に塗る薬ですので 「安心してペニスに塗れる」わけですね。 フェミニーナ軟膏には、皮膚の局所麻酔成分がある「リドカイン」が含まれています。 この「リドカイン」は痒みを抑えるために、麻痺させてくれる作用があるんですね。 この「リドカイン」の成分がペニスを麻痺させてくれる訳です。 フェミニーナ軟膏の使い方や効果について 1 ペニス全体にフェミニーナ軟膏を塗ります 亀頭は入念に塗り、ペニスに擦り込む様に塗ります。 15分~20分ほどで塗ったペニスへの麻酔が効いてきます。 2 ペニスを洗う 麻酔が効いてくれば、内部に浸透していますので、表面の軟膏を洗い流します。 入念に洗い流しましょう。 成分が残ればフェラの時など口の感覚が麻痺したり、膣内も麻痺する事があります。 コンドームをする場合にはそのままでも良いですが、効果が効きすぎるケースもあります。 セックスの前に一度、どのくらい効くのかを試すのが良いでしょう。 たったこれだけなんですね。 薬をペニスに塗るだけだと考えれば、わずか10秒ほどで簡単に可能な早漏対策になりますよ。 もちろん塗る量や個人差がありますが、ペニスに麻酔が効き始めてから効果の持続は30分ほどです。 フェミニーナシリーズの選び方 フェミニーナには「軟膏・ジェル・ゼリー・ミスト(スプレー)」があります。 色々とありますが、一番薬が広がり塗りやすいのが 「軟膏タイプ」になりますよ。 やはり軟膏は伸びが一番良いという印象ですね。 近所のドラッグストアに必ず置いてある薬ですので、手軽に買えますよね。 ただ「女性のデリケートゾーン」の薬ですので、買うのはちょっと抵抗がある場合もあるかもしれません。 急ぎでないならば「送料無料のメール便」で買うのも良いでしょう。 15g入り・30g入り・数本セットなど色々と選べますが、30gは15gと比べても200円も変わりませんよ。 30gなら1本でもかなりの量ですので、最初は「30gの1本」で良いと思います。 楽天で注文するならメール便送料無料で試すと良いと思いますよ。

次の

フェミニーナ軟膏で早漏が治る?噂の真意は

そうろう防止 フェミニーナ

早漏って女性から見てどうなの?どこも適当な事ばっかりで… オススメ早漏防止薬 どうにも射精を我慢できない… 挿入すると1分も我慢できずに射精してしまう… 早漏に悩み苦しむ人が早漏を改善する方法を探し、必ずたどり着くのが早漏防止薬です。 しかし、早漏防止薬といっても 服用タイプ、クリームタイプ、スプレータイプ さらには、色々な会社から様々な種類がたくさん販売されています。 試してはみたいけど、本当に効くのか… どれを買うのが一番いいのか… あちこち検索して調べたものの、結局何もせず… それでは早漏に一切変化なし! はじめに言ってしまいますが、 まず試すならトノスです。 どれくらい効くのかなぁ、あ〜どうしよう と、グダグダと悩むのは時間のムダです。 悩むような金額じゃありません。 「試してみようかな」と思うほどの早漏ならば、速攻で買って試してみてください。 早漏防止薬に高いお金を出す必要も、口コミを調べる必要もありません。 買って試すのが一番!と、これが結論になるのですが… なぜトノスがオススメなのか?も含めて、私の経験談とともにお話をしていきます。 多分、 見ておいて、損はないかと思います。 では、どうぞ。 早漏すぎると嘆いても変わらない!なぜ早く射精するのかを考察 リドカインという成分が局部を麻痺させ…などど、私は医者でも薬剤師でないので小難しいことは言いません。 射精を我慢することができ、早漏が防げればいいだけなので、そこは省かせていただきます。 成分などが気になる方は、販売店(サイト)での品質表示を見てください。 冒頭でも言いましが、早漏防止薬には 服用タイプ、クリームタイプ、スプレータイプ 他にもあるかもしれませんが、王道はこの3つです。 冒頭でオススメのトノスは、この中のクリームタイプになります。 要は、トノスを塗った部分が麻痺して感度が鈍くなる。 それによって射精が遅くなるということです。 早漏には2タイプあります。 心因性早漏…興奮しすぎて早くイク 過敏性早漏…刺激に弱く早くイク つまり、早漏防止薬は塗った局部が麻痺するので、興奮していようが、刺激に弱かろうがどちらの早漏にも効果が期待できます。 その麻酔効果の効き方には、当然個人差があります。 どれほど塗れば、どれくらいの効き目になるのか。 また、効果が出始める時間と、効果が持続する時間。 それらのことはその人によってそれぞれ異なり、その日の体調などによっても差異が生じます。 しかし、それらをふまえて、 感度が弱くなるのは間違いありません。 つまり、早漏が苦しむ 「あの超絶なる気持ちよさ」を無にしてくれるということです。 ただし、 早漏防止薬はあくまでも一時的な早漏対策。 決して、早漏を治すという効果があるわけではありません。 数日後のセックスで早漏を何とかしたい! といった緊急的なお悩み、また、根本的な早漏改善をやってる間の一時的な早漏対策。 その使い方として、私はこの早漏防止薬を高く評価しています。 早漏防止薬は効果があります! ただし、次のメリット・デメリットもふまえ 「依存しすぎないように」有効利用をしてください。 早漏防止薬のメリット、デメリット• 早漏失敗談|フェミニーナ軟膏の効果は…?塗る量を間違うと地獄。 まずは、 早漏防止薬のメリットです。 即効性がある、だれでも簡単にできる。 この2つに尽きます。 気持ちよすぎて、すぐに射精! なわけですから、 塗るだけで麻痺させ、感度を鈍らせる。 とても簡単に、直接アプローチしてくれるわかりやすいメリットです。 そして、 続いて重要なデメリット。 ここをしっかり理解した上で使用に踏み切ってください。 私も実際にトノスではありませんが、見事なほどの無感覚でどうにもならず、セックスを中止した経験があります。 また、これだけに頼ってセックスをし続けることは、とてもリスクがあります。 どんな薬でも飲み続ければ体に耐性ができ効きづらくなります。 私は医者でもないのでわかりませんが、これだって同じことでしょう。 ネットで調べると 「薬剤性EDになる危険性」も出てきたりしますが信憑性はどうかはわかりません。 これから一生、セックスの度に防止薬を使い続けるというのは、なかなかの苦行かと思います。 なので、早漏防止薬を初めて使用するときには どれくらい塗ると、どのくらいの感度になるのか? どれくらいで効き始めるのか? どれくらい効果が持続するのか? を、本番前にしっかりとセルフチェックをするようにしてください。 でも言っていますが、 大事な一戦で、早漏防止薬デビューはNG 初対戦の相手で、早漏防止薬デビューはNG と、私から忠告をしておきます。 セックスの実践デビュー前には必ずセルフチェック。 ぶっつけ本番で早漏防止薬を使用は、絶対におすすめしません! これを試してみろ!• 4人に1人が童貞・処女!調査結果に驚愕…早漏どころじゃない… 早漏防止薬には「服用タイプ、クリームタイプ、スプレータイプ」があると言いましたが、このタイプの中で、 なぜクリームタイプのトノスがオススメなのか?をお話ししておきます。 それは、 ・クリームが最も安定している。 ・トノスは入手しやすい。 この2つが理由ですが、先に他の2タイプを語ります。 まずは、服用タイプから。 副作用があります。 いや、厳密には、「出る人もいれば、出ない人もいる」でしょう。 日本で普通で普通に買えるサプリであれば、副作用もそこまで心配はないかと思いますが…。 私は過去に5〜6種類ほど試し、一時期は愛飲していました。 基本的にサプリは早漏防止効果だけでなく、 勃起力、持続力、精力増強にも効果があると謳っています。 実際には私も、早漏対策ではなく精力アップ。 「1回ずつの射精は早くても、回数勝負でどうだ!」で、サプリを利用していました。 私は一回のセックスで2回3回とあまりやるタイプではありませんが、飲んでいると回復力がアップする感じです。 ただ、私の場合は費用対効果でみた時に 「まあ、いいかな…」と途中でやめています。 また、より強力なものが欲しい!と、個人輸入的なやり方で海外のものを入手した時がありました。 確かに国内サプリよりも勃起の持続力は感じたのですが、副作用でお腹が… はじめのうちは、 「ん?あれ…ちょっとお腹が…」くらいだったのですが、3〜4回試したころ ウンコ漏れました。 脱糞です。 詳しくはこちらでお話しています。 やはりサプリとなると、「合う、合わない」や「効く、効かない」も個人差が出ます。 また強力なものは、それなりの副作用もあるのかな…と。 一応、私の経験でのおすすめは で紹介していますが、個人差があるものとご理解の上で、チャレンジするをご検討ください。 そして、 次はスプレータイプ。 ・クリームタイプより、サッとできそう。 ・なんか、、、オシャレじゃん。 で、海外で開発されたとかいう7〜8,000円もする商品を試しましたが…パンツや服に着かないように気を使うので面倒。 ちんぽに塗るのにおしゃれもクソもねえ と、身も蓋もないことに気づき、実践で使うことなく廃棄しました。 これは、私の体験談ですので、もちろんこの2タイプを愛用している方もいると思います。 あくまで私の場合ですが、服用とスプレーは無しでした。 そして、 なぜクリームの中でトノスがおすすめかというと、 ・販売しているところが多い。 ・在庫切れのリスクがない。 と、入手が早いという3点です。 海外製の防止薬で良さそうな物はありますが、海外取り寄せとなると2〜3週間待ちがザラです。 すぐに入手できないのは、MYパートナーとしては失格です。 このトノスとなります。 特に初の早漏防止薬という方は、まずはトノスをオススメします こんな人は防止薬を使うな!• 早漏で自信喪失してません?ただ、早く射精するだけです。 さて、私のオススメの防止薬を紹介しましたが、 トノスにしても、それ以外にしても、全て個人差があります。 また、私の経験上、その日の自分の体調によっても効果に違いが出てきます。 口コミやレビューを調べて、悩むのもいいでしょう。 しかし、 効くか、効かないか? どれほど効くのか? は、結局のところ自分自身で使ってみないとわかりません。 トノスは、まあ2〜3,000円ほど。 その他の防止薬でも5,000円ほどでしょうか。 すぐに早漏対策ができる! …できるかもしれない! この期待に対して、どれほどの価値を感じますか? 早漏を治す方法はあります! ただし、お金をかけずにとなると、また話は別です。 全くお金をかけずに早漏を改善したい ならば、で紹介している1、3、4と5番目の最重要項目を自力で行っていくことです。 それだけ多くの実践(セックス)が必要になるので時間はかかります。 でも、お金をおかずともに早漏を治していくことは間違いなく可能です。 早漏の限らずとも、 お金を出せば「楽に、簡単に」できるのが世の中です。 あとは、みなさんの「悩み度合い」と「ふところ事情」なのでお任せいたします。 一生、早漏防止薬のお世話になる…• 早漏すぎると嘆いても変わらない!なぜ早く射精するのかを考察 以上が、私がオススメする早漏防止薬のお話となります。 早漏防止薬は、 あくまでも緊急対策としてのアイテムです。 急いで早漏を何とかする場面ではとても活躍してくれ、私自身もだいぶお世話になりました。 ですが、 早漏防止薬はあくまで急場対策。 これで早漏が治るわけではありません。 一生、トノスを使い続けるのか? 性欲ある限りトノスを持ち歩きますか? 間違いなく効果はありますが、これに依存してしまわないようにお気をつけください。 本気で取り組めば早漏は改善します! 早漏防止薬で目の前のセックスをしのぎながら、早漏そのものを改善する対策を行うのがおすすめですよ。 早漏を本気で治したい方はこちらをご覧ください。

次の