ハムスター用。 ハムスター用温度計の選び方と通販おすすめ3選

ハムスター用床材のおすすめ人気ランキング15選【ウッド・ペーパー・コーンチップも】

ハムスター用

エキゾチックアニマル専門獣医師の霍野 つるの と言います。 えっ、エキゾチックアニマルって言葉知りませんか?ウサギやハムスター、インコやカメなどの犬猫以外のペットを指します。 1996年に日本初の専門病院である『エキゾチックペットクリニック』を開業しました。 症例数は月に400件を越しています。 他にもエキゾチックアニマルのセミナーも企画し、沢山の医療や飼育の書籍を執筆しています。 ウサギのNPO団体『日本コンパニオンラビット協会』代表としても、2019年から活動をしています。 エキゾチックアニマルに関することは勿論のこと、ご縁を感じた方がいましたら、いつでもお声かけてください。 ハムスター用のヒーターは、ハムスターが安全に冬を過ごすために必要なアイテム。 温度変化に弱いハムスターは、寒いままの状態が続くと、低体温症になってしまったり、冬眠したりしてしまうなど、健康に悪影響が出てくるためヒーターが必要となります。 それらを防ぐためのヒーターはパネル型、フィルム型、保温球、カイロケースなどに大別できます。 今回はエキゾチックアニマル(犬猫以外のペット)専門医である霍野晋吉さんに、それぞれの特徴を解説しながら、おすすめの商品を9つ挙げていただきました。 ハムスターと冬を共に過ごすため、参考にしてください。 パネル型およびフィルム型のヒーターです。 ハムスターがじかに上に乗って暖まるタイプ、ケージや巣箱の下に設置して暖めるタイプなどがあります。 多くの商品が、設定温度になると自動でオフになるPTC(Positive Temperrature Coefficient)機能がついているのが特徴。 設定された温度を維持し、気温が設定以下に下がると再び加温されます。 また掃除しやすい構造、生活防水も付いている商品が理想です。 しかし、コードをかじられないよう、しっかりとしたカバーが付いているか確認してください。 最近では、ドーム型や箱型をしている商品もあります。 こちらは巣箱としても使え、中に潜って暖まるタイプになっています。 商品を選ぶときの参考情報としてご利用ください。 修正が必要と気付かれた場合は、ぜひ、記事下の「お問い合わせはこちら」からお知らせください。

次の

ハムスター用品は100均で揃えられる!?激安飼育のすすめ!

ハムスター用

スポンサーリンク 野生のハムスターは砂漠の地中の温度変化の少ない環境に住んでいるので、ハムスターを飼育するうえでは適切な温度管理は重要なポイントですよね。 またエアコンなどで室温を適正な温度に保っていてもハムスターのケージのなかの温度とは違うことがあります。 大切なのはハムスターが生活しているケージのなかの温度です。 ハムスターのケージに温度計を設置することでハムスターにとって最適な環境を整えてあげましょう。 ハムスター用温度計の選び方 ハムスター用に使う温度計はどのようなものを選ぶといいのか迷ってしまいますよね。 ここではハムスター用温度計の選び方を紹介します。 温度と湿度が計測できるもの ハムスターが元気に過ごすためには適切な温度管理とともに湿度の管理も大切ですよね。 ハムスターを飼育するときに使う温度計には湿度も一緒に計測できるものを選びましょう。 温度が適切でも湿度が高すぎるとハムスターの体調不良の原因になってしまいますよ。 最低・最高気温と湿度が記録できるものがおすすめ 日本は季節によって一日のなかでも温度はめまぐるしく変化することがあります。 ときには朝や夜の気温と昼間の気温が10度以上違うこともありますよね。 そこで一日の最低温度・湿度と最高温度・湿度が記録できるタイプのものを使うとハムスターのケージのなかの温度変化を確認することができます 温度や湿度が適切ではないときは、エアコンや除湿機などで調節してあげましょう。 ケージ内に2個以上設置する ハムスターにとって温度管理はとても大切です。 そのため1個の温度計が壊れても対応できるようにハムスター用温度計は2個設置しましょう。 温度計を設置するときはハムスターがかじったりできない場所を選ぶといいですね。 通販おすすめ3選 日本動物薬品 ニチドウ 爬虫類・テラリウム用 マルチ湿・温度計.

次の

【楽天市場】[マルカン]ハムスター用ひんやりクールハムたま:e

ハムスター用

ハムスターに砂浴びは必要? 意外にも、ハムスターはキレイ綺麗好きな動物です。 自ら好んで砂浴びをしてくれるので、お風呂に入れる必要がありません。 砂浴びは体を綺麗にする以外にも、砂を掘って遊べば摩擦の力で爪とぎ効果が期待でき、さらにはストレスを発散させる役割も果たしてくれます。 砂浴び用の砂はトイレ砂とは別に販売されており、固まらずサラサラしているのが特徴です。 砂はトイレと区別させるためにも、固まらないもの(トイレ用じゃないもの)を使うようにしましょう。 砂浴びの頻度や時間帯は? 砂浴びに決まった頻度や時間といったルールはありません。 ハムスターの種類、大きさ、性格によっても違いがあり、砂が大好きな子なら1日に何度も砂浴びを行っていることも。 そのため、いつでも砂浴びできるように、ケージ内またはケージ外に砂浴び場を常設してあげるようにしょう。 好きなタイミングでできると、ハムスターと飼い主それぞれのストレスが軽減されますよ。 砂浴び場でトイレをしてしまうときの対策 できればストレス発散のために常設しておきたい砂浴び場ですが、どうしてもトイレをされると困るという場合には、時間を決めて砂浴びをしてもらう形をとるのも一つの方法です。 日中は砂浴び場を外し、活動の多い夜になったら砂浴び場を戻し、好きなだけ砂浴びをしてもらいます。 ケージ外で砂浴びしてもらう場合でも、面倒を見れる時間さえ確保できるのであれば問題はないでしょう。 砂浴び容器の選び方のポイント 広さがあるものを選ぶ ハムスター用の砂浴び容器だと、底が浅く、砂が外に飛び散ってしまう設計のものも少なくありません。 砂の散らかりが気になるなら、チンチラやデグーでも使えるくらいの、ゆったりしたサイズを選ぶといいでしょう。 しかしハムスターの性格によっては、狭くてピタッとしているほうが好きという子もいるので、飼っている子の性質に合わせるのが一番です。 材質をチェックする ハムスターの砂浴び容器にはプラスチックがよく使われていますが、臭いが染みついてしまうデメリットがあります。 その点、ガラスなら何度水洗いを行っても大丈夫なので、臭いが付く心配もありません。 また、プラスチックとガラスのどちらにも言えることですが、透明な素材でできていると中の様子が観察でき、ほっこり楽しむことができますよ。 砂浴び容器おすすめランキング5選 ハムスターにおすすめの砂遊び容器を5つ、ランキング形式でご紹介します。 1位サンコー ハムスター ジョイントバスハウス.

次の